131102ちゅらシム・プレゼン
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

131102ちゅらシム・プレゼン

  • 331 views
Uploaded on

 

More in: Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
331
On Slideshare
331
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
13
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. シミュレーション医療学習の テ クノ ロ ジ ー と そ の 応 用
  • 2. コンテンツ • Simulated Learning Environments (SLE) • 学習を効果的・効率的・魅力的にするテクノロジー • インストラクショナル・テクノロジー • パフォーマンス・テクノロジー • テクノロジーの使い方 • テクノロジーの学び方
  • 3. テ クノ ロ ジ ー • 問題解決のサイエンス(考え方と方法論) • ハードなテクノロジー:自動車産業 • ソフトなテクノロジー:教育、業務、人材育成
  • 4. サイエ ンス • 自然科学 • 医学、物理学 • 自然の法則を解明する(証明する、説明する、記述する) • 人工(人が作ったシステム、人の目的を達する)科学 • 2020東京オリンピック、教育・学習・発達 • 未来を作る(処方する、デザインする、役に立つ)
  • 5. シミュレーション医療学習という学問 • 医療を安全・確実に行なえる人材・チームを養成する • 人工科学 • 教育・学習・発達を科学的にデザインする • 評価する(以前と比べる・対照群は不要) • 学会・論文で発表できる • 他施設でも応用できる
  • 6. コンテンツ • Simulated Learning Environments (SLE) • 学習を効果的・効率的・魅力的にするテクノロジー • インストラクショナル・テクノロジー • パフォーマンス・テクノロジー • テクノロジーの使い方 • テクノロジーの学び方
  • 7. いいたいこと • Simulated learningは医療職の教育・研修・パフォーマンス向上の 方法論として定着した • しかし、現状はゴールではない • 次の課題はサイエンスとして発展させること • インストラクショナル・テクノロジー、パフォーマンス・テクノ ロジーを応用する • 実践研究、モデル開発 • 新しい医療文化を創造する
  • 8. シミュレーション医療学習 • Simulated learning environments (SLE) • Simulated learning
  • 9. シミュレーション医療学習 • Problem-based learning • ペーパーペイシェント • 模擬患者 • ロールプレイ • モデル&シミュレーター
  • 10. シミュレーション医療学習 • Problem-based learning • ペーパーペイシェント • 模擬患者 • ロールプレイ • モデル&シミュレーター • 事例に基づいた学習
  • 11. シミュレーション医療学習の目的 • エキスパートのように、問題解決ができるようになる こと • できること、知っていること、分かったことを(組合 わせ)応用することで、問題解決ができるようになる こと • 学習した問題解決行動を、現場で活用できるようにな ること
  • 12. エ キス パ ー ト の 問 題 解 決 ・ 認 知 構 造 • 頭の中の整理棚に問題解決法が収納されている • 新しい問題に遭遇したら整理棚を検索する • 使えそうな問題解決法を取り出してくる(複数) • 遭遇した問題を解決する方法を創出し解決する • 問題解決の経験を整理棚に収納する(拡大)
  • 13. エ キス パ ー ト の 問 題 解 決 を 学 習 す る • 頭の中の整理棚に問題解決法が収納されている 「収納する」 使えそうな問題解決法を取り出してくる(複数) 「引き出す」 遭遇した問題を解決する方法を創出し解決する その方法を学ぶ • 新しい問題に遭遇したら整理棚を検索する • • • 問題解決の経験を整理棚に収納する(拡大)
  • 14. 問題解決のスキーマ ! 問題解決 応用 現実の問題 学習成果 問題解決能力 創出 問題解決
  • 15. エ キス パ ー ト の 問 題 解 決 能 力 現実の問題 創出 問題解決 現実の問題 応用 創出 問題解決 現実の問題 創出 問題解決 ! 問題解決 学習成果 応 応 用 用 ! 問題解決 応用 学習成果 問題解決能力
