후쿠오카 시정 9월버전

462 views
375 views

Published on

Published in: Travel
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
462
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

후쿠오카 시정 9월버전

  1. 1. w=日時、期間 t=場所 e=問合せ a=対象 o=定員 y=料金、費用 p=申し込み n=メール  ふくおか市政だより記事 m=ホームページ 2012 (平成24)年9月1日 4         特3 ~ 0   問 で く 化 散 内 ボ 来 博多情緒めぐり コース名と主な訪問先(第1 ・ 期共通) 期 2 別 日2 ▽ 開 先 1 す 2 に 策 の ラ 「 て コ 火 日 第 催 は 。 時 触 し も ン 博 ん コース名 主な訪問先 参加料 ー ~ 日 1 日 左 コ 間 れ な と テ 多   し ス1 ▽ 期 1 表 ー 程 、 が 、 ィ 情 ゃ ①博多の新旧が融合している 櫛田神社→「博多町家」ふるさと館→鹿 60 0円 は 月 第 =     の ス 度 歴 ら 名 ア 緒 い 寺社・まちなみに想いを馳せて 島本館→東長寺→承天寺→若八幡宮 (茶菓代込み) 1 5 2 1 0 0 通 名 の 史 、 所 ガ め ・ 月 日 期 月     り と 小 を 博 ・ イ ぐ 見 ②博多の下町をたずねて 2 月 =1 1    5 で 主 さ ひ 多 旧 ド り て 櫛田神社→はかた伝統工芸館→高柳商店 日 1 日 0 す な な も の 跡 の 」 ん ~知らなかった! 50 0円 →宝照院→円覚寺→節信院 日 ※ 月 月 。 訪 旅 と 文 を 案 は し  こんなところに~ ゃ ③博多小話 二千年の浪漫 櫛田神社→東長寺→妙楽寺→普賢堂→葛         い 50 0円 多 各 ( 階 情 ( ッ 間 と  ・ ~えんま大王との出会い~ 城将軍地蔵→濡衣塚→海元寺 歩 博 問 町 区 ア ) 報 博 ▽ ト 申 の 11 多 合 家 情 ク ▽ 多 市 配 し み 月 い ④太閤(豊臣秀吉)町割り プ て 櫛田神社→川端商店街→綱敷天満宮→石 60 0円 情 せ 」 報 ロ 文 ラ 駅 観 布 込 2 ~博多の町と秀吉のつながりを ん 塁跡→豊国神社→山笠廻り止め (茶菓代込み) 緒 ・ ふ コ ス 化 ・ 場 み 日 さぐろう~ め 申 る ー 福 観 ザ 光 所 し 天 パ 金 ぐ 込 さ ナ 岡 光 ( 神 案 ン の ゃ ⑤中洲に行きましょう! 櫛田神社→中洲市場→大洋映画劇場→石 り 先 と ー 2 情 市 ) 内 フ 2 い 50 0円 昭和を探しに 村萬盛堂→玉屋(ゲイツ地下1階) 申 館 ▽ 階 報 役 ▽ 所 レ 日 ! し 「 ) 広 所 呉服町ビジネスセンター→博多六町筋→ 60 0円 込 博 ▽ 場 1 ⑥旧唐津街道散策、時を超えて 一行寺→石堂橋→濡衣塚→崇福寺 (茶菓代込み)   テ 9 0 後 1 確 1 み 60 0円 ィ ) ・ 3 月 認 パ ⑦博多のエネルギーを感じて 櫛田神社→キャナルシティ博多→高灯籠 (楽 水 園 入 園 ア で 3 時 4 の ン ~住吉ぶらり散歩~ →楽水園→住吉神社→柳橋連合市場 料込み) 協 市 半 日 上 フ 3 10円 ,0 5 会 観 7 に 日 、 レ 櫛田神社→綱敷天満宮→遠藤商店→博多 ⑧博多町筋とベイサイドの香り (ベ ロ タ ク シ へ 光 電 午 9 ッ ポートタワー→ベイサイドプレイス博多 0 ー料金込み) 。 