Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
アイデアワークショップ~PPCO編~ フル
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

アイデアワークショップ~PPCO編~ フル

  • 1,293 views
Published

 

Published in Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,293
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
27
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2013年*⽉*⽇ (12:50〜13:20 &) 13:30〜17:00 アイデアワークショップ 〜PPCO編〜 アイデアプラント ⽯井⼒重 rikie.ishii@gmail.com 1
  • 2. (はじめに) PPCOの学習⽤に、このスライドをご覧になる⽅へ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このワークショップ・スライドは 技術開発⽤にチューンしたPPCOプロセスです。 (TRIZの知識構造のエッセンスを融合してあります。) 【ビジネス課題】や【⼈の問題】(組織における課題、⽇常⽣活の課題)では 使う「補助ツール」と(パート内の)「ブレストの構造」変わります。 (基本となるプロセス(PP・C・O)(スライド22~31)は、変わりませんが。) 2
  • 3. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (予備セッション)12:50 第0パート 0-1 0-2 0-3 0-4 0-5 ~ブレインストーミング・セッション~ イマジネーションの準備運動「Brainstorming Card × 破壊ブレスト」(6) 補⾜1(1) 補⾜2(1) 5分交代のペアブレスト(15) アイデアを書く&Select1(7) 進行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (予備セッション、ここまで)13:20 <トイレ休憩(10分)> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (開始)13:30 第1パート 1-1 1-2 1-3 1-4 ~アイデアの強化プロセス~ PPCOプロセスの概要説明(10) PP(潜在可能性を引き出すブレスト)(20) C(懸念点を列挙するブレスト)(20) C‐2(最重要課題を⾒出す)(10) <トイレ休憩(10分)14:30〜14:40> 1-5 1-6 O(懸念点を打破するブレスト)(20) PPCO、まとめ(10) <進⾏の調整シロ> (10) 第2パート 2 3 4 5 ━━ 15:20 ~学びのまとめ、プレゼン、他~ 学びの活〆(15) ミニ・プレゼン(40) 補⾜(5) 終わりに(質疑応答+メッセージ)(10+20) 補⾜資料:TRIZ(の発明原理)って何? <進⾏の調整シロ> (10) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (終了)17:00 3
  • 4. 12:50~13:20 直前にブレストをするチームのための予備セッション 4
  • 5. 0-1 (12:45〜 直前にブレストをするチームのための予備セッション) イマジネーションの準備運動 「 Brainstorming Card 」 × 「 破壊ブレスト 」 7分 5
  • 6. “破壊ブレスト“ 本来⽬的に対して、あなた⽅はそれを邪魔しに⼊った⼯作員です。 そして今⽇は⼯作員同⼠で、如何にしたらプロジェクトを失敗さ せられるか、 (或いは、課題解決を妨げられるか)をブレストしに こっそり集まりました。 ⾃分のチームの改良テーマ プロジェクトに送り込まれた⼯作員たちであるあなたがたは 「更に悪い状況にするには」というアイデアを出していきます。 改良じゃない場合(新技術の⽤途アイデアの場合)は →「出来るだけ価値の低いアイデア」を出す 6
  • 7. Brainstorming Card この4⾊カードはBrainstormのルールを、ゲームの「役」にしたものです。 使っているうちに、⾃然とブレインストーミングの⼼理様式を学ぶことができます。 そのカードに書いてある指⽰の内容(アイデアを出す、等の⾏為)が 実⾏できれば、そのカードを場に出すことができます。 → ⼀つずつ、紹介します。 7
  • 8. 8
  • 9. 9
  • 10. 10
