私はこの本でネットワークを学んだ

2,173
-1

Published on

第2回静岡ITPro勉強会 インフラ部での発表

Published in: Technology, Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,173
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

私はこの本でネットワークを学んだ

  1. 1. 私はこの本でネットワークを学んだ 石坂忠広
  2. 2. 自己紹介• http://profiles.google.com/ishisaka/• 氏名:石坂忠広• ABB日本ベーレー株式会社所属• 自称 ソフトウェアアーキテクト
  3. 3. 注意!!加齢臭まみれです。
  4. 4. インターネット前夜1995年以前
  5. 5. パソコンLANとは何か LAN構築の基礎知識著者:脇英世講談社(ブルーバックス)1992年2月当然絶版
  6. 6. パソコンLANとは何か• 90年代になるとEthernetのインターフェイスカード が数万円台になり実用的な感じになってきた頃。 – 記憶だとPC98用CバスのNICが4~8万円ぐらい• ISOのOSIの解説から実際の物理インターフェイ スに関してまで新書版の中に盛り込み解説• TCP/IPの解説もあったがほんのちょっと。当時の 現実としてLan Manager中心の解説• かなりしっかりした内容で、後ですごい楽になっ た。
  7. 7. この頃の話• 94年頃になるとメルコ等から低価格のLAN製品 が出てきた。 – ピアツーピア用のNIC2枚入りの低価格セットなども。 (メルコの価格破壊) – http://buffalo.jp/archives/history/history_4.html• この頃は日本国内ではNetwareが全盛。ファイ ル共有とプリンタ共有が中心 – DOS/V機の登場も一つの要因(海外製NE2000互換の 安いNIC)• NICドライバのためのDOSコンベンショナリメモリ 確保の話は年寄り話のネタ。
  8. 8. Netwareの管理者になる• 93年頃Netware 3.1Jのサーバーの管理者にさ れる。 – Novel Netware 3.1Jです。• いわゆるながら管理者。• 不幸の始まり• もう読んだ本すら検索できない…
  9. 9. TCP/IPネットワーク管理Craig Hunt 著、村井 純, 土本 康生 監訳、林 秀幸 訳2003年(第三版)私が最初に買ったのは日本語版第1版、なんと緑色の表紙現在は絶版
  10. 10. オライリー TCP/IP• NEC 4800(EWS)シリーズの管理も仕事になる。 – 当然これが本業じゃない – UNIXのネットワークも勉強しなきゃいけなくなった お (´・ω・`)• バイブル(キリッ – IPの仕組みからsendmailやftpd、gopher(!)の設定 方法まで網羅! – そう、600ページを超えているとはいえ、これ一冊 ですんだのだよ。
  11. 11. Super ASCII• 月刊ASCIIでは扱いにくくなったUnix 機などハ イエンドな話題を提供する雑誌だった。 – これでLinuxやFree BSD、インターネットの存在を 知った。 – SUNやHPのワークステーション開設とか普通に やっていたエンスー雑誌 – BSD Magazineとかはこれから 出てきた – 何か道を誤っているとした この雑誌の影響が大きい
  12. 12. インターネットとWINDOWS 951995年~
  13. 13. インターネットマガジン1994年9月創刊インプレスhttp://i.impressrd.jp/bn/pdf/1994/10/001
  14. 14. インターネットマガジン• 日本で初めてのインターネット専門雑誌• なんとしばらくの間プロバイダー接続マップが ついていた。(接続速度とおおよそのホップ数 がわかって大変便利!)• 付録CD-ROMに接続用のPPPツールや MOSAICブラウザ、FTPクライアントなどついて いて大変便利!(当時何せ28.8kbpsのモデム だからね)
  15. 15. ポイント図解式 標準LAN教科書ASCIIのポイント図解シリーズ
  16. 16. ポイント図解シリーズ• アスキーからでていた主にネットワーク関連 のシリーズ• 図解を多くネットワーク機器や規格について 大変わかりやすく解説した紙シリーズだった。• 特に標準LAN教科書は文字通りの「教科書」• うるさい上司・後輩・客質問の多い方対策に 大変良かった
