121001平成24年度指導医養成ws
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

121001平成24年度指導医養成ws

on

  • 498 views

H24年度・臨床研修指導医養成ワークショップの資料

H24年度・臨床研修指導医養成ワークショップの資料

Statistics

Views

Total Views
498
Views on SlideShare
498
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
11
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

121001平成24年度指導医養成ws Presentation Transcript

  • 1. 平成24年 臨床研修指導医養成ワークショップ 獨協医科大学越谷病院 臨床研修センター 112年10月1日月曜日
  • 2. 話題 ユーザー経験とブランド・ロイヤルティ 経験をデザインする 何をデザインするのか どのようにデザインするのか 成長と発達を支援するモデル 臨床研修の環境整備とツール 212年10月1日月曜日
  • 3. ユーザー経験 臨床研修の質は研修医が決める 質の高い経験は口コミにつながる 「選択」されるために、「選択」するメリットを経 験できる環境をデザインする 臨床研修の目的は「選択」する態度を教えること 312年10月1日月曜日
  • 4. 経験の質 無経験 機械的な繰り返し バラバラな活動 心地よい繰返し 挑戦的企て 一皮むける経験 412年10月1日月曜日
  • 5. 経験の質と学習環境 直接性・真正:状況に没入する、参加する、協調する 可塑性:いまの状況は暫定的、「やりとり」に参加するプロセスの中で成 長する 切迫性:興味を抱ける新しいものがあり、飛び込んで課題を追求せざるを 得ない状況がある 共鳴性:その場限りの体験に終わらず、状況から学習したことが自分の中 で共鳴し、学習が深化する 一貫性:出来事がバラバラでなく、全体として意味をなすものとしてつな がっている 512年10月1日月曜日
  • 6. 経験の質と学習者の質 意図・期待・価値:学習者が持ち込むものをベースに、学習環境が 持ち込む意図と絡んで経験を左右する プレゼンス:心身ともに経験が生じている状況に没入(engagement) できる状態にある、安全かつ安心して自分をさらけ出せる オープンネス:個人としての信念を持ちつつ、変化を拒まない気持ち 信頼:良い結果が生まれることを信頼し、疑念を保留しつつ、辛抱 強く関与し続けられる 612年10月1日月曜日
  • 7. 経験のデザイン デザインの対象:学習者の外部 研修医同士の人間関係 臨床研修センター 診療の場 指導医のあり方 臨床研修の経験の質を向上する 研修医:協調学習 指導医:インストラクター(教授者)としてのパフォーマンスレベル 712年10月1日月曜日
  • 8. インストラクターの質 −1:セクハラ、パワハラ、研修医が危険を感じる 0:うそがない +1:普通に分かりやすい +2:とても分かりやすい、発見させてくれる +3:安心して挑戦させてくれる、一皮むける 812年10月1日月曜日
  • 9. 臨床研修で獲得するコンピテンシー 初診患者の初期診療ができる 医療全体のプランニングができる 医療チームのリーダーができる 入院患者のマネジメントができる 一人当直・病棟急変に対応できる 医科学で社会貢献する基礎をつくる 912年10月1日月曜日
  • 10. 臨床研修で獲得する認知スキル 概念化能力 結果を予測し行動を選択する、仕事・手順のモデル化、改善案の策定 と試行、規範に基づいた自己評価 分析能力 複雑な状況の原因分析・診断、ゴールを達成するためのプランニング、 連続する出来事の因果関係を見出す、客観的な判断能力 社会的能力 影響力(人を動かすスキル)、チームワーク、交渉力(公式・非公式の 取引)、問題の分析的な記述 1012年10月1日月曜日
  • 11. ポートフォリオ 行動目標ではなく、認知スキルの獲得に焦点をあてる 診療科に関わらず使い回すことが可能 指導医が対話(振返り)を通して研修医に気づかせる 研修医自身が自己評価し記述する 1112年10月1日月曜日