2013 hcc jp

334 views
225 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
334
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
15
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013 hcc jp

  1. 1. Hyundai CardHyundai Card is... Investor Presentation Hyundai Card 2013
  2. 2. Disclaimer These presentation materials have been prepared by Hyundai Card Co., Ltd. (“HCC or the Company”), solely for the use at this presentation and have not been independently verified. No representations or warranties, express or implied, are made as to, and no reliance should be placed on, the accuracy, fairness or completeness of the information presented or contained in this presentation. Neither the Company nor any of its affiliates, advisers or representatives accepts any responsibility whatsoever for any loss or damage arising from any information presented or contained in this presentation. The information presented or contained in this presentation is current as of the date hereof and is subject to change without notice and its accuracy is not guaranteed. Neither the Company nor any of its affiliates, advisers or representatives make any undertaking to update any such information subsequent to the date hereof. This presentation should not be construed as legal, tax, investment or other advice. Certain information and statements made in this presentation contain “forward-looking statements.” Such forward-looking statements can be identified by the use of forward-looking terminology such as “anticipate,” “believe,” “considering,” “depends,” “estimate,” “expect,” “intend,” “plan,” “planning,” “planned,” “project,” “trend,” and similar expressions. All forward-looking statements are the Company’s current expectation of future events and are subject to a number of factors that could cause actual results to differ materially from those described in the forward-looking statements. Caution should be taken with respect to such statements and you should not place undue reliance on any such forward-looking statements. Certain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Company’s have not verified such data with independent sources. Accordingly, the Company’s make no representations as to the accuracy or completeness of that data, and such data involves risks and uncertainties and is subject to change based on various factors. This presentation does not constitute an offer or invitation to purchase or subscribe for any shares or other securities of the Company’s and neither any part of this presentation nor any information or statement contained therein shall form the basis of or be relied upon in connection with any contract or commitment whatsoever. Any decision to purchase shares in any offering of shares of the Company’s should be made solely on the basis of the information contained in the offering document which may be published or distributed in due course in connection with any offering of shares of the Company’s, if any. The contents of this presentation may not be reproduced, redistributed or passed on, directly or indirectly, to any other person or published, in whole or in part, for any purpose.
