雲南市 アイデアワークショップDay3p (1月30日)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

雲南市 アイデアワークショップDay3p (1月30日)

  • 1,040 views
Uploaded on

 

More in: Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,040
On Slideshare
276
From Embeds
764
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 764

http://ishiirikie.jpn.org 763
https://www.google.co.jp 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2014年1⽉30⽇ 9:00〜12:00/13:30〜17:00 雲南市(政策企画部地域振興課)@勤労⻘少年ホーム2階 (午後回のほうが内容が少し豊富です) 地区計画策定研修ステップ3 〜アイデアの引き出し⽅を学ぶ〜 発想を促す会議運営⼿法(ミニ版) アイデアプラント ⽯井⼒重 rikie.ishii@gmail.com 1
  • 2. 進行 1 :イマジネーションの準備運動 (アイデアを出すカード)(15) 2-1:5分交代のペアブレスト(スピードストーミング)(45) 2-2:アイデアスケッチ(15) 2-3:ハイライト法(15) <⼩休憩>(10分) 2-4:アイデア・レビュー(15) 2-5:チームビルディング(10) 2-6:発展ブレスト(20) 2のまとめ(15) 3 :⼀⼈ブレストの⼿法「SCAMPER(スキャンパー)」(30) 4 :まとめ 2
  • 3. Brainstorming Card この4⾊カードはBrainstormのルールを、ゲームの「役」にしたものです。 使っているうちに、⾃然とブレインストーミングの⼼理様式を学ぶことができます。 そのカードに書いてある指⽰の内容(アイデアを出す、等の⾏為)が 実⾏できれば、そのカードを場に出すことができます。 → ⼀つずつ、紹介します。 3
  • 4. 1-2 ⽇常のブレストでも、4つの⼼理様式を ぜひ、意図的に実施してください。 創造的なアイデアや、 新しい選択肢を得ることが増えます。 補⾜: 社内などで、1チームだけで使う時には、 →  過去の成績(5分間で出せた枚数)と競う。 →  使い切るまでの「タイム」を競う。 ようにして、使います。(ブレストの前の準備運動として) 本⽇の、以降のワークでは、 Brainstorming Cardは使いません。 今⽇のブレストの際に ⼿元に置いておいて眺めたり、 ⼿帳に挟むなどして ⾃由に使ってください。 (4⾊のカードは、差し上げます) 4
  • 5. 2-1 スピードストーミング 5分交代のペアブレスト ダイジェスト説明のみ 5
  • 6. ブレストのお題 (発想したものは、 市⺠の健康増進のアイデア にもなりますし、いいですね。) 「この⼀年間で、(18kg)⽬標とする体重まで やせるには、どうすればいいか?」 6
  • 7. 1.ペア・アイデア出し(他花受粉) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ SpeedStorming • • UC Berkeleyで開発されたアイデアワークの⽅法 異なる専⾨の⼈同⼠の連携ネタを⽣み出しやすい 2⼈で話す メモ 交代 × 5セット 7
  • 8. 今の場所からできるだけ動いて、 全員で⼤きな円を作ります。→ ペアを形成します 8
  • 9. ある いは 今のメンバーとできるだけ分かれ 会場全員で、⼤きな⼆重の円を作ります(⽬安=1ユニット20名) A B C 9
  • 10. やり⽅(30分) ① ペアで、輪に ② 5分間、ペアで (ブレスト。お互いのアイデアを 紹介しあって、拡げる) ずれる ③ 1分間、メモタイム (会話を、徐々に収束) ④ 挨拶、外側が1つ移動 (時計回りに) 〜 計5回、実施 10
