デジタルサイネージ×緊急地震速報の可能性

2,931 views
2,794 views

Published on

デジタルサイネージ事業者様向けに行った、緊急地震速報、ゆれくるコールに関するプレゼンテーション資料です。緊急地震速報のしくみや、ゆれくるコール for デジタルサイネージについて、デジタルサイネージでの緊急地震速報の活用方法などについて説明しています。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,931
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
679
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

デジタルサイネージ×緊急地震速報の可能性

  1. 1. アールシーソリューション株式会社減災ソリューション部 池端 健太郎
  2. 2.  会社概要 主な自社開発製品 緊急地震速報のしくみ 緊急地震速報の種類 予測震度、到達時間の算出 緊急地震速報の限界 デジタルサイネージへの通知方式 デジタルサイネージでの活用方法
  3. 3. アールシーソリューション株式会社 設立 2002年8月 代表者 代表取締役 栗山 章 事業所 東京都新宿区西新宿 従業員数 17名 事業内容 ソフトウェア受託開発、 防災・減災ソリューション開発・運用、 etc
  4. 4.  つながるコール 緊急地震速報と連動した安否確認システム 2007年10月 サービス開始 ゆれくるコール for iPhone、Android スマートフォン向け緊急地震速報通知アプリ 2010年11月 サービス開始 300万以上のダウンロード(2012/06現在)
  5. 5. 地震発生直後、震源に近い地震計でとらえた観測データより震源や地震の規模(マグニチュー ド)を推定し、各地での主要動の到達時刻や震度を予測し、可能な限り素早く知らせる地 震動の予報・警報
  6. 6.  一般向け緊急地震速報(警報) 地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大 震度が5弱以上と推定された場合に発表 テレビ、ラジオ、携帯電話等での発表はこれにあ たる 高度利用者向け緊急地震速報(予報) 精度を上げながら複数回発表される緊急地震速報 を都度発表 ゆれくるコールはこちらを利用
  7. 7.  緊急地震速報より、ピンポイントの地点の予測震度、 到達時間が予測できます。 緊急地震速報の情報は、震源地の緯度、経度、マグ ニチュード、震源深さ等の情報のみ(※) 地震動の予報業務許可事業者が緊急地震速報の情報 を元に、各地点の予測震度、到達時間を計算し、発 表します。(※)大きな地震では、緊急地震速報に震度4以上の地 域名(全国を約200に分割)、震度、到達時間が設 定されます。
  8. 8.  震源に近いところでは、速報の発表が強い揺れの到達に 間に合わない場合がある 実際の揺れとは±1程度の震度の誤差を伴う 311以降、地震の発生が多発しており、ほぼ同時に発 生した複数の地震を適切に処理できず、適切に発表がで きない場合がある  実際の震度より大きな震度での通知(ex:5/14)  大きな震度の地震なのに、通知されない(ex:5/29)
  9. 9. ゆれくるコール for デジタルサイネージ構成図 スマート フォン 通知 気象庁 インター ネット 弊社データセンター デジタルサイネージ端末 震度計算サーバ 通知受信 デジタルサイネー 常駐アプリ ジ管理アプリ 通知 (開発中) 通知 緊急地震速報 常時接続 ※通知の内容は、震度、到達時間、発生日時、震源地、マグニチュード、最大震度
  10. 10. 緊急地震速報をどのように表現すればよいか? 報知音 NHK音 報知内容 具体的な予想震度、猶予時間は報知しない  誤差について理解していれば、具体的な予想震度、猶 予時間を報知することも可※気象庁「緊急地震速報を適切に利用するために必要な受 信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」より 抜粋http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/ee w_receive.html#yohou
  11. 11. 大きな揺れがくるというお知らせのためだけでなく。。 揺れている最中、揺れた後にその場でとるべき行動 の報知 あわてず、まずは身の安全 避難経路の表示、危険箇所の注意喚起 地震情報(震源地、マグニチュード、最大震度)の 報知 ある程度の影響予測が可能 設置場所の予測震度の報知 この場所の震度がわかることで得られる安心、と ることのできる初動
  12. 12. 緊急地震速報の後のこんな情報を通知することもでき ます。 震度速報、震源に関する情報、震源・震度に関する 情報、各地の震度に関する情報 地震の確定した情報 緊急地震速報の精度の補正に 津波警報、注意報
  13. 13. [お問い合わせ先] 電話 03-5386-6571(営業担当:長縄) E-Mail naganawa@rcsc.co.jp(営業担当:長縄)[池端連絡先] E-Mail ikehata@rcsc.co.jp Twitter @rcsc_ikehata Facebook http://www.facebook.com/ikehata.kentaro 開発ブログ http://rcsc.hatenablog.com/

×