  3. 3. • Solid profitability : 2013年の年間営業利益2,199億、ROA1.7%達成 • Effective marketing : 差別化を図ったマーケティング戦略で利用効率アップ 1 Key Highlights 2013 • Effective marketing : 差別化を図ったマーケティング戦略で利用効率アップ (業界最高水準の一人当たり使用金額:80万ウォンレベル) • Excellent asset quality : 30日以上の延滞率0.8% • Sound capital structure : レバレッジ4.9倍、資本適正性19.4% • Strong liquidity : 短期借入金カバレッジ87.5% • Chapter 2 turn the page : MやXカードに代表される商品システムのシンプル化
  4. 4. - 戦略的な“Point Program” - 安定した営業基盤を提供 - 全国の営業ネットワークを活用 Shareholder Financial & Operational Support 二大株主との関係 GE Capitalの財務支援 2 2013201320132013 - 2013年末基準で投資総額:約6,161億ウォン - GE Capital有償増資参画:1,653億ウォン - 2006年~2008年 BW転換イベント (追加の持分を確保) - GE Capital 2億ドル新規Credit line提供 54.0% - 全国の営業ネットワークを活用 - 有効なMarketing tool - 強いブランドパワー - 最も成功したJoint Venture - 韓国内で唯一の消費者金融事業チャネル 2010201020102010 2008200820082008 2006200620062006 - GE Capital、現代カードに 3,130億ウォンを 投資して持分43%を確保 - GE CapitalとJVを設立 43.3% - 先進のリスク管理手法を提供 - 強力な財務支援 - 直接の経営参画 2005200520052005 - GE Capital2,000億ウォン後順位債の買収
  5. 5. 3 経済成長率&失業率 2010 2011 2012 2013 GDP成長率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% Resilient GDP Growth and Increasing Credit Card Usage Key Highlights GDPGDPGDPGDP成長率成長率成長率成長率2222年年年年連連連連続続続続2%2%2%2%台で低成長台で低成長台で低成長台で低成長続く続く続く続く - 政府の支出拡大にもかかわらず、緩やかな回復 Source: 韓国銀行 GDP成長率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% 失業率(年平均) 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% クレジットカード利用額* & 対民間消費比の利用率 クレジットカード利用額* (兆ウォ ン) クレジットカード利用額/民間消費支出 451.2 56.8% 59.6% 66.3% 61.0% クレジットカークレジットカークレジットカークレジットカードドドド取取取取扱高の成長ぶりも停滞扱高の成長ぶりも停滞扱高の成長ぶりも停滞扱高の成長ぶりも停滞 - 成熟市場や規制などでクレジットカードマーケットの成長も停滞 政府政府政府政府のののの景景景景気テコ入れ策、気テコ入れ策、気テコ入れ策、気テコ入れ策、GDPGDPGDPGDP持続成長の見通し持続成長の見通し持続成長の見通し持続成長の見通し - 円安、家計負債問題を継続してモニタリング * キャッシュサービスや企業購買専用カードは除く Source: 与信専門金融業協会 350.7 390.2 451.2 405.0 2010 2011 2012 3Q13 - 円安、家計負債問題を継続してモニタリング クレジットカード会社への規制対応クレジットカード会社への規制対応クレジットカード会社への規制対応クレジットカード会社への規制対応 - 商品・チャネルの効率化などで影響力の最小化に努める
  6. 6. 4 資産ポートフォリオ Balanced-risk Asset Portfolio and Consistent Market Share カードロー その他0.6% Key Highlights及び戦略 信用販売中心の資産構成で収益性・安定性バランス 一括払い 42.8% 分割払い 21.5%현금서비스 8.5% カードロー ン26.6% マーケットシェア • 資産残高:9兆9,474億ウォン • 信用販売の割合:64.3% 전체 취급액(신용판매*+ 금융)신용판매*信用販売* 規模の成長は止揚したためM/Sは小幅減少 - Cherry Pickingカスタマーへの特典を縮小 - Loyaltyの高いカスタマーへの特典を強化 ロイヤルカスタマー中心の取扱高拡大により質の成長を図る 全体の取扱高(信用販売**金融)전체 취급액 신용판매 금융신용판매 * 個人の取扱高を基準 Source: 金融情報統計システム 15.7% 15.5% 15.5% 14.9% 14.1% 14.3% 14.5% 13.9% 2010 2011 2012 9M13 - 商品・サービス/カードPlateシステムを組み替え、 カードポートフォリオの選択と集中 健全性を損わずに金融商品を拡大
