Your SlideShare is downloading. ×
0
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

災害と知識インフラ@神戸高専産学官技術フォーラム(2013.11.20)

548

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
548
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 災害と知識インフラ 国立情報学研究所 大向 一輝 @i2k
  • 2. 自己紹介 • コンテンツ科学研究系・准教授 • • • オープンデータ コンテンツシステム開発室長 • • セマンティックウェブ・ソーシャルメディア CiNii Articles / Books 1977年京都生まれ • • 1995年1月@京都(17歳) 2011年3月@東京(33歳)
  • 3. 国立情報学研究所(NII) 情報学に関するわが国唯一の総合研究所 学術コミュニティ全体のコンテンツ基盤 1976 1983 1986 2000 東京大学情報図書館学研究センター 東京大学文献情報センター 文部省学術情報センター 国立情報学研究所
  • 4. NIIの知識インフラ 論文 CiNii Articles NII-ELS / REO 図書・雑誌 CiNii Books NACSIS-CAT 報告書 KAKEN 研究資料 JAIRO JAIRO Cloud / IR
  • 5. 知識インフラ • 知識は失われる • 壊れる • • 読めなくなる • • • 記録メディアのライフサイクル ソフトウェアのライフサイクル 意味がわからなくなる • • 物理的損壊・エラー 社会のライフサイクル 「データの保存」とは • • コピー?バックアップ? 使い続けること
  • 6. 知識インフラ • 知識の循環を支える • 収集する • • 公開 発信 収集 組み合わせ・変換 公開・発信する • • コピー・アクセス 活用・創造する • • 共有 創造 活用 次の収集につなげる 知識インフラの役割 • • • 時間・空間を超えて使われ続けるようにすること 未知の誰か・未知の用途のため オープンかつ共通の基盤が必要
  • 7. CiNiiとは • 国内最大級の学術情報サービス • • デジタル化された論文:400万件 書誌情報・リンク:1500万件 • • • • • • • 国立国会図書館 科学技術振興機構 各大学・研究機関 検索機能 書誌表示機能 ダウンロード機能 同定・統合処理
  • 8. CiNiiのオープン化 • • • • • • • 2005.4 サービス公開 2006.12 書誌情報のオープン化 2007.4 Google / Google Scholar連携 2009.4 大規模リニューアル・ウェブAPI 2010.4 著者ID・著者検索 2010.11 Yahoo!連携 2011.11 CiNii Books公開
  • 9. アクセス推移 2億アクセス/年
  • 10. CiNiiの3.11 • 国立情報学研究所 • • • 被害なし(帰宅困難あり) 千葉分館(データセンター) • • • • • 東京都千代田区:震度5強 千葉県稲毛区:震度5弱 被害なし・通常運用 サーバラックは免震台に設置 アクセス数は30%ダウン (3/12は大阪で講演会)
  • 11. 計画停電 国立情報学研究所 千葉分館
  • 12. 計画停電への対応 • 2011/3/14〜2011/3/28 • • • 7回実施 システムの立ち上げ・停止作業は2時間 • • • • 1回あたり最長3時間40分 サーバ・ストレージ・スイッチ・ロードバランサ… 遠隔地・委託作業 早朝・夜の停電時には停止時間を長く取る必要あり 非常用ディーゼル発電機 • • • 燃料は8時間分のみ 補充の見通しなし 突発的な停電の可能性も
  • 13. CiNiiのサーバ構成 ciw02 ciw01 CiNii Webサーバ CiNii Webサーバ ↓待機系 ciap02 ciap01 CiNii APサーバ ciap03 CiNii APサーバ PostgreSQL 検索サーバ(1セット 目) cics01 cis12 PostgreSQL 横断検索 API② cis13 cis21 cis22 横断検索 API③ cis23 cimgr CiNii業務サーバ PostgreSQL 検索サーバ(3セット 目) cics03 検索サーバ(2セット cics02 目) 横断検索 API① cis11 CiNii APサーバ 各種ログデータ cis31 cis32 cis33
  • 14. 3/13〜3/19の運用情報