  • 11. やり⽅(30分) ① ペアで、輪に ② 5分間、ペアで (ブレスト。お互いのアイデアを 紹介しあって、拡げる) ずれる ③ 1分間、メモタイム (会話を、徐々に収束) ④ 挨拶、外側が1つ移動 (時計回りに) 〜 計5回、実施 11
  • 12. やり⽅(30分) ① ペアで、輪に ② 5分間、ペアで (ブレスト。お互いのアイデアを 紹介しあって、拡げる) ずれる ③ 1分間、メモタイム (会話を、徐々に収束) ④ 挨拶、外側が1つ移動 (時計回りに) 〜 計5回、実施 12
  • 13. ルールを1つだけ。 「プレイズ・ファースト」 idea “アイデアの良い所に 光を当ててコメントする” 13
  • 14. 「プレイズ・ファースト」 (相⼿のアイデアの良い所に光を当てて、コメントする) 効果1) アイデアを⾔いやすい場ができる 効果2) 創造性のエンジンが回り始める (肯定的⼼理→(刺激)→創造的思考) 14
  • 15. 補⾜ Speedstormingの (五分交代のペアブレスト) 職場・会議での応⽤って? 「 会議でアイデアが出ないときの処⽅ 」 15
  • 16. 4⼈組の中で、ペアを作り 5分間、ペアでアイデア出し (メモを取っても結構です) ちがうペアで、5分。 さっき出たアイデアを発想材料に してもいいし使わなくてもOK 更にちがうペアで、5分。 同様に、前に出したアイデアを発想材料に してもいいし使わなくてもOK 16
  • 17. 2-2 アイデアスケッチ アイデアを書く 17
  • 18. あのアイデア、 ⾯⽩かったな 18
  • 19. あのアイデア、 ⾯⽩かったな アイデアを、 少し具体化 ○○○○○○ ・********** ・******* ・********* アイデア ・スケッチ 19
  • 20. ⾃分が出した アイデア 等々、頭の中を アイデアのヘッドライン化 他⼈の出した アイデア (⾃分なりに 変えてもOK) 書いているうちに 新たに浮かんだ アイデア ○○○○○○ ・********** ・******* ・********* 補⾜、詳細、3つまで! ● 1シート=1アイデア ● ⼀⼈ 3枚 以上 ● 8分間(+α) 20
  • 21. アイデア・スケッチ ヘッドライン化したアイデア(アイデアを⼀⾔で表現したもの) アイデアの詳細や補⾜説明、3つまで(絵や図でもOK) ・ ・ ・ このワークシートは、ダウンロードして印刷できます。 URLは http://ishiirikie.jpn.org/article/54396742.html 或いは 「⽯井⼒重 アイデア・スケッチ」で検索して下さい。 21
  • 22. 2-3 ハイライト法 良案抽出 23
  • 23. ハイライト法 ━━━━━━━━━━━━ テーブルを回る。☆を付ける。 ・「⾯⽩い」⼜は ・「広がる可能性がある」と 感じるものに。 ☆いくつでもOK ⾃分のスケッチにも 客観的に⾒て付ける 24
  • 24. 2-4 アイデア・レビュー 上位案+α を紹介 25
  • 25. トップN個を紹介 (N=参加者総数/4) ☆18 この後、グループを作って、アイデアを発展させる ワークを⾏います。このレビューの間に、あとで 題材にしてみたい案を⾒つけておいてください。 26
  • 26. 情熱枠、あります。 “☆は多くなかった“ 特に、プロジェクト・ メンバーが推したい! というものは、ぜひ! けれども、 ”これはぜひチーム形成の核となるアイデアとして ノミネートしたい!” というものがあれば、出してください。 (2〜3つ位、OKです。) ※それが意外と、いいアイデアに発展することも、あるんです。 ※でも、その後のチーム形成ワークで、そこにつく⼈数次第では 取り下げさせていただくことはあります。(その時はごめんなさい。) 27
  • 27. 託すワーク アイデアの材料として“上位案+α”に託す 28
  • 28. アイデアスケッチを託す(5分) ⾃分の成果(スケッチの中⾝)は情報として持ち帰る。 (なので、「書き写す」か「スマフォで撮る」) ⼿元の紙(スケッチ)は「似ている」「関連する」 「混ぜてみたい」と思う所に貼り付ける。 ※ 託す理由: そのグループに⼊った時に、⾃分の案も関連案として、使いやすくなる。 発展ブレストの際に、「アイデアの材料」にもなる。 ※ 託したからといっても、必ずしもそこに⾏かなくても結構です。 (逆に。場合によっては、⼈数調整でそこに⼊れない可能性も。) ※ “これは託さず、紙を持ち帰りたい!”というスケッチがあれば、 貼らない、という選択肢もOKです。 29
