Your SlideShare is downloading. ×
0
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
AWSでコスト削減出来る理由
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

AWSでコスト削減出来る理由

2,091

Published on

JAWS-UG 鹿児島 第4回勉強会 で発表した資料です。

JAWS-UG 鹿児島 第4回勉強会 で発表した資料です。

0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,091
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
40
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AWSでコストを削減できる理由 2013年12月6日 アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社 テクニカルエバンジェリスト 堀内康弘 (@horiuchi)
  • 2. Who  am  I  ? 堀内  康弘  (ほりうち  やすひろ)   • 1978年年⽣生まれ  ⼭山梨梨県出⾝身   AWS  テクニカルエバンジェリスト   • 130回以上の講演     • 35回以上のハンズオン   ※2012年年の実績 • 120本以上のブログ記事(AWSの最新情報を投稿)
 Amazon  Web  Services  ブログ
 http://aws.typepad.com/aws_̲japan/   10+  years  web  engineer  in  startups   • Director  of  V-‐‑‒cube  (perl),  2001  -‐‑‒  2006   • CTO  of  FlipClip  (perl),  2006  -‐‑‒  2009   • CTO  of  gumi  (python),  2009  -‐‑‒  2012 @horiuchi horiyasu フォロー、友達申請歓迎!
  • 3. オンプレミスからAWSクラウドへの変更更で、 5年年間で70%のTCO削減 2012/7  IDC  White  Paper ・AWS利利⽤用の企業11社へのヒアリング結果 ・ソフト開発の⽣生産性507%増加 ・アプリケーション辺り平均約5000万円の削減 ・ダウンタイムを72%減少 ・IT全体の⽣生産性を52%増加 http://media.amazonwebservices.com/idc_̲aws_̲business_̲value_̲report_̲2012.pdf
  • 4. 様々な⽤用途でコストを削減 Oracle開発、検証環境としてAWSを利利⽤用し、 5年年間のトータルコスト試算90%削減 コーポレートサイトをオンプレから
 AWSに移⾏行行し、年年間コストを80%削減 データのリアルタイム解析業務、 数千万円の初期投資なし、⽉月50万円で実現 スマートTVのインフラとしてAWSを採⽤用   2年年間で$34,000,000 (約27億円)もの投 資削減、運⽤用コストも80%実現
  • 5. 業務システムでもコスト削減に成功 iPadを⽤用いた⾞車車の画像販売システム 初期投資なし、ランニングコスト30%削減 SAP  BusinessSuite  本番環境を
 AWSに移⾏行行し、5年年で60%以上のコスト削減 Eコマースサイトだけでなく、SAP  ERPの本番 環境をAWS上で稼動させ、オンプレと⽐比較し て、5年年で65%のコスト削減効果 ⼈人事、BI、ワークフロー、会計システムをオン プレからAWSに移⾏行行し、3〜~4割のコスト削減
  • 6. なぜコスト削減できるのか?
  • 7. 初期費⽤用不不要、使った分だけの⽀支払いだから オンプレミス 利利⽤用開始時の料料⾦金金は0円   使⽤用量量に応じた従量量課⾦金金
  • 8. 従量量課⾦金金はなぜ安い?
  • 9. 従来はピークに合わせてインフラを調達 オンとオフ 急成⻑⾧長 予測できないピーク 予測可能なピーク
  • 10. 使わない無駄なキャパシティが出てしまう 余剰キャパシティ オンとオフ 急成⻑⾧長 予測できないピーク 予測可能なピーク 機会損失
  • 11. AWSなら無駄が減り、コスト削減に 柔軟性のあるクラウドキャパシティ オンとオフ 急成⻑⾧長 予測できないピーク 予測可能なピーク
  • 12. 使った分だけの利利⽤用で76%のコスト削減 Amazon.comのウェブサーバーをオンプレからAWSに移⾏行行 76%のムダ 24%のみ利利⽤用