  • 15. 3/20〜3/26の運用情報
  • 16. 情報共有の課題 • 計画停電のスケジュール変更をいち早く知りたい • サービスの品質=運用時間 • • • • 東京電力からの連絡 ニュース速報 千葉市役所のウェブサイト 運用時間の情報をユーザにどう知らせるか • • • 図書館へのメール ブログ Twitter • 当時6000フォロワー
  • 17. 運用情報ブログ
  • 18. 根本的な対応の必要性 • 1週間が過ぎると風向きが変わる • • 中期的な計画停電スケジュールの発表(5月〜6月) • • ユーザ・現場の反応 対症療法を続けることの困難さ システムの再設計・移設の検討 • • • 作業日数 物流の問題 新サービスの早期リリース
  • 19. 定常運用へ • 外部要因の変化 • • 電力の需給見通しにめど 計画停電のキャンセル • • • 4月以降は原則実施せず 燃料の確保 内部要因は解決せず • 何ができたのだろうか?
  • 20. 知識インフラを支える技術 • レイヤー構造 • • • • • • • • • ユーザインターフェイス フロントエンド(アプリケーション) ミドルウェア(データベース・検索エンジン) バックエンド(OS・ハイパーバイザ) ハードウェア(サーバ・ストレージ) ネットワーク(スイッチ・ルータ) ファシリティ(空調・建屋) 電力(発電所・送電路) 下位レイヤーを意識することは少ないが…
  • 21. 知識インフラのリスク管理 • クラウド・商用データセンターの利用は有効か? • • • 多くの情報システムが平常通り動いていたのは計 画停電対象外の地域にあったから リスクの外部化=解決ではない 拠点が1つしかないことがリスクの本質 • • • ディザスタリカバリー:DR Business Continuity Plan:BCP 災害の存在を前提としたリスク管理
  • 22. 複数化・分散化 • 超大規模ウェブサービスでは実現済み • • コスト • • 公的機関として費用のn倍増は許されない 分散処理の難しさ • • 世界のどこからでも短時間のレスポンスを実現するため 同期の問題 何を守るのか • • サービスを続けたいのかデータを守りたいのか コミュニティの意思決定が必要
  • 23. 知識インフラのBCP • ポータビリティの向上 • 小型化 • • • • 技術革新の波に乗る 必要最小限のサーバ構成 仮想化 • • • • 需要予測を精密化 ハードウェア間を移動可能に クラウドでの運用可 ワークフローの整備 全自動化へ
  • 24. CiNiiのサーバ構成(2013) CiNii Webサーバ CiNii Webサーバ CiNii APサーバ1 CiNii Webサーバ CiNii APサーバ2 静的ファイル Search 認証課金 本文提供 Detail Search 認証課金 本文提供 本文呼出 本文呼出 (Lognavi) (Lognavi) pgpool PostgreSQL CiNii検索サーバ1(1) 検索エンジン (BizSearch) Detail CiNii検索サーバ1(2) CiNii検索サーバ3 検索エンジン (BizSearch) CiNii業務サーバ サムネイル作成 ディレクトリ作成 各種ログデータ 検索エンジン (BizSearch) pgpool PostgreSQL CiNii検索サーバ2(1) 検索エンジン (Solr) インデキシングサーバ CiNii検索サーバ2(2) 検索エンジン (Solr) CiNii検索サーバ4 CiNii インデキシング 24 本文PDF NASストレージ 検索エンジン (Solr)
  • 25. 知識インフラのBCP • アーカイブ • • • • いつでもデータを使えるようにしておくこと 国際連携によるデータ共有・バックアップ オープンデータ(データの常時公開) コミュニティ • • CiNiiの担当は4人 情報をどのように伝えるか • • 例:サービス停止(11月22日17時〜25日9時) 状況の共有・代替案の提示
  • 26. 社会の中の知識インフラ • 平常時 • • • 「知りたい」「生み出したい」を支援する 研究・教育・イノベーションの基盤 緊急時 • • 間接支援の手段のひとつ 論文情報の一時無料化プラン • • ビジネスとの線引き 継続的な議論が不可欠
  • 27. まとめ • 知識を守り、使い続けるための工学 • • • • いま何ができるのか(できないのか)を知る 次の災害は地震か? 社会の中の知識、社会の中の工学 • • • 知識インフラのレイヤー構造 ユーザやコミュニティを巻き込む 情報を伝え、意義を伝える 専門知識と「つなげる力」の必要性

×