Your SlideShare is downloading. ×
現代カードIr資料(2014 1 q) jp
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

現代カードIr資料(2014 1 q) jp

81
views

Published on

Published in: Business

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
81
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Hyundai Card Corporation IR資料(2014年第一四半期) Hyundai Card Corporation
  • 2. Disclaimer These presentation materials have been prepared by Hyundai Card Corporation, Inc. (“HCC or the Company”), solely for the use at this presentationThese presentation materials have been prepared by Hyundai Card Corporation, Inc. (“HCC or the Company”), solely for the use at this presentation and have not been independently verified. No representations or warranties, express or implied, are made as to, and no reliance should be placed on, the accuracy, fairness or completeness of the information presented or contained in this presentation. Neither the Companies nor any of theirs affiliates, advisers or representatives accepts any responsibility whatsoever for any loss or damage arising from any information presented or contained in this presentation. The information presented or contained in this presentation is current as of the date hereof and is subject to change without notice and its accuracy is not guaranteed. Neither the Companies nor any of their affiliates, advisers or representatives make any undertaking to update any such information subsequent to the date hereof. This presentation should not be construed as legal, tax, investment or other advice. Certain information and statements made in this presentation contain “forward-looking statements.” Such forward-looking statements can be identified by the use of forward-looking terminology such as “anticipate,”“believe,”“considering,”“depends,”“estimate,”“expect,”“intend,”“plan,” “planning,” “planned,” “project,” “trend,” and similar expressions. All forward-looking statements are the Companies’ current expectation of future events and are subject to a number of factors that could cause actual results to differ materially from those described in the forward-looking statements. Caution should be taken with respect to such statements and you should not place undue reliance on any such forward-looking statements. Certain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Companies have not verified such dataCertain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Companies have not verified such data with independent sources. Accordingly, the Companies make no