UXD代表的10手法のご紹介 調査~仮説立案~設計~検証のアプローチ

4,463 views
4,346 views

Published on

UXDの3つのステップと代表手法について紹介しています。参考http://www.imjp.co.jp/report/whitepaper/20121018/000871.html

0 Comments
22 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,463
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
54
Comments
0
Likes
22
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

UXD代表的10手法のご紹介 調査~仮説立案~設計~検証のアプローチ

  1. 1. 1- 【概説】UXD代表的10手法 のご紹介 調査~仮説立案~ 設計~検証のアプローチ 0
  2. 2. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】 STEP 1 調査し、把握する UXD 3つの STEP3 STEP 2 ステップ 再評価・ チューニング 設計し、つくるUXDは仮説検証と改善のサイクル 1
  3. 3. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP1 調査し、把握する ~そのポイント~顧客のホントの心理を知る。 意識できていて、 通常のインタビューや 言葉で話せる事 アンケートで聞き取れる。 通常のインタビューや 意識できているが、 アンケートで聞き取れないが 言葉では表せない事 ・ 行動には表れている そもそも意識できない事 可能性がある。 2
  4. 4. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP1 調査し、把握する 手法例 「でもBがあるじゃないですか、 実はそっちが最近いいなと… 信頼関係を築いて初めて話して Aについてどう思い もらえる本音を知る ますか?はっきり 答えられなくても 深層面接法 構いませんよ。 3
  5. 5. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP1 調査し、把握する 手法例 「自分って、いつも、 こうしてるんだ。 考えたことなかったなあ。」 なぜと聞かれて も結構答えられ 観察したい行動を目の前で再現 ないものだ… することで、事実を顕在化させる 文脈的調査 4
  6. 6. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP1 調査し、把握する 手法例 まずジャケットの 情報をチェック そして試聴機で聞こう とするが、そこで多く の人が迷っている…現場の環境要因、実際の場面でしか見れない行動の背景を捉える フィールドワーク 5
  7. 7. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP2 設計し、つくる ~そのポイント~属性毎の利用状況を鑑みる。 ○ 父、母、息子、娘の利用状況を 優先付けし、必要性の薄いもの は“引き算”した全体最適 父、母、息子、娘それぞれ × 100%満足させる“足し算”の クルマをつくると不満足も増加 6
  8. 8. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP2 設計し、つくる 手法例 「僕は、こんな人で、こんな暮らし方だよ。 いつも僕の気持ちになって考えてね。」 ペルソナに目標を持たせ、達成属性毎の性格や行動特性を人物像 するまでの過程を辿ることで、化し、開発者内で意識共有する ニーズや気持ちを分析する ペルソナ法 + シナリオ法 7
  9. 9. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP2 設計し、つくる 手法例 ペルソナ その順番は ペルソナは 逆のほうが この機能を ペルソナの 使いたいの 気持ちにあ かしら? ここで躓き 画面多す シナリオ うと思う。 そうだな… ぎか?利用シーン/画面想定をステップ毎に壁に貼り、多くの開発関係者でレビューし設計精度を向上 ストーリーボード 8
  10. 10. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP3 再評価、チューニング ~そのポイント~開発者側の思い込みを正す。 「プロなんだから模型で 「プロだからこそ、 検証しなくてもわかるでしょ? すぐに建物つくってよ」 検証するんです」ex) 建築図面は模型化して評価検証するex) プログラミングはデバッグを必ず行うex) 工業製品は必ず検品される 9
  11. 11. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP3 再評価、チューニング 手法例 紙に手描きした画面を動かすこ5名の被検者でユーザビリティ とで短期間・低コストで評価する問題の約8割を発見できる ペーパー + オズの魔法使い http://www.useit.com/alertbox/20000319.html ユーザテスト プロトタイピング 10
  12. 12. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】STEP3 再評価、チューニング 手法例 VS 初心者 エキスパート操作タスク毎の学習負荷 Novice Expert ratio Methodを定量的に評価する NE比 = Tn / Te Tn : 初心者ユーザが要した平均時間 Te : エキスパートユーザが要した平均時間 NEM 11
  13. 13. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】 <参考> その他のUXD手法 12
  14. 14. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】 ユーザジャーニーマップ 世界各国の UXD企業が 実践中 顧客体験の全体像を時間軸で俯瞰し、関係者間で 共有。図式化のフォーマットは多種多様で王道なし 13
  15. 15. I・CON フォローアップセミナー 1-【概説】 フォトダイアリー アイトラッキング 例えば ユーザテスト と併用 O2O系スマホ利用 の案件に効く 顧客体験のインプットを連続 意識せずに見ている/見てい した写真情報から得ることで ない画面要素の証拠を掴み、 気づく発見が多い 合意形成に利用する 14

×