• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
横浜アートLODプロジェクト
 

横浜アートLODプロジェクト

on

  • 2,270 views

横浜LODプロジェクトの紹介スライド。

横浜LODプロジェクトの紹介スライド。
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は2010年からLODに取り組んでいる。
Yokohama Art Foundation with LOD

Statistics

Views

Total Views
2,270
Views on SlideShare
2,269
Embed Views
1

Actions

Likes
2
Downloads
13
Comments
0

1 Embed 1

https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    横浜アートLODプロジェクト 横浜アートLODプロジェクト Presentation Transcript

    • 第27回セマンティックウェブとオントロジー研究会 特別企画「LODチャレンジ・After&Next Day」 Yokohama Art Foundation with LOD @iwao 2012/05/09 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 1
    • 小林 巌生• (有)スコレックス 代表取締役• 特定非営利活動法人リンクト・オープンデータ・イニシアティブ(申請中)• 横浜LODプロジェクト• デザイナー、コンセプター、情報アーキテクト、地域情報コンサルタント• LOD、ウェブサイト製作、福祉系アプリ開発• twitter:@iwao Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 2
    • Yokohama LOD Project ヨコハマLOD・プロジェクト 地域情報資源に着目してその利活用を推進します。 個人、市民活動グループ、企業、行政、地域のあらゆる主体が発信する情報を地域資源と捉え、それぞれの主 体と協力しながら、情報の公開、共有、活用を推進していきます。 また、情報を発信したい主体が、その効果を最大化するための場や仕組みの開発、提供を行います。 • 地域情報をLOD化する • 地域情報LODを使ったサービスやアプリを開発する • こららを支援する Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 3
    • Yokohama LOD Project ヨコハマ・アートLOD・プロジェクト 芸術文化情報のオープンデータを推進します ヨコハマ・アート・LOD プロジェクトでは横浜市内の芸術・文化情報をLOD化し、広くその利活用を推進し ていきます。 メンバー 小林巌生(有限会社スコレックス代表) 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 LOD.AC(国立情報学研究所 LOD研究グループ) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 4
    • Yokohama LOD Project 目標 1. 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が持つデータリ ソースをLOD化し、組織内のデータを横断的に操作で きるようにする。また、将来的にアーカイブの基盤とし て活用したい。 2. LOD化を行うプロセスを通じて、技術情報の調査、プ ノウハウを蓄積する。 3. 一般の市民がLODによるメリットを感じられるような 活用方法について検討し、できれば実装まで行う。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 5
    • Yokohama LOD Project ワークフロー1 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 6
    • Yokohama LOD Project データリソース 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が持つデータリソースの中からLOD化する対象を検討した。 イベント情報 アーティスト情報 施設情報 動画コンテンツ 収蔵品情報 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 7
    • Yokohama LOD Project リソース詳細 収蔵品情報 呼称 収蔵品情報 情報量 約7万点 大佛次郎記念館の収蔵品のDBを新たに構築する予定。 原稿、書簡、日記・所有する美術品、図書、遺品・写真などがある。 状況 目録、台帳で管理されている。約7万件、うちエクセルデータは7千 件。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 8
    • Yokohama LOD Project リソース詳細 イベント情報 呼称 イベント情報 情報量 市内イベント情報(月400件)過去分まで含めると約1万9千件 アートナビというウェブサイトを公開している。CSVデータをMySQL 状況 サーバーに定期的にインポート、Web公開するシステム Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 9
    • Yokohama LOD Project リソース詳細 施設情報 呼称 施設データ 情報量 横浜芸術文化振興財団の運営する施設(17件) 財団ウェブサイト内施設紹介一覧ページから、各施設のウェブサイト へリンクしている。 状況 個別にウェブサイトを持たない施設もある。 基本情報も整備されていない。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 10
    • Yokohama LOD Project リソース詳細 アーティスト情報 呼称 アーティスト情報 情報量 約100件 ACYアートデータバンクに登録されているデータが約100件 状況 他、横浜市民ギャラリーあざみ野でも随時アーティストデータを蓄積 していく予定 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 11
    • Yokohama LOD Project リソース詳細 動画コンテンツ 呼称 動画コンテンツ 情報量 数十件 アートナビ、横浜市民ギャラリーあざみ野がアーティストのインタ 状況 ビュー動画を作成している。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 12
    • Yokohama LOD Project ワークフロー2 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 13
