Php勉強会43 発表資料

2,244 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,244
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
238
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Php勉強会43 発表資料

  1. 1. 2009/5/29 PHP 勉強会 #43 市川 (id:cakephper) ‏ (id:ichikaway) サーバ運用
  2. 2. 自己紹介 市川 快 (29) Yasushi Ichikawa ‏
  3. 3. 自己紹介 ブログ Cakephper の日記 ( CakePHP の話だけ) http://d.hatena.ne.jp/cakephper サラリーマンから起業するリアル ( Linux 、仮想化、ベンチマークとか) http://d.hatena.ne.jp/ichikaway
  4. 4. 自己紹介 Perl( TT + DBI ) -> 企業内独自 PHP FW ->CakePHP SQL Explain Component 開発
  5. 5. 今日のトピック PHP で作ったサービスを支える サーバのお話
  6. 6. サーバ管理者の不安 リブート恐怖症 Firewall ルール変更恐怖症 障害メール恐怖症
  7. 7. サーバ管理者の不安 <ul><li>不安を減らす方法を考える </li></ul><ul><ul><li>遠隔から全て何とかできる </li></ul></ul><ul><ul><li>数十分程度で復旧できる </li></ul></ul>
  8. 8. 不安解決 そこで  YHA !! ( Yaya High Availability )
  9. 9. YHA <ul><li>YHA とは </li></ul><ul><ul><li>ダウンタイム 障害メールから 10 分程度 </li></ul></ul><ul><ul><li>全てリモートから操作 </li></ul></ul><ul><ul><li>とりあえず安く手軽に始められる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>サーバ2台構成から </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>専用サーバ 2 台以上使っているなら OK </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>サーバ以外の専用機材必要なし </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>複数サービスでも YHA 可能 </li></ul></ul></ul>
  10. 10. YHA 基本構成 <ul><li>物理サーバ2台 </li></ul><ul><ul><li>NIC2 枚 /1 台がベスト ( Dell R200 とか ) </li></ul></ul><ul><ul><li>HDD 2 個 /1 台 </li></ul></ul><ul><li>VMware Server </li></ul><ul><li>Linux ( 他の OS でも可 ) </li></ul><ul><ul><li>Host OS </li></ul></ul><ul><ul><li>Guest OS </li></ul></ul><ul><li>iScsi サーバソフトウェア </li></ul><ul><ul><li>iScsi Enterprise Server </li></ul></ul>
  11. 11. YHA 基本構成 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 HostOS と Vmware Server インストール済み
  12. 12. YHA 基本構成 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 Software Raid1 VM 1 iScsi でディスク提供 仮想 Disk D'
  13. 13. YHA 基本構成 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 iScsi でディスク提供 仮想 Disk D' Software Raid1 VM 1 VM 1 VM 1 Write I/O
  14. 14. YHA 基本構成 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 仮想 Disk D' Software Raid1 VM 1 仮想 Disk B' Software Raid1 VM 2
  15. 15. 障害時 YHA1 が物理的に故障
  16. 16. YHA 障害時 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 仮想 Disk D' Software Raid1 VM 1 仮想 Disk B' Software Raid1 VM 2 VM 2 ここから VM2 を 起動するだけ
  17. 17. 復旧 YHA1 を復旧
  18. 18. YHA 基本構成 YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 仮想 Disk D' Software Raid1 VM 1 Software Raid1 VM 2 VM 2 VM 2 VM2 shutdown 仮想 Disk B' を マスタに RAID 復旧 仮想 Disk B'
  19. 19. 不安はどうなった? リブート恐怖症 Firewall ルール変更恐怖症 障害メール恐怖症
  20. 20. ホスト OS に入れれば怖いものなし YHA 1 Internet 物理 HDD C 物理 HDD D YHA 2 物理 HDD A 物理 HDD B クロスケーブル接続 仮想 Disk D' Software Raid1 VM 1 仮想 Disk B' Software Raid1 VM 2 VM2 経由で YHA2 の ホスト OS に アクセス VMconsole で VM1 を制御 FireWall ルール 変更失敗
  21. 21. 不安はどうなった? リブート恐怖症 Firewall ルール変更恐怖症 障害メール恐怖症 データセンタに行かなくて安心 ダウンタイム 10 分程度という安心
  22. 22. まとめ コストを抑えて ダウンタイム少なめ 不安を出来る限り減らす YHA システム
  23. 23. 質疑応答 <ul><li>IScsi は別セグメントネットワーク? </li></ul><ul><ul><li>Nic も分けてプライベート IP でやってます </li></ul></ul><ul><li>スナップショットはとってる? </li></ul><ul><ul><li>今は取ってません。取る運用をしなきゃ </li></ul></ul><ul><li>VM の負荷は? </li></ul><ul><ul><li>Disc I/O やネットワーク流量が増えると CPU を消費するのでそのバランス </li></ul></ul><ul><ul><li>最悪は、ホスト OS でサービスさせる逃げ道がある </li></ul></ul><ul><ul><li>Dell R200 + 8G mem + QuadCore + 1T HDD2 台で1 3 万ぐらいでハードは調達できる(自分で CPU 載せかえだけど) </li></ul></ul><ul><ul><li>参考:  http://d.hatena.ne.jp/ichikaway/20090502/1241254734 </li></ul></ul>
  24. 24. ありがとうございました

×