VlanManagerを使ってみた

3,453 views

Published on

日本OpenStackユーザ会 第5回勉強会 LT

いつもは FlatDHCPManager 使っている人が VlanManager 使ってみた。

1 Comment
4 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
3,453
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
22
Actions
Shares
0
Downloads
51
Comments
1
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VlanManagerを使ってみた

  1. 1. @ishikawa84g
  2. 2.  @ishikawa84g ◦ いつもは SELinux の人 ◦ OpenStack インストール手順のようなもの(Diablo)の人  http://2done.org/openstack/ 仕事で OpenStack を弄ってます ◦ Nova, Glance, KeyStone, Horizon 中心 nova.conf 戦闘力: まだ 50 程度
  3. 3.  FlatManager ◦ 基本的なネットワーク ◦ ネットワーク設定は /etc/network/interface FlatDHCPManager ◦ Flat + DHCP = 簡単 VlanManager ◦ Flat + DHCP + VLAN ◦ テナント(プロジェクト)毎にVLAN IDを設定 nova.conf の network_manager に設定
  4. 4. Internet FW とか SW ホントはこんなにマシン使ってない nova-api(meta) Horizon nova-network nova-api x N台 nova-compute 生意気にNetwork HA構成 SW KeyStone nova-volume Glance AMQP DataBase のようななものnova-scheduler
  5. 5.  OpenStack Compute Administration Guide – 9. Networking
  6. 6. 名称 アドレス帯 用途フロント 192.168.0.0/24 ユーザサービス用ネットワークバックエンド 192.168.1.0/24 バックエンドサービス用ネットワークFIXED 仮想マシン用仮想ネットワーク 10.0.0.0/8ネットワーク (VLAN毎に /24 で分割) FIXED ネットワーク = VM が利用するプライベートネットワーク
  7. 7. network_manager=nova.network.manager.VlanManagerpublic_interface=eth0vlan_interface=eth1fixed_range=10.0.0.0/8 VLAN関連設定network_size=1024dhcpbridge_flagfile=/etc/nova/nova.confdhcpbridge=/usr/bin/nova-dhcpbridgeforce_dhcp_release=Truemy_ip=$NOVA_COMPUTE_IPADDRESSSrouting_source_ip=$NOVA_COMPUTE_IPADDRESSSmulti_host=Trueenabled_apis=metadatametadata_host=$NOVA_COMPUTE_IPADDRESSS HA構成関連設定
  8. 8.  事前にネットワーク帯と VLAN ID を定義(プール?)する ◦ 事前に多量の VLAN を定義する必要がある ◦ 例: 10.0.101.0/24 → VLAN ID 101 ◦ nova-manage network create --label vlan101 --fixed_range_v4 10.0.101.0/24 --num_networks 1 --network_size 256 --vlan 101 ◦ 上記で必要な情報  識別可能なネットワーク名  IPアドレス範囲  VLAN ID  ネットワークサイズ 確認は nova-manage network list
  9. 9.  Compute ノードの VLANインタフェース側を Trunk モードに設定する CISCO の場合、Trunk だけではダメ ◦ 使用する VLAN を事前に活性化する必要がある ◦ CISCO 2960の場合、こんな感じ  (config) vlan XXX → no shutdown → exit  (config) interface range giga 0/1-40  (config-if-range) switch port trunk ◦ これを知らず永遠と構成と設定ファイルを見直した...
  10. 10.  VM 起動時に定義したアドレスが自動的に割り当てられる ◦ 一度割り当てると、そのアドレスを使い続けるようになる ◦ 事前にテナントとアドレスを紐付けることも可能 ブリッジインタフェースが自動生成される $ brctl show bridge name bridge id STP enabled interfaces br101 8000.fa163e4197ed no vlan101 vnet0 br102 8000.fa163e667f15 no vlan102 vnet1 virbr0 8000.000000000000 yes dnsmasq をブリッジ毎に起動
  11. 11.  Any Questions?

×