  • 11. 11
  • 12. やり⽅(グループ対抗の、ブレストの準備運動) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ のカードを各⼈が持つ。 0)4⾊ (⾚/⻩/緑/⻘) 1)「発想のお題」に対して、皆で アイデアを出していきます。その際、 ⾃分の⼿札の内容を実⾏できた 時には、それを場に出します。 2)⼿札を早く使いきった⼈も、 ブレストに参加し続けてください。 「⾚」と「⻘」のカードは、他者のアイデアを受けて⾏う内容なので、 他の⼈たちが、⾯⽩いアイデアを次々出していくと、⾚や⻘のカードが 残っている⼈は、流れに乗って⼿札を切りやすくなります。 3)時間は「3分間」。最も多く 場に出せたグループが優勝です。 12
  • 13. 0-2 ⽇常のブレストでも、4つの⼼理様式を ぜひ、意図的に実施してください。 創造的なアイデアや、 新しい選択肢を得ることが増えます。 補⾜: 社内などで、1チームだけで使う時には、 →  過去の成績(5分間で出せた枚数)と競う。 →  使い切るまでの「タイム」を競う。 ようにして、使います。(ブレストの前の準備運動として) 本⽇の、以降のワークでは、 Brainstorming Cardは使いません。 今⽇のブレストの際に ⼿元に置いておいて眺めたり、 ⼿帳に挟むなどして ⾃由に使ってください。 (4⾊のカードは、差し上げます) 13
  • 14. 0-3 「破壊ブレストって、なんのため?」 「⾯⽩いけど、単なる練習でしょ?」 破壊ブレスト について いいえ! 実は、実践にも使える、効果的な発想⼿法です。 以下の、2つのメリットあります。 ■ Not A の 思考 1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎A領域(本来の問題への解決案)ではなく、「 Not A 」の領域を考えている ◎”ひっくり返す”と、Not A領域のアイデアは、A領域のアイデアになる。 ◎A領域へのアイデアとしては思い⾄れないものが、 Not Aのアイデアを“逆さま“にしたものの中には、結構出てくる。 ■ Free Thinker 2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎A領域だと、⼿堅い解決策を出そうします。いわば「正解探し」。 専⾨家ではない参加者は意⾒を⾔うのを控えてしまいます。 ◎失敗をたくらむ”⼯作員”という皆が素⼈の課題にしてやることで、 専⾨外の⼈も、⾯⽩い意⾒を思いたり。(逆に、成功させるアイデアが出ちゃったり) 14
  • 15. 0-4 5分交代のペアブレスト 16分 15
  • 16. 4⼈組の中で、ペアを作り 5分間、ペアでアイデア出し (メモを取っても結構です) ちがうペアで、5分。 さっき出たアイデアを発想材料に してもいいし使わなくてもOK 更にちがうペアで、5分。 同様に、前に出したアイデアを発想材料に してもいいし使わなくてもOK 16
  • 17. 8分 0-5 アイデアを書く & Select1 17
  • 18. アイデアを、カードに書く。 (1アイデア1カード) (⽬安:⼀⼈3枚) 時間は5分間 磨いてみたいアイデア、 魅⼒を感じるアイデア、に 各⾃が☆を付ける。 ↓ 最も、星の多いものを 「ブラッシュするアイデア」 として採⽤する。 18
  • 19. *補⾜* (早めにいらした⽅は、予備セッションを⾒学をしていただくこともできます) (なんなら、加わってくださっても結構です) 19
  • 20. 13:30~17:00 アイデアの強化プロセス「PPCO」 20
  • 21. (補⾜) このパートは、「磨くべきアイデア」を 各チームが持っている状態からはじまります。 各チームは、 個⼈やチームで出したアイデア群の中から、 1つのアイデアを選び取っている状態に してあるものとして、進⾏します。 もし、当⽇までに、そこまで⾏っていない場合は 予備セッション にチームで参加してください。 21
  • 22. 1-1 本格的なアイデアワークでは 何をするか? (ミニレクチャー) 設定する 拡げる 絞る 強化する 22
  • 23. 魅⼒的なアイデアの実現性を上げるワーク 「PPCO」 23
  • 24. まず、全体像を、ざっくりお⾒せしますと・・・ 24
  • 25. 3 1 1 2 2 3 PP Plus Potential C Concern O Overcome PPCOプロセス 25
  • 26. PP=プラス、ポテンシャル ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “褒めるブレスト” … 潜在可能性を⽬いっぱい引き出す … (ヘドが出るまで褒める) 26
