品川アジャイル

  • 822 views
Uploaded on

Community Lightning Talk at Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013

Community Lightning Talk at Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
822
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
3
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 品川アジャイル 銀河の歴史がまた1ページ
  • 2. 自己紹介原田 巌@iwaoRd「人生、全速力で回り道」 1月取得予定自宅から徒歩8分のSIer勤務
  • 3. 品川? アジャイル? 何をする勉強会なの?
  • 4. Mike Cohn さんの著書「Succeeding with Agile(洋書)」 読書会です
  • 5. 主催者:伊藤 宏幸 (The Hiro)E-mail : hageyahhoo@gmail.comBlog : http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/Twitter : @hageyahhooFacebook : http://www.facebook.com/hageyahhoo
  • 6. Agile Japan 2012(2012/03/16)の帰りに「アジャイルを英語で学びたい」かわぐちさんを捕まえてお伝えしたところ… 翌日には 勉強会発足しました
  • 7. 勉強会の流れ本を読んで 勉強会で内容を議論
  • 8. プロジェクト成功 Organization Team IndividualPracticeScrumの適用
  • 9. 例えば、こんな事を議論してますADAPTモデル を知っていますか? 第2章:ADAPTing to Scrumより
  • 10. ADAPTAwareness Awareness that the current process is not delivering acceptable result. 今のやり方ではもはや期待通 りの成果を出せないことに気 付くこと
  • 11. ADAPTDesire Desire to adopt Scrum as a way to address current problem. 今の問題を解決するためにス クラムを導入する情熱を持つ こと
  • 12. ADAPTAbility Ability to succeed with Scrum. スクラムを導入する方法を 学び、修得すること
  • 13. ADAPTPromote Promotion of Scrum through sharing experiences so that we remember and others can see our successes. 経験談の共有などを通じて、 スクラムの実践を他の人に薦 めていくこと
  • 14. ADAPTTransfer Transfer of the implications of using Scrum throughout the company. 組織全体にスクラムを採用 できる礎を広げること
  • 15. ADAPTモデル ⑤移行 improve TransferAwareness Desire Ability ①認識 ②願望 ③スキル Promote improve ④成果
  • 16. ADAPTで現場の問題を議論【質問】自分が責任を持ってやるっていう人だったら、変わってもらえるんだけど、自分に関係ないと思っている人はどうするか【議論】• Desire以前のAwareness の問題• 事例をPromote することで Awareness に行き着く人もいるのではないか→最初に、問題がある事に気付く事が重要
  • 17. なんか、難しそうですか?• 洋書の読書会• 参加メンバーが豪華• 議論出来る自信がない
  • 18. Scrumが 上手くいかない アジャイルを 実践している人 に相談したいこれからは英語・・ 1つでも 当てはまったら?
  • 19. 一緒に学んでいきましょう!結構、和やかにやっています
  • 20. 開催頻度:月1回で1章分 開催日時 場所 内容2012/04/16 第1章:Why Becoming Agile Is Hard (But ソニーモバイル様 (月) Worth It)2012/05/14 第2章:ADAPTing to Scrum ソニーモバイル様 (月) ・最初の Awareness で時間を取りすぎる orz2012/06/11 第2章:ADAPTing to Scrum Gamepot様 (月) ・Desire-Transfer をカバー2012/07/19 So-net様 第3章:Patterns for Adopting Scrum (木)2012/08/23 So-net様 第4章:Iterating Toward Agility (木)2012/09/11 So-net様 第5章:Your First Projects (火)2012/10/30 So-net様 第6章:Overcoming Resistance (火)
  • 21. みなさんの参加をお待ちしています! ■参加方法Facebook Grouphttps://www.facebook.com/groups/Shinagawa.agile/DoorKeeperhttp:// shinagawaagile.doorkeeper.jp/
  • 22. 銀河の歴史がまた1ページ
  • 23. ご清聴ありがとうございました