Developers Summit 2011concept

1,749 views
1,720 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,749
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
107
Actions
Shares
0
Downloads
49
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Developers Summit 2011concept

  1. 1. 1 Developers Summit 2011 創発 未来につながるために 世界に帆を立てるために とき:2011/2/17(木)~18(金) 場所:目黒雅叙園 主催:株式会社翔泳社 e-mail:dev-se@shoeisha.co.jp / twitter:devsumi
  2. 2. 2 Developers Summit (通称:デブサミ)とは 2003年より開催している 出版社が開催する 日本最大の ソフトウェアカンファレンスです
  3. 3. 3 Developer Community Sponsor この3者で日本のIT業界の 今を考える祭です
  4. 4. 4 Developers Summitを始めたキッカケ 2003年、オフショアの事例が出始め、日本の デベロッパーがいらなくなるのではという報道 が出始めた 短納期、今まで使ったことのないテクノロジー の台頭など、会社の現場の中では、解決する ことが出来ない事象が増加した つながっていることが、身を助けるという提案 コミュニティが勉強する場であり、遊ぶ場 コミュニティに答えがあるのではないか
  5. 5. 5 2010年の今、日本を見渡すと 日本経済はデフレスパイラル 新しいモデルでグローバル戦略を撃ち 出す企業が出現 モバイルマーケットは、日本が世界一熱い! ジャパンクオリティがマネーを呼んでいる
  6. 6. 6 2010年、真の意味で21世紀の始まり リーマンショックは、資本主義の秩序の 再構築 「つながる」ことに価値を見出した時代の 到来 前世紀の精算が終わり、本当の意味で 21世紀へ アジャイル × クラウド × ソーシャルが これからの世の中のインフラを変えていく
  7. 7. 7 平成21年度症状処理実態調査報告書より(経済産業省) 平成7年から平成20年まで、情報処理関連経費は緩やかに減少 傾向にある。これは、SaaSに代表される外部資源の活用の幅が 広がったことや、情報処理関連サービスの技術革新によりコスト ダウンが進んだことが要因であると推察される。 また、情報システムの構築の取り組みは低下傾向にあるが、平 成21年度以降にシステム構築を予定する企業は多く、今後シス テム構築の動きが拡大に向かう兆候がある
  8. 8. 8 デブサミスピーカーたちの 転職劇(2010/9~) 敬称略 ご自身のblogやTwitterで会社名を出されている方のみ掲載いたしました 伊藤直也:はてな→GREE 松信:Oracle→DeNA 玉川:IBM→Amazon Papanda:Tis→楽天 並河:Tis→サイバーエージェント さとうなおき:Oracle→MS 矢崎:日経BP→はてな amachang:サイボウズラボ→オーマ な ぜ だ か 、 誰 も 起 業 し ま せ ん で し た
  9. 9. 9 Com (共に) Community (場所・地域・関心) Company (パン→会社へ)
  10. 10. 10 個人と組織が変化している? コミュニティが会社化? どんなモデルが出てくるか? コミュニティから会社に出社するイメージ 会社がコミュニティ化? 新しい会社と個人の関係が生まれる兆しかも コンシューマーで話題になる技術は、エンタープラ イズの中に必ず取り込まれていく この動きを支えているのが ソーシャルテクノロジーであることは 間違いない
  11. 11. 11 人が流動化する背景には 世の中は、開発スピードをアップすること を求めている 新しい価値を生むために、何をすべきか、 会社で、コミュニティで、探す試みが行わ れているのではないか? 社会はコードが担っている
  12. 12. 12 新しい社会を生み出すために 開発の現場は これから何をすべきか? デブサミ2011では 業界の有識者の方々に 今行っている試みや 今ご自身が考えている解について 話していただく予定です

×