• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
2014年1分期ir資料 jp
 

2014年1分期ir資料 jp

on

  • 80 views

 

Statistics

Views

Total Views
80
Views on SlideShare
52
Embed Views
28

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 28

http://ir.hyundaicapital.com 28

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    2014年1分期ir資料 jp 2014年1分期ir資料 jp Presentation Transcript

    • Hyundai Capital Services IR資料(2014年第一四半期) Hyundai Capital Services
    • Disclaimer These presentation materials have been prepared by Hyundai Capital Services., Inc. (“HCS or the Company”), solely for the use at this presentationThese presentation materials have been prepared by Hyundai Capital Services., Inc. (“HCS or the Company”), solely for the use at this presentation and have not been independently verified. No representations or warranties, express or implied, are made as to, and no reliance should be placed on, the accuracy, fairness or completeness of the information presented or contained in this presentation. Neither the Companies nor any of theirs affiliates, advisers or representatives accepts any responsibility whatsoever for any loss or damage arising from any information presented or contained in this presentation. The information presented or contained in this presentation is current as of the date hereof and is subject to change without notice and its accuracy is not guaranteed. Neither the Companies nor any of their affiliates, advisers or representatives make any undertaking to update any such information subsequent to the date hereof. This presentation should not be construed as legal, tax, investment or other advice. Certain information and statements made in this presentation contain “forward-looking statements.” Such forward-looking statements can be identified by the use of forward-looking terminology such as “anticipate,”“believe,”“considering,”“depends,”“estimate,”“expect,”“intend,”“plan,” “planning,”“planned,” “project,” “trend,” and similar expressions. All forward-looking statements are the Companies’ current expectation of future events and are subject to a number of factors that could cause actual results to differ materially from those described in the forward-looking statements. Caution should be taken with respect to such statements and you should not place undue reliance on any such forward-looking statements. Certain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Companies have not verified such dataCertain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Companies have not verified such data with independent sources. Accordingly, the Companies make no representations as to the accuracy or completeness of that data, and such data involves risks and uncertainties and is subject to change based on various factors. This presentation does not constitute an offer or invitation to purchase or subscribe for any shares or other securities of the Companies and neither any part of this presentation