120610インストラクタースキルアップ

1,403 views
1,381 views

Published on

120610インストラクタースキルアップセミナーで使用したスライドセットです。経験の質デザイン(パリッシュ)に言及しました。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,403
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
35
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

120610インストラクタースキルアップ

  1. 1. インストラクター スキルアップセミナー 120610 9-12am 池上敬一 NPO法人・救急医療の質向上協議会 112年6月10日日曜日
  2. 2. • 前提 • 何らかのコースのインストラクター • よりよいインストラクターになりたい • ゴール • ヒントを得る • ヒントを具体的な方法として、次回の インストラクションプランに組み込む 212年6月10日日曜日
  3. 3. 話題 • デザイン • トレーニングとその効果 • よいインストラクター 312年6月10日日曜日
  4. 4. 質問1:あなたのレベル (インストラクターとして) 1.よい 2.標準 3.標準以下 4.わるい 5.分からない 412年6月10日日曜日
  5. 5. 質問2:判断基準 1.私自身の判断基準 2.同僚同士の暗黙の基準 3.客観的な判断基準 4.なんとなく 5.とくにない 512年6月10日日曜日
  6. 6. IDの研究成果を実践に 生かす枠組み • レベル3:学びたさ • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • レベル­1:いらつき(メディア要件) 鈴木克明:eラーニングの質保証のレイヤーモデル 612年6月10日日曜日
  7. 7. 受講者からみたコースの 質評価の枠組み • レベル3:学びたさ • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • レベル­1:疎外感、集中できない 鈴木克明:eラーニングの質保証のレイヤーモデルを改変 712年6月10日日曜日
  8. 8. インストラクターの質レベル • レベル3: • 受講者の学習経験を素晴らしいものにするために様々な方法を施行できる • パリッシュのaesthetic experienceを実現しようと挑戦する • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • 学習課題の特性に応じて学習環境を整備し、共同学習を支援できる • 「教授システム学」のモデルをインストラクションに活用できる • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • 受講者が抵抗なく学習活動に集中できる • 受講者の学習目標を、受講者が好む学習スタイルでインストラクションできる • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • 学習内容を知識のレベルで理解しているだけでなく、実務として経験している • 学習者が信頼できるインストラクターである • レベル­1:疎外感、集中できない • インストラクターの言動や学習環境に問題があり、受講者が不快に感じることがある • 受講者が不快に感じたり集中を妨げていることに気づいたり、すぐに修正することができない 812年6月10日日曜日
  9. 9. 質問3:あなたのレベル (インストラクターとして) 1.レベル3:素晴らしい学習経験 2.レベル2:意識的なインストラクション 3.レベル1:受講者への配慮・尊重 4.レベル0:うそのなさ(SME的世界) 5.レベル­1:不快感や集中阻害 912年6月10日日曜日
  10. 10. 1012年6月10日日曜日
  11. 11. 1112年6月10日日曜日
  12. 12. 思い出に残るディナー について考える 1212年6月10日日曜日
  13. 13. 課題:「よい経験」を支える要因 状況:「レストラン」 ツール:「レイヤー」 1312年6月10日日曜日
  14. 14. まずレベル ­1と0 状況:レストラン体験 1412年6月10日日曜日
  15. 15. レベル 1 状況:レストラン体験 それはどんな体験か? 1512年6月10日日曜日