  • 27. C=コンサーン(懸念点) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “批判ブレスト” … あらん限りの懸念点を挙げる … 漠とした懸念は ⇒ 具体的な懸念点へ 27
  • 28. O=オーバーカム(乗り越える) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “対策案ブレスト” 懸念点 … 1つの懸念点打破に⼒を集中させる … (4位以下は、対策案ブレストをやらない) 28
  • 29. コツ、QA • なぜPP? – チームの⼼をパンパンにする。 不⼗分だと「C」で折れる。 • Cはどれくらい? – ⼤抵は、30個前後。多くても50〜60個に • Oはなぜ上位3つ? – ⼀番⼤きな壁を穿つと⾃然と問題は⽡解する。 – 解決策のあり⽅も、多様なようでいて、 実は40〜50で埋め尽くされる(傾向がある)。 29
  • 30. 会議⽤の実施⼿順シート • 強化したい、優れたアイデアを⽤意。 • 良い⾯(PP)を、10分ほど、出しあいます。 • 懸念点(C)を、10分ほど、出しあいます。 • 上位の懸念点をハイライト法で抽出。5分。 • 対策アイデアのブレスト(O)を20分ずつ。 – これ⾃体もブレストですので、便乗したものもOK、⾃由なほめ⽅でOK、 質にこだわりません。 – これもブレストです。ただし第⼀ルールの「判断遅延」だけを、機能停⽌にして。 – ちょっとしたのもOK、あり得ないような⼼配事でもOK、質にこだわりません。 – 皆がペンを持ち、「重要だと思う懸念事項」に☆をつける。いくつでも。 – ☆の多い懸念点トップ3を決めます。 – トップの懸念事項を、無害化するにはどうすればいいか?をテーマにブレスト。 – 出しつくしてなお不⼗分ならば、「あともう1ダース」といって アイデアをさらに12、24、36個と出す。 – 第2、第3についても、同様。 30
  • 31. やってみましょう 31
  • 32. 1-2 使う道具 ⇒ ⻩の Post‐it A3⽩紙 潜在可能性を引き出す 32
  • 33. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「良いところ」「潜在可能性」を、列挙する 1⼈で列挙(5分) 補助ツール「アイデア評価軸」リストか「6観点」リストを使う。 ・・・観点毎に良い所を探し、ポストイット■に書く ↓ グループで共有(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。 ↓ 「それらがあったなら、起こるかもしれない良い事」を各⾃で列挙(5分) グループで。さらに広げる。(7分) ↓ 共有したポストイットを刺激剤にして。 出ないときには、補助ツール。さっきと逆の⽅を使う グループで共有・発展(5分) ・・・ポストイット■に書く() ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 33
  • 34. 補助道具 (良い点を探す観点がどうも狭くなってしまう、という時に) 34
  • 35. アイデア評価軸リスト 新規性 の面では? 収益性 出典:「IDEAVote」 の面では? コスト (評価軸毎に、考える) の面では? 時間 の面では? 人手 の面では? 技術 の面では? 顧客満足 の面では? 準備や設備 安全性 の面では? の面では? エネルギーや資源 の面では? 35
  • 36. 6観点リスト ━━━━━━ (観点毎に考える) 36
  • 37. 1-3 使う道具 ⇒ 緑の Post‐it A3⽩紙 懸念点を列挙する 37
  • 38. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「懸念点」「⼼配なところ」を列挙する 1⼈で列挙(5分) 「39のパラメータ」を使う。 ・・・軸毎に懸念点を探し、ポストイット■に書く ↓ グループで共有(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。 ↓ 1⼈で列挙(5分) ↓ グループで。さらに出す。(7分) 共有したポストイットを刺激剤にして。 グループで共有・発展(5分) 出ないときには、補助ツール。さっきと逆の⽅を使う ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 (⾔わば・・・) 批判ブレスト 漠然とした懸念点は対策できない。 まずはとにかく出してみて、そこに漠と したものがあれば、要素や状況を限定し てみて、「具体的な懸念点」も出す。 38
  • 39. 補助道具 (技術テーマの場合は) 39
  • 40. 40
