CMS の最新事情を探る!

1,037 views
975 views

Published on

20131107 わにるWebクリエーター勉強会

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,037
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
295
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CMS の最新事情を探る!

  1. 1. わにる.jp CMS の最新事情を探る! Hisato Ishikawa Nov 7, 2013
  2. 2. ひさと 石川 寿刀 有限会社マン・クリエイト フロントエンドエンジニア
  3. 3. 国内のCMS http://www.cmscrawler.com/country/JP
  4. 4. 主なCMSの最新バージョン 2013年11月7日現在の情報です。 ※一部、個人的主観に基づいています。
  5. 5. Version 3.7.1 2013/10/30 オープンソース GPLライセンス
  6. 6. PHP 5.2.4 以上 MySQL 5.0 以上 主な新機能・変更点 ◎メンテナンス&セキュリティリリースの自動更新機能が追加 ver. 3.7.1 → ver. 3.7.2(バックグラウンドで自動更新される) ver. 3.7 → ver. 3.8(メジャーアップデートは更新されない) ◎パスワードメーターの強化 ◎より関連性の高い検索結果の表示 ◎翻訳ファイルの自動更新(国際化対応) 詳細 豊富な プラグイン http://wpdocs.sourceforge.jp/Version_3.7 導入事例 多数 各地で イベント 開催 WordCamp , WordBench 脆弱性
  7. 7. Version 6 2013/10/17 クラウド版 ソフトウェア版 オープンソース 月額 9,975円∼ 94,500円 GPLライセンス ・クラウド環境を利用 ・常に最新版 ・手厚いテクニカルサポート ・Version 5 ・カスタムフィールド機能なし ・コミュニティ機能なし
  8. 8. Perl 5.8.1 以上 MySQL 5.0 以上 主な新機能・変更点 ◎API 利用の強化 DATA API → 蓄積されているデータの読み出しや更新などを REST/JSON で利用できる Chart API → 記事投稿数や、アクセス解析データ等、さまざまなグラフを作成できる ◎Google Analytics の連携 / Loupe ウェブアプリの利用 ◎通知センターを追加 ◎非公開日時指定機能を追加 詳細 http://www.movabletype.jp/blog/movable_type_60.html 豊富な 標準機能 プラグイン 少し高い マ テー イセンス料 ラ 多数 若干 カスタマイズ ? 経験必要かな
  9. 9. Version 1.7 2013/06/24 ベースライセンス lite ライセンス 52,500円 0円 ・1blog 1user ・モジュールID機能なし ・ルール機能なし
  10. 10. PHP 5.1.6 - 5.3.x 特徴 ◎静的サイトからの導入 既存の静的サイトの一部分からでも導入できる ◎カスタムフィールド機能 独自の入力項目を自由に追加できる ◎フォーム機能 お問い合わせなどサイトに必要な フォームプログラムが標準搭載 詳細 MySQL 5.0 以上 ◎豊富なJavascriptライブラリ Webサイトでよく利用されるスクリプトが 標準で っている。外部から探す手間が省ける ・タブ、アコーディオン、ゼブラテーブル ・スライドショー、画像拡大 ・AJAX データ取り込み など多数 ◎端末ごとの表示切り替え ユーザーエージェントごとの表示切り替えを 管理画面内で設定できる http://www.a-blogcms.jp/features/ HPに必要な プログラムを しっかりした パーツが 書かなくても サポート窓口 制作可能 いっぱい HTML/CSS が分かれば。 TIPS レビューが まだ少ない
  11. 11. CMSいろいろ http://concrete5-japan.org/ http://jp.jimdo.com/ http://www.soycms.net/ http://www.joomla.org/ http://xoopscube.jp/ http://drupal.jp/
  12. 12. まとめ ◎CMS は何を基準に選択するか ◎オープンソース or ライセンス製品 ◎トラブル発生時の対応はすぐできるか ◎クライアント(更新者)が使いやすいか
  13. 13. おまけ ちょっと気になるCMS & Blog KOKEN http://koken.me OCTOPRESS http://octopress.org/ 写真や動画を中心としたサイト向け Github Pages と組み合わせて作れるブログ http://getkirby.com/ データベース不要のCMS https://ghost.org/features/ markdown 記法で記事作成するブログ node.js が必要

×