  • 29. 2-5 チームを作る 気に⼊ったアイデアの所へ集まる 30
  • 30. チームを作る(2分) ( 上位アイデアを核に、Team Building ) ① トップN案を壁に貼る < 済み > デザイナー カテゴリーの ⽅は、各班、 均等に ② 各⾃、好きなアイデアに移動し、チームを形成(5⼈前後)。 ③ 少なすぎ(3⼈以下)の所は、解散し、少な⽬のチームに移動をお願いし 多すぎの所は、2つに分けるか、何名か、他へ移ってもらいます。 31
  • 31. 2-6 発展ブレスト 良案を発展させる 32
  • 32. 発展ブレスト(25分) ⼈数分の椅⼦と机を確保して 荷物を持って集まる (核にしたアイデアスケッチも 持っていく) 元のアイデアをネタにして ・具体的なアイデアにする (詳細部分についてのアイデアを出す) (アイデアが変わっていってもOK) ・アイデアを磨く (懸念事項の抽出と対策案を発想する) 33
  • 33. 2 まとめ 2のまとめ(15分) ◎サンプルチーム(1、2チームぐらい)に、短く発展ブレスト後のアイデアを紹介してもらいます ◎質疑応答 ◎簡単なまとめ(振り返りと、創出したアイデアのまとめ⽅への、アドバイス) 34
  • 34. Introduction of 「ブレインライティング」 企画会議をしよう!って ⾔ってメンバーを 集めたものの・・・ いつも同じ⼈ばかりが発⾔して、 終わってしまう。 いつも黙っている彼が、 現場で、ぽつり、ぽつり、と話してくれる あの発想⼒って、なんとか、活かせないかなぁ… 35
  • 35. 3-1 喋るのが苦⼿な社員の多い職場にも向く “書く”タイプのブレスト 「ブレインライティング」 36
  • 36. Brainwritingの概要 ① 6⼈グループに分かれ、座る ② テーマの確認 ③ テーマを書く(BWシートに) = ④ アイデアを書く(5分、3つ) ⑤ 左の⼈に回す ⑥ 繰り返す(④⑤を。6⾏⽬まで) 37
  • 37. 参考: ブレインライティングシートの使い⽅ http://braster.ocnk.net/page/11 この道具の本質は 「3×6のマス⽬」 38
  • 38. 1⼈1枚持つ 標準=6⼈(4~8⼈も可) 39
  • 39. テーマを決め、記⼊する(上の⼤きいマス) 補⾜ 40
  • 40. 「職場、プロジェクト」(実践の場)でのコツ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「リーダ(または、課題持込者)」は 発想するテーマについて、以下を添えて説明 • 思い付いていたこと/試みたこと/失敗したこと • 解決策を実施する権限の度合い • 理想の解決状態 (「どんなことを発想すればいいのか」(発想の⽅向性、粒度、意図)が共有できる) 「研修、授業」(学びの場)でのコツ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「テーマ設定ワーク」(20分程度)を実施し、 皆が「取り組みたい!」というテーマを作る (各グループの推進⼒が引き出せる) 41
  • 41. ブレインライティングの発想テーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 交流センターの新しい活⽤アイデア 42
  • 42. アイデアを3つ書く (1マス、1アイデア) 時間=5分 (オプション) ━━━━━━ 5分 ⇒ 3分 研修やワークショップでは 3分で進⾏するのも良い 基本的に ブレストです ・当たり前なアイデア ・有効かどうかよく分からないアイデア ・出来るか分からないアイデア などでも、結構です。 43
  • 43. 左の⼈に回す 実際的なコツ: 皆が書き終わったなら 「3分間」を待たずに 回しても結構です。 ただし遅い⼈が 焦ることの無いよう 配慮してください。 (以降も同じ) 44
