カーネル読書会の作り方
1000 speakers conference
       2/23/'08

   よしおかひろたか
ミラクル・リナックス株式会社
Kernel Code
 Reading
カーネル読書会
自己紹介
●   ミラクル・リナックス所属
●   横浜Linux Users Group
●   カーネル読書会
カーネル読書会ってなに?
●   きっかけ
●   やりたかったこと
●   やったこと
●   これからやりたいこと
    ●   よしおかの野望
きっかけ
●   1998年末にシリコンバレーから
    帰国。Linuxのカーネルを読みた
    かった。YLUGのメーリングリ
    ストでsystem callの実装につい
    て質問した。
技術者コミュニティ
●   シリコンバレー:技術者が闊達
    に会社や組織の壁を乗り越えて
    自由に議論している。
    ●   いろいろなSIG (Special Interest
        Group)
    ●   S...
やりたかったこと
●   ソフトウェアの仕組みについて日
    本語で議論したかった。
    ●   ソースコードを読みたかった。
        ●   Linuxは丁度いい題材。
    ●   オープンソースについて語りたかった。
やったこと
●   第一回:99年4月28日
    〜
    第84回:08年2月25日
●   歴史は下記を参照
http://www.ylug.jp/modules/pukiwiki/index.php?history
進化中
●   当初は、コードを読んでいた。
●   カーネルそのものの勉強もした。
●   いろいろな小ネタの披露の場にな
    った。
●   海外からも発表者がでてきた。
    ●   Andrew Morton, GregKH, D...
進化中
●   カーネル以外のネタ
    ●   mixiのスケーラビリティ(7/6/'06)
    ●   YARV(12/27/'07)
●   ビデオ配信
    ●   mallocの実装(9/22/'06) Google Vide...
あともう少しで100回だ
●   来年中(2009年)には…
●   来年はLinux Kernel Summitが東
    京であるらしい。
    ●   カーネル読書会BOFをやっちまうか
        ↑世界の名立たるカーネルハッカ...
インターネットの奇跡
●   カーネルを読みたいやつなんて
    いるかと思った。
●   それを肴に集まる奴なんている
    かと思った。
●   それを楽しむやつなんているか
    と思った。
インターネットの奇跡
●   いろいろな奴がいる。
●   インターネットのおかげで、君
    達と出会った。
●   楽しい。
これから
●   オープンソースのおかげで
    ●   Linux
    ●   Apach
    ●   MySQL/PostgreSQL
    ●   Perl/Python/PHP/Ruby/...
    ●   自由に議論で...
カーネル読書会のやりかた
●   誰か話してくれる人を見付ける
    ●   日頃いろいろな人にお願いしておく。
●   会場の目処をつける
    ●   安く使える候補をいくつか持っておく
    ●   最近はコミュニティ活動に理解を示...
カーネル読書会のやり方(2)
●   参加登録用ページを用意
    ●   宴会君 http://utage.org/enkai/
●   アナウンス
    ●   メーリングリスト (YLUG MLなど)
    ●   Webページ h...
カーネル読書会のやり方(3)
●   参加人数を確定する
    ●   懇親会(宴会)の準備のため
    ●   ドタキャン、飛び入り参加は絶対ある
        ので歩留まりを見ておく。〜15%位
カーネル読書会のやり方(4)
●   当日
    ●   自己紹介や小ネタ披露(Lightning
        Talks)
    ●   ビデオ撮影(YouTube/Google Video/
        ニコニコ動画(RC2))...
カーネル読書会のやり方(5)
●   メインのお話
    ●   60分位
    ●   (意識して)質問、ツッコミをがんが
        んする。
    ●   一方的なお話ではなく(意識して)イ
        ンタラクティブにする...
カーネル読書会のやり方(6)
●   質問奨励、ツッコミ奨励
    ●   することは素晴らしい事。
    ●   否定的な意見ではなく肯定的な意見を
        考えよう。
        ●   新しいアイデアは、できることよりでき...
カーネル読書会のやり方(7)
●   宴会
    ●   おつりのないように1000円とか、居
        酒屋でやる場合は飲み放題つけて
        4000円とか5000円とかにきっちりに
        する。
    ●   ...
カーネル読書会のやり方(8)
●   宴会
    ●   質問をいくら奨励しても、なかなか敷
        居が高い場合があるので、若干のアル
        コールの力を借りて、本音トークへ突
        入。
    ●   重要な...
カーネル読書会のやり方(9)
●   フォロー
    ●   会計報告、感想などをメーリングリス
        ト、ブログに投稿して次回へ繋げる。
    ●   毎回微妙に進化するのが楽しい。
    ●   次回のネタを考える。(2〜3...
カーネル読書会を続けるコツ
●   発表者、参加者がいなければ成
    り立たない。
    ●   参加者が発表者へ、発表者が参加者へ
        。
    ●   リピータ重要。
    ●   新規参加者重要。
    ●   常...
やりたかったこと
●   ハッカーになりたい。
●   コンピュータによって世界を変
    えたい。
●   そーゆー人達と出会いたかった
●   カーネル読書会出会い系説
●   Read the Code, he said.
ブログ
●   ユメのチカラ
    http://blog.miraclelinux.com/yume
●   未来のいつか/hyoshiokの日記
    http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

カーネル読書会の作り方 1000 speakers conference, 2/23/'08

1,970 views
1,927 views

Published on

カーネル読書会の作り方、1000 speakers conferenceでの発表

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,970
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

