# -*- coding: utf-8 -*-Dir.glob(**/*.*){ |f| #  puts "■file: #{f}" #  File.open(f, "r:UTF-8:UTF-8").each_with_index{ |l, i...
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために

2,642

Published on

Hokuriku.rb x 高専カンファレンス
2011.3.20 at 石川高専

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,642
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために

  1. 1. # -*- coding: utf-8 -*-Dir.glob(**/*.*){ |f| #  puts "■file: #{f}" #  File.open(f, "r:UTF-8:UTF-8").each_with_index{ |l, i| #! ! puts "#{f}:#{i+1}: #{l}" unless l =~ /^[p{ASCII}]*$/# # # ASCII  }}# for Ruby1.9# Ruby# http://www.geocities.jp/kosako3/oniguruma/doc/RE.ja.txt
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×