  • 41. 39のパラメータの詳細 (詳しくは紙資料を) 41
  • 42. 1-4 使う道具 ⇒ -2 最重要課題を⾒出す 42
  • 43. 先の【批判ブレスト】で得られた懸念点のリストに対して… そのポストイットを⾒て 「これは重要な懸念点だ」と思うものに ☆印を付けていく 懸念点 (各⾃の判断でOK)(☆はいくつでも) 星が 特に 多いものを 取り出す 時間:5分 トップ3 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2 ☆ ☆ ☆ 1 ☆☆ ☆☆ 3 ☆ ☆ ☆ 43
  • 44. 10分休憩 (再開= ) 44
  • 45. 1-5 使う道具 ⇒ ⻘の Post‐it A3⽩紙 懸念点を打破する 45
  • 46. 先の作業で得られた【トップの懸念点】に対して・・・ 「その懸念点を、打破するには ( or 無害化するには)どうすればいいか?」 対策案を列挙する。 あまり具体的じゃ 無くてもOK。 とにかく出す。 1⼈で列挙(5分+α) 道具なしで⾃由に発想し、ポストイット■に書く ↓ 共有・追加(5分+α) 対策案ブレスト 紹介しつつ、同じアイデアを持っていたら、寄せつつ。聞いて気づいたらポストイット■追加。 ↓ 皆でTRIZブレインストーミング(15分+α) 智慧カードをヒントに具体的な解決策をブレスト(発想する、その上にさらに出す)をする。 いいながら、どんどん、ポストイット■に書く。 (その前に、ミニレクチャ:有望な智慧カード10枚は、どのようにして選ぶか?) (研修ではトップ1だけですが、実務では→ 2,3も) 46
  • 47. 補助道具 (技術テーマの場合) 47
  • 48. 智慧カード・リスト http://triz.sblo.jp/ 1.分けよ 2.離せ 3.⼀部を変えよ 4.バランスをくずさせよ 5.2つをあわせよ 6.他にも使えるようにせよ 7.内部に⼊り込ませよ 8.バランスを作り出せ 9.反動を先につけよ 10.予測し仕掛けておけ 21.短時間で終えよ 22.良くない状況から何かを引き出し利⽤せよ 23.状況を⼊り⼝に知らしめよ 24.接するところに強いものを使え 25.⾃ら⾏うように仕向けよ 26.同じものを作れ 27.すぐ駄⽬になるものを⼤量に使え 28.触らずに動かせ 29.⽔と空気の圧を利⽤せよ 30.望む形にできる強い覆いを使え 11.重要なところに保護を施せ 12.同じ⾼さを利⽤せよ 13.逆にせよ 14.回転の動きを作り出せ 15.環境に合わせて変えられるようにせよ 16.⼤雑把に解決せよ 17.活⽤している⽅向の垂直⽅向を利⽤せよ 18.振動を加えよ 19. 繰り返しを取り⼊れよ 20.よい状況を続けさせよ 31.吸いつく素材を加えよ 32.⾊を変えよ 33.質をあわせよ 34.出なくさせるか出たものを戻させよ 35.温度や柔軟性を変えよ 36.固体を気体・液体に変えよ 37.熱で膨らませよ 38.そこを満たしているもののずっと濃いものを使え 39.反応の起きにくいものでそこを満たせ 40.組み合わせたものを使え 48
  • 49. 1パラメータ・メソッド 出典:智慧カード3 「セレクト・ガイド・シート」 49
  • 50. (ミニレクチャ:有望な智慧カード10枚は、どのようにして選ぶか?) 50
  • 51. (ユーザの操作が複雑になってしまう) ・時間損失(25) ・装置の複雑度(36) も当てはまりそうだな・・・ “〇〇(トップの懸念事項)を打破する”って、この39個の中のどれだろう? あてはまるものを「改善ニーズ」の39個の中から選ぶ。 複数当てはまりそうなら、複数選んでもOK。その場合は、最もあてはまるものから順次トライ。 51
  • 52. 先頭(左)ほど、 解決策となる可能性が⾼い ブレークスルー・パターン 52
  • 53. 53
  • 54. 54
  • 55. 55
  • 56. 補助道具 (題材が広い場合は)(⼈の問題の場合は) → TRIZ以外に、SCAMPERもアリ 56
  • 57. SCAMPERノート 『アイデア・スイッチ』 ダウンロード付録 何かを拡⼤・縮⼩できないか ⾼さ、重さ、サイズ、 強度、頻度、複雑さ、価値 何かを省略・削除できないか 部分、機能、動き、負担、価値 何かを逆にできないか 順序、上下、内外 発想のテーマ: 何かを修正できないか ⾊、外形、⾳、⾳声、意味合い 何かを代⽤できないか 部分、⼈、材料、働き、プロセス 何か他の使い道がないか そのままで別の分野、 ⼀部を変えて新しい⽤途、別の市場 何かを組み合わせられないか 部分、⽬的、応⽤⽅法、材料 何か似たものに適⽤できないか 状況、モノ、⾏為、考え 何かを再構成できないか パターン、配置、組み合わせ、部品
  • 58. 1-6 PPCO、まとめ 58
