低炭素都市と環境技術戦略安井 至国際連合大学名誉副学長・東京大学名誉教授(独)製品評価技術基盤機構・理事長http://www.yasuienv.net/1新「一石二鳥」で取り組む
低炭素社会、持続可能社会構築お考えいただきたいこと そもそも低炭素社会とは? そもそも持続可能社会とは? 地球レベルから見た環境自治体とは→ 何を目的とすべきか? 究極の目的は→ 人類と地球の関係とは何か? なぜ協働が必要なのか→ 相...
地球温暖化の3層構造31温暖化に関する国際政治のレイヤー温暖化が誘導する経済のレイヤー温暖化の予測に関する純粋科学のレイヤーまだ定量的な不確実性は高いそのときの最善の知識で決断を要する先行者利益があるので、先に動き出すこれら3層のレイヤーが独自...
日本型文明 日本の技術の本質は、高効率だと思われている しかし、単なる効率の向上では限界がある 西欧流は、セントラルヒーティング 本来の日本は、「こたつ」型 「必要なとき、必要なところに、必要なことを必要な量だけ」、サービスを提供する...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

40 ysi 4p

63

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
63
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

40 ysi 4p

  1. 1. 低炭素都市と環境技術戦略安井 至国際連合大学名誉副学長・東京大学名誉教授(独)製品評価技術基盤機構・理事長http://www.yasuienv.net/1新「一石二鳥」で取り組む
  2. 2. 低炭素社会、持続可能社会構築お考えいただきたいこと そもそも低炭素社会とは? そもそも持続可能社会とは? 地球レベルから見た環境自治体とは→ 何を目的とすべきか? 究極の目的は→ 人類と地球の関係とは何か? なぜ協働が必要なのか→ 相互作用によって向上するには?3
  3. 3. 地球温暖化の3層構造31温暖化に関する国際政治のレイヤー温暖化が誘導する経済のレイヤー温暖化の予測に関する純粋科学のレイヤーまだ定量的な不確実性は高いそのときの最善の知識で決断を要する先行者利益があるので、先に動き出すこれら3層のレイヤーが独自の運動方程式に支配されて動いている対立構造・アメリカとそれ以外・先進国と途上国・手数料獲得EU・適応策狙い途上国
  4. 4. 日本型文明 日本の技術の本質は、高効率だと思われている しかし、単なる効率の向上では限界がある 西欧流は、セントラルヒーティング 本来の日本は、「こたつ」型 「必要なとき、必要なところに、必要なことを必要な量だけ」、サービスを提供する。 これを「新コタツ文明」と呼ぶ文明の転換か?

×