  7. 7. 5 2010 2011 2012 2013 YoY 営業収益* 22,603 23,696 24,598 25,030 1.8% 営業費用* 18,895 20,454 22,227 22,831 2.7% 損益計算書(単位:億ウォン) Good Profitability, albeit Slow Economy Key Highlights及び戦略 営業収益増加も伸び悩み - 信販収益の減少:MDR引き下げなど規制の影響 営業費用* 18,895 20,454 22,227 22,831 2.7% 貸倒れ償却費 1,847 2,001 2,030 2,477 22.1% 営業利益 3,708 3,236 2,372 2,199 -7.3% 当期純利益 2,781 2,386 1,943 1,632 -16.0% * 外為効果は除く ROA ROA - 金融収益の増加:CLやリボルビング収益が増加 営業費用の増加 - 規制の影響やマクロ経済の悪化により貸倒れ費用 などが増加 - サービス縮小などでコスト効率化に努める 3.5% 2.6% 2.0% 1.7% 2010 2011 2012 2013 ROA 収益性アップ及びTurnaround基盤づくり - 商品ポートフォリオの改編 - ポイントコスト削減などサービス縮小によるコスト構造 の改善
  8. 8. 6 Excellent Asset Quality and Conservative Reserve Policy 30日以上の延滞率(%) 0.4% 0.6% 0.7% 0.8% Key Highlights ‘12年比で延滞率が増加、’13年第一四半期から安定化 - 景気低迷や家計負債の懸念などマクロの影響 2010 2011 2012 2013 2010 2011 2012 2013 引当金積立 (単位:億ウォン) - リスク資産に対する審査基準の強化により延滞率の 増加傾向も伸び止まり 引当金積立額の増加(金融監督院の要積立比で100% 以上) 2010 2011 2012 2013 実際の積立額 1886 3,779 5,437 5,939 要積立coverage 128% 199% 157% 144% 対資産比の積立率 2.1% 4.0% 5.5% 5.7% * 貸倒引当金 + 貸倒準備金 ** (貸倒引当金+ 貸倒準備金) / 要積立額 審査基準の強化の流れを維持するとともにCollection 強化で資産健全性の改善を図る
  9. 9. 7 Leverage and Capital Adequacy Soundly Managed 6.0x 5.4x 5.1x 4.9x レバレッジ (単位:億ウォン) 総資産/総資本金総資本 レバレッジ規制<6X Key Highlights及び戦略 利益の内部留保によるレバレッジ減少 17,371 20,082 21,974 23,670 5.4x 5.1x 4.9x 2010 2011 2012 2013 資本適正性 利益の内部留保によるレバレッジ減少 資本適正性 2010 2011 2012 2013 調整自己資本比率 18.7% 19.6% 18.7% 19.4% * 金融監督院ガイドライン:8% 金融監督院ガイドラインであるレバレッジ6倍の 範囲内で配当政策を維持
  10. 10. 8 Funding Portfolio by Product ABS Well Diversified, Stable Funding Portfolio Key Highlights及び戦略 市場状況に合わせた戦略的ファンディング - 長・短期金利差を縮小し長期割合を増やす Bonds 86.7% Loans 2.9% 10.3% - 長・短期金利差を縮小し長期割合を増やす - 低金利基調を活用したBond割合を増やす • 借入金残高:7兆2,429億 • 長期借入金の割合:74.0% ABS割合は20%以内、CP割合10%以内に保つ ポートフォリオをつくる
  11. 11. 15,837 15,143 16,455 9 Strong Liquidity Position and Well-Spread Debt Maturity 36.7% 79.0% 65.5% 87.5% Credit Line現金 短期借入金 Coverage Ratio* 流動性の現状 (単位:億ウォン) Key Highlights及び戦略 現金の保有増加でLiquidity Position強化 6,500 7,430 6,900 7,800 4,978 8,407 8,242 8,655 11,478 15,837 15,143 16,455 2010 2011 2012 2013 * 短期借入金 Coverage Ratio = (現金 + 未使用credit line)/ 1年以下満期到来の借入金残高 借入金の満期 (短期:億ウォン) 現金の保有増加でLiquidity Position強化 ALM基盤のファンディングで1年以内の満期到来26% 11,109 7,700 19,330 14,500 10,680 9,110 15.3% 10.6% 26.7% 20.0% 14.7% 12.6% 1H14 2H14 2015 2016 2017 2018~ 借入金の満期 (短期:億ウォン) 負債満期 > 資産満期 : ALM 140%以上を維持 短期借入金カバレッジ60%以上を維持
  12. 12. Appendix
  13. 13. 10 The Premier Korean Credit Card Company • 業界最高のブランドパワー • 優秀な資産健全性や会員の高いロイヤルティー - 30日以上の延滞率:0.8%- 30日以上の延滞率:0.8% - 業界最高の一人当たり使用額:80万ウォン水準 • 科学的で差別化したマーケティング力 - 現代自動車グループとの戦略的ポイントプログラム - Super premium市場におけるLeadership Position • 現代自動車グループとGE CapitalのサクセスフルなPartnership - 透明な支配構造:Committee中心の意思決定の仕組み- 透明な支配構造:Committee中心の意思決定の仕組み - GE Capitalの優れたビジネスノウハウの共有や人材交流 • 優秀なファンダメンタルに基づき高い信用格付けを維持 - 海外信用格付け : Fitch (BBB) / S&P (BBB) - 国内信用格付け : AA+