representations as to the accuracy or completeness of that data, and such data involves risks and uncertainties and is subject to change based on various factors. This presentation does not constitute an offer or invitation to purchase or subscribe for any shares or other securities of the Companies and neither any part of this presentation nor any information or statement contained therein shall form the basis of or be relied upon in connection with any contract or commitment whatsoever. Any decision to purchase shares in any offering of shares of the Companies should be made solely on the basis of the information contained in the offering document which may be published or distributed in due course in connection with any offering of shares of the Companies, if any. The contents of this presentation may not be reproduced, redistributed or passed on, directly or indirectly, to any other person or published, in whole or in part, for any purpose.
  • 3. 持持持持分構造及び現代カードの強み分構造及び現代カードの強み分構造及び現代カードの強み分構造及び現代カードの強み 堅実なマーケティング基盤 優秀な経営DNA 43.0%54.0% • 現代/起亜自動車と連携したMポイントプログラム基盤の堅調な成⻑基盤 現代自動車とGEキャピタルの9年にわたるジョイントベンチャー 3 • 現代/起亜自動車と連携したMポイントプログラム基盤の堅調な成⻑基盤 • サクセスフルなジョイントベンチャー構造基盤の安定した実績 • VVIP市場における圧倒的な位置づけと文化マーケティング・デザイン分野における代表格 • GEキャピタルから受け継ぎ体得した経営ノウハウ • 組織に溶け込んだ独特な企業文化 • グループ内の金融4社間の経営シナジー効果(カード、キャピタル、コマーシャル、ライフ)
  • 4. 韓国韓国韓国韓国ににににおけおけおけおけるクレジットカード市場の主な特徴るクレジットカード市場の主な特徴るクレジットカード市場の主な特徴るクレジットカード市場の主な特徴 高いクレジットカード利用率(単位:兆ウォン) 민간소비 신용카드 이용율*⺠間消費 クレジットカード利用率* 優れたクレジットインフラストラクチャー • 韓国の金融会社情報が豊富 (銀行、クレジットカード会社、割賦金融会社、保険など) • 広範囲な情報収集(不良+優良)や⻑期の時系列分析 595 637 679 708 729 63.3% 64.8% 65.2% 67.6% 67.2% 厳しい規制 • 金融監督院内の別途組織が与信専門金融会社を • 広範囲な情報収集(不良+優良)や⻑期の時系列分析 • 収集情報の例示 – 顧客情報(職業、所得) – 口座情報(ローン、クレジットカードの開設と限度) – ローン情報(返済、クレジットカード利用内訳) – 延滞情報(金額、返済日程) 4 '09 '10 '11 '12 '13 * 信用販売金額基準 出典:与信専門金融協会 • 金融監督院内の別途組織が与信専門金融会社を 監督・調査 • 調整自己資本比率、レバレッジ、関連業務の割 合、 マーケティングコスト、新商品状況など、 主な経営 指標を監督(四半期別) • 情報セキュリティー 、顧客保護、CS関連を常に 監督 • 定期(3年毎)及び随時に経営実態調査
  • 5. クレジットカードの利用額クレジットカードの利用額クレジットカードの利用額クレジットカードの利用額 체크카드 신용카드 (신용판매)チェックカード クレジットカード(信用販売) クレジットカードは今なお絶対的な決済手段 (単位:兆ウォン) • クレジットカード中心の決済習慣が定着 • クレジット+チェック組合せの決済ポートフォリオづくり 412 443 478 490 406 464 510 561 578 • クレジット+チェック組合せの決済ポートフォリオづくり – 小額-チェック、高額-クレジットなど決済の二元化 – チェックカードは成⻑限界にいたる • ポイント及び金融商品の利用顧客は今も大勢 金融商品利用金額の推移(単位:兆ウォン) 98 105 104 100 97 5 出典:与信専門金融協会 29 51 67 83 88 377 412 '09 '10 '11 '12 '13 98 100 97 '09 '10 '11 '12 '13
  • 6. ママママーケッーケッーケッーケットトトトにおけにおけにおけにおける現代カードのる現代カードのる現代カードのる現代カードの位置づけ位置づけ位置づけ位置づけ VVIPカードの代名詞 文化マーケティングの代表格 デザインカンパニー 6
