20121112 jaws-ug sapporo8
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

20121112 jaws-ug sapporo8

  • 633 views
Uploaded on

2012/11/12 第8回JAWS-UG札幌支部 事例発表資料

2012/11/12 第8回JAWS-UG札幌支部 事例発表資料

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
633
On Slideshare
631
From Embeds
2
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
1

Embeds 2

http://sc.dotbranch.com 2

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2012/11/12 第8回 JAWS-UG 札幌AWSのおかげで・・・ 大内 寛和
  • 2. 大内 寛和株式会社データクラフト 開発部fb: hirokazu.ouchi JAWS-UG 札幌 ( 2010/12/14~ ) 副代表好きなサービス Amazon Route 53
  • 3. ロイヤリティーフリーの写真素材印刷、マルチメディア、WEBデザインなど幅広い用途に利用可能な、ロイヤリティーフリー・デジタルフォトコレクション。http://www.sozaijiten.com/ストックフォトのダウンロード販売国内・海外のフォトブランドから200万点以上の写真素材を提供するストックフォhttp://imagenavi.jp/トダウンロード販売サイト。
  • 4. AWSを利用するきっかけについて ← この人Webサイト、社内の業務アプリ開発メイン(サーバ/インフラには全く興味なし)自社サイトはオンプレミス型で運用(クラウドの知識は0)
  • 5. 2010/11/3【札幌】 AWSハンズオンに参加!
  • 6. 数分でサーバ起動・・・(えっ?時間課金・・・(本当に?サーバのコピーが簡単・・・(唖然ファイルアップしただけで、URLが付く・・・(面白い!
  • 7. すっかり、AWSに魅入られてしまい、社内利用を目指して、AWSについて、うんちくを語り、半ばこじつけでAWSアカウントを取得!そんなことをやってるうちに・・・
  • 8. サーバ担当になりました
  • 9. AWSのおかげで、仕事が増え自社サイトの課題が明確になり、試行錯誤を繰り返しながら、改善に勤しんでおります。その中で培った、AWSの小ネタをご紹介します。Q1. AWSからメール送りたい!Q2. サイトが重くてつながらない、助けて!Q3. (オマケ)海外のサイトを調査したい!
  • 10. Q1.AWSからメールを送りたい! WebServer Mail Server ? mail
  • 11. EC2インスタンスからメール送信 Web Mail Server Server Email AWS:申請ページ大まかな手順・メールサーバのDNS正引き設定・メール送信制限解除・DNS逆引き設定の申請・sendmail/postfixの調整費用は、EC2の課金(インスタンス起動時間、データ転送量等)
  • 12. AmazonSESからメール送信 Web Server Amazon SES Email大まかな手順・SES利用申請(テスト環境)・送信元アドレスの設定・本番利用申請費用は、SESの課金(データ転送量、メッセージ送信数)
  • 13. SES利用準備IAM: SESメール送信権限を持つユーザーを登録
  • 14. メール送信する方法(PHP)AWS SDKを利用<?phprequire_once("/opt/aws/php/sdk.class.php");$ses=new AmazonSES();$res=$ses->send_email( oouchi@datacraft.co.jp, array( ToAddresses => array(oouchi@datacraft.co.jp,hz.ouchi@gmail.com) ), array( Subject => array( Data => えのき, Charset => UTF-8), Body => array( Text => array(Data => 好きです, Charset => UTF-8)), ),);echo $res->isOK() ? "OK": "NG";各システムに、こういうコードを仕込むのはちょっと・・・
  • 15. postfixからSESにリレーしましょう! Web Server Amazon SES Email