  14. 14. 11 Committed to Transparent Corporate Governance Board of DirectorsBoard of DirectorsBoard of DirectorsBoard of Directors • HMC側5名、GECC側4名、 社外理事3名で構成社外理事3名で構成 •GECC has veto rights Risk Control CommitteeRisk Control CommitteeRisk Control CommitteeRisk Control Committee • 構成員:HMC側5名、GECC側5名 • 毎月開催 • Function - リスク政策の策定・施行 Executive Finance CommitteeExecutive Finance CommitteeExecutive Finance CommitteeExecutive Finance Committee • 構成員:HMC側4名、GECC側3名 • 毎月開催 • Function - 事業/資金計画の策定、費用執行の Compliance Review BoardCompliance Review BoardCompliance Review BoardCompliance Review Board • 構成員:HMC側9名、GECC側7名 • 四半期ごとに開催 • Function -コンプライアンス戦略と計画の策定や実施- リスク政策の策定・施行 - 事業/資金計画の策定、費用執行の 承認 -コンプライアンス戦略と計画の策定や実施 • 役員陣:副社長、財務担当、リスク担当、マーケティング担当、会計担当及びController • 実務陣:GE所属の役職員が実務に参画 • BPS(Best Practice Sharing)によって様々な分野のノウハウを共有 GE 経営参画
  15. 15. 12 Business Area Features Product Overview & Market Share マーケットシェア 전체 취급액(신용판매*+ 금융) 신용판매*信用販売* 全体取扱高(信用販売*+金融) 信用販売 一括払い • 信用供与期間後に 買入れ金額の一括返済 分割払い • 買入れ金額の分割返済 • 分割期間2~12ヶ月 カードローン • カードユーザ向け無保証ローン • ローンのための別途の審査過程 11.8% 12.8% 13.8% 15.7% 15.7% 15.5% 15.5% 14.9% 10.1% 11.2% 13.1% 14.1% 14.3% 14.5% 13.9% 金融 サービス カードローン • ローンのための別途の審査過程 • 3~36ヶ月の返済期間 キャッシュ サービス • 会員の信用度によって差別化した キャッシュ限度を付与 • 一括返済または分割(リボ払い)返済 * 個人取扱高が基準 Source: 金融情報統計システム 8.8% 10.1% 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 3Q13
  16. 16. 13 One of Korea’s Most Well Recognized & Respected Brands Strong Brand Drives Higher Customer Loyalty Innovative Branding Activities Strategy: InnovativeInnovativeInnovativeInnovative ExperienceExperienceExperienceExperience -デザインライブラリー - 多様なカルチャープロジェクト - マイタクシー - スーパーシリーズ開催 EmotionalEmotionalEmotionalEmotional CommunicationCommunicationCommunicationCommunication • デザイン専門図書館である 現代カードデザインライブラリ ーをオープン InnovativeInnovativeInnovativeInnovative ExperienceExperienceExperienceExperience ClassicClassicClassicClassic DynamicDynamicDynamicDynamic • 定期的にスーパーコンサート を開催 *88.1% (Source: TNS RI Research 2011) • 起亜自動車と共同開発したコン セプトカー「マイタクシー」を披露 • 現代カードカルチャープロジェ クトを開催 Result: - 独創的でトレンディーな現代カードならではのブランド イメージアップと、これによる顧客認知度*の向上 - 高い顧客ロイヤリティ:業界最高の一人当たり使用金額
  17. 17. 14 Chapter 2 : For the Next New 10 years Two Track Brand Portfolio Two Key Benefit Point • シンプルなカード選択 - 商品システムのシンプル化 Cash Back - 商品システムのシンプル化 - ポイントの積立てに集中 • 積立ての差別化 - M1~M3シリーズを通じた使用金額による カード選び • キャッシュバックによる割引Cash Back • キャッシュバックによる割引 - 全ての加盟店で基本キャッシュバック • キャッシュバックの差別化 - X1とX2を通じた使用金額によるカード選び