  • 16. 問題解決ができる頭の組立て方 • 既に持っている知識構造を知る • 既有知識・スキーマに紐づけながら、新しい知識・スキーマ を導入する • 新しい知識・スキーマを利用できるように、収納の工夫をさ せる(小さな練習) • 新しい知識・スキーマを問題解決に利用する練習を繰り返す • 忘れないうちに現場で使わせ、できたことを承認する
  • 17. 人 は 問 題 解 決 者 と して 成 長 する
  • 18. 小さなまとめ • 問題解決能力を獲得する • 事例に基づいた学習環境 • 学習をデザインする知識・テクノロジー • 発達心理学、認知心理学・・・学習科学 • インストラクショナル・テクノロジー
  • 19. 事例に基づいた学習の4つのレベル • 学習に没入できる環境整備(authentic, satisfaction) • 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる、問題解決ができる(learning) • 患者に安全・確実な医療を提供できる、患者の問題解 決ができる(behavior) • 患者のアウトカムにインパクトを与える(outcome)
  • 20. シミュレーション医療学習の責任範囲は? • 学習に没入できる環境を整備できる • 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる、問題解決ができる • 患者に安全・確実な医療を提供できる、患者の問題解 決ができる • 患者のアウトカムにインパクトを与える
  • 21. ACLS>VFシナリオ • 前提条件 • 用語を知っている • BLSができる • 学習目標 • VFのアルゴリズムを選択できる • アルゴリズムを使ってチーム蘇 生ができる • 評価 • 振り返り
  • 22. シミュレーション医療学習の構造 事例 シナリオ 学習目標
  • 23. シミュレーション医療学習の構造 事例 シナリオ 学習目標と教授法 学習目標 (インストラクション) 知的技能 運動技能 態度技能 メタ認知
  • 24. シミュレーション医療学習の構造 事例 シナリオ 学習目標 前提条件
  • 25. シミュレーション医療学習の構造 事例 シナリオ 学習目標 前提条件 既有知識
  • 26. シミュレーション医療学習の構造 事例 シナリオ 学習目標 前提条件 既有知識 学習者特性
  • 27. 教 授 設 計 ( イ ン ス ト ラ ク シ ョ ナ ル ・ デ ザイ ン ) の 要 素 事例 シナリオ 学習目標 前提条件 既有知識 学習者特性
  • 28. 学 習 者 が 獲 得 すべ き 問 題 解 決 の 知 識 構 造 と 学習目的 問題解決に用いた言語情報 問題 問題解決に用いた知的スキル・手技 問題解決の経験 経験の取り出し方 応用の仕方
  • 29. イ ン ス ト ラ ク シ ョ ナ ル ・ テ クノ ロ ジ ー • 意図的な学習の効果・効率・魅力をデザインする考え 方と方法論 • 人はどうやって学ぶかについての理論(記述的理論) を活用し、学ぶことを支援する教授法をデザインする (処方的理論) • 利用できる理論は何でも利用する・・・折衷主義
  • 30.
  • 31.
  • 32. 験 験
  • 33. イ ン ス ト ラ ク シ ョ ナ ル ・ テ クノ ロ ジ ー • 原理・ルール • 経験学習(原理・ルールを実践に応用してみる) • 実践の言語化・論文化(ナレッジ・ベース) • 共有 • 利用と改善
  • 34. ク ロ ーズ ド な 実践共同体の MY・セオリー OUR・セオリー • 経験中心 • 原理・方法論中心 • 自己流の意味付け・解釈 • 応用問題に対応できない • 信念・強い思い・誤概念 • 応用可能 • 経験学習 • 実験、振り返り • 更新困難 • 言語化・論文化により共有 • 素朴理論・素人理論 • 更新・発達容易
  • 35. 小さなまとめ • なぜ、テクノロジーか? • 誤概念形成を防ぐ • 共有・更新可能な合理的なマイ・セオリー(Ourセオリー の自分バージョン)を組立てる • テクノロジー • 問題解決の効果・効率を向上する • シミュレーション医療学習の普及・発達を促進する
  • 36. シミュレーション医療学習の本当の目的 • 学習に没入できる環境を整備できる • 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる・問題解決ができる • 患者に安全・確実な医療を提供できる・患者の問題解 決ができる • 患者のアウトカムにインパクトを与える
  • 37. シミュレーション医療学習の目的 ! 問題解決 応用 現実の問題 学習成果 シミュレーション医療学習 創出 問題解決