案 話 前 月   ト 内 ・ ( 1 1 0 で ボ 2 ☎ 時 日 詳 特別コース 三光園の料理を味わい、博多芸妓の唄と 1 1 0 円 万 ,0 0 博多券番と老舗料亭 踊りを満喫します。 (昼食込み) ラ 7 0 ~ 土 細 ン 5 8 午 ~ を 櫛田神社でガイドの説明に耳を傾ける参加者         〝 ( と 多 ス 介 に 「 し ス 日 と き ド く 体 の 外 ど 主 旧 市 舞 博 座 テ 「 舞 し 追 街 ) 体 、 」 の し わ 験 魅 と 、 、 跡 内 「 台 多 キ ( ー 博 台 ま 加 「 あ ま の 験 じ コ 案 た が 型 力 知 知 ユ 、 各 あ 街 ャ し ・ 裏 区 博 ジ 多 裏 す し る 全 」 っ   ー 内 ボ 街 プ を ら っ ニ 人 地 る の 〟 住 ナ ル 多 ツ 2 の 。 た あ き た 。 4 コ く 6 ス で ラ の ロ 発 な て ー 気 の っ 魅 を 回 吉 一 シ 区 下 ア ー 大 紹 劇 介 1 コ ・ 」 に そ コ ー り ー ス 触 ( 歩   1 く 7 ン テ 魅 グ 力 ラ 見 し い 「 い る ク 商 品 隠 れ く 力 る ツ 丁 目 テ ィ 川 端 」 は 場 ツ バ ア ー ス る 今 回 の う ス ( れ   を2 る 9 コ 「 ー 街 ィ ア を ム 知 で 、 感 わ が よ う な 商 や 名 た 名 福 岡 に ア ) 劇 町 、 ッ ー を っ 新 ち 用 コ 「 ス あ ガ り す じ 街 で 店 物 所 」 は 触神職の説明を聞く参加者(住吉神社) ー の 場 ) 博 ク 紹   た 、 意 ー 1 ) る イ 尽 。 る 」 意 な 店 ・ 、 れ           1 く 2 る め 商 円 店 す 所 で 月 イ ま 店 の 街 。 を す ま 福 pao k・ 4 締 け で は ロ 問 所 時 て ( っ 配 ロ 文 プ ( レ コ /lo / w w fk n t r5 1 福 【 め 付 す 、 グ あ い な や 各 い く 布 ス 化 ラ 博 ッ ー あ ベ w . u e. . 。 で 品 ぶ 動 内 普 で 岡7 ・ 岡 問 切 け 。 事 ラ ・ 合 ど 定 プ ま 福 し 福 観 ザ 多 ト ス ・ す 街 商 を 移 案 。0 2 商 合 り 、 ど 前 ム る わ 詳 員 ロ す 岡 て 岡 光 ( 駅 は を る ン の 券 ら の 付 段 全  見 4 」6 1 工 せ ま 定 れ 申 に っ せ し 、 グ 。 の い 2 情 市 ・ ▽ 紹 っ ト u) 6 会 先 す 員 も し く く く 料 ラ ) ホ ま 階 報 役 天 市 介 く ◇ 買 付 ぶ 際 6開 9 議 】 。 に 先 込 参 福 だ は 金 ム   で ー す ) 広 所 神 観 し 福 い き ら に き ら コ q  所 加 岡 さ 電 、 の も ム 。 ─ 場 1 ) 光 た 岡 物 な 。 は で れ も の 5 川 回 な ー 催 な 着 み 4 ( り 順 が す の い 話 集 開 紹 ペ あ な ( 階 ▽ 案 パ の 次 で 必 る 各 。 で 合 催 楽 で 0 端 り い ス o j 4 ☎ 介 ー ・ ど ア ) 情 内 ン 全  1 4 第 受 要 に プ お 場 日 し ジ る で ク ▽ 報 所 フ46 し 、 0 商 ま 場     を の に 跡 内 の す 動 で ー 委 将 ガイドと楽しむ 多 区 受 と ) 舞 参 。 