• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Magento meet up Tokyo#1 for Design
 

Magento meet up Tokyo#1 for Design

on

  • 3,889 views

Magento meet up Tokyo#1 for Design

Magento meet up Tokyo#1 for Design

Statistics

Views

Total Views
3,889
Views on SlideShare
3,883
Embed Views
6

Actions

Likes
3
Downloads
23
Comments
0

1 Embed 6

http://us-w1.rockmelt.com 6

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Magento meet up Tokyo#1 for Design Magento meet up Tokyo#1 for Design Presentation Transcript

    • タイトル:1.Magentoサイトにおける基本的なデザインカスタマイズ2.Magentoで「 jQuery 」を使うためのポイント (フラッシュに変わってjQueryを使おう!)
    • Magentoおけるデザインカスタマイズ所属:スタイルチューン株式会社名前:中野美穂経歴:はじめはグラフィクデザイナーアシスタント として広告制作会社で2年ほど広告デザインを 経験しました。 その後は長く通信販売会社で企画や広告・カタ ログ制作などを担当していました。 その時の知識は大いにECサイトを構築する上で 役立っていると思います。
    • MagentoおけるデザインカスタマイズCMSとの出会い:最初はDTPデザインから制限が少なく自由度の高いWebデザインの世界へ・・・デザインがある程度できてもコーディングやシステムが必要なものが難しい!!CGI設置など色々試していた頃に最初のCMS「Joomla」を知りともかくテストテストテストの日々。モジュールやテンプレがたくさんあるのが楽しかった。とういう訳で現在はMagentoに魅了されています。
    • スピーチ内容: a. まずは日本語化 b. カスタマイズテーマを作成する c. ヘッダとフッタ、ロゴの部分はバックエンドで d. レイアウトを選択する e. モジュールのレイアウト(表示位置の移動)
    • Magentoインストール
    • バックエンドの日本語化 キャッシュ管理https://github.com/rack990/Magento-Japanese-Translation ここにzip形式の「ja_JP」フォルダがあるのでFTP経由で上記のディレク トリにアップするだけ。
    • カスタマイズテーマを選択した後のデザイン
    • カスタマイズテーマのディレクトリ構成 テーマに不足なファイルがあると そのパッケージの「default」を読みに行き 最終的には「base」の「default」を読み込む Theme variant
    • カスタマイズテーマのディレクトリ構成 「alex」の場合「blank」をコピー 「custompackages」の場合 「base」の「default」と上の 「blank」をコピー コピーした後で不要なファイルは削除できる。 基本的に「default」ファイルを変更したものだ け がカスタマイズテーマフォルダにあればOK。
    • カスタマイズテーマのディレクトリ構成 「alex」の場合「blank」をコピー 「custompackages」の場合 「base」の「default」と上の 「blank」をコピー -- CSS フォルダ -- images フォルダ Skinも同様なディレクトリに・・・・
    • カスタマイズテーマのバックエンド設定 default default alex alex
    • カスタマイズテーマを選択する前のデザイン
    • カスタマイズテーマを選択した後のデザイン
    • レイアウトを選択する 基本的にヘッダとフッダ部分は固定 ヘッダ 左ナビ ホームページ フッダ
    • レイアウトを選択する 基本的にヘッダとフッダ部分は固定 ヘッダ ホームページ 右ナビ フッダ
    • レイアウトを選択する 基本的にヘッダとフッダ部分は固定 ヘッダ ホームページ フッダ
    • レイアウトを選択する 基本的にヘッダとフッダ部分は固定 ヘッダ 左ナビ ホームページ 右ナビ フッダ
    • レイアウトを選択する ヘッダ ヘッダ カテゴリーページ 左 右 右 ホームページ ホームページナビ ナビ ナビ 商品説明ページ フッダ フッダ ヘッダ >> それぞれに各ページで設定できる ホームページ フッダ デモサイトで実際にやってみます。
    • レイアウトを選択する main-container col1-layout http://demo.magentocommerce.com/?___store=modern_theme2 main-container col3-layouthttp://freedemo.templates-master.com/f002 col-2-right-layouthttp://testing.magthemes.com/?___store=telescope
    • モジュールのレイアウト(表示位置の移動) カテゴリーページ内の「マイカート」ボックスを 右列から左へ変更 Checkoutモジュールを含んだファイルfrontend/base/default/template/checkout/cart/sidebar.phtmlapp/design/frontend/base/default/layout/checkout.xml コピーする app/design/frontend/alex/default/layout/checkout.xml カスタマイズしたテーマの中
