Your SlideShare is downloading. ×
Jenkinsプラグインの中身を覗いてみよう
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Jenkinsプラグインの中身を覗いてみよう

1,700
views

Published on

2012/07/31 第1回福岡Jenkins勉強会 …

2012/07/31 第1回福岡Jenkins勉強会
http://connpass.com/event/787/

Published in: Technology

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,700
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Jenkins  プラグインの中身を覗いてみよう 第1回福岡Jenkins勉強会   @ikikko
  • 2. 自己紹介•  @ikikko     (twi.er,  hatena,  gmail  etc)  •  株式会社ヌーラボ @東京  •  日本Jenkinsユーザ会   –  7/29(日)  Jenkinsユーザカンファレンスを開催 しました!  
  • 3. 川口さんいわく h.p://d.hatena.ne.jp/kkawa/20120729/p1  
  • 4. Jenkins  for  川口さん
  • 5. 概要•  プラグイン開発の入り口 (via  Backlog  Plugin)   –  ビルド後の後処理   –  外部システムへのリンク付与   –  認証システムとの連携  •  プラグイン開発のためのTips   –  他のプラグインをパクる   –  デバッグで確かめる   –  身内に使ってもらう  
  • 6. Backlog
  • 7. Jenkinsとの連携 成果物の転送 リンク Backlogの ユーザ情報で認証
  • 8. ビルド後の後処理•  ビルド失敗時に課題作成   –  hudson.tasks.NoHfier   –  Backlog  APIを利用して課題作成  •  成果物をファイル共有へ転送   –  hudson.tasks.NoHfier  (上記と一緒)   –  WebDAV  Clientを使って、ファイル転送  
  • 9. リンク付与•  課題へのリンク   –  hudson.scm.changelogAnnotator  •  リポジトリブラウザへのリンク   –  hudson.scm.RepositoryBrowser   –  Backlogのリポジトリブラウザでソースコード を表示   –  Gitはまだ未対応・・・
  • 10. 認証システムとの連携•  Backlogのユーザ情報で認証   –  hudson.security.SecurityRealm   –  Backlog  APIでログインできるか確認
  • 11. プラグイン開発のための   Tips
  • 12. 他のプラグインをパクる•  同じ拡張ポイントを使ってるプラグインを 見つけて、片っ端からインストール h.ps://wiki.jenkins-­‐ci.org/display/JENKINS/Extension+points  
  • 13. パクリ方•  クラスをそのまま流用   –  バージョンアップに追随できる   –  クラスが所属するプラグインが必要になる (プラグインの依存地獄になることも)  •  該当部分のコードをコピペ   –  必要な部分だけ使える   –  バージョンアップに追随できない  
  • 14. デバッグで確かめる•  リモートデバッグでJenkinsを起動しておき、 IDEその他から接続して確かめる  •  実行中の値を確認することができます     h.ps://wiki.jenkins-­‐ci.org/display/JA/Building+Jenkins  
  • 15. 身内に使ってもらう•  ローカルにあるプラグインファイルを直接 インストール Jenkinsの管理  >  プラグインの管理  >  高度な設定  
  • 16. ありがとうございました!