• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
2013年 AWSサービスアップデート 一気ふりかえり at BP Study #76
 

2013年 AWSサービスアップデート 一気ふりかえり at BP Study #76

on

  • 2,691 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,691
Views on SlideShare
1,728
Embed Views
963

Actions

Likes
10
Downloads
16
Comments
0

5 Embeds 963

http://connpass.com 911
https://twitter.com 40
https://www.google.co.jp 8
http://s.deeeki.com 3
https://www.chatwork.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    2013年 AWSサービスアップデート 一気ふりかえり at BP Study #76 2013年 AWSサービスアップデート 一気ふりかえり at BP Study #76 Presentation Transcript

    • BP Study #76 2013年 AWS一気ふりかえり 2013年12月17日 堀内康弘 (@horiuchi) テクニカルエバンジェリスト !1
    • Who  am  I  ? 堀内  康弘  (ほりうち  やすひろ)   • 1978年年⽣生まれ  ⼭山梨梨県出⾝身   AWS  テクニカルエバンジェリスト   • 130回以上の講演     ※2013年年の実績 • 60回以上のハンズオン   • 230本以上のブログ記事(AWSの最新情報を投稿)
 Amazon  Web  Services  ブログ
 http://aws.typepad.com/aws_̲japan/   10+  years  web  engineer  in  startups   • Director  of  V-‐‑‒cube  (perl),  2001  -‐‑‒  2006   • CTO  of  FlipClip  (perl),  2006  -‐‑‒  2009   • CTO  of  gumi  (python),  2009  -‐‑‒  2012 @horiuchi horiyasu フォロー、友達申請歓迎!
    • 2013年年にAWSに追加された   新機能・新サービスの数はいくつでしょう?
    • 248+
    • 年年別  新サービス・新機能追加の数 248 + 159 9 2007 24 2008 48 2009 61 2010 82 2011 2012 2013
    • 248全てを1時間で振り返るのはムリなので
    • AWSブログの記事のアクセス数をもとに、   ⼈人気のあった記事TOP30を紹介します。 http://aws.typepad.com/aws_̲japan/
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第1位 11/13 Amazon WorkSpaces – デスクトップコンピューティ ングをクラウドで • http://bit.ly/19kvWQT • ハードウェア、仮想化アプリケーション不要 • タブレット(Kindle, iPad, Android)、PC(Windows)、Macからアクセス可能 • 月額課金(35ドル∼)、長期コミット不要 • ライセンスはBYOLもしくはAWSから提供 • オンプレActive Directoryとの簡単な統合 • S3への定期的なバックアップによるデータロスの防止
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第2位 3/11 Amazon EC2 アップデート - 全ての皆様にVPC (Virtual Private Cloud)を! • http://bit.ly/Y6Dbr3 • VPC新機能 – DNSホスト名 – DNSの名前解決 – ElastiCacheが利用可能に – RDS IPアドレス
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第3位 9/3  AWS  コマンドラインインターフェース  (CLI)  が正式 リリース   • http://bit.ly/14pcwZM   • これひとつでAWSの主要サービスを全て操作可能   • 2012年年12⽉月にデベロッパープレビュー版公開   • 2013年年9⽉月に正式版に   • 最新版は1.1.1  (2013年年10⽉月6⽇日現在)   • Python  2.6.x  以上が必要
    • AWS  CLIのインストール pipでインストールできます $pip  install  awscli
    • AWS  CLIの初期設定 環境変数かコンフィグファイルで設定 $  cat  ~∼/.aws/config                                                                                                                   ! [default]   aws_̲access_̲key_̲id  =  AKIXXXXYYYYYZZZZ   aws_̲secret_̲access_̲key  =  AWSAWSAWSZZZZZZ   region  =  ap-‐‑‒northeast-‐‑‒1
