• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
横浜オープンデータの動向
 

横浜オープンデータの動向

on

  • 1,406 views

横浜市役所職員向け研修「横浜オープンデータ推進研修会&検討会」での発表スライド。

横浜市役所職員向け研修「横浜オープンデータ推進研修会&検討会」での発表スライド。

Statistics

Views

Total Views
1,406
Views on SlideShare
1,385
Embed Views
21

Actions

Likes
1
Downloads
3
Comments
0

1 Embed 21

https://twitter.com 21

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    横浜オープンデータの動向 横浜オープンデータの動向 Presentation Transcript

    • 「横浜でのオープンデータ動向」(オープンデータ推進研修会・検討会 2013/03/22) 小林 巌生 twitter:@iwao
    • 自己紹介小林 巌生• 情報アーキテクト、プロデューサー、デザイナー• NPOリンクト・オープン・データ・イニシアティブ 副理事長• 横浜LODプロジェクトプロデューサー• 横浜オープンデータソリューション発展委員会 理事• LODチャレンジ実行委員会 委員• オープンデータ流通推進コンソーシアム 委員• twitter:@iwao
    • これまでの活動これまでの活動 - 地域情報化 - • 市民参加広報 • イベント情報ポータルサイト • 地域古写真アーカイブ • 市民参加型都市ブランディング
    • これまでの活動 地域写真アーカイブ 「みんなでつくる横濱写真アルバム」 http://www.yokohama-album.jp/
    • これまでの活動 ワークショップの参加者:約1,000人 キックオフワークショップ:200人 パシフィコヨコハマ:500人 その他出張ワークショップ等:300人
    • ヨコハマ・アート・LOD・プロジェクトヨコハマ・アート・LOD・プロジェクト • 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の持つデータをLOD化 • イベント情報を月約300∼400件 • 施設情報約180件 • アーティスト情報約100件 • 今年度公開予定(大佛次郎記念館コレクション順次、横浜美術館コレクショ ン) • 来年度公開予定(にぎわい座大福帳)
    • ヨコハマ・アート・LOD・プロジェクト 目的 1. 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が持つデータをLOD化し、組織 内を横断して参照できるように 2. アーカイブの基盤として活用 3. データを資産と捉え、その価値を高めるべく、データを社会にリンク し、社会に活かすhttp://fp.yafjp.org/yokohama_art_lod
    • ヨコハマ・アート・LOD・プロジェクト 成果 1. 2011LODチャレンジ、オープンガバメント賞を受賞 2. 2012LODチャレンジデータ提供パートナーとして参加、数々のアプ リケーションが開発されたhttp://fp.yafjp.org/yokohama_art_lod
    • ウェブサービスへの展開
    • 他サイトへの展開
    • IOSアプリへの応用 横浜Maps
    • アンドロイドアプリへの応用 ヨコハマ・アート・ガイド
    • ヨコハマ・アート・LOD・プロジェクトポイント 1. 当プロジェクトのオープンデータ技術への対応レベルは最先端 2. 最新のイベント情報が簡単に取得可能 3. スマホのGPS機能を応用することで周辺のイベント情報や施設情報を 案内可能 4. イベント、施設、コレクション、これらの出所がバラバラのデータに ワンストップでアクセス可能、今後も柔軟に対象の追加が可能 5. W3Cの標準技術による実装 6. Creative Commonsライセンスで提供(営利目的、非営利目的にか かわらず使用可能) 7. データ作成は自動化、オペレーションコストは維持
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会 横浜オープンデータソリューション発展委員会<理事長>中島 洋(MM総研・代表取締役所長、国際大学 GLOCOM 理事・評議員)<理事(五十音順)>上野 直樹(東京都市大学環境情報学部教授)大向 一輝(国立情報学研究所准教授)岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役)川島 宏一(佐賀県特別顧問、株式会社公共イノベーション代表取締役)小林 巌生(有限会社スコレックス代表取締役)佐土原 聡(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)庄司 昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員、オープン・ナレッジ・ファウンデーション日本グループ)杉浦 裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事)武田 英明(国立情報学研究所 教授)深見 嘉明(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教)<監事>福島 俊
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会目的1. 公的データを活用したアイデアソン、ハッカソンの開催2. 公的データによって横浜の政策課題を多様な主体で共有し、解決に向けて「対 話」を進めるフューチャーセッションの開催3. 横浜市や国に対するオープンデータの技術や制度の検討提案4. オープンデータを進める都市間交流の推進
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会これまでのアクティビティ• 11月24日にキックオフイベント開催• 1月13日に横浜のアートと観光をオープンデータ でもりあげよう!アイディアミーティング開催 (芸術文化振興財団共催、文化観光局後援)• 1月25∼26日LODチャレンジデー横浜オープン データハッカソン開催• 2月23日インターナショナルオープンデータデイ 関連イベント開催
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会成果• 多数のアイディア• ゴミ分別LOD• 横浜検定• 横濱写真アルバムLOD• 横浜歴史フィールドミュージアム(AR)• 横浜をウィキペディアタウンにしよう!プロジェクト• 横浜版データポータルサイト
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会今後のアクティビティ• オープンデータカタログを発展(質と量の充実)• APIの整備(データの使いやすさを向上)• ビジネスや市民活動など既存のスキームの中でオープンデータを活かす• オープンデータ資本を活かした新規ビジネスの開発• 他都市連携(国外へも?)
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会今後の課題• 現場のデータの質を向上させる必要性(オープンデータ実務者会議でCSVファイ ル作成ガイドラインが整備が進んでいる)• ライセンスの整理(既存のデータ、これからのデータ、抜本的かつ大胆な対応が せまられている)• データのクレンジングやマッシュアップなどを担う、中間支援組織や人材の育 成、それを支援する社会システムの整備• データとプレイヤーやアクティビティのマッチング• 生みだされるシーズのインキュベーション