  16. 16. レベル 2 状況:レストラン体験 それはどんな体験か? 1612年6月10日日曜日
  17. 17. レベル 3 状況:レストラン体験 それはどんな体験か? 1712年6月10日日曜日
  18. 18. マクドナルドのアルバイト 思い出に残るディナーを提供 できるレストランのスタッフ 1812年6月10日日曜日
  19. 19. デザイン 1912年6月10日日曜日
  20. 20. デザインとは? 2012年6月10日日曜日
  21. 21. 質問4:デザインの機能 1. 見た目をきれいに見せるもの 2. 装置などの使い勝手をよくするもの 3. 装置を使った仕事の効率をアップする 4. 日常生活を便利にしてくれるもの 5. 上記のすべて 2112年6月10日日曜日
  22. 22. デザイン 2212年6月10日日曜日
  23. 23. デザイン 2312年6月10日日曜日
  24. 24. 2412年6月10日日曜日
  25. 25. 2512年6月10日日曜日
  26. 26. 生活 学習 人生 2612年6月10日日曜日
  27. 27. デザインが持つパワー 2712年6月10日日曜日
  28. 28. デザイン 「僕がアップルで学んだこと」 • 優れたデザインは役に立ち、問題を   解決してくれる。 • 顧客の体験をデザインする。 • 環境を最適化する。 • ニューヨークの凶悪犯罪75%減少 • 軽微な犯罪を徹底的に取り締まった 2812年6月10日日曜日
  29. 29. トレーニングの効果 を最大化する方法 2912年6月10日日曜日
  30. 30. IDの研究成果を実践に 生かす枠組み • レベル3:学びたさ • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • レベル­1:いらつき(メディア要件) 鈴木克明:eラーニングの質保証のレイヤーモデル 3012年6月10日日曜日
  31. 31. インストラクターの質レベル • レベル3: • 受講者の学習経験を素晴らしいものにするために様々な方法を施行できる • パリッシュのaesthetic experienceを実現しようと挑戦する • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • 学習課題の特性に応じて学習環境を整備し、共同学習を支援できる • 「教授システム学」のモデルをインストラクションに活用できる • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • 受講者が抵抗なく学習活動に集中できる • 受講者の学習目標を、受講者が好む学習スタイルでインストラクションできる • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • 学習内容を知識のレベルで理解しているだけでなく、実務として経験している • 学習者が信頼できるインストラクターである • レベル­1:疎外感、集中できない • インストラクターの言動や学習環境に問題があり、受講者が不快に感じることがある • 受講者が不快に感じたり集中を妨げていることに気づいたり、すぐに修正することができない 3112年6月10日日曜日
  32. 32. レベル 1と2 • 教授システム学(インストラクショナ ル・システムズ・デザイン) • ARCSモデル • メリルのID第一原理 • インストラクター・コンピテンシー 3212年6月10日日曜日
  33. 33. 効果的 効率的 魅力的、没入・集中 3312年6月10日日曜日
  34. 34. 3412年6月10日日曜日
  35. 35. 3512年6月10日日曜日
  36. 36. 3612年6月10日日曜日
  37. 37. 質問5:ARCSモデルの有用性 1. コースの募集 2. 受講者のウエルカム 3. レッスンマップ 4. 休憩時間の使い方 5. 上記のすべて 3712年6月10日日曜日
  38. 38. 3812年6月10日日曜日
  39. 39. ラーニング・ゾーン http://www.nakahara-lab.net/blog/2011/10/post_1804.html 3912年6月10日日曜日
  40. 40. レベル 1と2 インストラクターの役割 4012年6月10日日曜日
  41. 41. レベル2+ シャンクの認知スキル 4112年6月10日日曜日
  42. 42. 「教え方が上手」を越える レベル3 「きょうはよかった!!」 4212年6月10日日曜日
  43. 43. パリッシュのID美学 第一原理 4312年6月10日日曜日
