「米国デジタルマーケティングの先端」   ~代理店任せにしない集客~     株式会社アイ・エム・ジェイ   Marketing & Technology Labs
米国事情: State of Digital Marketing ReportState of Digital Marketing ReportSEO、PPC(=リスティング広告)、SMM(=ソーシャルメディアマーケティング)への意向比較・調査...
米国事情: State of Digital Marketing Report              Q: リード獲得において、                 もっとも効果のある手法は何か?                        ...
米国事情: State of Digital Marketing Report A:      B2BでもB2Cでも、SEOが      もっともリード獲得に向く施策とされている。                                ...
米国事情: State of Digital Marketing Report               Q: 最近の、オンライン集客施策予算                    のメインはどの手法か?                   ...
米国事情: State of Digital Marketing Report A: B2Bでは、SEOに最も予算投下をしている。 B2Cでは、5社に1社の割合でSEOに最も予算投下をしている。                         ...
米国事情: State of Digital Marketing Report           Q: 2012年の予算配分、              増やすか?現状維持か?減らすか?                            ...
米国事情: State of Digital Marketing Report A:2012年の投下予算について、PPCは「現状維持」が過半数、一方で、SEOは「増やす」が過半数を占める。                            ...
米国事情:回答背景どうしてSEOニーズが強いのか?■検索行為の拡大・検索回数の拡大 2009年7月:136億回→2010年7月:166億回→2011年7月:192億回・検索キーワードの複合化に伴う全体最適化志向■デジタルマーケティング分野として...
米国事情: Forrester Research  2012年~5年間、SEOはコンサル他が1760億円から2800億円。  SEOツールが160億円から512億円への成長が見込まれる。                           10
米国事情:SEO取り組み米国SEO     SEOを集客基幹として自社主導で取り組む。     SEOは、PPC同等またはそれ以上に基本かつ重要な集客施策。     基幹なので、「他社任せ」ではなく、自社主導で実施。     「広告の余った予算...
米国事情: SEO取り組み米国SEO      順位だけではなく、流入KW拡大・流入数もKPIにする。      アクセス解析ツールと併用し、対象KWの順位だけでなく、      上位表示ページや流入キーワードの拡大もKPIにし、      流...
ロードマップ:アクセス解析  サーバー標準                                                         米国  アクセスログ       ビーコン型アクセス解析ツール             ...
ロードマップ:PPC                        2000:米国版                                     米国  Google Adwords  サービスイン                 ...
ロードマップ:SEO                          1996:米国版                                           米国   Google 検索   サービスイン            ...
SEO取り組みメッセージ●SEOこそ、代理店任せではなく、  自社主導で運営すべき集客の根幹です。●SEOにも到来するツール時代によって、 分析・改善が可能になります。●SEOの効果発揮までには時間を要すので、 競合より先に始めることが価値(勝...
「ライバルが知らない、成果の上がる   キーワードマーケティング!」~リスティング広告×SEO連携によるROI最大化~       株式会社アイ・エム・ジェイ   Marketing & Technology Labs
SEOとPPCSEOとPPCの違い          SEO                               PPC○メリット                      広告枠     ○メリット・高いクリック率          ...
SEOとPPC    SEOとPPCによる効果的な集客        ①SEO効果が出るまでは     ②SEO効果が高まるに従い、        SEO集        PPCを中心に集客を行う。    PPC出稿見直しを行い、客      ...
SEO×PPC 運用における課題別のプロダクトとして、それぞれ独立して運用している                   調査・分析                  調査・分析    SEO                           ...
SEO×PPC 検索エンジン全体最適化SEO×PPCにおける課題解決策                               SEO×PPC                                レポート          Web...
SEO×PPC 連携の目的検索エンジンマーケティングの目的                  検索エンジン全体でのROI最大化                          ヌケ・モレをなくす                 SEO    ...
SEO×PPC 連携の考え方連携におけるキーワード分類イメージ データを分析した上でキーワードの分類を行い、施策に落とし込む       +SEOが効果的なワード   SEOが効果的なワード        SEO・PPC共に効果的なワード   ...
