Your SlideShare is downloading. ×
48 ysi 4p
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
39
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 福島後のエネルギー戦略東日本大震災以後のエネルギーはどうする?安井 至東京大学名誉教授、国際連合大学名誉副学長(独)製品評価技術基盤機構理事長http://www.yasuienv.net/1
  • 2.  (1)エネルギー供給不足 (2)エネルギー価格の高騰 (3)電力供給不足による大停電 (4)電力料金高騰のリスク (5)想定外の停電の有無 (6)使用済み核燃料の対応未定 (7)現存の、特に古い原発のリスク (8)低い自給率による供給変動のリスク (9)2020年の温暖化予測への対応 (10)2050年の温暖化予測への対応16エネルギーの選択は、リスクとコストとのトレードオフ。想定すべき事項
  • 3. 46発電所(化石燃料+CCS,水力、地熱、海洋)不安定な大型自然エネ電気自動車スマートメーター需要電・熱複合型スマートグリッド都市ガスなど電・熱供給燃料電池自家用太陽光少量の風力ローカルなオフライン第二送電網
  • 4.  日本の環境汚染(公害)対策は有効で、世界でももっともキレイな国になった=規制 グリーン購入法などで、国、自治体、意識の高い企業はグリーン購入へ。省エネ家電、自動車の燃費改善進行=規制 気候変動・生物多様性時代になり、地球環境問題を自分のことだと考える国民が減少=知識不足・特に未来 そのため、インセンティブを多用した。そのため、エコはエコノミーという考えが普及し、厄介な状況になっている=経済誘導 ISO14000、EA21などの取得企業が増えたが、現時点では頭打ちから、減少へ=経済誘導 東日本大震災と福島原発事故で、電力不足を経験。節電で夏を乗り切り環境意識も全般的に向上した=理解と協力 しかし、今後の対策によっては、化石燃料転換を容認し、温室効果ガスへの意識が低下しないか=知識不足・特に未来 今後、国民の意識をどのように変えるかが、重大な課題。50過去の環境関連施策と今後の方向性

×