PHPフレームワーク Phalconのドキュメント翻訳について

2,675 views

Published on

Published in: Technology
1 Comment
3 Likes
Statistics
Notes
  • 現在、翻訳はTransifexに移ってます。 http://ow.ly/wsJPv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
2,675
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,072
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
1
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

PHPフレームワーク Phalconのドキュメント翻訳について

  1. 1. PHPフレームワーク Phalcon の ドキュメント翻訳について いのうえ たいじ
  2. 2. 今日はPhalconのドキュメントがどのよ うに管理され、どのように翻訳作業を 行っているかについてお話します。 私自身が英語が得意ではないので、翻訳のクオリティについてのツッコミはしない方向 でおねがいします。
  3. 3. Phalcon PHPとは • PHPのフルスタックフレームワーク • 他のフレームワークとの違いはPHP拡張モジュール として実装されていること • フレームワーク自体がメモリに乗っているので高速 に動作する • 仕様は良くも悪くも普通な感じ(覚えやすい)
  4. 4. Phalconのドキュメント管理について • • ドキュメントは Githubで管理 書式はSphinx形式 https://github.com/phalcon/docs/ • githubにpushするとRead the Docs の Sphinxホスティングにデプロイされる • 現状、英語のみ http://docs.phalconphp.com/
  5. 5. 日本語ドキュメントソースのありか https://github.com/phalcon/docs/ こいつ
  6. 6. 翻訳作業フロー ① fork github(本家) ⑤ pull request ⑥merge (中の人) 1. masterブランチでfork元に追従 2. 作業ブランチにてfork元の最新 版までrebase 3. 同期、rebase分を再度push 4. Githubの画面にてpull request @hnw さんの記事を参考にしています。 http://d.hatena.ne.jp/hnw/20110528 github(自分の) ②pull ④ push git(手元) ③ 翻訳作業 1. 作業ブランチ作成 2. 翻訳 (ja/reference/*.rst) 3. コミット
  7. 7. 課題 1. 翻訳したものが 本家ドキュメントに反映されない Sphinxがよく分かってないので、/ja/ ディレクトリもビルドしてもらうことができる のか分からない → 別途 Read The Docsのアカウント作ってそこにビルドしている http://phalcon-docs-ja.readthedocs.org/ja/latest/ 本家の issue で相談しよう。 2. 英語の原文の変更に追従できていない 本家から pull してしまうと、翻訳していた原文が変更されてしまって、 何を元に翻訳したのかわからなくなる。どうやって管理しよう。 3. リソース不足 現状ソロプロジェクト…
  8. 8. メリット 1. 2. 3. 4. Git(Hub)の練習になる 仕様理解につながる 英語の勉強になる(かも知れない) OSSへ貢献(している気分になれる) 興味ある方は是非ご参加ください! 必要な物はGithubアカウントのみです。
  9. 9. おしまい

×