SEO×PPC キーワードマーケティングキーワードマーケティングのステップ    ① データ抽出       SEO・PPC同一指標でのデータ抽出                  GoogleAnalytics・SiteCatalyst・媒体...
SEO×PPC キーワードマーケティング② KPI設計SEO KPI                     PPC KPI                       +                       ↓            ...
SEO×PPC キーワードマーケティング② KPI設計   PPC予算削減シミュレーション例            コスト                                                             ...
SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [分析シート例]キーワード毎にSEOとPPCの効果を比較し、データを基にキーワードマーケティングを実行              改善ポイントが一目で判るよう                評...
SEO×PPC キーワードマーケティング①データ抽出 (同じ指標で比較する)                       28
SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [キーワード重要度]キーワード分析例                       29   29
SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [対策状況]                ヌケ・モレをなくすキーワード分析例                       30               30
SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [PPC出稿検討]             ムダをなくすキーワード分析例                       31            31
SEO×PPC連携 最適化フロー例         1ヶ月目                                   2ヶ月目                                         3ヶ月目        ...
「SEOのインハウス化(社内運用)のすすめ」   ~マーケティング戦略を素早くWebサイトへ       反映する仕組みづくり~        株式会社アイ・エム・ジェイ   Marketing & Technology Labs
SEOを取り巻く環境どのような情報源からウェブサイトをお知りになっていますか(複数回答可)                             インターネットユーザの約8割が、                             Goo...
インハウスSEOの背景 ~自社サイト運営者のニーズ自社Webサイト運用・運営者が“取得したいと思う”知識Point! Webサイト制作において 集客を実現するSEO知識が 求められている                     2011年 社団...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

集客ROI 最大化セミナー

3,822

Published on

検索エンジンからの集客最適化における最新トレンドを踏まえ、リスティング広告とSEOの連携によるROI最大化、SEO自社運用ツール等について解説。2012年6月14日(木)・20日(水) 開催。

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,822
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
32
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

集客ROI 最大化セミナー

  1. 1. 「米国デジタルマーケティングの先端」 ~代理店任せにしない集客~ 株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs
  2. 2. 米国事情: State of Digital Marketing ReportState of Digital Marketing ReportSEO、PPC(=リスティング広告)、SMM(=ソーシャルメディアマーケティング)への意向比較・調査主体:Webmarketing123(オンラインマーケティングエージェンシー)・調査対象:米国のWEBマーケッター500名超・オンラインで2011年の秋に実施・回答者の所属企業をB2BとB2Cに分解した調査※http://go.webmarketing123.com/seland-state-of-digital-marketing-report.html 2
  3. 3. 米国事情: State of Digital Marketing Report Q: リード獲得において、 もっとも効果のある手法は何か? PPC/SEO/SMM 3