  • 44. アイデアを3つ書く (1マス、1アイデア) 時間=5分 (オプション) ━━━━━━ 5分 ⇒ 3分 研修やワークショップでは 3分で進⾏するのも良い 基本的に ブレストです ・上の⾏に書かれているアイデアを 展開したアイデアでも結構ですし、 全く参考にせず新しいアイデアを書いても結構です。 ・さっき書いたアイデアや上に書かれているアイデアと 全く同じものはNGです(でも、少し変えればOKです) 45
  • 45. 6⾏⽬まで繰り返す 後半は苦しくなりますが なんとか埋めてください 絵で描いても、 単語だけでも、 結構ですし、 既出の案を 組み合わせた アイデアでも 結構です 注)⼈数が4⼈の場合、や、8⼈の場合でも、6⾏⽬が終るところで完了です ⼀周を超えたり、⼀周回らなかったり、しますが、それで結構です) 46
  • 46. ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 数 ・・・108個のアイデア ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⼈ ・・・6⼈(4〜8でもOK。60⼈、200⼈、でも実施可) (6⼈の場合) 時 道具 ・・・18分(正式ルール=30分) ・・・ブレインライティングシート×⼈数分 (シートは⼿書きでもOK) 47
  • 47. Introduction of 「ハイライト法」 皆がたくさんアイデアを出してくれた! でも、じゃあ、どうやって、絞ろう。 これ全部を精査するなんて、⼤変だしなぁ。。。 (ブレインライティング⼿法に限らず、 創造的組織になると、ついて回る問題です。) 48
  • 48. ハイライト法 (良案抽出) 雑談:ブーバとキキ 49
  • 49. 沢⼭のアイデアが出たけど どれがいいアイデアなんだろう。 こんなにあると、整理も⼤変だ・・・ 50
  • 50. ⼤量のアイデアの中から 優れたアイデアを 短時間で抽出することは難しい? ↓ ハイライト法 51
  • 51. 記⼊済みシートを1⼈1枚持つ 52
  • 52. 「⾯⽩い」「広がる可能性がある」 と思うアイデアに☆を付ける 時間=1.5分 複数のアイデアに☆を付けても結構です。 ただし、1つのアイデアに着けられる☆は1つです、 すごくいいからといって、☆を2つ以上つけないでください 53
  • 53. 付けたら、左の⼈に渡す 以降は、付け終ったら時間を待たずに、 各⾃、どんどん、回して結構です 54
  • 54. ⼆枚⽬以降も同様に 「⾯⽩い」「広がる可能性がある」 と思うアイデアに☆を付ける 既に他⼈が付けた☆がありますが、 それは気にせず、⾃分の判断(直感)で付けます 55
  • 55. 全てのシートに⽬を通すまで、 これを繰り返す 56
  • 56. 「☆3つ以上」に太枠を付ける(6⼈の場合) ⽬安:グループがN⼈の場合 ⇒ ☆ N/2個以上 57
  • 57. シートを⾒せ合ってください (⼤まかな傾向として、 「4⾏⽬」と「6⾏⽬」に、 ☆が集中することが多い) ⇒出し尽して苦しい(3〜4⾏⽬)の先に 質が、⽣まれる 58
  • 58. ミシン⽬で折り曲げ カード状に切り分け テーブル中央に、 ☆の多い順に並べる 59
  • 59. 4% 15% アイデアの 質の構造 55% dark horse (イノベーションの芽) 誰も☆を付けない …45% 発想の踏み台(⇒ 取り除く) ⼀⼈以上の⼈が☆を付ける…55% 半数以上の⼈が☆を付ける…15% 3/4以上の⼈が☆を付ける… 4% 優秀な案 60
  • 60. 20%化 優秀案+イノベーションの芽 61
  • 61. ☆の少ない所には 「イノベーションの芽」もある。 そこをごっそり捨てるのはもったいない。 でも、☆の少ないエリアには、 ノイズみたいなアイデアもあり、 全部を扱おうとすると、 アイデア発展や評価の作業精度がさがる。 では、どうすれば、いい? 62
  • 62. (20%化) 優秀案 (コンセプト テストをすると ⾼評価を得る群) 上位15%(16枚) 20% 5% dark horse (イノベーションの芽) ☆が1〜2つのエリアから ⼀⼈⼀枚、拾い上げる。 イノベーションの芽5%(5~6枚) 63