  44. 44. 学習経験の質のデザイン • 無経験 • 機械的な繰返し • ばらばらな活動 • 心地よい繰返し • 挑戦的な企て • 一皮むける経験、「きょうはよかった!」 4412年6月10日日曜日
  45. 45. レベル3の位置づけ • レベル3:学びたさ • レベル2:学びやすさ(IDの本流) • レベル1:分かりやすさ(IDの前提) • レベル0:うそのなさ(SME的世界) • レベル­1:いらつき(メディア要件) 鈴木克明:eラーニングの質保証のレイヤーモデル 4512年6月10日日曜日
  46. 46. レベル3 レベル2 レベル1 レベル0 4612年6月10日日曜日
  47. 47. 学習環境の質 学習者の質 •直接性、真性 •意図、期待、価値 •可塑性 •プレゼンス •切迫性 •オープンネス •共鳴性 •信頼関係 •一貫性 山に登るという「経験」=「物語」 4712年6月10日日曜日
  48. 48. 経験は、いま、ここで起こっている 状況、人、関係性、行動・結果、自分 が関わる出来事 経験から「学習」を抽出する 4812年6月10日日曜日
  49. 49. 学習環境の質 •直接性、真性 学習者が状況に没入する ことで、学習者が知覚し、 感じ、考えることが経験。 状況を思い浮かべることで はなく、状況を傍観するこ とでもない。 4912年6月10日日曜日
  50. 50. 学習環境の質 •可塑性 効果的な経験は「やりと り」に参加するプロセスで 生じる。 「やりとり」は将来にわ たって繰返し経験学習する ことができる。 「いまの状態」は暫定的 5012年6月10日日曜日
  51. 51. 学習環境の質 •切迫性 興味を抱かせる新しいもの があり、その状況に飛び込 んで、課題を追求せざるを 得なくなるかどうか。 挑戦的な考え・課題、必要 な解決策が対立するなどの 状況。 5112年6月10日日曜日
  52. 52. 学習環境の質 •共鳴性 その場限りの学習に終わら ない経験の性質。経験で得 たものが自分の中でいつま での共鳴し、学んだことが 頭から離れないだけでな く、学習がどんどん深化す る。 5212年6月10日日曜日
  53. 53. 学習環境の質 •一貫性 出来事が一つ一つバラバラ でなく、全体として意味を なすものとしてつながって いるか(後者が良質な経 験)。問題解決の成就に向 かって努力する経験は学習 効果が高い。 5312年6月10日日曜日
  54. 54. 学習者の質 •意図、期待、価値 学習者が持ち込む目的や興 味にとどまらない、信念、 好み、希望から世界・人生 の認識や態度を含む。教材 やインストラクターが持ち 込む意図と絡んで経験を左 右する。自らの意図を意識 した場合は経験の質が高ま る可能性が増す。 5412年6月10日日曜日
  55. 55. 学習者の質 •プレゼンス 心身とも経験が生じている 状況にアラートで、状況に 没入(engagement)で きる状態。自分だけでな く、他者に配慮し共感す る。自分の思いや感情をさ らけ出して、現状を認めて 学ぶ契機につなげる。 5512年6月10日日曜日
  56. 56. 学習者の質 •プレゼンス プレゼンスを欠く学習者 (学習が必要なな自分をさ らけ出さない)は結局のと ころ経験から学ぶことは困 難。自己を活性化し「プレ ゼンス」を意識化する、過 去から将来に向かって成長 する自己責任を認識する。 5612年6月10日日曜日
  57. 57. 学習者の質 •オープンネス 個人としての考え方やあり 方は守りつつも、変化を拒 まないという気持ち。変化 するためにはオープンネス を保った一貫性が必要。 オープンネスは自分を学習 環境に開く強さであり、状 況に没入するために必要。 5712年6月10日日曜日
  58. 58. 学習者の質 •信頼 良い結果が生まれることを 信頼し、疑念を保留しつ つ、辛抱強く、直近の報酬 がなくても関与し続けられ ること。何らかの解決を求 める状況でも、好転する可 能性を信じ、期待を持って 精神的・感情的にコミット できる。寛容の心を含む。 5812年6月10日日曜日
  59. 59. パリッシュのID美学第一原理的に 「よいインストラクター」とは 5912年6月10日日曜日
  60. 60. 今日の学びを実践に取り 入れるプラン 6012年6月10日日曜日
  61. 61. まとめ • どんな学習にも3つのレイヤーがある • 第一層:行動目標 • 第二層:認知スキル • 第三層:経験の質 • どこまで深化できるかはインストラク ターと学習者の質と関係次第 6112年6月10日日曜日

×