Your SlideShare is downloading. ×
「国連ミレニアム開発目標達成に向けて」(Lshtm永井周子氏・  古田 真里枝氏)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

「国連ミレニアム開発目標達成に向けて」(Lshtm永井周子氏・ 古田 真里枝氏)

588
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
588
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 国連ミレニアム開発目標達成に向けて MDGsの8つの目標 −保健医療の現場から− MDG1: 極度の貧困及び飢餓の撲滅 MDG2: 普遍的初等教育の達成 MDG3: 男女平等及び女性の地位強化の推進MDGs4:乳幼児死亡率の削減を達成するために MDG4: 乳幼児死亡率の削減 2007年2月17日(土)19:00‐  MDG5: 妊産婦の健康の改善 英国開発学勉強会(IDDP) at LSHTM MDG6: HIV/AIDS、マラリア、その他の疾病との闘い 永井周子 MDG7: 環境の持続可能性確保 (京都大学大学院社会健康医学系専攻) MDG8: 開発のためのグローバルなパートナーシップ shukon@pbh.med.kyoto-u.ac.jp の推進 英国開発学勉強会 2007.02.17 1 英国開発学勉強会 2007.02.17 2 MDG4:乳幼児死亡率の低下 Goal4: Reduce child mortality  目標4: 乳幼児死亡率を低下させる TARGET5 具体的目標5 – Reduce by two thirds, between 1990 and 2015, the under-five mortality rate – 1990年から2015年までに、5歳未満の乳幼児の死 亡率を3分の2、引き下げる。 (指標) *5歳未満児の死亡率    *乳児死亡率 *麻疹の予防接種を受けた1歳児の割合 The Lancet 2006; 368:1044-1047 英国開発学勉強会 2007.02.17 3 英国開発学勉強会 2007.02.17 4 The Lancet 2005; 365:891-900 The Lancet 2005; 365:891-900 Based on vital registration data for 45 countries and modelled estimates for 147 countries. 英国開発学勉強会 2007.02.17 5 英国開発学勉強会 2007.02.17 6 1
  • 2. 新生児ケア(治療)の基本 コクランレビュー 栄養 コクランレビュー 2編 (2003、Issue2) – 母乳 カンガルーケア ●低出生体重児の死亡や罹患の減少にKMCは – 輸液 有効か 保温 • 途上国の研究3編で構成、質はいまひとつ – インファントウォーマー • 有効と思われるが、更なるRCT必要 – 保育器 ●健康な新生児に早期Skin-to-skinは有効か 感染防止 • 17編、やや不完全なデータあり – 清潔操作 • 有効と思われる(特に母乳)が、更なる研究必要 英国開発学勉強会 2007.02.17 7 英国開発学勉強会 2007.02.17 8 マダガスカルの事例紹介 マダガスカルの保健概況 (UNICEF  THE STATE OF THE WORLD’S CHILDREN 2006 より)TROTRO AN-KODITRA  5歳未満死亡率  123/1000出生  (世界で悪い方から35番目)– Skin to Skin carryingの意 乳児死亡率(1歳未満)  76/1000出生– フランス語では「BEBE KANGOUROU」 総人口  18,113,000人 1日1米ドル以下で暮らす人の比率 61% 出生時平均余命  56歳2001.4 保健家族計画省主導の国家プログラム 成人識字率(15歳以上)  71% 開始(栄養部門が管轄) 合計特殊出生率 5.32003 トレーニングコース開始 保健員の付き添う出産の比率 51% 出産前のケアが行われている率  80%2004.11 マダガスカル小児科学会  妊産婦死亡率  550/10万出産– 2002年より509例に実施、6例死亡  低出生体重児(2500g未満)出生率 17%– 生存率98,83%・・・!? 破傷風から保護される新生児  55% 英国開発学勉強会 2007.02.17 9 英国開発学勉強会 2007.02.17 10 リサーチクエスチョン まとめP: マジュンガ大学病院で出生した低出 ミレニアム開発目標(MDGs) • MDGs4: 5歳未満死亡率の減少 生体重児に対して、 • 新生児死亡を下げない限り目標達成はありえないI: 出生直後からKMCを実施した場合、 カンガルーケア(KMC)C: 容態が安定してからKMCを実施する • 期待されたほど死亡率低下を示した、クリアなエビ 場合と比べ、 デンスはないO: 死亡率は低下するか? • 出生直後の低出生体重児に対する有効性:今後 のデータ集積が必要 英国開発学勉強会 2007.02.17 11 英国開発学勉強会 2007.02.17 12 2