を 舞 ン 員 来 市 参加者 く 域 け し は 9 鶴 加 月 9 鶴 ア 会 を と 福岡城 鴻臚館お城めぐり ・ の 。 て て 福 公 者   、 月 公 ッ は 市 福 募集 皆 こ い 史 岡 を 1 か 0 園 プ 「 民 岡 さ の る 跡 城 園 募 ( 集 月 一 作 福 と 城  $ $ e 福岡城 鴻臚館の将来を市民と考え ・ の ら る実行委員会☎ 1崖2 8 7 68 5 $ $ 7 68 3 $ $ 崖2 4 q1 m ん に 貴 重 日 本 指 定 跡 と 中 し 清 開 帯 の 戦 」 岡 城 考 え ・ 鴻 福 h t : fk o a o hr.o tp/ u u k崖 s i c m/ / o 気 持 な 資 で 唯 を 二 鴻 臚 央 ま 区 す 掃 始 活 し 清 掃 の 名 内 ク る 実 臚 館 岡  市と同実行 ち 源 一 重 館 城 。 動 ま 活 称 リ 行 の 城 委員会は、 ボラ ンティアガイ 事 清   し め も す さ 内 テ れ バ ル 緑豊かな福岡城跡は市民の憩いの場所 ン (東御門跡) 「 内 ドの説明を聞 務 掃 9 た て て 。 ま 外 ィ 、 ル ド オ   ガ ク きながら約2 局 の 月 。   実 な こ が か ー そ 福 ラ ー 月 に ま ・ ( さ う 良 イ リ の 後 、 施 し れ 舞 ら の の 岡 グ ル に も す 6 9 清 れ と く ド 時間程度、 福岡 岡 、 10 城と鴻臚館跡 部 同 月 す る 」 の に 合 鶴 公 約 3 会 場 ウ エ 大 会 ビ ー デ 市 実 が 月 ィ で 施 、 ) 月 掃 ま   ・ は し 清 掃 利 用 と ー(中央区城内) 定 実 一 行 は 1 こ と 気 持 わ せ 園 を 千 人 と し ル カ 」 が フ ェ ー 「 し 今 予 ズ ゴ ま 年 定 1 通 た 2 月 常 。 活 動 し て 楽 し ン を見学するお 城巡りを実施 郎 委 氏 員 時 間 に し ち を て 「 訪 れ の お て 、 ム パ 開 催 ス テ ・ ー す は し  0  ワ ル 。1 て ・ 年 3 4 が 計 も ら む ア しています。 に 会 の ま 込 お ま 客 国 ー さ ィ ー デ1 月 い 0 月 回 画 お お ッ 城 誰でも参加で 多聞櫓(やぐら) の前で    q   会 を     (    t   日  主 9   し 間 持 す   ゼ フ プ 者 画 す よ め プ きます。  $ $ w9 月1 日~来年3 3 日の毎週土 月1 ・ 7 ( 市 福 【 集 福 時 日 w     催 く ま 参 。 事 ン ト ( バ 全 し る る ぐ 作 1 ☎ 民 岡 問 合 岡 ~  9 者 だ で の 参 前 ト ス 員 て 簡 福 り 日曜日 (午前 0 午後1 1 時、 時半) $$ 福岡城 t 6 7 と 城 合 場 城1 ※ 月 が 0 さ に 上 加 申 し 紙 製 」 に い 単 岡 」 戦 むかし探訪館前 (集合場所) $ $ 毎回先着 o ・ 1 考 ・ せ 所 む 時 時 8 準 い 集 、 す し ま の 「 ま な 城 8 6 え 鴻 先 ) か ( 間 日 備 。 合 当 る 込 す の も ペ オ す 講 や1 $5 0円 0人 y $ (中学生以下は無料) $ 0 $フ p 2 ・ る 臚 】 し 雨 は 土 し   清 場 日 人 み 。 模 型 ー ー 。 話 鴻 実 開 ァクスかメール a mifk @y h o (k n nu u a o . 