  • 63. 質の⾼いアイデアリストを作る⼿順 ━━━━━━━━━━━━━━━━ ⼤量のアイデアを出し、ハイライト法を⾏い step1) ☆3つ以上 (〜上位15%)を確保する step2) ☆1〜2の中から 1⼈1つ(※)、アイデアを拾い上げる (〜5%) (※)各⼈の観点で、「これはどうしても残したい」と思うもの、⼜は 「イノベーションの芽となるかもしれない」と思うものを、拾う step3) 合わせた物を、整理し、アイデアリストにする ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 備考 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 上記は6⼈で108個のアイデアに適⽤した場合で表現した数字です。 ⼈数が多い・少ないケースでは、「星3つ以上」では15%から⼤きくはずれてしまうことがあります。 その場合は、閾(しきい)値となる星の数を上下に変え、step1のアイデアの数を15%程度にしてください。 64
  • 64. カットしたカードは名刺サイズなので 名刺フォルダに⼊れると 保管やコピーが楽です このフォルダは ⼀⼈で企画作業をする時の ネタ帳(アイデア・ブック) にもなります 推奨=「☆の多い順に並べる」 65
  • 65. 「20%化」 と これは、どちらか⼀⽅だけでよい 3-2 (順にやるものではなく、分岐プロセス) ラウンド・レビュー 推したいアイデアを順に紹介し、グルーピング 66
  • 66. 準備:各⾃、⾃分の書いたカード(アイデア)を持つ なお、星なしのカードは、外しておく(お蔵⼊りボックスへ) 1.じゃんけんをし、⼀番勝った⼈から番は時計回り。 2.番の⼈は、⼿持ちの中かから紹介したいカードを ⼀枚だし、中⾝(アイデア)を紹介。 3.他の⼈は、⼿持ちの中に、類似する案、 関連する案があれば、紹介し、カードをつなげる。 (⽬安となる上限は5,6枚まで) 4.なお、それらが刺激剤となって意⾒がでるなら、 ミニ・ブレストを(2〜3分)してもよい。 (新たにアイデアが出たならそれも、加えておく) 5.次の⼈へ番が移る。同様に進⾏。 全員の⼿持ちのカードがなくなるまで、回していく。 67
  • 67. さて、出来上がったアイデアのグループに 名前をつけましょう。 (付け⽅のルール? 細かい⼿法も、あるにはありますが、気の向くままでいいいです。 短く要約したアイデア(20⽂字)ぐらいに してください。) ⇒名前は、⻩⾊の細⻑のポストイットにかいて、 紙の上部に張ります。 それのポストイットは、模造紙(詳細はこのあと)に貼り付けるので 半分、上にはみ出していると便利です。 68
  • 68. 模造紙に、⼆軸。 そこに「A4」を貼り付けます。 さて、軸はどうしよう? ⇒ 位置づけするためのお好きな⼆軸でいいです。 ↓ でも、オススメ、あります。 69
  • 69. すぐできそう (あんまりやりたくない) やりたい (結構⼤変そう) 70
  • 70. すぐできそう (あんまりやりたくない) やりたい こう書くと、 ⾓が⽴つ? そのときは・・・ (結構⼤変そう) 71
  • 71. すぐできそう やりたい 72
  • 72. すぐできそう やりたい 73
  • 73. すぐできそう やりたい 74
  • 74. すぐできそう +,+のアイデア やりたい 75
  • 75. すぐできそう “+,+”の アイデアを ⾃分なりに まとめる やりたい 76
  • 76. 3 Part3は、時間進捗次第で、削ったり、実施したりします(午後の⽅は確実にできます) SCAMPER (スキャンパー) 短時間でアイデアを発想できる⼿法 77
  • 77. SCAMPERノート 『アイデア・スイッチ』 ダウンロード付録 何かを拡⼤・縮⼩できないか ⾼さ、重さ、サイズ、 強度、頻度、複雑さ、価値 何かを省略・削除できないか 部分、機能、動き、負担、価値 何かを逆にできないか 順序、上下、内外 発想のテーマ: 何かを修正できないか ⾊、外形、⾳、⾳声、意味合い 何かを代⽤できないか 部分、⼈、材料、働き、プロセス 何か他の使い道がないか そのままで別の分野、 ⼀部を変えて新しい⽤途、別の市場 何かを組み合わせられないか 部分、⽬的、応⽤⽅法、材料 何か似たものに適⽤できないか 状況、モノ、⾏為、考え 何かを再構成できないか パターン、配置、組み合わせ、部品 78