nor any information or statement contained therein shall form the basis of or be relied upon in connection with any contract or commitment whatsoever. Any decision to purchase shares in any offering of shares of the Companies should be made solely on the basis of the information contained in the offering document which may be published or distributed in due course in connection with any offering of shares of the Companies, if any. The contents of this presentation may not be reproduced, redistributed or passed on, directly or indirectly, to any other person or published, in whole or in part, for any purpose.
    • 堅実なグローバル営業基盤 優秀な経営DNA 持分構持分構持分構持分構造造造造及及及及びびびび現現現現代代代代キャピタキャピタキャピタキャピタルの強みルの強みルの強みルの強み • 国内市場で絶対的な位置づけにある現代自動車グループのキャプティブ金融会社という構造的優位性 56.5% 現代自動車とGEキャピタルの10年にわたるジョイントベンチャー 43.3% 3 • 国内市場で絶対的な位置づけにある現代自動車グループのキャプティブ金融会社という構造的優位性 • サクセスフルなジョイントベンチャー構造基盤の安定した実績 • GEキャピタルから受け継ぎ体得した経営ノウハウ • 組織に溶け込んだ独特な企業文化 • グループ内の金融4社間の経営シナジー効果(カード、キャピタル、コマーシャル、ライフ)
    • 韓韓韓韓国にお国にお国にお国におけるけるけるける消消消消費者金融費者金融費者金融費者金融のののの特徴特徴特徴特徴 保守的な新車金融の構造 優れたクレジットインフラストラクチャー • 韓国の金融会社情報が豊富 (銀行、クレジットカード会社、割賦金融会社、保険など) • 広範囲な情報収集(不良+優良)や⻑期の時系列分析 70% 30% 新車買入価格 平均の中古車価格 前受金 厳しい規制 • 広範囲な情報収集(不良+優良)や⻑期の時系列分析 • 収集情報の例示 – 顧客情報(職業、所得) – 口座情報(ローン、クレジットカードの開設と限度) – ローン情報(返済、クレジットカード利用内訳) – 延滞情報(金額、返済日程) • 金融監督院内の別途組織が与信専門金融会社を 4 70% 50% 取扱い 3年後 • 金融監督院内の別途組織が与信専門金融会社を 監督・調査 • 調整自己資本比率、レバレッジ、関連業務の割 合、 LTV、NPL比率など主な経営指標を監督(四 半期別) • 情報セキュリティー、顧客保護、CS関連を常に 監督 • 定期(3年毎)及び随時に経営実態調査
    • 現現現現代代代代キャピタキャピタキャピタキャピタルのマーケットにおける位置づけルのマーケットにおける位置づけルのマーケットにおける位置づけルのマーケットにおける位置づけ • 産業全体の資産:KRW 48 Tn 産業における優位の位置づけ 現代キャピタルの先導的な位置づけ • 業界最高の信用格付け及び業界唯一の海外債権の 発行会社 優秀な収益性 • 産業全体の営業利益:KRW 795 Bn • 優秀な収益性(2013年末基準) – ROA:1.9% Vs. 産業平均1.2% – ROE:12.1% Vs. 産業平均8.3% • 優秀な資産健全性(13年末基準) – 30日以上の延滞率:2.4% Vs. 産業平均3.1% 業界の主要機関の信用格付け比較 そそそその他の他の他の他 33% BBBB 9%9%9%9% AAAA 11%11%11%11% HCSHCSHCSHCS 47%47%47%47% 5 Source: Financial Statistics Information System, 2013年末、割賦金融会社基準 AA+ AA- A+ A+ HCS A B C そそそその他の他の他の他 29292929%%%% BBBB 6%6%6%6% AAAA 10%10%10%10% HCSHCSHCSHCS 55%55%55%55%
    • マクロ経済の指標マクロ経済の指標マクロ経済の指標マクロ経済の指標 GDP伸び率及び失業率 2010 2011 2012 2013 1Q14 2014(e) GDP伸び率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% 3.9% 4.0% 失業率 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% 3.5%* 3.2% 出典:韓国銀行 * 季節調整失業率 失業率 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% 3.5%* 3.2% マクロ指標と新車販売:「正」の関係 マクロ指標と延滞率:「負」の関係 20% 30%8% GDP 성장률 (좌) 신차판매 성장률 (우)GDP伸び率(左) 新車販売伸び率(右) 3%8% GDP 성장률 (좌) HCS 연체율 (우)GDP伸び率(左) HCS延滞率(右) 6 -10% 0% 10% 0% 4% '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 1% 2% 0% 4% '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13
    • 国国国国内内内内のののの新車新車新車新車販売市販売市販売市販売市場及び場及び場及び場及び現現現現代代代代自動車グルー自動車グルー自動車グルー自動車グループのプのプのプの市市市市場場場場におけにおけにおけにおける位置づける位置づける位置づける位置づけ 현대차 기아차 기타 수입차 HMG M/S現代自動車 起亜自動車 その他 輸入車 新車販売市場は飽和状態であるが、HMGの市場での位置づけは引き続き確固たるもの (単位:千台) 413 485 493 482 313 322 267 279 321 297 261 285 41 53 62 61 91 105 131 156 1,205 1,273 1,216 1,455 1,556 1,580 1,542 1,540 71% 71% 73% 77% 74% 75% 75% 71% 73% 70% 7 Source: KAMA 581 625 571 703 660 684 668 640 271 272 316 413 485 493 482 458 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 154 161 109 108 61 6935 44 359 382 1Q13 1Q14