  18. 18. Key Indicators (Unit : KRW Bn, %) 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 Market Share 個人信販 11.8% 12.8% 13.8% 15.7% 15.7% 15.5% 15.5% 14.5% 個人信販 + 金融 8.8% 10.1% 11.2% 13.1% 14.1% 14.3% 14.5% 13.8% Total 3,508 4,507 5,616 7,136 9,186 9,563 9,898 9,947 信販 77.6% 74.1% 72.9% 74.3% 65.7% 68.1% 66.7% 64.3% 15 資産の構成 信販 77.6% 74.1% 72.9% 74.3% 65.7% 68.1% 66.7% 64.3% 金融 19.8% 25.8% 27.1% 25.7% 34.3% 31.7% 32.9% 35.1% 対償還/信用回復 2.6% 0.1% 0.0% 0.0% 0.1% 0.2% 0.4% 0.6% 収益性 営業利益 111 73 258 286 371 324 237 220 資産健全性 30日以上延滞率 2.2% 0.4% 0.7% 0.3% 0.4% 0.6% 0.7% 0.8% 貸倒れ引当金 158 104 135 142 189 174 181 205 実際積立額* 158 104 135 142 189 378 544 594 資本& レバレッジ 調整自己資本比率 31.3% 28.4% 23.6% 22.5% 18.7% 19.6% 18.7% 19.4% 資産レバレッジ 4.1X 4.1X 4.6X 4.9X 6.0X 5.4X 5.1X 4.9X Total 2,199 2,933 3,980 5,165 7,197 7,068 7,073 7,243 借入金の構成 Total 2,199 2,933 3,980 5,165 7,197 7,068 7,073 7,243 社債 68.5% 66.8% 64.6% 72.8% 73.6% 85.3% 80.4% 86.7% 一般 6.3% 4.7% 3.0% 2.0% 10.1% 1.4% 1.0% 2.9% CP 9.3% 14.8% 14.1% 11.0% 9.1% 6.9% 4.9% - ABS 15.9% 13.6% 18.3% 14.1% 7.2% 6.3% 12.7% 10.3% 流動性 キャッシュ 143 149 360 391 650 743 690 780 Credit Line - 150 120 20 498 841 824 866 S-T Debt coverage 13.1% 27.3% 32.7% 18.6% 36.7% 79.0% 65.5% 87.5% * 貸倒準備金を含む
  19. 19. Good Profitability, albeit Slow Economy 2008 2009 2010 2011 2012 2013 YoY KKKK----IFRSIFRSIFRSIFRSKKKK----GAAPGAAPGAAPGAAP 損益計算書 (単位:億ウォン) 16 営業収益 15,943 18,408 23,369 24,083 25,256 25,275 0.1% (外為効果を除く) 14,438 17,948 22,603 23,696 24,598 25,030 1.8% 営業費用 13,365 15,546 19,660 20,841 22,924 23,076 0.7% (外為効果を除く) 11,860 15,085 18,895 20,454 22,227 22,831 2.5% カード費用 5,056 7,299 8,631 9,239 10,437 10,282 -1.5% 利子費用 1,868 2,205 3,185 3,574 3,434 3,129 -8.9% 販売管理費 3,669 3,977 4,841 5,384 6,061 6,365 5.0% PPOP 3,574 4,409 5,696 5,248 4,402 4,687 6.5% 貸倒れ償却費 1,025 1,126 1,847 2,001 2,030 2,477 22.0% 未使用限度引当金汲み入れ -28 420 141 11 0 11 - 営業利益 2,578 2,863 3,708 3,236 2,372 2,199 -7.3% 税引き前の利益 2,715 2,945 3,708 3,236 2,364 2,188 -7.4% 当期純利益 2,022 2,128 2,781 2,386 1,943 1,632 -16.0% ROA 3.9% 3.5% 3.5% 2.6% 2.0% 1.7% ROE 16.7% 15.1% 17.6% 12.6% 9.2% 7.1%
  20. 20. Korean Credit Card Market Features • 保守的な利用 - カード本来の機能である信用販売を中心とした利用のため先進国に比べて低いリボ払いの割合 17 • 先進のインフラ - Credit Bureauシステムによるお客様の信用取引内訳を確認 - カード社独自のCredit Scoring Systemを開発して顧客信用評価力を向上 • 高いクレジットカード利用率 - 民間消費の全部門においてクレジットカードの利用が可能で、カード使用額は全体の民間消費のうち 約61%を占める約61%を占める • 厳しい政府規制 - カード発給基準の強化など、厳しい政府規制によるカード産業の健全性の向上
  21. 21. 18 Korea Credit Card Industry: Then & Now 資産の構成 資産健全性 (30日以上延滞率) 信用販売 金融サービス 資本適正性 規制や営業環境の変化: - 個人信用照会機関を設立 35.1% 65.2% 64.9% 34.8% 2003 3Q13 28.3% 2.0% 2003 3Q13 Source: 金融監督院 - 個人信用照会機関を設立 - クレジットカード新規発給基準を強化 - 調整自己資本比率8%以上を維持-5.5% 27.9% 2003 3Q13
  22. 22. Investor Relations Contacts キム・チョンサンチーム長 Phone 02 2167 7034 jungsang.kim@hyundaicard.com チェ・ソイェ課長 Phone 02 2167 7541 sychoi@hyundaicard.com イ・チョンヨプ代理 Phone 02 2167 8082 justin.j.lee@hyundaicard.com ムン・チェヨン代理 Phone 02 2167 5312 jaymoon@hyundaicapital.com http://ir.hyundaicard.com/ justin.j.lee@hyundaicard.com チャン・ヒョンヨン代理 Phone 02 2167 6955 Hyunyoung.jang@hyundaicard.com jaymoon@hyundaicapital.com

×