  • 78. SCAMPERノート 1 2 3 発想のテーマを、書く ( 複雑な場合は、少し単純化 ) 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 79
  • 79. 仮想の設定(A) (問題解決型) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 皆さんは、企業の総務部⾨です。 今、電⼒使⽤量の20%削減に取り組んでいます。 会議中に「アイデアを3つ出せ!」と⾔われた。 “ 困ったなぁ、特にアイデア無いんだけど… ” そんな【アイデアを早く出したい】場⾯だと、思ってください。 80
  • 80. 1A (現実の)問題を、少し単純化し、書く 現実の 複雑な問題 電力使用量を20%減らすには? 発想テーマ:○○するには、どうすればいいか? 81
  • 81. 2A 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く 電力使用量を20%減らすには? 組合せ サーバー室の 排熱ダクトを オフィスの 床下に引き込み ヒーターの 稼働を低減 させる? 82
  • 82. これで出れば、終わり。 「アイデア、出そうなんだけれど、 あと⼀歩、なにかが、欲しいな」 という場合は・・・ 次のステップへ 83
  • 83. 3A (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 電力使用量を20%減らすには? 効率重視の デスク配置をやめ ⾵の通り道を 考慮した デスク配置に 変更してみるか。。 84
  • 84. 仮想の設定(B) (新規構想型) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 皆さんは、企画的なガジェットメーカの社員です。 最初の主⼒製品は、充電式カイロでした。 “でも、いつまでもそれだけじゃ⼼もとない。 改良型や、新製品を、企画しよう!“ ということに。 今週中に「アイデアを3つ出せ!」と⾔われたものの… 「困ったなぁ、特にアイデア無いんだけど… 」 そんな場⾯で、次のように使います。 85
  • 85. 1B (あるいは) ズラしたい(ひねりを加えたい) 既存のアイデアや製品を書く “充電式カイロ“ 充電式カイロ これにひねりを 加えた製品案を 発想したい。 86
  • 86. 2B 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く 充電式カイロ 充電レスに できないかな。 充電式からゼンマイ式に ハンドグリップ 型の充電器を 内蔵させて しばらく握ると 温まる、とか。 87
  • 87. これで出れば、終わり。 「アイデア、出そうなんだけれど、 あと⼀歩、なにかが、欲しいな」 という場合は・・・ 次のステップへ 88
  • 88. 3B (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 充電式カイロ タイマー機能を 内蔵させて 「着替えウォーマー」 って、どうかな。 寒い朝、 着る服が温いと 気持ちいいし 冷える前に着たいから 早く布団から出られそう 古くなった乾電池を 使い切るためのエコカイロ (板状の抵抗とケースだけの簡素なカイロ) 機能 89
  • 89. コツ: ふっと浮かんだことを、すべて書く ・未成熟なアイデアでもOK ・実現⽅法が分からないものでもOK ・明らかにダメなアイデアも書く ・アイデアではないもの、も、OK (アイデアの通せんぼ を起こさせない) 90
  • 90. 実践! 発想のテーマ: ⾃宅の電⼒の使⽤量を2割下げるには? 10分間 (そののち、ペアでアイデアを紹介:5分間) 91
  • 91. (希望者には、カードにしたものを差し上げます。後で⽯井にお声掛けください) 92
  • 92. 4 まとめ ◎(時間次第では、Extraセッション) その他のアイデア創出の技法(質疑応答形式で) ◎創造的取組において⼤事なこと(メッセージ) 93