  • 59. PPCOは「魅⼒的だが未成熟な案」の実現性を上げるプロセス C アイデアの実現性を上げる 創造的なアイデアを捕まえる ︵ 創 造 的 ︶ F (実現性) 備考1)芽があるのは「上回り」。 備考2)強くできる技術があると、「新しい案」が出せるようになる 59
  • 60. 15:20~17:00 学びのまとめ、プレゼン、他 60
  • 61. 2 “後で頑張って思い出す”、なんて、もったいない。 Introduction そして、学習の場から持って帰れるものなんて、 ⻑い時間の後になると、ほんのわずかに。 なので、記憶が新鮮なうちに、さばいて、 (いわば、船の上で、釣った⿂、活〆して) ⾃分にとって⼤事なところだけにする。 ・・・そんなワークを。 61
  • 62. 学びの活〆め タイム 学びの活〆め 「学びを、削いで、3つ化する」(2分) ⽤途想起 「⾃分にとって、これ、 どんな場⾯で使える?」(2分) シェア 「俺はこう思った(違っていて良い)」(5分) 62
  • 63. ■ ⼿法名・ワーク名称 1.学びの活〆め「学びを、削いで、3つ化」 ・ ・ ・ 2.⽤途を想起「これ、どんな場⾯で使える?」 [ このシートは、沢⼭あるのでいくつ使っても結構です。 ] このシートは、後でも⼊⼿(ダウンロード)できます。 http://ishiirikie.sakura.ne.jp/sblo_files/ishiirikie/image/manbi_katsujime.pdf 63
  • 64. 3 ミニ・プレゼン 64
  • 65. 話し合ったことをまとめる チーム代表者が 1)良い潜在可能性 2)主な懸念点 3)その打ち⼿ 及び 4)学び を「4分間」でプレゼン。 その準備時間は「5分間」 新たに使える道具は、A3⼀枚だけ。 (ポストイットを張り替えるのは、あり) 65
  • 66. 3グループ・プレゼン ②周囲の3つのグループで 集まり、内容をプレゼン (4分×3) ↓ ③⾯⽩いアイデアを指差す (⾃分たちの以外) 6点 3点 3点 ↓ ④得票の多いプランがこの ⼤グループ(3グループ)の 代表になる。 66
  • 67. 全体プレゼン(12分) 全員が集合。 ⼤グループの代表、プレゼン(3分) 67
  • 68. 4 補⾜ ”内部のノウハウを資料にしたもの”を 懸念点探しの際に、使おう! 過去の知的ストックから、⾃社独⾃のチェックリストが整備されて いれば、それを使ってください。TRIZの「39のパラメーター」より、 もっと具体的な懸念点が出せるでしょう。 68
  • 69. 5 終わりに (質疑応答&メッセージ) 69
  • 70. (質疑応答) 70
  • 71. 発想道具一覧 IDEAPLANT 『 Brainstorming Card 』 ※ アイデアワークショップ専⽤ツール(⼀般販売無し) IDEAPLANT 『 アイデアトランプ 』 http://www.ideaplant.jp/products/ideatrump/ IDEAPLANT 『 ブレスター 』 ブレインストーミング学習ツール IDEAPLANT 『 智慧カード 』 http://www.ideaplant.jp/products/chiecard3/ (スマホアプリ:KAYAC『ideaPod』) IDEAPLANT 『 ブレインライティングシート2 』 http://www.ideaplant.jp/products/bws2/ IIDEAPLANT 『 IDEAVote 』 アイデアを創造的に絞り込む⽅法を学ぶツール IDEAPLANT 『 SCAMPERカード 』 ※ アイデアワークショップ専⽤ツール(⼀般販売無し) ⇒図表:拙著『アイデア・スイッチ』まえがき IDEAPLANT 『 (連想の4法則カード) 』 ※ http://www.ideaplant.jp/products/***/ 71
  • 72. 参考⽂献 等 1『アイデア・スイッチ 〜次々と発想する装置〜』(拙著) (創造的思考のためのガイドや、多様な発想の⽅法など) 2『創造的問題解決 ― なぜ問題が解決できないのか?』 (CPS – Creative Problem Solving - の教科書的書籍。 創造⼒について⽰唆深いが、本質を理解に⾄るには実践が必要) 3『創造⼒を⽣かす―アイディアを得る38の⽅法』 (A.オズボーンの著書。創造的イマジネーションについて⽰唆深い。) 4『図解TRIZ』 (TRIZの⼊⾨書。絶版だが、現在の書籍の中良い⼊⾨書。) 5『TRIZ実践と効⽤(1)体系的技術⾰新』 (TRIZの教科書的書籍。網羅的に解説。本格的にやる⼈のための本) 6『発想法 ― 創造性開発のために』 (KJ法の川喜⽥⼆郎⽒の著書) 7『アイデア・バイブル』(マイケル・マハルコ) (左脳的、右脳的、の多様な発想技法など) 72