    • AWS  CLIのコマンド⼊入⼒力力補完の有効化 コマンドが⾮非常に多いので補完がないとツラいです。   • bashの場合   ! $  complete  -‐‑‒C  aws_̲completer  aws ! ! • tcshの場合   ! $  complete  aws  'p/*/`̀aws_̲completer`̀/' ! ! • zshの場合 $  source  bin/aws_̲zsh_̲completer.sh
    • AWS  CLIの使い⽅方 aws  [サービス名]  アクション  オプション #  EC2インスタンス⼀一覧を取得   $  aws  ec2  describe-‐‑‒instances   ! #  S3のバケット⼀一覧を取得   $  aws  s3  ls   ! #  S3とローカルのディレクトリをsync   $  aws  s3  sync  .  s3://bucketname/dir
    • AWS  CLIの出⼒力力形式は3タイプから選択可 -‐‑‒-‐‑‒output  オプションでJSON、Text、Tableを指定可能   デフォルトはJSON形式 #  EC2インスタンス⼀一覧をJSON形式で取得   $  aws  ec2  describe-‐‑‒instances   ! #  EC2インスタンス⼀一覧をテキスト形式で取得   $  aws  ec2  describe-‐‑‒instances  -‐‑‒-‐‑‒output  text   ! #  EC2インスタンス⼀一覧をテーブル形式で取得   $  aws  ec2  describe-‐‑‒instances  -‐‑‒-‐‑‒output  table
    • AWS  CLIの操作がわからない時はhelpコマンド helpを最後につけることでドキュメントが表⽰示される $  aws  help   ! $  aws  ec2  help   ! $  aws  ec2  describe-‐‑‒instances  help  
    • AWS  CLIに関するリソース AWS  CLI  ホームページ   • http://aws.amazon.com/cli/   ソースコードリポジトリ  (GitHub)   • https://github.com/aws/aws-‐‑‒cli   ⼊入⾨門ガイド   • http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-‐‑‒chap-‐‑‒ welcome.html   CLI  リファレンス   • http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第4位 6/12 Amazon CloudFrontが独自SSL証明書とルートドメイ ンホスティングをサポート • http://bit.ly/1buVaO9 • SSL証明書1通につき、月あたり600USD • 月額料金は時間数で案分
 6月に24時間CloudFrontディストリビューションに
 カスタムSSL証明書を関連づけた場合
 (1日 / 30日) * 600 USD = 20 USD
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第5位 11/14 Amazon RDS for PostgreSQLがご利用可能に • http://bit.ly/17wmfVd • 概要 • MySQL, Oracle, MS SQL Serverに次ぐ、
 4つ目のデータベースエンジン • RDS機能 • 3TB & 30,000 IOPSまで拡張可能 • Multi AZ(MAZ) • VPC • 自動バックアップ、Point-in-Time-Recovery • Cross-Region Snapshot Copy • PostgreSQL 機能 • Version 9.3.1 • PostGIS extension • Full-text サーチ • Language extension、PL/Perl, PL/Tcl, PL/pgSQL等 • HstoreやJSONのデータベース形式をサポート
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第6位 9/4    Amazon  ElastiCacheでRedisを利利⽤用可能に   • http://bit.ly/17PCY56   • サポートするバージョンは現在、2.6.13
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第7位 9/12  デスクトップ開発を可能にする  DynamoDB  Local リリース   • http://bit.ly/17upVDw   • いつでも  コードを書くことができます。   – 通勤中の電⾞車車の中でも   – 海外出張の⾶飛⾏行行機の中でも   – 休暇中のビーチでも $java  –Djava.library.path=.  -‐‑‒jar  DynamoDBLocal.jar DynamoDBをネットが繋らない ローカル環境でも試せるようになりました
    • DynamoDB  アップデート 4/18 ローカルセカンダリーインデックスを利用可能に 5/16 並列スキャンが可能に 7/2 トランザクションライブラリを公開 9/6 ジオライブラリを公開 9/12 DataPipelineと連携したリージョン間コピー機能追加 11/1 Fine-Grained Access Control機能追加 12/15 グローバルセカンダリーインデックスを利用可能に
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第8位 2/19 AWS OpsWorks - Chefを使って柔軟にクラウド内の アプリケーション管理ができる新サービスを発表 • http://bit.ly/UBRwyG
