Your SlideShare is downloading. ×
0
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
横浜アートLODプロジェクト
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

横浜アートLODプロジェクト

2,300

Published on

横浜LODプロジェクトの紹介スライド。 …

横浜LODプロジェクトの紹介スライド。
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は2010年からLODに取り組んでいる。
Yokohama Art Foundation with LOD

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,300
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 第27回セマンティックウェブとオントロジー研究会 特別企画「LODチャレンジ・After&Next Day」 Yokohama Art Foundation with LOD @iwao 2012/05/09 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 1
  • 2. 小林 巌生• (有)スコレックス 代表取締役• 特定非営利活動法人リンクト・オープンデータ・イニシアティブ(申請中)• 横浜LODプロジェクト• デザイナー、コンセプター、情報アーキテクト、地域情報コンサルタント• LOD、ウェブサイト製作、福祉系アプリ開発• twitter:@iwao Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 2
  • 3. Yokohama LOD Project ヨコハマLOD・プロジェクト 地域情報資源に着目してその利活用を推進します。 個人、市民活動グループ、企業、行政、地域のあらゆる主体が発信する情報を地域資源と捉え、それぞれの主 体と協力しながら、情報の公開、共有、活用を推進していきます。 また、情報を発信したい主体が、その効果を最大化するための場や仕組みの開発、提供を行います。 • 地域情報をLOD化する • 地域情報LODを使ったサービスやアプリを開発する • こららを支援する Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 3
  • 4. Yokohama LOD Project ヨコハマ・アートLOD・プロジェクト 芸術文化情報のオープンデータを推進します ヨコハマ・アート・LOD プロジェクトでは横浜市内の芸術・文化情報をLOD化し、広くその利活用を推進し ていきます。 メンバー 小林巌生(有限会社スコレックス代表) 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 LOD.AC(国立情報学研究所 LOD研究グループ) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 4
  • 5. Yokohama LOD Project 目標 1. 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が持つデータリ ソースをLOD化し、組織内のデータを横断的に操作で きるようにする。また、将来的にアーカイブの基盤とし て活用したい。 2. LOD化を行うプロセスを通じて、技術情報の調査、プ ノウハウを蓄積する。 3. 一般の市民がLODによるメリットを感じられるような 活用方法について検討し、できれば実装まで行う。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 5
  • 6. Yokohama LOD Project ワークフロー1 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 6
  • 7. Yokohama LOD Project データリソース 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が持つデータリソースの中からLOD化する対象を検討した。 イベント情報 アーティスト情報 施設情報 動画コンテンツ 収蔵品情報 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 7
  • 8. Yokohama LOD Project リソース詳細 収蔵品情報 呼称 収蔵品情報 情報量 約7万点 大佛次郎記念館の収蔵品のDBを新たに構築する予定。 原稿、書簡、日記・所有する美術品、図書、遺品・写真などがある。 状況 目録、台帳で管理されている。約7万件、うちエクセルデータは7千 件。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 8
  • 9. Yokohama LOD Project リソース詳細 イベント情報 呼称 イベント情報 情報量 市内イベント情報(月400件)過去分まで含めると約1万9千件 アートナビというウェブサイトを公開している。CSVデータをMySQL 状況 サーバーに定期的にインポート、Web公開するシステム Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 9
  • 10. Yokohama LOD Project リソース詳細 施設情報 呼称 施設データ 情報量 横浜芸術文化振興財団の運営する施設(17件) 財団ウェブサイト内施設紹介一覧ページから、各施設のウェブサイト へリンクしている。 状況 個別にウェブサイトを持たない施設もある。 基本情報も整備されていない。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 10
  • 11. Yokohama LOD Project リソース詳細 アーティスト情報 呼称 アーティスト情報 情報量 約100件 ACYアートデータバンクに登録されているデータが約100件 状況 他、横浜市民ギャラリーあざみ野でも随時アーティストデータを蓄積 していく予定 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 11
  • 12. Yokohama LOD Project リソース詳細 動画コンテンツ 呼称 動画コンテンツ 情報量 数十件 アートナビ、横浜市民ギャラリーあざみ野がアーティストのインタ 状況 ビュー動画を作成している。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 12
  • 13. Yokohama LOD Project ワークフロー2 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 13