  • 7. マクロ経済の指標マクロ経済の指標マクロ経済の指標マクロ経済の指標 GDP伸び率及び失業率 2010 2011 2012 2013 1Q14 2014(e) GDP伸び率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% 3.9% 4.0% 失業率 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% 3.5%* 3.2% 出典:韓国銀行 * 季節調整失業率 失業率 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% 3.5%* 3.2% マクロ指標と⺠間消費:「正」の関係 マクロ指標と延滞率:「負」の関係 8% GDP 성장률 민간소비 증가율GDP 伸び率 ⺠間消費伸び率 4%8% GDP 성장률 (좌) 여신전문금융사 연체율 (우)GDP 伸び率(左) 与信専門金融会社の延滞率(右) 7 0% 4% '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 2% 3% 0% 4% '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13
  • 8. 商品商品商品商品 マーケットシェア その他0.7% 信用販売基準 資産の商品別の構成 一括払い 42.1% 割賦 21.2% キャッシュ サービス 8.6% カードローン 27.4% その他0.7% 15.7% 15.5% 15.5% 14.5% 14.3% 14.1% 14.3% 14.5% 13.8% 13.8% 전체금액 기준 (신용판매 + 금융상품) 信用販売基準 全体金額基準(信用販売+金融商品) 8 21.2% • 金融資産総額: 9.9兆ウォン(約USD 9.3 Bn) • 信用販売資産の割合: 63.3% 14.1% 14.3% 13.8% 13.8% '10 '11 '12 '13 1Q14 * 企業購買カードを除く 出典:金融統計情報システム
  • 9. クレジットカークレジットカークレジットカークレジットカードドドド3.03.03.03.0 時代を開く時代を開く時代を開く時代を開くChapterChapterChapterChapter2222 ツートラック商品ポートフォリオ及び特典のシンプル化 シンプルな商品構造 プレミアムvs. ポイントvs. キャッシュバック 顧客特典の合理化 • コアサービス/特典に集中 • 差別のない付随サービス/特典の廃止・縮小 • プレミアムvs. ポイントvs. キャッシュバック • 22商品 → 7商品 9 等級別リワード • 利用金額によってポイント積立て率を上げる (Mカード:月100万ウォン以上利用すると1.5倍積立) • リワード積立てハードル:月利用金額50万ウォン以上
  • 10. 損益計算書損益計算書損益計算書損益計算書 2012 2013 1Q 13 1Q 14 YoY 営業収益営業収益営業収益営業収益 2,526 2,527 643 642 - (単位:十億ウォン) 営業収益の増加 – 2013 年金融商品取扱い拡大による 利子収益の増加 (外為効果を除く) 2,469 2,515 609609609609 635635635635 4.2%4.2%4.2%4.2% 営業費用営業費用営業費用営業費用 2,288 2,308 581 535 -7.9% (外為効果を除く) 2,232 2,295 547547547547 527527527527 ----3.7%3.7%3.7%3.7% 利息費用 343 313 79 76 -4.0% 貸倒れ償却費 203 248 55 60 9.5% 利子収益の増加 • 営業費用の減少 – クレジットカード3社の個人情報流出 に よる営業収縮・TM中断(1ヶ月)で カードコストの減少 – 2013 年下半期以降、ポイントコスト の 削減 (Chapter 2) – 低金利調達により利息費用は減少した 10 営業利益営業利益営業利益営業利益 237 220 62626262 108108108108 73.7%73.7%73.7%73.7% 当期純利益当期純利益当期純利益当期純利益 194 163 47474747 82828282 76.6%76.6%76.6%76.6% ROA 2.0% 1.7% 2.0% 3.4% 1.4% ROE 9.2% 7.1% 8.5% 13.6% 5.1% – 低金利調達により利息費用は減少した が貸倒れコスト増加により相殺 • 利用会員割合* の増加によりコスト効率 が強化 * 全会員のうち1ヶ月最低1回以上実績のある会員
  • 11. 資資資資産産産産健全健全健全健全性及び引当金性及び引当金性及び引当金性及び引当金 충당금 대손준비금 요적립 Coverage引当金 貸倒準備金 要積立カバレッジ 30日以上の延滞率 引当金 (単位:十億ウォン) 378 544 594 589 128% 199% 157% 144% 143% 0.4% 0.6% 0.7% 0.8% 0.9% 11 174 181 205 206 204 363 389 384 189 378 '10 '11 '12 '13 1Q14'10 '11 '12 '13 1Q14
