• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
 

OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview

on

  • 1,795 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,795
Views on SlideShare
1,792
Embed Views
3

Actions

Likes
2
Downloads
19
Comments
0

1 Embed 3

https://twitter.com 3

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview Presentation Transcript

    • OSC2013 Tokyo/Spring openstack Open source software to build public and private clouds. OpenStackの概要とユーザ会の紹介 2013.02.23 日本 OpenStack ユーザ会 中島倫明 @irix_jp 1
    • 本日のお話● 前半 ← ここ ● OpenStack の概要 ● ユーザ会の紹介 ● 各種お知らせ● 後半 ● OpenStack 最新アップデート情報 2
    • 自己紹介● 中島倫明 @irix_jp ● 日本 OpenStack ユーザ会 – 会長 ● クラウド利用促進機構( CUPA ) – 技術アドバイザー ● SIer 勤務 – 普段の業務は OSS を使ったクラウドサービス開発 3
    • OpenStack とは?● オープンソースで開発されるクラウド管理基盤ソフ トウェア( Apache2 ライセンス) ● 世界80カ国以上で ● 100以上の企業と ● 7000名以上が参加する ● 超巨大 OSS をコミュニティを形成。● 既に海外では商用実績多数。● 国内も徐々に普及の兆し。 4
    • OpenStack とは?● 主に IaaS 層をターゲットとした「 CloudOS 」 ● Amazon EC2/S3/EBS/VPC 相等の機能を実現 – マルチハイパーバイザー環境での仮想マシン管理 – 汎用サーバで実現する高可用な分散オブジェクトストレージ – 様々な商用 orOSS ストレージを制御可能な BlockStorage – VLAN 〜 OpenFlow まで幅広く対応した仮想 NW – セルフサービス Web ポータルと連携操作用 API を提供 – マルチテナント – これ以外にも続々と新機能は開発中 5
    • OpenStack とは?● 複数のコンポーネントで構成され、相互に連携する ことでサービスを提供 ● Nova ・・・ハイパーバイザー制御 ● Glance ・・・イメージ、スナップショット管理 ● Swift ・・・オブジェクトストレージ ● Keystone ・・・統合認証基盤 ● Horzion ・・・セルフサービス WebUI ● Cinder ・・・ブロックストレージ制御 ● Quantum ・・・仮想ネットワーク制御 これらのコンポーネントは単独利用も可能。 6
    • OpenStack とは?ユーザに対して、物理層を完全に隠蔽したインフラが提供可能になる。 WebUI / ReST API Nova CInder Keytone Quantum Horizon Glance Swift (Nova) ストレージ 認証 サーバ仮想化 NW 仮想化 dashboard セキュリティ OBJECT BLOCK LVM, CephKVM, Xen, LXC Bridge, OVS NFS, iSCSI Iptables Django Etc ... Etc... Etc... Ebtables NoVNC Etc.. Etc...商用仮想化ソフト 商用 NW 商用ストレージ サービス提供者のスキルセットに合わせて組み合わせは自由自在。 7
    • なぜ OpenStack は注目されるのか?● OpenStack は ● 大規模に IaaS を提供したいクラウドサービス関連業者 だけでなく、 ● 一般企業からも注目されています。 8
    • なぜ OpenStack は注目されるのか?● それは OpenStack が  「高度な IT インフラの標準化」             を実現するためです。 9
    • 標準化されたインフラ● 物理環境に依存せずに、● 誰がやっても同じことが簡単に実現可能、● しかもオープンソースで、 10
    • 標準化されたインフラ● 物理環境に依存せずに、● 誰がやっても同じことが簡単に実現可能、● しかもオープンソースで、    そう、 OpenStack ならね。 11
    • 標準化されたインフラのメリット● 構築、運用、ライフサイクル管理の高効率化 ● ユーザ側の運用スキルを容易に平準化できる。 ● Chef 等のオーケストレーターと連携することで、 – 大規模環境の自動構築 – コード(レシピ)ベースの移行や DR が容易に実現可能。 ● OpenStack ベースのサービスであれば、異種サービス 間でも API による自動操作が可能なため、 – 一時的に大量リソースを必要とする、 BigData や M2M の処 理基盤としても注目されている。 12
    • さっそく始めてみよう 13
    • さっそく始めてみよう● Software Design 2013 年 3 月号( 2/18 発売) ● 「 OpenStack でクラウドサービスをはじめるには」 – 初心者向けに以下を記載 ● 概要と内部構造 ● 簡単な導入方法 ● 事例 – 他にも OSS クラウド SW を多数紹介 ● CloudStack ● Eucalyptus ● CloudFoundry ● Scalr 14
    • ユーザ会のご紹介 15
    • 日本 OpenStack ユーザ会● 2010 年発足( OpenStack の誕生とほぼ同時) ● 国内における OpenStack の普及活動、人材育成を目 的とします。● 2013 年現在 ● 参加企業・団体 17 – ボードメンバー 17 名 ● 個人参加者 812 名 16
    • これまでの活動● 2012 年実績 ● ML 流量 1000 通!(適当 ● 単独勉強会 8 回(一般向け、開発者向けを交互に) ● OSC 参加 5 回 – 東京春、名古屋、関西、東京秋、クラウド ● 他団体、企業での発表・セミナー 3 回 ● ユーザ会への参加やイベント情報は公式サイトから。 – http://openstack.jp – もしくは検索エンジンで「 openstack 」と検索 17
    • 最後にイベント紹介● 3/12 秋葉原コンベンションホール● 参加無料(事前登録制) openstackdays.com ● 協賛企業 20 社以上、後援団体 20 以上● クラウドを利用したい人、作りたい人すべての人に OpenStack とそのエコシステムを知って貰うことを 目的としています。 18
    • みどころ!(全部)● 基調講演1 Mark Collier 氏 ● Co-Founder, OpenStack COO, OpenStack Foundation● 基調講演2 横山 重俊氏 ● 国立情報学研究所● スポンサーセッション 12企業● ブース展示 15企業● パネルディスカッション ● 「 Citrix 、 Red Hat 、 VMware が語る、これからのクラウド」 19
    • 勝利の方程式 20
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 21
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 ↓● ユーザ会のブースでデモ鑑賞& QA 雑談 22
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 ↓● ユーザ会のブースでデモ鑑賞& QA 雑談 ↓● 帰りに SoftwareDesign 3月号を買って予習する。 23
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 ↓● ユーザ会のブースでデモ鑑賞& QA 雑談 ↓● 帰りに SoftwareDesign 3月号を買って予習する。 ↓● 3/12 OpenStack Day でエコシステムを知る。 24
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 ↓● ユーザ会のブースでデモ鑑賞& QA 雑談 ↓● 帰りに SoftwareDesign 3月号を買って予習する。 ↓● 3/12 OpenStack Day でエコシステムを知る。 ↓● OpenStack を導入(提案)する 25
    • 勝利の方程式● 今すぐ OpenStack Day に申し込む。 ↓● ユーザ会のブースでデモ鑑賞& QA 雑談 ↓● 帰りに SoftwareDesign 3月号を買って予習する。 ↓● 3/12 OpenStack Day でエコシステムを知る。 ↓● OpenStack を導入(提案)する ↓● ( ゚ Д ゚ ) ウマー 26
    • ご静聴ありがとうございました!引き続き「 OpenStack 最新アップデート情報」 です。 27