    • 資産資産資産資産 その他 資産の商品別の構成 • 資産総額:20.3兆ウォン(約USD19.0 Bn) 新車51.5% 中古車 7.4% Pローン 10.1% モーゲージ 8.8% その他 2.5% • オート関連商品中心の資産構成 • 商品別の主な特徴 商品품 主な特徴 新車 キャプティブ事業 オートリース 8 オートリー ス19.7% 中古車 100%担保設定 Pローン X-selling中心の営業 モーゲージ 残価保険を通じたリスクヘッ ジ
    • 損益計算書損益計算書損益計算書損益計算書 2012 2013 1Q 13 1Q 14 YoY 営業収益営業収益営業収益営業収益 3,542 3,222 921 789 -14.3% (単位:十億ウォン) • 営業収益の減少 – 新車取扱い手数料の廃止効果が続く (外為効果除く) 3,071 2,921 722722722722 683683683683 ----5.4%5.4%5.4%5.4% 営業費用営業費用営業費用営業費用 2,947 2,787 802 711 -11.3% (外為効果除く) 2,477 2,487 603603603603 606606606606 0.4%0.4%0.4%0.4% 利息費用 895 801 204 195 -4.5% 貸倒れ償却費 377 453 101 119 17.9% 営業利益営業利益営業利益営業利益 595595595595 435435435435 119119119119 77777777 ----34.8%34.8%34.8%34.8% – 新車取扱い手数料の廃止効果が続く – PローンTM中止(全金融会社共通、 1ヶ月) • 営業費用は前年水準を維持 – 低金利調達で利息費用が減少 – 貸倒れ償却費の増加により相殺 • 一過性の営業外効果 9 営業外利益 -5 89 89 -22 -124.7% 短期純利益短期純利益短期純利益短期純利益 437437437437 391391391391 153153153153 31313131 ----79.7%79.7%79.7%79.7% ROA 2.2% 1.9% 3.0% 0.6% -2.4% ROE 14.8% 12.1% 19.7% 3.7% -16.0% • 一過性の営業外効果 – 1Q 13: 社屋売却利益 (KRW85Bn) – 1Q 14: HK貯蓄銀行評価損失(KRW28Bn) – 一過性効果を除く場合の収益性 : ROA 1.2%, ROE 7.1%
    • 資産健全資産健全資産健全資産健全性性性性及及及及びびびび引当金引当金引当金引当金 買入れNPLを除く 買入れNPLを含む 30日以上の延滞率 引当金(単位:十億ウォン) 충당금 대손준비금 30+ 연체율 Coverage貸倒準備金 30+延滞率カバレッジ引当金 1.6% 2.0% 2.3% 2.4% 2.6% 2.5% 2.7% 2.8% • 資産減少による分⺟効果 - 1ヶ月TM中断、現在は正常営業中 265 280 326 326 474 610 665 763 779 158% 151% 145% 154% 150% 10 '10 '11 '12 '13 1Q14 - 1ヶ月TM中断、現在は正常営業中 • 輸入車リース:延滞率増加及び資産減少 - 2月から事業撤退 345 385 437 453 265 '10 '11 '12 '13 1Q14
    • リスリスリスリスククククマネージメントマネージメントマネージメントマネージメントの主な特徴の主な特徴の主な特徴の主な特徴 • リスクに係る主な意思決定 • Business Cycleに合った体系的な対応 多層リスクマネージメントのフレームワーク Governance Strategy Infrastructure リスクに係る主な意思決定 • リスク許容限度の統制や変更 • システム • 分析モデル Business Cycleに合った体系的な対応 • Profit & Risk Optimization • 新規事業成⻑エンジンの支援 • リスクの主なインデックスのモニタリング • リスクモデル、スコアの整合性を検証 i.e. – RCC (Risk Control Committee) – NPI (New Product Introduce) – CRP (Credit Review Point) i.e. – DTIR (Debt To Income Ratio) – Cha-Cha (Champion-Challenger) テスト – 回収チャネルの最適化 11 Monitoring Infrastructure• 分析モデル • 対内外クレジット情報 • リスクモデル、スコアの整合性を検証 • オペレーションリスクの最小化 i.e. – MEL (満期損失) – Economic Capital – Anti-Fraudシステム – 回収Scoringシステム i.e. – PQR (Portfolio Quality Review) – RAM (Risk Appetite Monitoring) – ストレステスト – Contingency Plan
    • 借入れ借入れ借入れ借入れ 借入れの商品別の構成 銀行 ローン ABS 64.3% KRW 借入れの通貨別の構成 ウォン建 て債権 49.8%外貨建 て債権 28.3% CP 1.4% ローン 8.1% ABS 12.4% 1.4% 3.3% 3.6% 4.6% 22.8% MYR AUD JPY CHF USD 12 • 借入れ総額:18.1兆ウォン • 商品ポートフォリオガイドライン:ABS 20%, CP 10% • ALM比率:143% • ⻑期借入れ割合:73.3% • 2014年第一四半期の主な海外調達 – 144A/RegS 債権:5億ドル、3年FRN
    • 資本資本資本資本 資本(単位: 十億ウォン) 調整自己資本比率/レバレッジ 2,261 2,658 3,031 3,235 3,274 13.7% 13.0% 14.5% 15.1% 15.5% 規制:7%以上 規制:8倍以内(2012年施行) 13 '10 '11 '12 '13 1Q 14 9.3 x 8.3 x 7.2 x 6.6 x 7.0 x '10 '11 '12 '13 1Q 14 * 別途財務諸表基準
