Your SlideShare is downloading. ×
0
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Okinawa Open Days - OpenStack Overview

8,929

Published on

0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
8,929
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
160
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Okinawa Open Days openstack Open source software to build public and private clouds. 2013.12.12 日本OpenStackユーザ会 中島倫明
  • 2. はじめに ユーザ会の紹介 2
  • 3. 日本OpenStackユーザ会 国内でのOpenStackの普及活動・人材育成を目 的に2010年に発足 – 運営団体数 19社(学術機関、任意団体を含む) – 会員数 1,018名(2013/11/25時点) http://openstack.jp/ 3
  • 4. 日本OpenStackユーザ会 主な活動 – メーリングリストでの情報交換 – イベント開催、勉強会、セミナーの開催(関東中心) – オープンソースカンファレンス出展(関東、関西、東海) – 翻訳活動 4
  • 5. 日本OpenStackユーザ会 イベントのご紹介 基調講演 (1)本家USコミュニティからの招待講演 (2)国内大規模ユーザ事例 スポンサーセッション 国内外の企業から最新技術・製品・事例紹介など多数 http://openstackdays.com/ 5
  • 6. 日本OpenStackユーザ会 前回 http://openstackdays.com/files/report.pdf 6
  • 7. はじめに 【復習】クラウドとは 7
  • 8. 利用者からみたクラウド 一言で言うと・・・ – ITシステムを所有せず、従量課金で利用する方式です。 クラウドの大まかな種別 構 成 要 素 IT実行リソース アプリ実行環境 業務ロジック CPU,MEM DISK,NW等 OS,ミドルウェア等 業務アプリ (会計、CRM等) カ バ種 ー別 範に 囲よ のる 差 IaaS PaaS SaaS http://www.qcontokyo.com/data_2013/MasanoriItoh_QConTokyo2013.pdf 8
  • 9. 本日の話題 「ITインフラ」と呼ばれる 領域 構 成 要 素 IT実行リソース アプリ実行環境 業務ロジック CPU,MEM DISK,NW等 OS,ミドルウェア等 業務アプリ (会計、CRM等) カ バ種 ー別 範に 囲よ のる 差 IaaS PaaS SaaS 9
  • 10. ITインフラの技術変遷 メインフレーム UNIX x86 アプリ アプリ 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER ? Windows Linux x86 10
  • 11. クラウド時代のアーキテクチャ メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER IaaS 11
  • 12. IaaSが変えたもの メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER 人によるオペレーション IaaS 12
  • 13. これから変わっていく領域 メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER 人によるオペレーション IaaS 13
  • 14. IaaSが生み出すメリット Before After 環境の構築は人が行う 必要になるたび都度調達が必要 環境依存した操作が発生する 繰り返し作業でも、 N回分の工数が必要 確保できるリソースに制限がある やりたい事がITインフラに制限される 14
  • 15. IaaSが生み出すメリット Before After 環境の構築は人が行う 環境の構築はプログラムが行う 必要になるたび都度調達が必要 必要な時に即座にリソースを確保 環境依存した操作が発生する 環境に依存しない操作が可能 繰り返し作業でも、 N回分の工数が必要 何度でも同じ操作が 1回分の工数で可能 確保できるリソースに制限がある 事実上無制限の リソースが利用できる やりたい事がITインフラに制限される やりたい事に合わせて ITインフラをプログラムで制御できる 15
  • 16. IaaSとは 単なる仮想リソース貸しではなく、 プログラムから制御可能なITインフラ環境 16
  • 17. IaaSとは 単なる仮想リソース貸しではなく、 プログラムから制御可能なITインフラ環境 これまでのITの概念を大きく変えるモノ 今まで制御できなかったもの(HW)が、プログラムから制御可能になったため 17
  • 18. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 18
  • 19. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 自分で作る – プライベート、コミュニティクラウドを構築する – 自分でパブリックサービスを立ち上げる 19
  • 20. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 自分で作る – プライベート、コミュニティクラウドを構築する – 自分でパブリックサービスを立ち上げる 類似するソフトウェア 20
  • 21. OPENSTACKとは 21
  • 22. 概要 OSSで開発されるCloudOS http://www.openstack.org/software/ 22
  • 23. 機能イメージ Horizon (Dashboard) 各種API 仮想ネットワーク制御 仮想ルータ、仮想L2 仮想ロードバランサ ハイパーバイザー制御 Neutron 仮想サーバ作成・削除 Nova ベアメタル プロビジョニング Glance イメージ スナップショット管理 Cinder ブロックストレージ制御 Swift オブジェクト ストレージ Keystone 物理サーバ 統合認証 仮想マシンのテンプレート 設定済みイメージのスナップショット 仮想ボリューム ReST入出力ファイルストア レプリケーション、遠隔地分散 23
  • 24. ソフトウェアの特徴 OpenSource オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア Apache2ライセンス World Wide 世界各国から多数の 企業・開発者が参加 IaaS 仮想サーバ、ストレージ、仮想NWをはじめ、 様々な機能を搭載(一部PaaSの機能も) Standardization 物理環境を隠蔽し、標準化されたITインフラ http://www.openstack.org/ 24
  • 25. プロジェクトの特徴 多数のスポンサー企業による強固な運営基盤と、 Foundationによる中立維持 Platinum Members 安定した開発・ユーザーコミュニティの支援体制 http://www.openstack.org/foundation/companies/ 25
  • 26. 実装面での特徴 Pythonで実装 豊富な機能 – 仮想マシン、物理マシン – ネットワーク(L2, L3, L7, セキュリティ) – ブロックストレージ、オブジェクトストレージ – イメージ管理、スナップショット管理 – マルチテナント 等々 マイクロコントローラー構造 – 機能単位でコンポーネントが分離し、独立動作 26
  • 27. 構造的な特徴 ユーザやプログラムは、 OpenStackの利用方法だけを 知っていれば環境の操作が可能 OpenStack API Amazon互換API OpenStack (nova, neutron等) KVM用 ドライバ Xen用 ドライバ 商用製品用 ドライバ KVMサーバ Xenサーバ VMwareサーバ Hyper-Vサーバ 27
  • 28. 操作イメージ 28
  • 29. 操作イメージ 29
  • 30. 操作イメージ #!/usr/bin/env python from novaclient.v1_1 import client nt = client.Client("demo", "openstack", "demo", "http://11.22.33.44:5000/v2.0", service_type="compute") ns = nt.servers.create(name image flavor nic = = = = "testvm001", im[0], fv[0], nw[1]) 30
  • 31. まとめ 31
  • 32. まとめ OpenStack は IaaS を実現するOSS – 広範囲のリソースを抽象化 – 既に様々な本番環境ので実績を持っています。 – 今はIaaS基盤やサービス基盤としての使い方が主流 サービス基盤として採用される理由 – 標準化と自動化によるコスト削減 いずれはクラウドネイティブな世界へ – より大規模な演算を容易に実行可能に 32

×