Your SlideShare is downloading. ×
0
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

勉強会カンファレンス2012

3,842

Published on

勉強会カンファレンス2012@楽天 …

勉強会カンファレンス2012@楽天
2012年9月22日(土)

0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,842
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 勉強会カンファレンス2012 勉強会の価値を日本に根づかせる 9/22/12 @楽天 楽天株式会社 技術理事 よしおかひろたか 1
  • 2. スケジュール• 13:30ころ ごあいさつ• 13:45ころ 支援する企業• 15:00ころ 休憩(記念写真)• 15:15ころ 社内勉強会• 17:00ころ ビアバッシュ(懇親会)• 18:30ころ お開き• 19:00 華麗に撤収• ご注意:館内は禁煙です。飲食は可能です が、ゴミはお持ち帰りください 2
  • 3. 本日の流れ• 各社のプレゼン – なぜ勉強会? – お悩み相談 – 失敗事例、成功事例の共有• グループに分かれてのディスカッション• 議論の共有 3
  • 4. 個別具体的なことを共有• それぞれの企業にはそれぞれの事情があ る – それを共有することによって、帰納的に共通 点を発見していく – パターン化(差分を発見するのは簡単だが、 共通点を発見するのは意外と難しい) – 再利用な形へ(言語化、形式知化) 4
  • 5. わたしの野望• 勉強会とかいっぱい開催される会社や社 会は楽しいに違いない• 豊かでいきいきとした社会を作る – 様々な勉強会がいっぱい開催される。 – 組織、個人、双方とってメリットのある関係の 構築 – 企業にとっての競争力 – プログラマにとって喜び – 幸せな個人と社会 5
  • 6. 勉強会:事例 勉強会の法則「開催のメリット > 開催のコスト」(よしおかの勉強会第一の法則) 6
  • 7. 勉強会をテコに• モチベーションアップ• 暗黙知の流通• 人との出会い(同じ会社であっても)• 組織の壁の破壊• 新しい技術知識などを得ることはむしろ副 次的な効果• 勉強会を通じて「技術の横串」をとおすコ ミュニティをつくる 7
  • 8. 勉強会の開催コスト• 会場の確保• 運営人員の確保• 告知• 参加者の募集• 社内手続き• 盛り上げ方、コミュニティの運営• 周囲の無理解、孤独感• 勉強会疲れ 8
  • 9. 日本で根付かせるために• ハッカー中心の企業文化の理解 – 民族誌的なアプローチ• 価値観の共有 – コミュニティ• 方法論 – 勉強会、ランチ、飲み会、カンファレンス、 …、(暗黙知) – 戦略、ガイドライン、ルール、組織、パ ターン、(形式知) 9
  • 10. 勉強会の隆盛 300件/月以上開催 IT勉強会カレンダーid:hanazukinと愉快な仲間達による人力作業によって編集公開されている。 10
  • 11. 勉強会カンファレンス• 勉強会勉強会主催 – https://groups.google.com/forum/?fromgroups=&hl=ja#!forum/metacon• 2009/6/9、日本オラクル – http://gihyo.jp/news/report/2009/06/0802• 2010/6/19、日本工学院 – http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20100620#p1• 2011/6/25、楽天 – https://sites.google.com/site/metacon2011/• 2012/9/22、楽天 – http://metacon.doorkeeper.jp/events/1716 11
  • 12. 勉強会を支援する企業勉強会・コミュニティのサポート制度・提供会場のあ る会社・団体まとめhttp://matome.naver.jp/odai/2134275516055111501IT勉強会の会場http://www.doorkeeper.jp/%E4%BC%9A%E5%A0%B4 12
  • 13. わたしの野望• 勉強会とかいっぱい開催される会社や社 会は楽しいに違いない• 豊かでいきいきとした社会を作る – 様々な勉強会がいっぱい開催される。 – 組織、個人、双方とってメリットのある関係の 構築 – 企業にとっての競争力 – プログラマにとって喜び – 幸せな個人と社会 13
  • 14. わたしの野望• 勉強会カンファレンスによって – ベストプラクティスや失敗事例が共有でき るとうれしい – 多くの学び、気づきを得たい – 組織を超えた仲間を発見したい – 明日からの仕事や生活に生かしたい 14
  • 15. 告知楽天テクノロジーカンファレンス2012日時:10月20日(土)、11時~19時場所:楽天タワーhttp://tech.rakuten.co.jp/rtc2012/今年の目玉「社内英語化」 15
  • 16. Enjoy 16
  • 17. http://tctechcrunch.files.wordpress.com/2011/06/talent_traffic.gif 17
  • 18. 技術者として• オープンイノベーションの時代 – 社外に価値の源泉を求めざるをえない – 会社に閉じこもっていてはいけない – コミュニティ的なノリ• 技術は会社のものではない、社会のもの だ – 社会をよくしていくという価値観 – コミュニティという道具 18
  • 19. • エンジニアとして、社会をよりよくしていき たい。• そのために、ハッカー中心の企業文化を日 本に根付かせたい• それが自分が幸せになる道だと思っている 。• 未知なるものにチャレンジしているか? 19

×