  • 13. 夜間バッチの時のみの利利⽤用でコスト削減 ウォールストリートのヘッジファンドは夜間バッチによ るリスクシミュレーションの実⾏行行時のみサーバを起動 EC2サーバの数 3,000サーバを利利⽤用 週末は300   サーバー ⽔水曜   4/22/2009 ⾦金金曜   4/24/2009 ⽇日曜   4/26/2009 ⽕火曜   4/28/2009
  • 14. に ら さ イノベーションと規模の経済で   従量量課⾦金金のベース料料⾦金金がぐんぐん下がる 38 資本 投資 より多く の顧客 獲得 技術 投資 エコシステム 値下げ インフラの
 イノベーション 効率率率 改善 世界規模 新しい機能 新しいサービス 2006年年のサービス 開始から継続して、 逓減したコストを   低価格という形で   お客様に還元
  • 15. に ら さ たくさん使うと割安に Amazon  S3のストレージ料料⾦金金は保存容量量が増える程割安
  • 16. に ら さ たくさん使うと割安に Amazon  EC2  リザーブドインスタンスは予約⾦金金の総計が ⼀一定額を超えると、それ以降降の予約⾦金金および時間単価が 割引
  • 17. に ら さ たくさん使うと割安に データ転送量量  (アウト)は転送量量により割引が適⽤用
  • 18. リソースを24時間365⽇日常に利利⽤用する場合は コスト削減できないのでは?
  • 19. リザーブドインスタンスを使えば 常⽤用する場合もコスト削減できる! オンデマンド リザーブド ! 予約金
 従量課金 + 
 従量課金 ⼀一定期間利利⽤用することを約束いただくと 従量量課⾦金金の時間単価が安くなるモデル
  • 20. オンデマンドとリザーブドの比較 オンデマンド リザーブド 利用率 100% 0%   例例えば、毎⽇日8時間以上使⽤用するならリ ザーブドに切切り替えた⽅方がコストが格段に 安くなる
  • 21. リザーブドインスタンスの詳細はウェビナーで 次回は12⽉月20⽇日(⾦金金)  6:00pm〜~
  • 22. コスト削減できる理理由、ここまでのまとめ 従量量課⾦金金は⻘青天井で怖いものではない。   • むしろ、時間単位・容量量単位でコストをより細かく制御可能 になる強い味⽅方である。   ベース料料⾦金金が⾃自動的にどんどん下がる。   • Amazonの企業⽂文化のもと、運⽤用コストの削減をお客様に値下 げとして還元する。   たくさん使えば⾃自動的にどんどん安くなる。   • ボリュームが増えるにつれ⾃自動的にディスカウント   ⼀一定期間の利利⽤用を約束すれば、単価がさらに安くなる。   • 詳しくは「はじめてのリザーブドインスタンスで」
  • 23. コスト削減できる理理由はこれだけではありません
  • 24. ⽬目に⾒見見えないコストに注⽬目すべし
  • 25. オンプレでは常識識だった「⾯面倒な作業」を AWSに移⾏行行することでを減らせます 需要計画  &
 設計 リプレースの検討 保守運⽤用  &
 容量量拡張 3 - 5 年毎に   サイクルの繰り返し 導⼊入以降降変更更できない 制約だらけの環境 設置、実装 困難な需要予測、計画 数週間にも及ぶ   購買リードタイム 購買 技術/コスト⾰革新か らの遅れ
  • 26. キャパシティ予測に関する「⾯面倒な作業」も不不要に オンプレの場合 実際の需要 機会損失&顧客満⾜足度度の低下 キャパシ ティ 余剰なキャパシティ AWSの場合 AWS 実際の需要 予測した受領領 キャパシティの調達は硬直的。   難しい需要予測に時間
 をかけなければならない。   たいてい予測は、はずれる。 予測に時間をかける必要なし。   需要に合わせて柔軟に   キャパシティを調達
  • 27. 導⼊入事例例:  株式会社トーカ堂様 テレビショッピング放送時の急激なアクセスに⾃自動的に対応 C e as ud St y
  • 28. 設置、実装に関する「⾯面倒な作業」も不不要に AWSが以下を管理理 ユーザーがしなくてよいこと データセンタ運⽤用   ラック   新しいハードウェアの購⼊入、   電源   サーバー   インストール   冷冷却   ストレージ   新しいソフトウェアの設定   ケーブル敷設   運⽤用オペレータ データセンターの建設、更更新 ネットワーク  
  • 29. バックアップに関する「⾯面倒な作業」も不不要に Amazon  S3にバックアップ保存するだけで、
 3ヶ所以上のDCに冗⻑⾧長化   容量量無制限なのでディスクが⾜足りなくなる⼼心配なし   ⽉月額  約10円/GBから提供 耐久性  99.999999999% リージョン S3   S3 データを 1 ⾃自動複製 S3
  • 30. 保守・運⽤用に関する「⾯面倒な作業」も不不要に システム構成図を設計図として保存し、再利利⽤用可能。同じ構 成をいつでも、いくつでも、すばやく構築可能 設計図 CloudFormation EC2 EC2 AutoScaling