  • 93. 発想道具一覧 IDEAPLANT 『 Brainstorming Card 』 ※ アイデアワークショップ専⽤ツール(⼀般販売無し) IDEAPLANT 『 アイデアトランプ 』 http://www.ideaplant.jp/products/ideatrump/ IDEAPLANT 『 ブレスター 』 ブレインストーミング学習ツール IDEAPLANT 『 智慧カード 』 http://www.ideaplant.jp/products/chiecard3/ (スマホアプリ:KAYAC『ideaPod』) IDEAPLANT 『 ブレインライティングシート2 』 http://www.ideaplant.jp/products/bws2/ IIDEAPLANT 『 IDEAVote 』 アイデアを創造的に絞り込む⽅法を学ぶツール IDEAPLANT 『 SCAMPERカード 』 ※ アイデアワークショップ専⽤ツール(⼀般販売無し) ⇒図表:拙著『アイデア・スイッチ』まえがき IDEAPLANT 『 (連想の4法則カード) 』 ※ http://www.ideaplant.jp/products/***/ 94
  • 94. 参考⽂献 等 1『アイデア・スイッチ 〜次々と発想する装置〜』(拙著) (創造的思考のためのガイドや、多様な発想の⽅法など) 2『創造的問題解決 ― なぜ問題が解決できないのか?』 (CPS – Creative Problem Solving - の教科書的書籍。 創造⼒について⽰唆深いが、本質を理解に⾄るには実践が必要) 3『創造⼒を⽣かす―アイディアを得る38の⽅法』 (A.オズボーンの著書。創造的イマジネーションについて⽰唆深い。) 4『図解TRIZ』 (TRIZの⼊⾨書。絶版だが、現在の書籍の中良い⼊⾨書。) 5『TRIZ実践と効⽤(1)体系的技術⾰新』 (TRIZの教科書的書籍。網羅的に解説。本格的にやる⼈のための本) 6『発想法 ― 創造性開発のために』 (KJ法の川喜⽥⼆郎⽒の著書) 7『アイデア・バイブル』(マイケル・マハルコ) (左脳的、右脳的、の多様な発想技法など) 95
  • 95. 4-2 終わりに (メッセージ) 96
  • 96. 創造的認知 いくつかの実験 97
  • 97. いくつかの「記号」を与える ↓ 組み合わせでデザインを考案する 98
  • 98. t 0 f やっていくうちに、閃いていく。 ⼈の認知には、そういうところがある。 99
  • 99. 最後のメッセージ: ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 未踏の闇に対して、 ⼈の認知の⼒という“光“は、それほど強くない。 せいぜい、⼆歩先を照らせる程度である。 「そんなのやっても無駄だよ」というのは 「⼆歩先の中には⾒えない」だけのこと。 『⾃分でもよく分かんないけど、 可能性は、なんか、感じる・・・』 なら、それをハッキリ認識するには、 奥まで、闇の中を歩いてみるしかない。 可能性を感じるなら、まずは、⽬の前の⼆歩を⾏け 100
  • 100. 未踏の闇を行く信念 101
  • 101. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 102
  • 102. どんなに頑張る⼈でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 創造の⼈は、発露を反射してくれる⼈が いると、回転数を挙げられる 103
  • 103. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる⼈が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな⼈と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 組織内・組織外にブレストできる友⼈が いることって、 結構、⼤きいんです。 104
  • 104. www.ideaplant.jp 石井力重 アイデアプラント代表 http://ishiirikie.jpn.org/ 105