    • OpsWorks  アップデート 5/15 ELB、管理ビュー、マイクロインスタンス対応 • http://bit.ly/YVK44m 7/24 カスタムAMIとChef 11をサポート • http://bit.ly/13FKtrB 9/5 Amazon VPCに対応 • http://bit.ly/161IoaL 11/8 Javaのレイヤーを追加 • http://bit.ly/1bkSbZY 12/5 リソースレベルのパーミッション設定が可能に • http://bit.ly/1gJ0v95
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第9位 5/29 AWS IAM が Amazon、Facebook、GoogleのID連携 をサポート • http://bit.ly/13Y5bTj
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第10位 11/14 Amazon Kinesis – ストリームデータのリアルタイム処理 • http://bit.ly/17t9lC7 • 特徴 • 簡単に使用可能なフルマネージドされたリアルタイム処理 • 毎時数MBから最大数TBの処理が可能 • 信頼性の高いストレージ、データ収集、分析を提供 • シャード単位で1,000 write (最大1MB/s), 20 read (最大2MB/s)と言った単位でスルー プットに応じてプロビジョニング • キャパシティーの削除・追加をダイナミックに実施可能 • AWSサービスとの親和性 • Redshift, DynamoDB, S3等のAWSサービスとの統合 • クライアントライブラリーを使用した簡単な接続 • EC2上でのKinesisアプリケーションのデプロイ可能 • Cloud Watchのメトリックスを使用したオートスケールが可能
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第11位 8/14 Amazon SNS を使ったモバイルデバイスへのプッ シュ通知機能を追加 • http://bit.ly/17FACld • iOS、Android、Kindle Fire デバイスにシンプルで同一のAPIを使って、 サーバーアプリケーションからプッシュ通知が可能に • 開発者の実装の手間を大幅に軽減可能 • PHPのサンプルアプリケーションを用意 • AWS Management Consoleからメッセージの送信テストが可能
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第12位 3/4 Amazon RDS - 簡単にログファイルにアクセス可能に • http://bit.ly/13CYI1A • ログファイルにManagement Console、APIでアクセス可能に • 利用可能なログ – MySQL : エラーログ、スロークエリログ、ジェネラルログファイル – Oracle Database : アラートログとトレースファイル – SQL Server : エラーログ、エージェントログ、トレースファイル
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第13位 5/21 AWS認定プログラムの日本語版提供を開始 • http://bit.ly/19AjaRZ • 今すぐとれる資格 • AWS認定ソリューションアーキテクト- アソシエイトレベル • re:Inventでベータ試験を実施 (日本語版は来年4月頃を予定) • AWS認定システムオプレーション(SysOps)アドミニストレーター - アソ シエイトレベル • AWS認定デベロッパー - アソシエイトレベル
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第14位 3/12 EC2のAMIをリージョン間コピー可能に • http://bit.ly/13UpYZv • 年末のEBSリージョン間コピーに続き、AMIのコピーも対応
    • 今年年はリージョン間コピー機能が充実 6/11 EBSスナップショットコピーが差分コピーに対応 • http://bit.ly/11VhU48 • AMIも差分コピー対応 (EBSのスナップショットと連動しているので自動的に) 10/31 Amazon RDSのリージョン間スナップショットコピーが可能に • http://bit.ly/19iJnoo • RDSでサポートされる全てのデータベースエンジンで利用可能 • スナップショットは差分コピー 11/14 Amazon Redshiftのクロスリージョンスナップショット自動コピ • http://bit.ly/I19mGm • コピー先のリージョンと保持期間を設定するだけ 11/27 Amazon RDS for MySQLがクロスリージョン・リードレプリカを 作成可能に • http://bit.ly/IkxYdH
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第15位 2/11 Route53にDNSフェイルオーバー機能が追加。S3の連 携したバックアップサイトを作成可能に • http://bit.ly/XtzT3s
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第16位 7/1 Amazon RDSがMySQL 5.6をサポート • http://bit.ly/1b3Vh60