  • 73. (今回やった所は、アイデアワークの全体像の、どこ?) 73
  • 74. スターアイデア (創造性&実現性) 現実の課題 100 20 1 1 4つのフェーズ (アイデアワークの基本プロセス) 74
  • 75. スターアイデア (創造性&実現性) 現実の課題 100 20 1 1 4つのフェーズ (アイデアワークの基本プロセス) 75
  • 76. アイデア創出ワーク・プロセス 分析 ⽅向付 情報収集 設定する 問題を捉え、定義する ━━━━━━━━━━━━━━━ 1つ化、具体化、テーマ定型⽂、 オーナーシップ 下に引く⼒ 拡げる ⼤量のアイデア・選択肢を⼿に⼊れる ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ブレインストーミング(BS/BW/SS/FBS) 発想トリガー(SCAMPER(アイデアトランプ) /TRIZ(智慧カード)/6観点リスト /即興⽣成トリガー(エクスカージョン) /Game要素/Design/TRIZfor Biz 発想レシピ(9windows/531ストレンジ /エクストリームゴール/2段階BS) 発想ノート記法(マインドマップ /マンダラート/はちのすノート) 絞る アイデアを評価し、良案を抽出する ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ハイライト法 コンセプトの進化と選択 番付法 セレクト1 IDEAVote 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 観察 具体化 アイデアスケッチ 6W3H 強化する 重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 精緻化&プラン ━━━━━━━━━━━━━ PPCOプロセス アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ ラピッドプロトタイピング コンセプトテスト (〜6w3h想定ユーザヒアリング) ビジネスプラン 他 version:2012-12-23a ━━━━━━━━━━ 76 ⽯井⼒重(IDEAPLANT)
  • 77. アイデア創出ワーク・プロセス 分析 ⽅向付 情報収集 設定する 問題を捉え、定義する ━━━━━━━━━━━━━━━ 1つ化、具体化、テーマ定型⽂、 オーナーシップ 下に引く⼒ 拡げる ⼤量のアイデア・選択肢を⼿に⼊れる ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ブレインストーミング(BS/BW/SS/FBS) 発想トリガー(SCAMPER(アイデアトランプ) /TRIZ(智慧カード)/6観点リスト /即興⽣成トリガー(エクスカージョン) /Game要素/Design/TRIZfor Biz 発想レシピ(9windows/531ストレンジ /エクストリームゴール/2段階BS) 発想ノート記法(マインドマップ /マンダラート/はちのすノート) 絞る アイデアを評価し、良案を抽出する ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ハイライト法 コンセプトの進化と選択 番付法 セレクト1 IDEAVote 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 観察 具体化 アイデアスケッチ 6W3H 強化する 重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 精緻化&プラン ━━━━━━━━━━━━━ PPCOプロセス アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ ラピッドプロトタイピング コンセプトテスト (〜6w3h想定ユーザヒアリング) ビジネスプラン 他 version:2012-12-23a ━━━━━━━━━━ 77 ⽯井⼒重(IDEAPLANT)
  • 78. (メッセージ) 78
  • 79. ⼈間の発想は、カーブの奥。 スタート地点では、思ってもいなかった景⾊が、 途中から⾒えだす。 79
  • 80. 未踏の闇を行く信念 80
  • 81. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 81
  • 82. どんなに頑張る⼈でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 創造の⼈は、発露を反射してくれる⼈が いると、回転数を挙げられる 82