  • 14. Yokohama LOD Project リソース間のリンク構造 イベント情報を中心に各情報をリンクしていくモデルを検討した。 その中から、イベント情報、施設情報、アーティスト情報についてLOD化に着手した。 イベント情報 どんなイベントがあるか? 施設情報 どこで? どんな収蔵品があるか? 出演者、 出展者は? どんなイベ ント関わっ 動画コンテンツ どこに収められているか。 たか? 作家情報 関連動画 関連する作家 作品情報 収蔵品情報 アーティスト情報 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 14
  • 15. Yokohama LOD Project ワークフロー3 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 15
  • 16. Yokohama LOD Project RDFモデリング 1. イベント情報、アーティスト情報は既存のRDBがあっ たので、各フィールドの意味や用途を把握するところか らはじめ、RDFではどのように扱うかを検討した 2. 施設情報は最低限必要なプロパティを検討した 3. 既存のRDFの語彙を都度調査しなが各フィールドと対応 させて行った Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 16
  • 17. Yokohama LOD Project ワークフロー4 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 17
  • 18. Yokohama LOD Project データ作成方法について検討1 1. イベント情報、アーティスト情報は既存の RDB(MySQL)があったので、そこからRDFのテンプ レートにデータを流し込んだ 2. 施設情報はデータから書き起こした (表形式からGoogleRefine使用) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 18
  • 19. Yokohama LOD Project データ作成方法について検討2 RDFのテンプレートにMySQLからデータを直接流し込んでRDFを出力した。 Filemaker 約400件/月 MySQL RDF出力 アートナビ(アートカレンダー) Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 19
  • 20. Yokohama LOD Project ワークフロー5 1. リソースの調査 2. リソース間のリンク構造の検討(LOD化の対象を決定) 3. 各リソースごとにRDFモデリング 4. データ作成方法について検討 5. 実装 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 20
  • 21. Yokohama LOD Project RDF Storeについて1 出力した各データセットはRDF Storeに格納した。 LODチャレンジに向けて、SPARQL Endpointとして一般に公開した。 1. RDF Store(ARC2)を用意した 2. イベント情報、施設情報、アーティスト情報を串刺しし て検索できることが確認できた=>目的の一つ 3. SPARQL Endpointとして一般に開放中 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 21
  • 22. Yokohama LOD Project RDF Storeについて2 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 22
  • 23. Yokohama LOD Project 2011年度への積み残し課題 • データモデルの改善 • データのメンテナンス性についての検討 • RDF Storeの動的アップデートについての検討 • イベントジャンルのURI化を検討 • イベント情報に他リソースへのリンクを埋め込む方法を検討 • 外部リソースへのリンクについて検討 • データの活用方法について検討 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 23
  • 24. Yokohama LOD Project 2011年度やったこと • データモデルの改善 Typeの追加、言語の記述方法の変更、データ型についての記述方法など • データのメンテナンス性についての検討 WordPressを導入し、本来必要とされる頻度での情報更新が可能になった • RDF Storeの動的アップデートについての検討 RDF Store側でクローラーを実装した • イベントジャンルのURI化を検討 URI化した Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 24
  • 25. Yokohama LOD Project WordPress WordPressはオープンソースのCMSとして世界中で利用されている。 入力項目を柔軟に変更できるカスタムフィールド機能を利用して、入力項目をRDFの各プロパ ティに対応させる。さらに、HTMLのテンプレートと別に、RDF用のテンプレートを定義して おけば、コンテンツの編集時に自動的にRDFも追加変更できる。 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 25
  • 26. Yokohama LOD Project RDFクローリング WordPressからは過去2ヶ月分のデータの更新情報(追加、変更、無効)一覧をRSS出力し た。クローラーはRSSから各イベント情報のステータスを確認し処理を行う。 1.RSS取り込み 2. 各イベント情報のステータスを確認 3. 更新、無効となっているRDFデータがRDF Store内にある場合は削除 Wordpress 4.必要なイベント情報RDF取り込み アートサーチ RDFStore Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 26
  • 27. Yokohama LOD Project 現在進行形でやってること、、 • イベント情報に他リソースへのリンクを埋め込む方法を検討 イベントの開催場所のシソーラスを作成し、RDF出力時にURIにマッピングする予定 • 外部リソースへのリンクについて検討 上記シソーラスからdbpediaなどにリンクする予定 • データの活用方法について検討 ウェブやスマホアプリでの活用の他、デジタルサイネージやエリアワンセグでの活用も検討中 Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 27
  • 28. Yokohama LOD Project 他、やりたいこと • 地域の場所情報(POI)のIDがない。 芸文振のイベント情報1万9千件をクリーニングしたら600件程度の場所情報が抽出できた。 芸文振の管理施設以外、駅、飲食店、エリアなどを指示しているケースなど多様。すべては不 要だと思うが、ある程度は必要。 POIにIDを発行してそこにdbpediaやチェックインサービスのURLなどを束ねておくと利便性 が高そう。 • そのうえで、観光情報等POIと公共交通等情報とつなぎたい だれか一緒にやりませんか? Scholex co., ltd. 有限会社 スコレックス 28

×