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第17位 8/30 Amazon RDS リードレプリカの新機能 • http://bit.ly/1dvNtxw • 複数のリードレプリカを同時に作成可能に(1マスターあたり最大5つ) • リードレプリカからスナップショットの作成、ポイント・イン・タイムリ カバリを実行可能に (MySQL 5.6を選択した場合) • 2層のレプリカを作成可能に(MySQL 5.6を選択した場合) 1マスタあたり最⼤大30の   リードレプリカを作成可能
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第18位 7/2 PostgreSQL on AWS のホワイトペーパーを公開 • http://bit.ly/14MzF9A ! 7/2 Riak on AWS のホワイトペーパーを公開 • http://bit.ly/14P4VEw
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第19位 2/24 Linux用CloudWatch監視スクリプトに新機能を追加 • http://bit.ly/WlcONf • スクリプトインストールで以下のメトリクスを利用可能に • Memory Utilization、Memory Used、Memory Available • Disk Space Utilization、Disk Space Used、Disk Space Available • Swap Space Utilization、Swap Space Used • 新機能 • IAM Role サポート • スクリプト -> CloudWatch のアクセスにIAM roleを使うように • Auto Scaling ルールにスクリプトが作成したメトリクスを利用可能に • 集計メトリクス • (例) 全てのインスタンスの総メモリ使用量を監視など
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第20位 5/31 Amazon Route53のDNSフェイルオーバー機能がELB のエンドポイントのサポートを追加 • http://bit.ly/ZzEgOq
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第21位 11/14 新世代の数値計算向けEC2インスタンス C3を発表 • http://bit.ly/19nzjGN • 2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge) プロセッサー • SR-IOV ネットワークキングテクノロジーを使用 • ローカルディスクとしてSSDを搭載 • c3.large から c3.8xlargeまで5タイプを提供 • 全リージョンにて提供 • ウェブサーバーやHPC用リソース等様々な用途として使用可能
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第22位 3/20 EBS最適化インスタンスとして起動できるEC2インス タンスタイプを新たに4つ追加 • http://bit.ly/148BJeA • • • • m2.2xlarge (500 Mbps) m3.xlarge (500 Mbps) m3.2xlarge (1000 Mbps) c1.xlarge (1000 Mbps)
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第23位 11/13 AWS CloudTrail - AWS APIコールの記録を保存 • http://bit.ly/1bbsnNz • 概要 • AWSアカウントへの操作をロギングするサービス • 管理コンソール、コマンドライン、3rd party等APIコールされる全てのイベントが 対象 • 出力はS3 or SNS(Simple Notification Service) • 対応サービス • EC2/EBS/VPC/RDS/IAM/STS(Security Token Service) • 今後対応サービス追加予定 • 対応リージョン • US East (Virginia), US West (Oregon) • 今後対応リージョンも順次拡大
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第24位 11/13 Amazon AppStream(アップストリーム) – クラウドから ストリーミングアプリケーションを提供 • http://bit.ly/17uCLFd • 特徴 • 高画質なアプリケーションストリーミング配信 • ユーザーからの入力をバックエンドのサーバーに送信 • マルチデバイスに共通のユーザー体験 • 初期費用なしの従量課金制 • メリット • 端末の制約を取り除く • アプリの開発が効率化、マルチデバイス対応 • アプリの更新が簡単、1回ですべてのデバイスに対応 • クライアント側でアプリのインストールが不要
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第25位 3/12 AWS Management Console for iPhone リリース • http://bit.ly/13UpCSR
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第26位 7/10 Amazon EC2 Dedicated インスタンス値下げ • http://bit.ly/174aXmn • リージョン専用の料金 – 時間あたり10 USドルから2 USドルへ80%値下 げ • 専用オンデマンドインスタンス – 時間あたりの料金が最大37%の値下げ