  4. 4. 米国事情: State of Digital Marketing Report A: B2BでもB2Cでも、SEOが もっともリード獲得に向く施策とされている。 4
  5. 5. 米国事情: State of Digital Marketing Report Q: 最近の、オンライン集客施策予算 のメインはどの手法か? PPC/SEO/SMM 5
  6. 6. 米国事情: State of Digital Marketing Report A: B2Bでは、SEOに最も予算投下をしている。 B2Cでは、5社に1社の割合でSEOに最も予算投下をしている。 6
  7. 7. 米国事情: State of Digital Marketing Report Q: 2012年の予算配分、 増やすか?現状維持か?減らすか? PPC/SEO/SMM 7
  8. 8. 米国事情: State of Digital Marketing Report A:2012年の投下予算について、PPCは「現状維持」が過半数、一方で、SEOは「増やす」が過半数を占める。 8
  9. 9. 米国事情:回答背景どうしてSEOニーズが強いのか?■検索行為の拡大・検索回数の拡大 2009年7月:136億回→2010年7月:166億回→2011年7月:192億回・検索キーワードの複合化に伴う全体最適化志向■デジタルマーケティング分野としての環境変化・SEOのインハウス化が図られ、知識・手法等の業務支援ニーズが高まっている・テクノロジーが進化して、多量のキーワード管理が可能なツールが利用可能に■施策効率の良さ・クリック率の差・効果の発揮と継続性 9
  10. 10. 米国事情: Forrester Research 2012年~5年間、SEOはコンサル他が1760億円から2800億円。 SEOツールが160億円から512億円への成長が見込まれる。 10
  11. 11. 米国事情:SEO取り組み米国SEO SEOを集客基幹として自社主導で取り組む。 SEOは、PPC同等またはそれ以上に基本かつ重要な集客施策。 基幹なので、「他社任せ」ではなく、自社主導で実施。 「広告の余った予算」ではなく、「必須予算」として、投資拡大基調。 内部施策メイン、ミドル・ロングの多量・多様なKWを狙う。 個別のビッグワードの外部施策ではなく、ミドル・ロングワードの 内部施策による全体最適がSEOのメイン。 管理キーワードは膨大で、1,000以上は当たり前。 ※有料の外部被リンクやコピーコンテンツは、全世界的にNG。 11
  12. 12. 米国事情: SEO取り組み米国SEO 順位だけではなく、流入KW拡大・流入数もKPIにする。 アクセス解析ツールと併用し、対象KWの順位だけでなく、 上位表示ページや流入キーワードの拡大もKPIにし、 流入数自体やPPCとの流入数比較、コンバージョン数までも管理。 SEOツールの自主活用 データをアクショナブルに運用するため、リアルタイムアナリティ クスや共有機能をもつSaaS型のSEOツールを自社で導入。 推定5,000社以上。膨大なキーワード管理業務の省力化と、 SEO評価及び改善チューニングに活用。 12
  13. 13. ロードマップ:アクセス解析 サーバー標準 米国 アクセスログ ビーコン型アクセス解析ツール デジタルマーケティング (ex. Adobe SiteCatalyst) プラットフォーム 1996:米国版 2000 2005 2010 2011 2012 2013 2014 サーバー標準 日本 アクセスログ 2005:日本版 ビーコン型アクセス解析ツール デジタルマーケティング (ex. Adobe SiteCatalyst) プラットフォームアクセス解析分野は、ツール化が早かった分野。Adobe SiteCatalystを例示すると、サービスイン基準で日本は米国に対して9年遅れ。SCプラスαでの複合利用(プラットフォーム)も、米国から2年遅れて日本で本格化。 13
  14. 14. ロードマップ:PPC 2000:米国版 米国 Google Adwords サービスイン 2005:米国版 自動入札ツール (ex. Adobe SearchCenter) アトリビューション分析 ツール 2000 2005 2010 2011 2012 2013 2014 Google Adwords 日本2002:日本版 サービスイン 自動入札ツール 2007:日本版 (ex. Adobe SearchCenter) アトリビューション分析 ツール PPC分野においても、約5年前から有償ツール化。リスティング広告 、自動入札ツール、アトリビューション分析ツールと、米国から約2年 遅れて日本で拡がる。 14
  15. 15. ロードマップ:SEO 1996:米国版 米国 Google 検索 サービスイン 2005:米国版 WEBマスター ツール (ex. Yahoo! Site 2010:米国版 Explorer) SEOプラットフォーム 2000 2005 2010 2011 2012 2013 2014 Google 検索 日本 サービスイン WEBマスター ツール 2012:米国版 (ex. Yahoo! Site 2000:日本語版 Explorer) 2008:日本語版 SEOプラットフォーム SEO分野においては、検索サービサーのWEBマスターツールが無償 提供済み。2010年から2年後の今年から、米国同様、日本でも SEOプラットフォームが拡がることを予想。 15