  • 12. リスリスリスリスククククマネージメントマネージメントマネージメントマネージメントの主な特徴の主な特徴の主な特徴の主な特徴 • リスクに係る主な意思決定 • Business Cycleに合った体系的な対応 多層リスクマネージメントのフレームワーク Governance Strategy Infrastructure リスクに係る主な意思決定 • リスク許容限度の統制や変更 • システム • 分析モデル Business Cycleに合った体系的な対応 • Profit & Risk Optimization • 新規事業成⻑エンジンの支援 • リスクの主なインデックスのモニタリ ング i.e. – RCC (Risk Control Committee) – NPI (New Product Introduce) – CRP (Credit Review Point) i.e. – DTIR (Debt To Income Ratio) – Cha-Cha (Champion-Challenger) テスト – 回収チャネルの最適化 12 Monitoring Infrastructure• 分析モデル • 対内外クレジット情報 ング • リスクモデル、スコアの整合性を検証 • オペレーションリスクの最小化 i.e. – MEL (満期損失) – Economic Capital – Anti-Fraudシステム – 回収Scoringシステム i.e. – PQR (Portfolio Quality Review) – RAM (Risk Appetite Monitoring) – ストレステスト – Contingency Plan
  • 13. 借入れ借入れ借入れ借入れ 借入れの商品別の構成 銀行ロー 借入れの満期別の構成(単位:十億ウォン) 1,963 ウォン建 て債権 89.6% ン3.0% ABS 7.4% 597 760 1,963 1,520 1,168 1,111 13 • 借入れ総額:7.1兆ウォン • 商品ポートフォリオガイドライン : ABS 20% CP 10% • ALM比率:155% 2Q14 2H14 '15 '16 '17 '18~ 全体借入金における割合 8.4% 10.7% 27.6% 21.4% 16.4% 15.6%
  • 14. 資本資本資本資本 資本(単位:十億ウォン) 調整自己資本比率/レバレッジ 20.5% 1,769 2,008 2,197 2,367 2,447 18.7% 19.6% 18.7% 19.4% 20.5% 規制:8%以上 規制:6倍以内 (2012年施行) 14 '10 '11 '12 '13 1Q 14 6.0 x 5.4 x 5.1 x 5.0 x 4.8 x '10 '11 '12 '13 1Q 14 * 別途財務諸表基準
  • 15. 流動性及びコンティンジェンシー流動性及びコンティンジェンシー流動性及びコンティンジェンシー流動性及びコンティンジェンシー 流動性(単位:十億ウォン) コンティンジェンシーフレームワーク Credit-line現金 短期借入れカバレッジ比率 * リスク感知 • 主な市場指標デイリーモニタリング (Early Warning System) 841 824 866 770 1,148 1,584 1,514 1,646 1,580 36.7% 79.0% 65.5% 87.5% 88.1% Stress Test 流動性管理 意思決定機関 普段 • FC (Funding Committee) • ALCO (Asset Liability Committee) • EFC (Executive Finance Committee) • 短期1ヶ月 ⻑期12ヶ月 15 650 743 690 780 810 498 841 824 866 770 '10 '11 '12 '13 1Q14 • 短期借入れカバレッジ比率 = (現金+未使用committed credit line)/ 1年以内返済借入金 リスク時 対応 • コンティンジェンシー調達 • Asset slow down(営業) • Crisis communication • コンティンジェンシーモニタリング • ⻑期12ヶ月
  • 16. 投投投投資資資資ハイライトハイライトハイライトハイライト – 現代自動車グループの主要なSubsidiaryとしてCo-Marketingなどを通じた事 業基盤を確保 – プレミアムカードの中でも圧倒的な位置づけ • 現代カードのバリュープロポジション – プレミアムカードの中でも圧倒的な位置づけ – カルチャーマーケティングの代表格として唯一無二のマーケットポジショニング – 安定かつ堅実なファンダメンタル – 持続的な成⻑を可能とする企業DNAを保有 • 2014 年第一四半期の主な実績 – 金融資産 : 9.9兆ウォン – 営業利益 :1,075億ウォン 16 – 営業利益 :1,075億ウォン – 当期純利益 :825億ウォン – ROA :3.4% – 30日以上の延滞率 :0.9% – レバレッジ :4.8倍
  • 17. 別別別別添.クレジットカード事態:前後の比較添.クレジットカード事態:前後の比較添.クレジットカード事態:前後の比較添.クレジットカード事態:前後の比較 金融商品の割合 65% 57% 58% 30日以上の延滞率 6.6% 平均 = 60% 平均 = 32% 平均 = 4.1% 平均 = 1.7% 33% 31% 33% '00 '01 '02 '11 '12 '13 レバレッジ 16.8 3.2% 2.6% 1.6% 1.9% 1.5% '00 '01 '02 '11 '12 '13 インフラ及び規制の変化 平均 =12.5倍 平均 = 4.1倍 • CBシステムの設立・運営 • 規制の強化 17 出典:金融統計情報システム 16.8 9.4 11.3 4.3 4.1 3.8 '00 '01 '02 '11 '12 '13 • 規制の強化 – クレジットカード発給基準及びプロセスを強化 – 金融商品割合限度を強化 – 引当金及び健全性の分類基準を強化 – クレジットカード会社リスク管理手本基準を制 定
  • 18. 連絡先連絡先連絡先連絡先 18 IRホームページ: http://ir.hyundaicard.com IR代表Eメール: irhcc@hyundaicard.com

×