NIIの学術情報サービスと図書館連携@図書館総合展(2013.10.31)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

NIIの学術情報サービスと図書館連携@図書館総合展(2013.10.31)

on

  • 733 views

 

Statistics

Views

Total Views
733
Views on SlideShare
733
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
6
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

NIIの学術情報サービスと図書館連携@図書館総合展(2013.10.31) Presentation Transcript

  • 1. NIIの学術情報サービスと 図書館連携 国立情報学研究所 1. コンテンツ科学研究系 2. コンテンツシステム開発室 3. 図書室 大向 一輝
  • 2. NIIの学術情報サービス 論文 CiNii Articles NII-ELS / REO 図書・雑誌 CiNii Books NACSIS-CAT 報告書 KAKEN 機関リポジトリ JAIRO JAIRO Cloud
  • 3. NIIの学術情報サービス • 変化し続けるウェブ環境に適応する • • • • クラウド ビッグデータ・オープンデータ ユーザエクスペリエンス 研究と事業の融合 • • 機械処理・ユーザ参加 ワークフロー設計
  • 4. CiNiiのオープン化 • • • • • • • 2005.4 サービス公開 2006.12 書誌情報のオープン化 2007.4 Google / Google Scholar連携 2009.4 大規模リニューアル・ウェブAPI 2010.4 著者ID・著者検索 2010.11 Yahoo!連携 2011.11 CiNii Books公開
  • 5. アクセス数(2011.11〜2013.6) CiNii Articles 337,039,286 CiNii Books 36,832,028
  • 6. 国立情報学研究所(NII) 情報学に関するわが国唯一の総合研究所 学術コミュニティ全体のコンテンツ基盤 1976 1983 1986 2000 東京大学情報図書館学研究センター 東京大学文献情報センター 文部省学術情報センター 国立情報学研究所
  • 7. 学術情報サービスのミッション • 発見とアクセスの保証 • • • • ユーザ・館種・メディアを問わない発見環境 図書館間連携による情報アクセス セーフティネットとしての役割 大学図書館コミュニティが持つ資産の積極的活用 • • 発見とアクセスのアーキテクチャ ミッシングリンクを埋める • ERDBプロジェクト
  • 8. 発見とアクセスのアーキテクチャ ユーザ アクセスレイヤー 認証 所蔵 契約 発見レイヤー 図書 書誌 海外 記事 国内 記事 雑誌タイトル EBook 書誌 海外 記事 国内 記事 EJタイトル 海 外 OA 国 内 OA
  • 9. 大学図書館の資産(現在) ユーザ アクセスレイヤー CiNii認証・学認 契約 NACSIS所蔵 発見レイヤー NACSIS 図書 海外 記事 CiNii 書誌 NACSIS雑誌 EBook 書誌 海外 記事 CiNii 書誌 EJタイトル 海 外 OA 国 内 OA
  • 10. 電子リソースの課題と取り組み 図書館管理タイトル (アクセス情報を提供して いるタイトル) 契約タイトル (大学がアクセス権を 有するタイトル) 乖離が拡大 • • • • • NACSIS-CATへの電子リソース登録 電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験 NACSIS-CAT/ILL参加館状況調査アンケート・調査 次世代目録ワーキンググループ ERDBプロジェクト
  • 11. ERDBプロジェクト • ナレッジベースと契約情報の共有 管理ツール 図書館担当者の 管理業務を支援 大学図書館 担当者 利用者向けサービス CiNii 図書館業務 システム 商用管理 システム Excel 図書館 OPAC ERDB 書誌,契約情報,利用条件, 利用統計等 A-Zリスト リンク リゾルバ ディスカバ リ サービス 簡易管理 ツール データ収集・統合 NACSISCAT NII/大学図書館/JUSTICE 商用KB 学協会 OCLC JISC KB+ 出版社 KB データソース NII NDL JST 利用者のアクセス を支援 電子リソース と 紙媒体資料に シームレスに アクセス
  • 12. CiNii Booksの電子リソース対応
  • 13. 大学図書館の資産(ERDB導入後) ユーザ アクセスレイヤー CiNii認証・学認 NACSIS所蔵 ERDB契約 発見レイヤー NACSIS 図書 海外 記事 CiNii 書誌 NACSIS雑誌 EBook 書誌 海外 記事 CiNii 書誌 ERDBタイトル 海 外 OA 国 内 KB
  • 14. 機関リポジトリ 500 450 400 350 300 250 200 150 100 50 0 74 JAIRO Cloudで公開予定 JAIRO Cloud利用 66 89 登録データ数の推移 千件 1,600 その他 1,400 ソフトウェア 1,200 データ・データ ベース 独自構築 2 10 57 101 144 291 301 233 262 199 教材 1,000 プレプリント 800 一般雑誌記事 世界で構築されている機関リポジトリ:2,687 418 376 世界第2位 218 167 107 78 78 75 73 64 1033 600 研究報告書 400 テクニカルレポー ト 図書 200 会議発表用資料 0 H19 H20 H21 H22 H23 H24
  • 15. JAIRO Cloud • 機関リポジトリのクラウドサービス • • • システムの集中管理 各機関はコンテンツ整備に集中 現在163機関が利用
  • 16. 研修プログラム • 実務研修 • • 3ヶ月〜1年のOJT 独自のテーマ設定 • • • 電子リソース管理 機関リポジトリ JUSTICE
  • 17. 研修プログラム • 学術情報システム総合ワークショップ • • • 6ヶ月間の在宅型研修 デジタル資料の状況調査とサービス提案 学術情報ウェブサービス担当者研修 • 3日間の企画型ワークショップ
  • 18. まとめ • 図書館との連携による課題発見・解決 • • • サービスを自ら運営し、フィードバックから学ぶ ネットワーク・ハードウェア・ソフトウェアの一 体的な開発力を提供 人材育成・交流の一拠点 • • 全体最適を達成するための視点の獲得 他機関の職員・研究者との直接的なコラボレー ション