  • 16. postfixの設定「/etc/postfix/main.cf」 追加relayhost = email-smtp.us-east-1.amazonaws.com:25smtp_sasl_auth_enable = yessmtp_sasl_security_options = noanonymoussmtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwdsmtp_use_tls = yessmtp_tls_security_level = encryptsmtp_tls_note_starttls_offer = yessmtp_tls_CAfile = /etc/ssl/certs/ca-bundle.crt「/etc/postfix/sasl_passwd」 新規作成email-smtp.us-east-1.amazonaws.com:25 [アクセスキー]:[シークレットキー]postfix再起動sudo postmap hash:/etc/postfix/sasl_passwdsudo /etc/init.d/postfix restart
  • 17. 1年前から、この方法でメール送信していますが、当時、postfixのことはよくわかっておらず。ググってみると・・・
  • 18. パクリ頂きました!ありがとうございます!
  • 19. 注意点AmazonSESは、1日の送信制限があるので、制限を超えないように運用しましょう。Cloudwatch+SNSで監視 AWS SDKを利用して、お好みの監視システムを使うのもよし <?php require_once("/opt/aws/php/sdk.class.php"); $ses=new AmazonSES(); $response=$ses->get_send_quota(); if ($response->status===200) { $quota_result=$response->body->GetSendQuotaResult; // 利用率 echo ($quota_result->SentLast24Hours/$quota_result->Max24HourSend*100); }
  • 20. Q2.サイトが重くてつながらない、助けて!
  • 21. 親しくお付き合いしている会社のWebデザイナーさんからのご相談。状況:・告知サイトを公開したところ、アクセスが殺到してサイトにつながりにくくなっている。・販売サイトにも影響して困っている。・告知サイトは、HTML+JSの静的コンテンツで構成している。・大きめの画像を表示している。
  • 22. これだ!
  • 23. Direct Hostingパターン 販売サイト http://xxx.jp/ Web Server ユーザー コンテンツ 編集者 告知ページ http://yyy.xxx.jp/告知サイトのコンテンツはすべてS3に配置
  • 24. リリース情報等、告知済みなので、ページのURLは、変えたくないです。
  • 25. これだ!
  • 26. Web Storageパターン 販売サイト http://xxx.jp/ 告知ページ http://xxx.jp/yyy/ Web Server ユーザー コンテンツ 編集者 コンテンツ http://yyy.xxx.jp/ ✕HTMLは既存サーバーに、JS、CSS、画像をS3に配置
  • 27. 主な作業・S3バケットを作成・S3で付与されたホスト名をDNSに設定・コンテンツ編集用のアカウントをIAMで作成、S3の権限のみ付与 コンテンツのアップには、 Cyberduckを使用していま す。
  • 28. AWS Billing Alertsを利用して、費用が一定額を超えたらメール通知するよう設定
  • 29. これでめでたく解決しました。S3の使用料は、当初の見積りよりも低く抑えられました。相談者のWebデザイナーさんは、AWSの凄さに驚いていました。また、運用も簡単ということで、現在もご利用頂いています。
  • 30. 補足今回利用した、Web Storageパターンではなく、CloudFrontを利用した、Cache Distributionパターンを用いるのもよいかと思います。 ユーザー CloudFront S3 Web Server ユーザー CloudFront Web Server ユーザー CloudFront
  • 31. Q3.(オマケ)海外のサイトを調査したい!
  • 32. 社内の人から、以下のような問い合わせ。「USのWebサイトを調査したいんだけど、日本からだとアクセスできないみたい。何かいい方法ない?」
  • 33. その時は、ちょっと忙しかったんで、詳しく聞かずに・・・じゃ・・・
  • 34. はい、どうぞ
  • 35. 後日、どのサイトを調査したのか聞いたところ・・・
  • 36. USのiTunesで、どの程度露出しているか確認したかったようです。
  • 37. iTunesって、アクセス元のIPで、表示を変えている?設定を変えれば、国ごとの表示に切り替わるんじゃ・・・
  • 38. 国変更でk
  • 39. まとめ・EC2でイチから環境構築せずに、AWSのサービスをうまく活用することで、費用削減、サービスの早期構築に繋がります。・CDPは、AWSとよりよくお付き合いする為のお手本。オンプレミス環境の改善にも参考になります。・ユーザーニーズを正確に把握し、適切なサイズのソリューションを心がけましょう・・・(反省)
  • 40. JAWS-UG 札幌来年もよろしくお願いします!