  • 38. イ ン プ リメ ン テ ー シ ョ ン : 容 易 で は な い • 学習に没入できる環境を整備できる • 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる・問題解決ができる • 患者に安全・確実な医療を提供できる・患者の問題解 決ができる • 患者のアウトカムにインパクトを与える
  • 39. イ ン プ リメ ン テ ー シ ョ ン : 解 決 法 • 学習に没入できる環境を整備できる • • 「コーチング」 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる・問題解決ができる 「阻害因子排除」 患者に安全・確実な医療を提供できる・患者の問題解 「促進要因導入」 決ができる 成功体験 • 患者のアウトカムにインパクトを与える
  • 40. パ フ ォ ー マ ン ス ・ テ クノ ロ ジ ー • インストラクショナル・テクノロジーを職場へ拡張 • パフォーマンス:業務として期待される結果を出す • 職場・業務の工夫(non-learning) • 個人の能力向上(learning) • 成長:業務(work)に基づいた学習成果ととらえる
  • 41. パ フ ォ ー マ ン ス ・ テ クノ ロ ジ ー • インストラクショナル・テクノロジーを職場へ拡張 • パフォーマンス:業務として期待される結果を出す • Work-based learning 職場・業務の工夫(non-learning) Workplace learning • 個人の能力向上(learning) • 成長:業務(work)に基づいた学習成果ととらえる
  • 42. 業務を中心とした学習 • Work-based learning・インフォーマル学習というテク ノロジー • ナレッジ・マネジメント • ジョブ・エイド • Just-in-timeインストラクション • デザインはインストラクショナル・テクノロジーを拡張
  • 43. シミュレーション医療学習の目的 ! 問題解決 応用 現実の問題 創出 学習成果 シミュレーション医療学習の責任範囲 問題解決
  • 44. シミュレーション医療学習+職場内学習 の ゴール 職場学習の責任範囲 ! 問題解決 応用 現実の問題 創出 学習成果 シミュレーション医療学習の責任範囲 問題解決
  • 45. イ ン ス ト ラ ク シ ョ ナ ル ・ テ クノ ロ ジ ー パ フ ォ ー マ ン ス ・ テ クノ ロ ジ ー • 学習に没入できる環境を整備できる • 医療の現場を模した状況で安全・確実な医療行為がで きる・問題解決ができる • 患者に安全・確実な医療を提供できる・患者の問題解 決ができる • 患者のアウトカムにインパクトを与える
  • 46. テ クノ ロ ジ ー を 応 用 す る • 学習(learning)しただけでは行動変容(behavior) は起こらない • 学習を行動変容に転移するには • 学習の精緻化 • 職場学習と連携 • 業務を教材化し(in situ learning)SLを補助的に活用
  • 47. テ クノ ロ ジ ー を 応 用 す る • 新人看護師・研修医のパフォーマンス診断 • パフォーマンス改善の処方箋(学習プラン)の作成 • パフォーマンス向上 • Non-learning:ジョブ・エイド、サポートシステム • Learning:ツールの使い方を練習する
  • 48. パ フ ォ ーマ ンス に 必 要 な 認 知 能 力 • 仕事の覚え方 • 予測する、真似る、試す、結果を評価する • 仕事の出来を分析する • 診断する、計画する、決断する、因果関係を説明する • 仕事を終わらせる • 影響力、交渉力、チームワーク、記録
  • 49. 小さなまとめ • 2つのテクノロジーを共通のツールにする • 研修と業務を連携する • 独習(eラーニング)、集合研修、職場学習をブレン ドする
  • 50. テ クノ ロ ジ ー の 学 び 方
  • 51. ホ ップ ・ ス テ ップ ・ ジ ャ ン プ @ J S I S H • 独習 • 自主勉強、事前学習 • 集中的な集合研修 • 20時間合宿研修 • 発展学習 • 実践と事例研究会
  • 52. いいたいこと • Simulated learningは医療職の教育・研修・パフォーマンス向上の 方法論として定着した • しかし、現状はゴールではない • 次の課題はサイエンスとして発展させること • インストラクショナル・テクノロジー、パフォーマンス・テクノ ロジーを応用する • 実践研究、モデル開発 • 新しい医療文化を創造する
  • 53. • 沖縄県地域医療再生基金事業・最終年度企画 • 「日本におけるシミュレーションのこれからを考える • 131102 • おきなわシミュレーションセンター