Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~

  • 3,182 views
Published

Bitbucket + Re:VIEW + werckerで動く無料の継続的なソフトウェア製本システムの紹介です …

Bitbucket + Re:VIEW + werckerで動く無料の継続的なソフトウェア製本システムの紹介です
https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,182
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7

Actions

Shares
Downloads
13
Comments
0
Likes
19

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~ Bitbucket + Re:VIEW + wercker @imagire
  • 2. 皆さん執筆 してますか?
  • 3. オライリー・ジャパンのePUBを制作しているシステム http://www.oreilly.co.jp/community/blog/2012/01/free-opensouce-softwares-support-orj-epub-titles.html 近年、書籍を 執筆する環境が 整いつつあります
  • 4. GitHub で雑誌・書籍を作る http://www.slideshare.net/inao/githubkaigi でもGitHubだと 有料のプライベート リポジトリが必要です きちんとしたサービスには対価は勿論必要です!
  • 5. Re:VIEWは 素敵なフォーマット ですが、 Mac,とWindows が混在すると 環境を整えるの面倒
  • 6. 無料サービスで できるか 考えてみた
  • 7. Re:VIEW オープンデリバリープラットフォーム DVCS コードホスティングサイト デジタル出版システム
  • 8. Re:VIEW PDF 4. deploy 1. push 2. check werckerbot 3. compile 継続的出版システム ~ t-ceremony ~ 執筆して 原稿をpushしたら Bitが更新を認識して コンパイルした後 成果物をデプロイする
  • 9. 公開中!
  • 10. ただし、中身は Werckerの 設定ファイル だけなので 過度な期待厳禁
  • 11. 特徴 長所 • 無料でRe:VIEWフォー マットのpdfが作れる • サーバーでコンパイルす るので環境非依存 短所 • コンパイルに時間がかかる – 軽いページでも5分 – 長いとコンパイル失敗も • 利用サービスが、いつ有料化 するかわからない – Bitbucketの無料プライベート アカウントは5人まで • 『[ReVIEW Tips] Dockerで Re:VIEW – Qiita』を、 つまんで作ったので適当 http://qiita.com/takahashim/items/406421d515ef1d4f1189 • サービスの設定が変更された ら追従できないかも
  • 12. まぁ、でも よろしく お願いします
  • 13. 以下 設定方法
  • 14. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 15. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 16. 執筆を複数人で行ったり、 編集の人とのやり取りを考えると、 Bitbucketでチームを作るのが良いでしょう
  • 17. チーム名 Bitbucketでの呼び名 必要項目を入力して作成
  • 18. チームが作成されました
  • 19. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 20. Re:VIEWのソースコードを置く リポジトリを作成します
  • 21. 必要項目を入力して作成 リポジトリ名 (チームを指定) 公開したくないなら チェック!
  • 22. リポジトリが作成されました
  • 23. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 24. プロジェクトをSourceTreeで ローカルにクローン
  • 25. SourceTreeの起動を許可
  • 26. 保存先を指定
  • 27. ローカルにコピーされ SourceTree上でリポジトリが 確認できます
  • 28. t-celemonyのファイルを ダウンロードして下さい https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony
  • 29. ダウンロードしたファイルを リポジトリの保存先に展開
  • 30. リポジトリのsrc以下に Re:VIEWのファイルを展開 ReVIEWサンプル書籍データ(https://github.com/takahashim/review- sample-book) 等からダウンロード
  • 31. 変更をコミット
  • 32. 必要項目を入力してコミット変更内容 ここを押して変更ファイルを 更新点として登録する Bitbucketも更新
  • 33. コミット完了
  • 34. ブラウザで リポジトリを 確認すると 更新されている はずです
  • 35. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 36. werckerのアカウントを 作成して下さい http://wercker.com/
  • 37. アプリの追加
  • 38. Bitbucketの サービスを指定
  • 39. Re:VIEWのファイルを置いた リポジトリを指定
  • 40. リポジトリの更新を 監視するbotを設定
  • 41. Bitbucketの設定ページが 立ち上がるので、Userに 「werckrbot」を追加
  • 42. 戻ってNext
  • 43. Werckerの設定ファイルを 検索しにいき、リポジトリの 「wercker.yml」が発見される
  • 44. 設定完了 サービスを公開する際は ここにチェックを入れる
  • 45. アプリ作成
  • 46. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 47. 作成したPDFを置く リポジトリを作成する
  • 48. 配布用リポジトリ作成
  • 49. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 50. 設定で配布先を選択
  • 51. 配布先に「Custom deploy を指定
  • 52. 適当な名前を付ける。 Auto deploy はチェック ブランチ名は、「master」
  • 53. パラメータを設定 (詳細は次ページ) 変数名 値 見せたくないときはチェック
  • 54. 今回設定するパラメータ Bitbucketのユーザー名 Bitbucketのパスワード git用メアド Bitbucketのチーム名 配布先リポジトリ名
  • 55. 設定する理由: 設定ファイルwercker.ymlで 動的な変数として指定 スクリプトの配布処理部分
  • 56. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  • 57. ビルドテスト (コミットしても実行される)
  • 58. 途中のステップが 確認できます
  • 59. 成功すると緑に
  • 60. 引き続き自動で 配布します
  • 61. 成功すると緑に
  • 62. 配布先リポジトリが 更新されているはず
  • 63. outputフォルダ には pdfが
  • 64. 完成!
  • 65. 資料 • 本ソースコード – t-ceremony: A Continuous Publishing system: https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony • サンプル実行環境 – コード置き場:https://bitbucket.org/mybook/t-ceremony – デプロイ先: https://bitbucket.org/mybook/deploy – Weckerサイト: https://app.wercker.com/#applications/538c398d62ef4e343e001e09/ • 参考サイト – ReVIEWサンプル書籍データ: – https://github.com/takahashim/review-sample-book – [ReVIEW Tips] DockerでRe:VIEW – Qiita: http://qiita.com/takahashim/items/406421d515ef1d4f1189 – Re:VIEW Links: https://github.com/note103/docs/blob/master/ReVIEW_links.md