 (例) 米国東部(北バージニア)リージョンのm1.xlargeの専用インスタンスの 料金は、時間あたり、0.840 USドルから0.528 USドルに。 • 専用リザーブドインスタンス – リザーブドインスタンスの予約金および時 間あたりの利用料金が最大57%の値下げ
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第27位 11/5 AWS Storage Gatewayを使って仮想テープライブラリを作成可能に • http://bit.ly/1iM2b0B • 1ゲートウェイあたり、10の仮想テープドライブを設定することが可能 • それぞれの仮想テープドライブがSCSIのコマンドセットに応答 • D2T(Disk-to-Tape)、D2D2T(Disk-to-Disk-to-Tape)に関わらず、現在使用されているオンプレミスのバック アップアプリケーションに変更を加える事なく、そのままストレージゲートウェイの新機能をご利用可能 • 仮想テープライブラリ内の仮想テープは、99.999999999% の耐久性を持つAmazon S3内に格納。 • 1ゲートウェイあたり、最大1,500の仮想テープもしくは最大150TBのストレージを管理することが可能 • 長期間のアーカイブ保管のために、仮想テープライブラリは仮想テープ保管庫(Virtual Tape Shelf, VTS) と統合されている。仮想テープ保管庫上の仮想テープはAmazon Glacier (グレイシャー) 上に保管され る。 • 取出し時間は24時間程度かかります。 • 仮想テープは、セキュア、かつ確実に保管される。 • ゲートウェイとAWSクラウド間のデータの転送は、SSLで暗号化 • S3およびGlacierに格納されたデータは256-bitAESで暗号化
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第28位 11/4 3Dストリーミングアプリケーション構築に最適な EC2 G2インスタンスタイプを追加 • http://bit.ly/1bWJPaP • NVIDIA GRID™ (GK104 "Kepler") GPU (Graphics Processing Unit), 1,536 CUDA cores and 4 GB of video (frame buffer) RAM. • 2.6 GHz Intel Sandy Bridge プロセッサー、 Turbo Boost が有効化 • 15 GiB of RAM, 60 GB of SSD storage. • US East, US West (Northern California), US West (Oregon), EU (Ireland)にて提供 • 3Dレンダリング、OpenGL, DirectXと言ったアプリケーションに 最適
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第29位 5/3 AWS Support API リリース • http://bit.ly/ZK09bQ • AWSサポートのビジネスまたはエンタープライズのお客様が利用可能 • 新規サポートケースの作成、サポートケースの確認、解決がAPI経由で可 能 • AWS Trusted Advisorにより実行されたチェックの内容、結果の確認、 チェックのリフレッシュのリクエストがAPI経由で可能
    • 2013年年  AWSブログ年年間アクセス数ランキング   第30位 8/21 VPC内のパブリックIPアドレスの取扱がより柔軟に • http://bit.ly/1bUP23S • デフォルトサブネット以外でも起動時にパブリックIPアドレスを付与可能 に • デフォルトサブネットでは、起動時にパブリックIPアドレスを付与しない ことも可能に • パブリックIPアドレスを持つインスタンスに、EIPを付与すると置きかえ られる。EIPをはずすと新しくパブリックIPアドレスがアサインされる
    • おまけ:  Elastic  MapReduceアップデート 11/6 Elastic MapReduceのコンソールをメジャーアップ デート • http://bit.ly/1flGGUs • インスタンスの追加や削除をして稼働中のクラスタをリサイズ • クラスタの クローン • Hadoop 2の対応 • Hadoop 2用のカスタムCloudWatchメトリックの対応 • 特定のAvailability Zoneを指定 • IAMのロールを付随させたクラスタの生成 • 複数ステップの対応(クラスタ生成の前と後) • 新しくなったEMR HelpポータルからEMRドキュメントのアクセス
    • おまけ  Redshift  アップデート Amazon Redshift - 様々な新機能を追加! • http://bit.ly/HU5V4g • 分散テーブル - Computeノードをまたいだテーブル行の分散をより細かく制御できるよ うに • リモートローディング - SSH接続を活用しリモートホストからRedshiftへデータをロー ド可能に • 概算 - COUNT関数を利用し該当行の数の概算を出すことが可能に • ワークロードメモリー管理 - 実行キューに対し利用可能なメモリーの割り振り可能に • キーローテーション - 暗号化されたクラスターに対しキーの順番を変えることが可能に • HSMサポート - 暗号化キーのストレージにオンプレミスHSMもしくはAWS CloudHSM を利用可能に • データベースの監査とロギング - 接続およびユーザーのアクティビティをAmazon S3に ロギングできるように。 • SNS通知 - Redshiftのイベント発生時にAmazon SNS topicに通知を発行することがで きるように。
    • Need  your  feedback!!