    • Yokohama LOD Project リソース間のリンク構造 イベント情報を中心に各情報をリンクしていくモデルを検討した。 その中から、イベント情報、施設情報、アーティスト情報についてLOD化に着手した。 イベント情報 どんなイベントがあるか? 施設情報 どこで? どんな収蔵品があるか? 出演者、 出展者は? どんなイベ ント関わっ 動画コンテンツ どこに収められているか。 たか? 作家情報 関連動画 関連する作家 作品情報 収蔵品情報 アーティスト情報 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 14
    • Yokohama LOD Project ワークフロー3 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 15
    • Yokohama LOD Project RDFモデリング 1. イベント情報、アーティスト情報は既存のRDBがあっ たので、各フィールドの意味や用途を把握するところか らはじめ、RDFではどのように扱うかを検討した 2. 施設情報は最低限必要なプロパティを検討した 3. 既存のRDFの語彙を都度調査しなが各フィールドと対応 させて行った Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 16
    • Yokohama LOD Project ワークフロー4 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 17
    • Yokohama LOD Project データ作成方法について検討1 1. イベント情報、アーティスト情報は既存の RDB(MySQL)があったので、そこからRDFのテンプ レートにデータを流し込んだ 2. 施設情報はデータから書き起こした (表形式からGoogleRefine使用) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 18
    • Yokohama LOD Project データ作成方法について検討2 RDFのテンプレートにMySQLからデータを直接流し込んでRDFを出力した。 Filemaker 約400件/月 MySQL RDF出力 アートナビ(アートカレンダー) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 19
    • Yokohama LOD Project ワークフロー5 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 20
    • Yokohama LOD Project RDF Storeについて1 出力した各データセットはRDF Storeに格納した。 LODチャレンジに向けて、SPARQL Endpointとして一般に公開した。 1. RDF Store(ARC2)を用意した 2. イベント情報、施設情報、アーティスト情報を串刺しし て検索できることが確認できた=>目的の一つ 3. SPARQL Endpointとして一般に開放中 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 21
    • Yokohama LOD Project RDF Storeについて2 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 22
    • Yokohama LOD Project 2011年度への積み残し課題 • データモデルの改善 • データのメンテナンス性についての検討 • RDF Storeの動的アップデートについての検討 • イベントジャンルのURI化を検討 • イベント情報に他リソースへのリンクを埋め込む方法を検討 • 外部リソースへのリンクについて検討 • データの活用方法について検討 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 23
    • Yokohama LOD Project 2011年度やったこと • データモデルの改善 Typeの追加、言語の記述方法の変更、データ型についての記述方法など • データのメンテナンス性についての検討 WordPressを導入し、本来必要とされる頻度での情報更新が可能になった • RDF Storeの動的アップデートについての検討 RDF Store側でクローラーを実装した • イベントジャンルのURI化を検討 URI化した Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 24
    • Yokohama LOD Project WordPress WordPressはオープンソースのCMSとして世界中で利用されている。 入力項目を柔軟に変更できるカスタムフィールド機能を利用して、入力項目をRDFの各プロパ ティに対応させる。さらに、HTMLのテンプレートと別に、RDF用のテンプレートを定義して おけば、コンテンツの編集時に自動的にRDFも追加変更できる。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 25
    • Yokohama LOD Project RDFクローリング WordPressからは過去2ヶ月分のデータの更新情報(追加、変更、無効)一覧をRSS出力し た。クローラーはRSSから各イベント情報のステータスを確認し処理を行う。 1.RSS取り込み 2. 各イベント情報のステータスを確認 3. 更新、無効となっているRDFデータがRDF Store内にある場合は削除 Wordpress 4.必要なイベント情報RDF取り込み アートサーチ RDFStore Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 26
    • Yokohama LOD Project 現在進行形でやってること、、 • イベント情報に他リソースへのリンクを埋め込む方法を検討 イベントの開催場所のシソーラスを作成し、RDF出力時にURIにマッピングする予定 • 外部リソースへのリンクについて検討 上記シソーラスからdbpediaなどにリンクする予定 • データの活用方法について検討 ウェブやスマホアプリでの活用の他、デジタルサイネージやエリアワンセグでの活用も検討中 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 27
    • Yokohama LOD Project 他、やりたいこと • 地域の場所情報(POI)のIDがない。 芸文振のイベント情報1万9千件をクリーニングしたら600件程度の場所情報が抽出できた。 芸文振の管理施設以外、駅、飲食店、エリアなどを指示しているケースなど多様。すべては不 要だと思うが、ある程度は必要。 POIにIDを発行してそこにdbpediaやチェックインサービスのURLなどを束ねておくと利便性 が高そう。 • そのうえで、観光情報等POIと公共交通等情報とつなぎたい だれか一緒にやりませんか? Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 28