  16. 16. SEO取り組みメッセージ●SEOこそ、代理店任せではなく、 自社主導で運営すべき集客の根幹です。●SEOにも到来するツール時代によって、 分析・改善が可能になります。●SEOの効果発揮までには時間を要すので、 競合より先に始めることが価値(勝ち)になります。 16
  17. 17. 「ライバルが知らない、成果の上がる キーワードマーケティング!」~リスティング広告×SEO連携によるROI最大化~ 株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs
  18. 18. SEOとPPCSEOとPPCの違い SEO PPC○メリット 広告枠 ○メリット・高いクリック率 ・予算運用しやすい(1~3位のクリック率は5~30%) ・掲載期間をコントロール可能・ブランディング要素 ・リンク先URLを指定できる・対策ワード以外も順位上昇 ☓デメリット 自然検索枠 ・クリック率が低い☓デメリット (1~3位のクリック率は1~2%)・必ず上位表示されるわけではない ・CPCが高騰し高コストになりがち・対策ページ以外が上位になる場合も ・出稿ワード以外の集客はできない・検索エンジン次第で順位が変動 Point! SEOとPPC、表示エリアやメリット・デメリットは異なるが、 検索結果からの集客・CVアップという目的は同じ 18
  19. 19. SEOとPPC SEOとPPCによる効果的な集客 ①SEO効果が出るまでは ②SEO効果が高まるに従い、 SEO集 PPCを中心に集客を行う。 PPC出稿見直しを行い、客 費用対効果を高める。量 PPC ③SEO順位が安定した後は、 SEO未対応ワードや季節系ワード などでPPCを運用。 時間 Point! SEO・PPCそれぞれの強みを活かし、 費用対効果の高い集客を実現 19
  20. 20. SEO×PPC 運用における課題別のプロダクトとして、それぞれ独立して運用している 調査・分析 調査・分析 SEO PPC キーワード選定 キーワード選定 SEO会社 × 広告代理店 施策決定 施策決定 PDCA PDCA 反映 出稿SEOの目標順位/ PPCの目標CPC/目標流入数/ 目標CPA達成です!目標CV数達成です! SEO PPC レポート レポートPoint!個々の施策ではROIが向上するが、 御社 SEOは1位だけど、PPCを止めるのは怖い検索エンジン全体では抜け漏れや このワードは、SEOとPPCどちらに力をいれるべき?無駄が発生している 効果的な予算配分のための分析時間がない 20
  21. 21. SEO×PPC 検索エンジン全体最適化SEO×PPCにおける課題解決策 SEO×PPC レポート Webマーケティング 担当者 SEO会社 SEO データマージ 改善策 SEO レポート 直帰率 SEO キーワード 反映 次期施策 + データ共有 CVR 単位で分析 平均PV PPC PPC レポート CV CV単価 PPC 広告代理店Point! データを共有し、各指標でSEOとPPCの効果を比較することにより、 検索エンジン全体視点での新たな可能性を見出す 21
  22. 22. SEO×PPC 連携の目的検索エンジンマーケティングの目的 検索エンジン全体でのROI最大化 ヌケ・モレをなくす SEO PPC SEO・PPC 流入に貢献 注力すべき しているワード ワード CVに貢献 しているワード SEO 直帰率の低い SEO×PPC PPC レポート ワード レポート レポート CPAが低い 見込み客を SEOが効果 ワード 集めるワード 的なワード PDCA PDCA PPCが効果 SEOで対策が CVに貢献 的なワード できないワード しているワード ムダをなくす 22
  23. 23. SEO×PPC 連携の考え方連携におけるキーワード分類イメージ データを分析した上でキーワードの分類を行い、施策に落とし込む +SEOが効果的なワード SEOが効果的なワード SEO・PPC共に効果的なワード ムダをなくす SEO: SEO:○ PPC:× PPC:× SEO: SEO:○ PPC:○ PPC:○ テストにより検証 効果の見込めないワード PPCが効果的なワード SEO:× PPC:× SEO:× PPC:× SEO:× PPC:○ SEO:× PPC:○ SEOとPPC共に注力することが ヌケ・モレをなくす 本当に効率的か? ムダな予算をかけていないか? 効果的なキーワードを連携レポートで発見 23
  24. 24. SEO×PPC キーワードマーケティングキーワードマーケティングのステップ ① データ抽出 SEO・PPC同一指標でのデータ抽出 GoogleAnalytics・SiteCatalyst・媒体管理ツールから、必要なデータを出す。 ② KPI設計 検索エンジン全体でのKPIを策定 成約数UP/コスト削減の目標数値と時期を決定し、キーワード評価指標を設計する。 ③ 方針決定 全体視点での課題抽出・改善策決定 キーワードデータ分析により課題を把握し、目標実現のためのプロセス設計を行う。 ④ 実行 改善策反映や出稿テスト実施 SEO・PPC個別改善策の反映や、変動要因の少ない時期に出稿テストを行う。 ⑤ 効果検証 計測結果の評価と前後比較分析 検索エンジン全体視点で効果検証する。PPC出稿テスト時の自然検索の流入変化を評価する。 ⑥ 改善 更なる改善やテストを実施 検証を踏まえ、SEO・PPCそれぞれの改善策を反映し、ROI最大化のPDCAサイクルを回す。 24