  • 31. 株式会社オルトプラス様 AWSを採⽤用したことにより、以下が可能に   • データセンターレベルでの冗⻑⾧長化による可⽤用性の向上   • オンデマンドかつ短時間でのサーバ追加   • スケールアップによる負荷への対応   CloudFormationを利利⽤用して、構築運⽤用を⾃自動化   • ダービーゲートではワールド毎にテンプレートを⽤用意することで、 ワールドの増加に伴う運⽤用の複雑化を回避   • APIを利利⽤用した運⽤用⾃自動化をさらに進めている。 ud  St se Ca y
  • 32. セキュリティに関する「⾯面倒な作業」も不不要に 堅牢牢な物理理ファシリティの構築・運⽤用   多くの第三者認証の取得費⽤用・維持   セキュリティに関する情報の収集作業   インフラ部分の脆弱性や脅威に対する対応   インシデント発⽣生時の対応体制の構築 追加の費⽤用なしで⼿手に⼊入ります
  • 33. 共有責任モデルで今まで難しかったことが可能に スマートフォン決済サービスを提 供するスタートアップ  Coiney様   ! インフラにAWSを採⽤用すること で、リソースの少ないスタート アップ企業が短期間で業界標準の ⾼高いセキュリティ環境を実現 責任分担することで、PCI  DSSに完全準拠した環境を実現 C e as “PCI  DSSへの準拠をはじめ、導⼊入や運⽤用のコスト⾯面及びサービスの
 ud St スケーラビリティも考慮すると、AWSを使わない⼿手はありません。” ! y コイニ―株式会社  代表取締役  佐俣奈奈緒⼦子様
  • 34. 「⾯面倒な作業」が不不要  =  コスト削減 トータルでコスト⽐比較しましょう セキュリティに対する継続的投資 保守・運⽤用にかかる費⽤用 需要計画、設計、調達費⽤用 オンプレと⽐比べて   少ない運⽤用費 購⼊入費⽤用(使わない分も含む) 利利⽤用料料(使った分だけ) オンプレミス AWS
  • 35. 「⾯面倒な作業」が不不要になる分、ビジネスを差別 化する要因に集中できるという効果も データ管理理、およびビジネス上 の付加価値の創出 より多くの時間をデータ管理理、 そして付加価値の創出に費やす 付加価値を産みださない   「重労働」 ことが可能 AWSクラウドの管理理 オンプレミス AWS  クラウド
  • 36. まとめ
  • 37. AWSでコスト削減の勘所 使った分だけの⽀支払いで無駄を減らそう。   • 従量量課⾦金金でコストを細かくコントロール可能、⻘青天井ではない。
 今まで減らせなかった無駄を減らせます。   コスト削減オプションを活⽤用しよう。   • リザーブドインスタンスやボリュームディスカウントといったオプショ ンを理理解することで、さらにコスト削減できます。    ⾒見見えないコストに⽬目を向けよう。   • 利利⽤用料料だけを⾒見見たのでは、正しい⽐比較はできません。需要計画、設 置、保守、運⽤用などにかかる⽬目に⾒見見えないコストを含めることで正 しく⽐比べることができます。
  • 38. 是⾮非お試しください アカウント開設ガイド
 http://aws.amazon.com/jp/register-‐‑‒flow/   ! イベントセミナー情報
 http://aws.amazon.com/jp/event_̲schedule/   ! 費⽤用試算ツール(SIMPLE  MONTHLY  CALCULATOR)
 http://calculator.s3.amazonaws.com/ calc5.html?lng=ja_̲JP
  • 39. AWS  無料料使⽤用枠(12ヵ⽉月) http://aws.amazon.com/jp/free/ Amazon  EC2  750時間/⽉月のLinux  マイクロインスタンス   • 複数インスタンスの場合も、合計750時間/⽉月であれば無料料利利⽤用枠に該当   Amazon  EC2  750時間/⽉月のWindows  Server  マイクロインスタンス   • 複数インスタンスの場合も、合計750時間/⽉月であれば無料料利利⽤用枠に該当   Amazon  EBS   • 30  GB  に加え、200万  I/O、スナップショット  ストレージ  1  GB   Elastic  Load  Balancing   • 750時間に加え  15  GB  分のデータ処理理   帯域幅「送信(アウト)」15  GB   Amazon  S3  ストレージ   • 5  GBの容量量、20,000  Get  リクエスト、2,000  Put  リクエスト   DynamoDB、SimpleDB、SWF、SQS、SNS、CloudWatch
  • 40. AWSサイトからの問い合わせはこちら 1 2 3

×