  • 83. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる⼈が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな⼈と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 社内にブレストできる友⼈が いることって、 結構、⼤きいんです。 83
  • 84. www.ideaplant.jp 石井力重 アイデアプラント代表 http://ishiirikie.jpn.org/ 84
  • 85. • TRIZって? • 発明原理って? • ⻩⾊いカード(智慧カード)って? 85
  • 86. 補-1 技術的なブレイクスルーの中に 繰り返し⾒出される「パターン」 86
  • 87. 優れた特許。 膨⼤に⾒ていく。 ↓ 時代を超え、 分野を超え、 時々、似た「解決の仕⽅」がある。 たまに経験する。 でも、まとめようとは 思わない・・・。 87
  • 88. G. アルトシュラー (当時の、ソ連の海軍特許審査官) はそれに取り組んだ。 G. Altshuller 88
  • 89. 40万(→200万)件の 優れた特許を集め、 ブレイクスルーの要素を抽出。 ↓ パターンに分けていった。 ↓ 89
  • 90. 40万(→200万)件の 優れた特許を集め、 ブレイクスルーの要素を抽出。 ↓ パターンに分けていった。 ↓ 発明原理 技術的ブレイク スルーの40パターン 90
  • 91. 40万(→200万)件の 優れた特許を集め、 ブレイクスルーの要素を抽出。 ↓ パターンに分けていった。 ↓ 発明原理 その他にも 技術的ブレイク スルーの40パターン トレンド etc… イフェクツ 91
  • 92. 補-2 ブレークスルーの40パターン (発明原理) 92
  • 93. 40のパターンは どんなもの? 93
  • 94. TRIZ「発明原理」40 発明原理 1.分割 発明原理 2.分離 発明原理 3.局所的性質 発明原理 4.⾮対称 発明原理 5.併合 発明原理 6.汎⽤性 発明原理 7.⼊れ⼦ 発明原理 8.釣り合い(カウンタウェイト) 発明原理 9.先取り反作⽤ 発明原理10.先取り作⽤ 発明原理21.⾼速実⾏ 発明原理22.災いを転じて福となす(レモンをレモネードにする) 発明原理23.フィードバック 発明原理24.仲介 発明原理25.セルフサービス 発明原理26.コピー 発明原理27.⾼価な⻑寿命より安価な短寿命 発明原理28.メカニズムの代替/もう⼀つの知覚 発明原理29.空気圧と⽔圧の利⽤ 発明原理30.柔軟な殻と薄膜 発明原理11.事前保護 発明原理12.等ポテンシャル 発明原理13.逆発想 発明原理14.曲⾯ 発明原理15.ダイナミックス 発明原理16.部分的な作⽤または過剰な作⽤ 発明原理17.もう⼀つの次元 発明原理18.機械的振動 発明原理19.周期的作⽤ 発明原理20.有⽤作⽤の継続 発明原理31.多孔質材料 発明原理32.⾊の変化 発明原理33.均質性 発明原理34.排除と再⽣ 発明原理35.パラメータの変更 発明原理36.相変異 発明原理37.熱膨張 発明原理38.強い酸化剤 発明原理39.不活性雰囲気 発明原理40.複合材料 94
  • 95. TRIZ「発明原理」40 発明原理 1.分割 発明原理 2.分離 発明原理 3.局所的性質 発明原理 4.⾮対称 発明原理 5.併合 発明原理 6.汎⽤性 発明原理 7.⼊れ⼦ 発明原理 8.釣り合い(カウンタウェイト) 発明原理 9.先取り反作⽤ 発明原理10.先取り作⽤ 発明原理21.⾼速実⾏ 発明原理22.災いを転じて福となす(レモンをレモネードにする) 発明原理23.フィードバック 発明原理24.仲介 発明原理25.セルフサービス 発明原理26.コピー 発明原理27.⾼価な⻑寿命より安価な短寿命 発明原理28.メカニズムの代替/もう⼀つの知覚 発明原理29.空気圧と⽔圧の利⽤ 発明原理30.柔軟な殻と薄膜 発明原理11.事前保護 発明原理12.等ポテンシャル 発明原理13.逆発想 発明原理14.曲⾯ 発明原理15.ダイナミックス 発明原理16.部分的な作⽤または過剰な作⽤ 発明原理17.もう⼀つの次元 発明原理18.機械的振動 発明原理19.周期的作⽤ 発明原理20.有⽤作⽤の継続 発明原理31.多孔質材料 発明原理32.⾊の変化 発明原理33.均質性 発明原理34.排除と再⽣ 発明原理35.パラメータの変更 発明原理36.相変異 発明原理37.熱膨張 発明原理38.強い酸化剤 発明原理39.不活性雰囲気 発明原理40.複合材料 95