5 8 4 2 実 行 館 の 探 天 共 、 ま 訪 中 に1 す 0 掃 用 所 へ の 開 は 軍 は 不 ) を パ ー プ ン ま た な ど 臚 館 施 始 c .) oj に氏名、 p 参加人数、 希望日時、 電話 ) 3 委 将 館 止 午 月 。   具 お 始 手 要 プ ク ト 参 も に 中 番号を書き同実行委員会へ。 8 員 来 前 ) 前2 1 は 越 時 を で レ ラ ッ 加 計 関 口座振替とは、市税を指定した預貯金口座などから自動的に振り替えて納税する制度です。 9月は口座振替加入勧奨月間です 納期のたびに金融機関などへ出かける手間が省けて便利です。納税には便利な口座振替を。 e各区納税課
  2. 2. ふくおか市政だより5 2012 (平成24)年9月1日 記事 9月後半の福岡ソフトバンクホークスのホームゲームは、 9月1 (祝) 9日 7日 ∼1 (水) 福岡のスポーツチームを応援しよう! ! 対 埼玉西武 2 (土) 東北楽天 3 (日) 日本ハム tヤフー 9日 対 0日 対 ドーム
  3. 3. ふくおか市政だより記事 2012 (平成24)年9月1日 6     ペ い す シ 協 博 し 8 斉 バ お っ す 補 が 少 れ の 用 か 大 は 9 ー ジ 内 容 。 キ の 配 会 な 多 地 ま 日 キ す 土 ャ ス 利 う と と バ そ 。 こ 助 金 負 担 に よ て い 路 線 者 が し 、 切 な 、 日 身 近 バ 月  ( は ャ ど 区 。 ~ ン 用 、 ス で も す っ ま は 年 路 交 々 布   に ス 20 w w pe. 福 ン な に で 93 ペ 0 促 県 を 市 増 る て す 廃 々 線 通 の あ 日 w .rfu 岡 ペ よ 県 月 日 ー   進 と 利 は え 路 、 。 止 減 に 手 生 県 の ー ン ど を る 啓 や 市 1 日 ン 6 日 ) 』 福 岡 共 に 用 し 、 市 続 け 線 バ 県 や 利 用 に 追 少 し よ っ 段 で 活 を る 路 を は バ ホ ー の 詳 行 い 発 チ 、 バ 日 を ( に 実 9 県 内 『 路 て も 民 に て い ス へ 市 町 者 の い 込 、 赤 て は す 。 支 え 線 バ 利 ス 用 f西区今宿と地下鉄姪浜駅を結ぶ乗り合いマイ ム し ま ラ ス は 施 月 一 線 ら も ま の 村 減 ま 字 利 し る スクロバス「なぎさ号」 の           日 し ml e b s cmp inh k o al. / 2 rs・3 な 行 線 て い ス 一 祝 行 リ 9 す ク 姪 ・ 「 の 用 や の 気 バ す nu u k . j d /o53 交 【 で さ バ 、 地 し 車 層 日 手 ー 月 。 ロ 浜 高た 西 灘な し か だ レ 秋 ガ ス マ ■ 。 ) 「59 ・ 通 問 利 5 施 合 用 れ 続 ス 。 な く 域 の か 公 を 運 便 利 限 定 形 」 乗 車 2 日 今 宿 バ ス 線 」 祖す の 山や て ま 山や 浦 ・ み ま ジ ャ 、 登 ス も を 利 イ 環 カ 境 に 掲 倆 ま (04 策 せ し け こ て 共 転 に ) 券 日 の 近 線 柑こ ま ー 山 減 用 ー に し gp1 う 人 5 姪 が 載 a a .t)0 推 先 ま る れ は 交 し ◇ な が 「 か 乗 く 」 子し せ で を ら す を も 5 進 】 し よ ま な た 通 な り 発 0 な ら 浜 走 り に が 岳だ ん も は せ る 使 優 さ   q   課 ょ う で ら ち に 手 い ま 行 0 ぎ 、 線 」 っ て 合 け は 、 近 か バ じ ま こ わ し れ て ょ g 7 ( う に 通 な 段 人 し さ 円 さ 1 い 「 かく 。 