    • 流動性(単位:十億ウォン) 流流流流動性及びコンティンジェンシー動性及びコンティンジェンシー動性及びコンティンジェンシー動性及びコンティンジェンシー コンティンジョンシーフレームワーク リスク感知 • 主な市場指標デイリーモニタリング (Early Warning System) Credit-line現金 단기차입 Coverage 비율*短期借入れカバレッジ比率 * Stress Test 流動性管理 意思決定機関 普段 • FC (Funding Committee) • ALCO (Asset Liability Committee) • EFC (Executive Finance Committee) • 短期1ヶ月 ⻑期12ヶ月 2,511 2,480 2,345 2,3502,365 3,808 3,580 3,649 4,102 39.1% 63.5% 69.2% 73.7% 84.8% 14 • 短期借入れカバレッジ比率 = (現金+未使用committed credit line)/ 1年以内返済借入金 リスク時 対応 • コンティンジェンシー調達 • Asset slow down(営業) • Crisis communication • コンティンジェンシーモニタリング • ⻑期12ヶ月 1,027 1,297 1,100 1,304 1,752 1,338 '10 '11 '12 '13 1Q14
    • 信用格信用格信用格信用格付け付け付け付け 現代キャピタルグローバル信用格付け 格付けの根拠 • 企業の優秀なクレジットプロファイル 格付け機関 信用格付け 特徴 • 企業の優秀なクレジットプロファイル – 現代/起亜自動車のキャプティブ金融会社 として絶対的な市場での位置づけ – 優秀な実績維持及び強いファンダメンタ ル – 流動性及び資本構造の優秀性 • 強い株主の支援能力及び意志 S&P BBB+ (P) HMCと同じMoody’s Baa1 (S) Fitch BBB+ (S) 15 • 強い株主の支援能力及び意志 - 右肩上がりの現代自動車の実績 - 従来の支援から分かる株主の強い支援意 志 JCR A+ (S) 国の格付けと同じ RAM AAA 最高レベル
    • 諮問法人/事務所 金融会社 海外事業海外事業海外事業海外事業 現代自動車グループのキャプティブ金融会社の現状 諮問法人/事務所 USAUSAUSAUSA BrazilBrazilBrazilBrazil AustraliaAustraliaAustraliaAustralia ChinaChinaChinaChina RussiaRussiaRussiaRussia IndiaIndiaIndiaIndia GermanyGermanyGermanyGermany UKUKUKUK KoreaKoreaKoreaKorea Canada (e)Canada (e)Canada (e)Canada (e) 16 Hyundai Capital UKHyundai Capital UKHyundai Capital UKHyundai Capital UK 2012 GBP 693Mn (USD 950Mn) HCS 30%, Santander UK 50%, HMUK 10%, KMUK 10% 自動車金融(新車,中古車)在庫金融 設立年度: 金融資産の規模*: 株主の構成: 商品: Beijing Hyundai Auto FinanceBeijing Hyundai Auto FinanceBeijing Hyundai Auto FinanceBeijing Hyundai Auto Finance 2012 RMB 4,011Mn (USD 643Mn) HCS 46%, BAI 33%, BHMC 14%, HMC 7% 自動車金融(新車) Hyundai Capital AmericaHyundai Capital AmericaHyundai Capital AmericaHyundai Capital America 1989 USD 21.5Bn HMA 80%, KMA 20% 自動車金融(新車、中古車)在庫金融、VSC *2013年末基準
    • 海海海海外外外外事事事事業業業業におけにおけにおけにおける現代キャピタルの役割る現代キャピタルの役割る現代キャピタルの役割る現代キャピタルの役割 主な活動 目的 経営人材の派遣 • HCSの金融専門性を活用 • 海外法人にCEO、CFO、CROなどトップマ ネージメントを派遣(HCA、HCUK and BHAF) 現状 経営ノウハウの拡大 • 海外法人経営支援を通じた事業 能力の強化 • BODなど意思決定会議に参加 • Global Performance Review及び諮問 (Sales、Profit、Funding、Riskなど) • 経営イシューについて常時ディスカッシ ョン Global Protocol 策定 • Global One Companyとしての DNAを移植 • Global Auto / Risk Forum実施 • グローバルに同じHR/企業文化制度を運営 (Global Career Market、例外なきコンプライア ンス) 17 ンス) 市場調査及び 法人設立 • ⻑期的な海外事業の基盤づくり • 2つの金融法人の設立を進行(Canada、 Germany) • 5つの諮問法人を運営中(Europe、Germany、 Brazil、Russia、India) 戦略的Global Partnership強化 • 地域別パートナーシップ強化を 通じた海外事業シナジーの創出 • Santander, SocGen, BNP-Paribasなど 主な金融会社と提携
    • 投投投投資資資資ハイライトハイライトハイライトハイライト • 現代キャピタルのバリュープロポジション – 現代/起亜自動車の国内のキャプティブ金融会社及び海外事業における中核の役割 – 現代自動車とGEキャピタルのサクセスフルなJV構造基盤の絶対的な市場での位置づけ • 2014年第一四半期の主な実績 – 金融資産 :20.3兆ウォン – 営業利益 :775億ウォン – 現代自動車とGEキャピタルのサクセスフルなJV構造基盤の絶対的な市場での位置づけ – 安定かつ堅実なファンダメンタル – 持続的な変化を可能とする独特な企業文化 18 – 営業利益 :775億ウォン – 30+延滞率 :2.8% (買入れNPLを除く2.6%) – レバレッジ :7.0倍 – 信用格付け :S&P BBB+ (P) / Moody’s Baa1 (S) / Fitch BBB+ (S)
    • 連絡先連絡先連絡先連絡先 19 IRホームページ: http://ir.hyundaicapital.com IR代表Eメール: irhcs@hyundaicapital.com