  25. 25. SEO×PPC キーワードマーケティング② KPI設計SEO KPI PPC KPI + ↓ Point! SEO・PPCそれぞれのKPIを 合計し、連携することによ りどれだけ最適化が図れる かシミュレーションする 25
  26. 26. SEO×PPC キーワードマーケティング② KPI設計 PPC予算削減シミュレーション例 コスト 自然検索増加分 詳細 削減 100% 95% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 0% 売上 ¥100,000,000 0% コスト 5,000,000 0% 売上-コスト 95,000,000 0% 件数 7,000 0% CPA ¥714 10% 売上 90,000,000 100,000,000 99,500,000 99,000,000 98,000,000 97,000,000 96,000,000 95,000,000 94,000,000 10% コスト 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 4,500,000 10% 売上-コスト 85,500,000 95,500,000 95,000,000 94,500,000 93,500,000 92,500,000 91,500,000 90,500,000 89,500,000 ブランド 10% 件数 6,300 7,000 6,965 6,930 6,860 6,790 6,720 6,650 ワード 10% CPA ¥714 ¥643 ¥646 ¥649 ¥656 ¥663 ¥670 ¥677 20% 売上 80,000,000 100,000,000 99,000,000 98,000,000 96,000,000 94,000,000 92,000,000 90,000,000 88,000,000 20% コスト 4,000,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 3,600,000 20% 20% 売上-コスト 件数 76,000,000 5,040 PPC予算削減率 96,400,000 6,300 95,400,000 6,237 94,400,000 6,174 92,400,000 6,048 自然検索での獲得 90,400,000 5,922 88,400,000 5,796 86,400,000 5,670 84,400,000 20% CPA ¥794 ¥571 ¥577 ¥583 ¥595 ¥608 ¥621 ¥635 30% 売上 70,000,000 100,000,000 98,500,000 97,000,000 94,000,000 PPC出稿抑制を行った際に、 91,000,000 82,000,000 88,000,000 85,000,000 30% コスト 3,500,000 ブランドワードと一般ワード 2,800,000 2,800,000 2,800,000 2,800,000 2,800,000 2,800,000 2,800,000 2,800,000 自然検索に流れる流入を 30% 30% 30% 売上-コスト 件数 CPA 66,500,000 3,528 ¥992 97,200,000 SAMPLE 95,700,000 別にPPCコスト削減率ごと 5,040 に売上・件数・CPAを算出 ¥556 4,964 ¥564 94,200,000 4,889 ¥573 91,200,000 4,738 ¥591 88,200,000 4,586 85,200,000 算出し、現状数値との差異 ¥611 79,200,000 4,435 ¥631 82,200,000 4,284 ¥654 を予測 コスト 自然検索増加分 詳細 削減 100% 95% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 0% 売上 ¥500,000,000 0% コスト 50,000,000 0% 売上-コスト 450,000,000 0% 件数 5,407 0% CPA ¥9,247 10% 売上 450,000,000 500,000,000 497,500,000 495,000,000 490,000,000 485,000,000 480,000,000 475,000,000 470,000,000 10% コスト 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 45,000,000 10% 売上-コスト 405,000,000 455,000,000 452,500,000 450,000,000 445,000,000 440,000,000 435,000,000 430,000,000 425,000,000 一般 10% 件数 4,866 5,407 5,380 5,353 5,299 5,245 5,191 5,137 ワード 10% CPA ¥9,247 ¥8,323 ¥8,364 ¥8,407 ¥8,492 ¥8,580 ¥8,669 ¥8,761 ¥8,854 20% 売上 400,000,000 500,000,000 495,000,000 490,000,000 480,000,000 470,000,000 460,000,000 450,000,000 440,000,000 20% コスト 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 40,000,000 20% 売上-コスト 360,000,000 460,000,000 455,000,000 450,000,000 440,000,000 430,000,000 420,000,000 410,000,000 400,000,000 26