  • 96. TRIZ「発明原理」40 発明原理 1.分割 発明原理 2.分離 発明原理 3.局所的性質 発明原理 4.⾮対称 発明原理 5.併合 発明原理 6.汎⽤性 発明原理 7.⼊れ⼦ 発明原理 8.釣り合い(カウンタウェイト) 発明原理 9.先取り反作⽤ 発明原理10.先取り作⽤ 発明原理21.⾼速実⾏ 発明原理22.災いを転じて福となす(レモンをレモネードにする) 発明原理23.フィードバック 発明原理24.仲介 発明原理25.セルフサービス 発明原理26.コピー 発明原理27.⾼価な⻑寿命より安価な短寿命 発明原理28.メカニズムの代替/もう⼀つの知覚 発明原理29.空気圧と⽔圧の利⽤ 発明原理30.柔軟な殻と薄膜 発明原理11.事前保護 発明原理12.等ポテンシャル 発明原理13.逆発想 発明原理14.曲⾯ 発明原理15.ダイナミックス 発明原理16.部分的な作⽤または過剰な作⽤ 発明原理17.もう⼀つの次元 発明原理18.機械的振動 発明原理19.周期的作⽤ 発明原理20.有⽤作⽤の継続 発明原理31.多孔質材料 発明原理32.⾊の変化 発明原理33.均質性 発明原理34.排除と再⽣ 発明原理35.パラメータの変更 発明原理36.相変異 発明原理37.熱膨張 発明原理38.強い酸化剤 発明原理39.不活性雰囲気 発明原理40.複合材料 96
  • 97. ⇒ ここを、 もっと良い体験にしよう (宮城TRIZ研究会が) ⼤幅に意訳し、40枚のカード。 →「智慧(ちえ)カード」 97
  • 98. 補-3 「発明原理」を ⼤幅に意訳して⼿軽にした 「智慧カード」 98
  • 99. 智慧カード・リスト http://triz.sblo.jp/ 1.分けよ 2.離せ 3.⼀部を変えよ 4.バランスをくずさせよ 5.2つをあわせよ 6.他にも使えるようにせよ 7.内部に⼊り込ませよ 8.バランスを作り出せ 9.反動を先につけよ 10.予測し仕掛けておけ 21.短時間で終えよ 22.良くない状況から何かを引き出し利⽤せよ 23.状況を⼊り⼝に知らしめよ 24.接するところに強いものを使え 25.⾃ら⾏うように仕向けよ 26.同じものを作れ 27.すぐ駄⽬になるものを⼤量に使え 28.触らずに動かせ 29.⽔と空気の圧を利⽤せよ 30.望む形にできる強い覆いを使え 11.重要なところに保護を施せ 12.同じ⾼さを利⽤せよ 13.逆にせよ 14.回転の動きを作り出せ 15.環境に合わせて変えられるようにせよ 16.⼤雑把に解決せよ 17.活⽤している⽅向の垂直⽅向を利⽤せよ 18.振動を加えよ 19. 繰り返しを取り⼊れよ 20.よい状況を続けさせよ 31.吸いつく素材を加えよ 32.⾊を変えよ 33.質をあわせよ 34.出なくさせるか出たものを戻させよ 35.温度や柔軟性を変えよ 36.固体を気体・液体に変えよ 37.熱で膨らませよ 38.そこを満たしているもののずっと濃いものを使え 39.反応の起きにくいものでそこを満たせ 40.組み合わせたものを使え 99
  • 100. 補-4 智慧カードの ⼊⼿⽅法 100
  • 101. 智慧カードについて ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 宮城TRIZ研究会が、開発したカードです。 Web上で無料で利⽤できたり、 アイデアプラントが販売しているカード製品になっています。 101
  • 102. (⼿に⼊ります) web free iPhone 250 ideaPod Amazon 6500 102
  • 103. ご準備いただきたいもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━ □プロジェクター1台 □ホワイトボード2台(難しそうであれば1台でも) □マイク(あれば助かりますが、無ければ無しでも結、構です。) □ポストイット 75×75㎜ (⻩) 20枚/⼈ (緑) 20枚/⼈ (⻘) 20枚/⼈ 及び、講師席に、各⾊を200枚ぐらい(⾜りなくなった時のために) □A3⽩紙 各班に10枚ぐらい □印刷物 ・配布⽤スライド ・ワークシート集 ・6観点リスト 1枚 ・アイデアの評価軸リスト 1枚 ・39のパラメーター(詳細) 1枚 ・セレクト・ガイド・シート(1パラメータ・メソッド) 1枚 ・智慧カードリスト 1枚 ・SCAMPERノート 1枚 ・学びの活〆シート 1枚 ・特別な資料(別途送信) □チョコやコーヒー(これは、主催者さんのお好みで、あり無しご⾃由に) ※筆記⽤具は各⾃持参。 ※模造紙は要りません。 準備物リスト 講師が持参するもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ノートPC □iPad+⾳楽 □ボードマーカー □智慧カード(本物)10セットぐらい □Brainstorming Card(⼀応、⼈数分) 103