ス め す と ず い 3 ☎ 3 7 。 み ん り 運 い 路 と っ が な や バ た 。 れ 、 、 日 号 通 日 フ で は い ま マ イ 今 叶う に 西 の 宿 岳だ は 区 け を 利 観 光 。 こ で 排 路 線 い ま う                 停 頼 た の じ あ 民 ま の で 欄 ス 人 後 査 通 け 手 な た を の 皆 で り ち 不 バ ま り か し 禁 案 で 本 ▼ バ の 、 知 付 児 認 当 か 6 。 返 一 さ 6 児 現 外 マ で す は バ 自 由 ス し を た 、 関 ら さ た が 止 に 内 す バ ス 紙 6 さ ま ス の ケ 権 発 送 事 務 書 を け 後 童 定 が 手 支 支 っ 月 た 中 送 し 式 を ん に 月 に 童 況 イ 」 ス な 利 。 心 ま 、 つ る の 月 ざ 外 処 送 に 当 払 払 人 に て 送 児 市 届 ク と の 人 用 の ざ こ い 「 行 1 ま マ ッ ⑱ と な 理 付 手 は 通 わ に 返 い 付 童 か 手 の が 減 各 地 音 声 か ら し て 高 ま ま な れ に て 取 外 マ き 先 日 号 な 反 イ ク チ り が 終 し ま 続 き 、 知 れ 現 の ま は 送   、 し た だ し 、 手 当 ら 受 当 返 少 し の バ 案 内 は 「 い る り を 反 響 対 し り 上 イ ク を 音 の こ 響 2 ま す わ っ す 。 完 了 況 発 す 届 送 。 1 不 0 月 備 き ま 現 況 現 況 給 者 に 送 て ス が 私 目 感 が 市 げ 」 声 の の た 審 の 受 に が し 届 届 の つ は                 い お 気 も い る す に ん か も い た り 「 寄 い 合 ー 人 け で な う す 旬 で 済 さ 付 不 者 と 」 「 気 で れ 一 ▼ あ と 、 目 私 ま せ る   1 所 わ 0 ル は 出 き ど か 現 状 る に 、 て み ら き に ま 自 由 の 人 い う 外 付 以 来 ま し 方 互 り 、 い ま 困 り バ ス が 悪 た ち た ら 、 れ こ と 月 得 せ の 制 く セ ン 、 下 に つ ま す に つ 、 手 況 況 予 届 確 定 か け 9 月 の で い は せ さ た こ マ イ て 、 た こ の し ま の く の お ま に 限 支 の だ タ 記 い 。 い 続 を 認 で て 下 お す 、 ん れ ち と 貼 ん 立 た す 音 な よ 年 し 困 払 結 さ ー の て 児 て き 提 可 す 各 旬 解 で て が で ク 驚 り 。 「 な 場 。 」 声 っ う 寄 た 惑 い 果 い ま 児 不 童 電 の 出 能 。 家 か 知 か を い 記 決 し 策 た い る こ ん 視 覚 禁 て 紙 の 事 感 を 想 理 と い 案 内 た 人 に 年 り 。 か す る 分 に 。 か つ で お 童 手 安 が 手 当 話 で 処 理 し で た す 庭 へ ら 1   0 ら を 」 模 。 と は な に 障 が 止 す い ま 多 さ を 読 も 解 聞 う 声 が な も ま を 取 ら は 声 が ら い 、 て 問 い 当 コ あ る の 届 確 認 状 況 か ど 送 付 月 上 せ           性 見 る 持 労 は な り 社 て ク る 瀀

×