Your SlideShare is downloading. ×
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

理解されるための技術@人工知能学会全国大会メンタリングセッション(2013.06.05)

529

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
529
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 理解されるための技術国立情報学研究所大向 一輝@i2k
  • 2. 技術力 ✕ 社会性 = cM先生の言葉(2002)
  • 3. 自己紹介• http://www.google.co.jp/search?q=大向一輝• http://twitter.com/i2k• http://www.facebook.com/ikki.ohmukai
  • 4. 自己紹介• 2000 学生ベンチャー奨励金• 2001 シリコンバレー学生特派員• 2002 総合研究大学院大学• 2002 未踏ソフトウェア創造事業• 2004 有限会社グルコース• 2005 国立情報学研究所• 2006 ウェブ2.0• 2007 ウェブがわかる本• 2009 CiNii• 2011 大学図書館• 2012 オープンデータ
  • 5. 自己紹介• 2000 学生ベンチャー奨励金(高校の先生から)• 2001 シリコンバレー学生特派員(友人から)• 2002 総合研究大学院大学(友人から)• 2002 未踏ソフトウェア創造事業(知人から)• 2004 有限会社グルコース(未踏の相棒から)• 2005 国立情報学研究所• 2006 ウェブ2.0• 2007 ウェブがわかる本(講演会の参加者から)• 2009 CiNii(事務から)• 2011 大学図書館• 2012 オープンデータ(お役所から)
  • 6. 他者に導かれて• なりゆき・運・縁・Calling…• よくある話• 他者との関わりの中でつくられるもの• コントロールできないこと• 機会そのもの・他者の行動そのもの・結果そのもの• コントロールできること• ???• 「技術」• 精神論でもコミュ力でもなく• 状況・環境の理解 → いまできることの提示
  • 7. 弱い紐帯 [Granovetter73]出典:http://socialmediaexperience.jp/4952
  • 8. 弱い紐帯• ホワイトカラー労働者282人の就職プロセスを分析• 親しい友人・親族は同じ情報しか持っていない• 遠い知人がもたらす新情報がきっかけに• 「弱い紐帯の力」• 意図的に維持することの難しさ• 交流が活発になれば強い紐帯に変化する• 簡単に途絶える・復活が難しい• 年賀状・お中元・お歳暮…• 結果論?• 長期に渡り継続しているリンクのバイアス
  • 9. ウェブとソーシャルメディア• ウェブ [Berners-Lee89]• 非同期・クライアント主導型• URIによる直接リンク・アクセス• 検索エンジン…• ソーシャルメディア [Friendster02]• 個人単位・相互リンク(またはフォロー/フォロワー)• タイムライン・コメント・メッセージ・いいね!…• 「知人」の劇的な増加• mixi 平均マイミク数 21人 [湯田05]• Facebook 平均フレンド数 130人 [FB11]
  • 10. 「弱い紐帯」の変容• 維持コストの低下 → 総リンク数の増加• 弱い紐帯の「レアさ」が失われると…• 想起される確率の低下• 単純に忘れられる• つながりそのものは新情報をもたらさない• ウェブ・ソーシャルメディアの利用を前提とした、他者に理解されるための技術が必要• 【再掲】他者との関わりの中でコントロールできること• 理解させること自体はできない• 理解のプロセスに関与することはできる
  • 11. 認識から行動へ出典:http://wisdomwithoutanyaccount.blogspot.jp/2012/05/aisas.html
  • 12. Search• 探す・見る• キーワード検索・グラフ検索・タイムラインを追う…• 探される・見られる• キーワード検索・グラフ検索・タイムラインを追う…• 自身が日常的にやっていることは、他者も同じようにやっている(と仮定する)• ウェブ上で実行可能なことは、誰かが必ず実行している• 探されたときに何が出てくるのか、何が理解できるのか
  • 13. とあるTwitterアカウントにて• おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。• @aaa wwwwwwwwwwwww• @bbbbb (((( ;゚Д゚)))• @aaa ねむい• おまえが長く深淵を覗くならば…• @xxx おこなの?• @zzzzz キリッ
  • 14. (もう)可視化されているわたし• 見たものがそのまま理解される• 本当のわたしは…とは言えない• 【再掲】ウェブのアーキテクチャ• 非同期・クライアント主導型• URIによる直接リンク・アクセス• コンテキストが介在しないコミュニケーション• 別のURIのウェブページは見えない、見てもらえない可能性が高い• (悪口の話)
  • 15. 可視化をコントロールする• 理解されたいことを表現する• What・Where・How・When• Where?• 意外に重要• ポータビリティが確保されているならば目的に適したプラットフォームを選択する• ReaD&Researchmap:成果リスト• Mendeley:論文管理• Slideshare:スライド• When?• できるかぎりリアルタイムに
  • 16. 面倒との戦い• 見せるための追加の努力はできるだけしたくない• モチベーション・インセンティブ• コメント・ツイート・いいね!• 作業=公開になるようなプラットフォームを選ぶ• Dropbox・Evernote・Google Drive…• 勉強会メモ・資料は最初から公開用に作る
  • 17. 上級編• 第三者に語らしめる• 広告ではなく広報• 第三者のオーソリティによって信頼性を担保する• 自分の手の届かないところで書いてもらう• 論文を大学のページで公開する• 機関リポジトリ• 大学の成果を公開するウェブサイト• 有料論文を無料公開できる可能性• 指導教員と図書館に相談を• (コンテストの話)
  • 18. まとめ• 見えるものだけが理解可能である• 見える機会を最大化する• 適切に見せることで理解可能性は高まる• 適切さを決めるもの• ウェブのアーキテクチャに沿っているか• ウェブ・ソーシャルメディア上の人のふるまい• 理解を妨げる情報を混ぜない• 自己紹介に戻る

×