  17. 17. 95年頃• Windows 95は衝撃的だった。 – NICドライバ的に – TCP/IPスタックが標準であって鼻歌。• Netware 4.0へのバージョンアップ代が強気すぎ てふざけていたのでサーバーをWindows NT 3.5 に。もう鼻歌。• がんばって横浜に電話かけていたけど死にそう になってどうしようという頃に静岡INTERNETがで きて神みたいだった。23時からテレホの神様が やってきた頃。• この頃会社もUUCPからIPに変わった
  18. 18. RUNNING LINUX―導入からネットワーク構築までマット ウェルシュ (著), ラー カウフマン (著), Matt Welsh (原著), Lar Kaufman (原著), 小嶋 隆一 (翻訳)出版社: オライリー・ジャパン (1996/04)ISBN-10: 4900900001ISBN-13: 978-4900900004発売日: 1996/04
  19. 19. RUNNING LINUX• Linuxのマニュアル本• とりあえずインストールからセットアップ、開発 環境の構築まで一通り網羅していて大変助 かった。もうこれを片手に必死になっていた。• 当時ディストリビューションの違いなんてほと んど無いというかSlackwareなので特にそれの 違いは意識しなくて良かった。
  20. 20. 2000年代• ネットワークに関するお仕事が社内LANの管 理から製品のネットワーク設計(を含む)に仕 事が変わってきたのがこの頃• この頃のお仕事のネットワークはFDDIが中心。 – Open VMSのシステムだったしね… – Open VMSのTCP/IP, Socketが後付け感満載でお もしろかった。• この頃Linuxが一番おもしろかったなー – 一筋縄でいかない的な意味で
  21. 21. 詳説 イーサネットチャールズ・E. スパージェン (著), Charles E.Spurgeon (原著), 櫻井 豊 (翻訳), 柏木 由美子 (翻訳)オライリー
  22. 22. 詳説 イーサネット• 本格的なEthernetの教科書。• 10BASE-5からGigabit Ethernetまでその物理 的な仕様から通信仕様まで文字通り詳細に 解説。 – 図版多く、プロフェッショナル向け – 大変すばらしく現在絶版なのが非常に惜しい
  23. 23. Windows リソースキット
  24. 24. Windows リソースキット• Windowsのシステム構築、システム運用を行 う上で必要な情報を提供している。• 基本的なマニュアルセット。 – できれば目を通す本ではなく、必ず目を通すべき 本 – ぐたぐた言わないで読め、読みやがれ。
  25. 25. インサイドWindowsディビット ソロモン (著), マーク ルシノビッチ (著), David Solomon (原著), MarkRussinovich (原著), 豊田 孝 (翻訳)MSプレス日経BPISBN-10: 4891004738ISBN-13: 978-4891004736
  26. 26. インサイドWindows• Windows Internalsの翻訳• Windows内部動作の解説書• VMSのBlack Bookにあたる。• 開発者、管理者ともに有益• Windowsの中身がわからないとか言うやつは これの角に頭ぶつけて死ね!
  27. 27. サーバ/インフラを支える技術安井 真伸 (著), 横川 和哉 (著), ひろせ まさあき (著), 伊藤 直也 (著), 田中 慎司 (著), 勝見祐己 (著)技術評論社2008年ISBN-10: 4774135666ISBN-13: 978-4774135663
  28. 28. サーバ/インフラを支える技術• 言うまでも無い名著• 大規模データセンターでの運用技術を解説• 気がつけばもう3年 – 今でもコンセプト等は普通のDC運用やシステム 構築であれば有用なはず。
  29. 29. @IT• 本じゃないですけど• 総合的な情報サイト• これがなかったら今日本のIT業界は…
  30. 30. まとめ• こんな話まとまるわけがないので後書き• とにかく読め、読み散らかせ• Windowsはちゃんとやればこわくもわるくもな い。ちゃんとやってない管理者が多すぎ。• 最近のLinuxがよくわかりません orz

×