  27. 27. SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [分析シート例]キーワード毎にSEOとPPCの効果を比較し、データを基にキーワードマーケティングを実行 改善ポイントが一目で判るよう 評価をスコア化 POINT①日別推移 キーワードA SAMPLE キーワード効果比較 キーワードB キーワードC キーワードD キーワードE キーワードF キーワードG キーワードH キーワードI キーワードJ キーワードリストをSEO・PPC 軸で各指標ごとに比較。 キーワードK キーワードL キーワードM キーワードN キーワードO キーワードP キーワードQ キーワードR キーワードS キーワードT キーワードU キーワードV キーワードW キーワードX キーワードY キーワードZ キーワードAA キーワードBB キーワードCC キーワードDD キーワードA キーワードB キーワードC キーワードD キーワードE キーワードF キーワードG キーワードH キーワードI キーワードJ キーワードK キーワードL キーワードM キーワードN キーワードO キーワードP キーワードQ キーワードR キーワードS キーワードT キーワードU キーワードV キーワードW キーワードX 27
  28. 28. SEO×PPC キーワードマーケティング①データ抽出 (同じ指標で比較する) 28
  29. 29. SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [キーワード重要度]キーワード分析例 29 29
  30. 30. SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [対策状況] ヌケ・モレをなくすキーワード分析例 30 30
  31. 31. SEO×PPC キーワードマーケティング③方針決定 [PPC出稿検討] ムダをなくすキーワード分析例 31 31
  32. 32. SEO×PPC連携 最適化フロー例 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 目標値(KGI)設定 SEO×PPC ROI最適化作業 目標値を各施策のKPIへ ブレイクダウンし、 連携による効果を試算 効果検証 改善策検討 反映・テスト SEO×PPCレポート設計 SEO×PPCレポート設計 ・Google Adwords CV/コスト上位ワード ・改善 KPI達成のための指標の策定 ・Yahoo!PPC CV/コスト上位ワード ・出稿テスト ・現状数値確認 ・自然流入 流入/CV 上位ワード ・調査/分析 ・各指標のスコア化 検 考 改 証 案 善 策 レポーティング 改善 キ P P P P 効 Check Action 決 ー C C 果 考 改 定 ワ 検 案 善 ー テ テ 策 ス ス 証 ド ト ト 定例会 広告出稿 レポーティング 改善 キ P P Check Action 決 P P 効 Plan Do ー C C 果 考 改 定 ワ 検 案 善 ー テ テ 策 ス ス 証 ド ト ト 定例会 広告出稿 レポーティング 改善 P P キ Plan Do Check Action ー P P 効 改 決 C C 果 考 定 ワ 検 案 善 ー テ テ 策 ス ス 証 ド PDCA ト ト 定例会 広告出稿 レポーティング 改善 Plan Do Check Action 32 32
  33. 33. 「SEOのインハウス化(社内運用)のすすめ」 ~マーケティング戦略を素早くWebサイトへ 反映する仕組みづくり~ 株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs
  34. 34. SEOを取り巻く環境どのような情報源からウェブサイトをお知りになっていますか(複数回答可) インターネットユーザの約8割が、 GoogleやYahoo!等の 検索エンジンで検索をして 目的のサイトをさがしている ※参考:2011年10月Yahoo!JAPAN インターネット利用者アンケート結果 Point! Webサイトの認知経路は検索エンジンが最も多い = 検索エンジン対策が最も集客効果が高い 34
  35. 35. インハウスSEOの背景 ~自社サイト運営者のニーズ自社Webサイト運用・運営者が“取得したいと思う”知識Point! Webサイト制作において 集客を実現するSEO知識が 求められている 2011年 社団法人日本アドバタイザーズ協会Web 広告研究会「Webマーケティング 実務上の課題に関する調査」 35
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×