カーネル読書会の作り方 1000 speakers conference, 2/23/'08

  1. 1. カーネル読書会の作り方 1000 speakers conference 2/23/'08 よしおかひろたか ミラクル・リナックス株式会社
  2. 2. Kernel Code Reading カーネル読書会
  3. 3. 自己紹介 ● ミラクル・リナックス所属 ● 横浜Linux Users Group ● カーネル読書会
  4. 4. カーネル読書会ってなに? ● きっかけ ● やりたかったこと ● やったこと ● これからやりたいこと ● よしおかの野望
  5. 5. きっかけ ● 1998年末にシリコンバレーから 帰国。Linuxのカーネルを読みた かった。YLUGのメーリングリ ストでsystem callの実装につい て質問した。
  6. 6. 技術者コミュニティ ● シリコンバレー:技術者が闊達 に会社や組織の壁を乗り越えて 自由に議論している。 ● いろいろなSIG (Special Interest Group) ● Stanford大学のDB研究会。毎週金曜 日3時すぎ。 ● 日本でも、東京でも…
  7. 7. やりたかったこと ● ソフトウェアの仕組みについて日 本語で議論したかった。 ● ソースコードを読みたかった。 ● Linuxは丁度いい題材。 ● オープンソースについて語りたかった。
  8. 8. やったこと ● 第一回:99年4月28日 〜 第84回:08年2月25日 ● 歴史は下記を参照 http://www.ylug.jp/modules/pukiwiki/index.php?history
  9. 9. 進化中 ● 当初は、コードを読んでいた。 ● カーネルそのものの勉強もした。 ● いろいろな小ネタの披露の場にな った。 ● 海外からも発表者がでてきた。 ● Andrew Morton, GregKH, Dan Aloni,
  10. 10. 進化中 ● カーネル以外のネタ ● mixiのスケーラビリティ(7/6/'06) ● YARV(12/27/'07) ● ビデオ配信 ● mallocの実装(9/22/'06) Google Video ● SE-PostgreSQL(5/7/'07)ニコ動
  11. 11. あともう少しで100回だ ● 来年中(2009年)には… ● 来年はLinux Kernel Summitが東 京であるらしい。 ● カーネル読書会BOFをやっちまうか ↑世界の名立たるカーネルハッカーに デビューだ。
  12. 12. インターネットの奇跡 ● カーネルを読みたいやつなんて いるかと思った。 ● それを肴に集まる奴なんている かと思った。 ● それを楽しむやつなんているか と思った。
  13. 13. インターネットの奇跡 ● いろいろな奴がいる。 ● インターネットのおかげで、君 達と出会った。 ● 楽しい。
  14. 14. これから ● オープンソースのおかげで ● Linux ● Apach ● MySQL/PostgreSQL ● Perl/Python/PHP/Ruby/... ● 自由に議論できる。
  15. 15. カーネル読書会のやりかた ● 誰か話してくれる人を見付ける ● 日頃いろいろな人にお願いしておく。 ● 会場の目処をつける ● 安く使える候補をいくつか持っておく ● 最近はコミュニティ活動に理解を示す 企業も増えてきた。 ● 日程を調整する
  16. 16. カーネル読書会のやり方(2) ● 参加登録用ページを用意 ● 宴会君 http://utage.org/enkai/ ● アナウンス ● メーリングリスト (YLUG MLなど) ● Webページ http://ylug.jp/ ● ブログなど
  17. 17. カーネル読書会のやり方(3) ● 参加人数を確定する ● 懇親会(宴会)の準備のため ● ドタキャン、飛び入り参加は絶対ある ので歩留まりを見ておく。〜15%位
  18. 18. カーネル読書会のやり方(4) ● 当日 ● 自己紹介や小ネタ披露(Lightning Talks) ● ビデオ撮影(YouTube/Google Video/ ニコニコ動画(RC2)) ● インターネット中継 http://ustream.tv
  19. 19. カーネル読書会のやり方(5) ● メインのお話 ● 60分位 ● (意識して)質問、ツッコミをがんが んする。 ● 一方的なお話ではなく(意識して)イ ンタラクティブにする。 ● 困っていること、問題点を話してもら う
  20. 20. カーネル読書会のやり方(6) ● 質問奨励、ツッコミ奨励 ● することは素晴らしい事。 ● 否定的な意見ではなく肯定的な意見を 考えよう。 ● 新しいアイデアは、できることよりできないこ との方が多いのは当り前。できないことを探す のではなく、できることをみんなでよってたか って考える。
  21. 21. カーネル読書会のやり方(7) ● 宴会 ● おつりのないように1000円とか、居 酒屋でやる場合は飲み放題つけて 4000円とか5000円とかにきっちりに する。 ● 学割なども考慮。 ● ビールは参加者*1.5本、ピザは参加 者÷3(ラージ)位の分量
  22. 22. カーネル読書会のやり方(8) ● 宴会 ● 質問をいくら奨励しても、なかなか敷 居が高い場合があるので、若干のアル コールの力を借りて、本音トークへ突 入。 ● 重要な会話は宴会でされているという 法則。
  23. 23. カーネル読書会のやり方(9) ● フォロー ● 会計報告、感想などをメーリングリス ト、ブログに投稿して次回へ繋げる。 ● 毎回微妙に進化するのが楽しい。 ● 次回のネタを考える。(2〜3本ストッ クしておくとよい)
  24. 24. カーネル読書会を続けるコツ ● 発表者、参加者がいなければ成 り立たない。 ● 参加者が発表者へ、発表者が参加者へ 。 ● リピータ重要。 ● 新規参加者重要。 ● 常にリクルーティング
  25. 25. やりたかったこと ● ハッカーになりたい。 ● コンピュータによって世界を変 えたい。 ● そーゆー人達と出会いたかった ● カーネル読書会出会い系説
  26. 26. ● Read the Code, he said.
  27. 27. ブログ ● ユメのチカラ http://blog.miraclelinux.com/yume ● 未来のいつか/hyoshiokの日記 http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok

×