    • モジュールのレイアウト(表示位置の移動) コピーした /checkout.xml ファイルを開く。<default> <!-- Mage_Checkout --> ここの部分を書き換える <reference name="top.links"> <block type="checkout/links" name="checkout_cart_link"> <action method="addCartLink"></action> <action method="addCheckoutLink"></action> </block> </reference> <reference name="right"> <block type="checkout/cart_sidebar" name="cart_sidebar" template="checkout/cart/sidebar.phtml" before="-"> <action method="addItemRender"><type>simple</type><block>checkout/cart_item_renderer</block><template>checkout/cart/sidebar/default.phtml</template></action> <actionmethod="addItemRender"><type>grouped</type><block>checkout/cart_item_renderer_grouped</block><template>checkout/cart/sidebar/default.phtml</template></action> <actionmethod="addItemRender"><type>configurable</type><block>checkout/cart_item_renderer_configurable</block><template>checkout/cart/sidebar/default.phtml</template></action> <block type="core/text_list" name="cart_sidebar.extra_actions" as="extra_actions" translate="label" module="checkout"> <label>Shopping Cart Sidebar Extra Actions</label> </block> </block> </reference>
    • モジュールのレイアウト(表示位置の移動) コピーした /checkout.xml ファイルを開く。<reference name="right"> 「right」を「left」に書き換える<reference name=“left"> アップロード
    • スピーチ内容: << フラッシュに変わってjQueryを使おう! >>
    • jQuery を使うポイント jQueryが影響しあって動かせない時が多々ある。 注意点:実際にjQueryをコーディングを 試みてチェックした限りでは問題はないように 見えるが完全ではないかもしれない。 jQuery を使用した場合、 Magentoサイトでの動作まわりを チェックし注意する事が必要。
    • jQuery を使うポイント FTPでMagentoの「piblic_html」を開き「js」フォルダ内に「 jQuery 」フォルダを作成する。 (名前はなんでもいいしディレクトリも任意だが....) ここにわかりやすくする為に フォルダを作成 アップロード http://jquery.com/ から「jQuery」 のファイルを ダウンロードしここにアップ ロードする。 最新版:jquery-1.7.min.js フル版とMinimum版があるので 「min」と付いた方をDL
    • jQuery を使うポイント /public_html/app/design/frontend/base/default/layout/page.xml に以下の記述をする。 default/layout/page.xml
    • <layout version="0.1.0"><!--Default layout, loads most of the pages--> <default translate="label" module="page"> <label>All Pages</label> <block type="page/html" name="root" output="toHtml" template="page/3columns.phtml"> <block type="page/html_head" name="head" as="head"><action method="addJs"><script>prototype/prototype.js</script></action> prototype.js<action method="addJs"><script>jquery/jquery-1.7.min.js</script></action> の下にjquery-1.7.min.jsに記述を追加<action method="addJs"><script>twilight/twilight.js</script></action><action method="addJs"><script>twilight/jquery.js</script></action><action method="addJs"><script>twilight/twilight.min.js</script></action> ここの3行はデモでトップページ表示し<action method="addJs"><script>lib/ccard.js</script></action> たjqueryのサンプルに必要なファイル <action method="addJs"><script>prototype/validation.js</script></action> を追加した <action method="addJs"><script>scriptaculous/builder.js</script></action> <action method="addJs"><script>scriptaculous/effects.js</script></action> <action method="addJs"><script>scriptaculous/dragdrop.js</script></action> <action method="addJs"><script>scriptaculous/controls.js</script></action> <action method="addJs"><script>scriptaculous/slider.js</script></action> <action method="addJs"><script>varien/js.js</script></action> <action method="addJs"><script>varien/form.js</script></action> <action method="addJs"><script>varien/menu.js</script></action> <action method="addJs"><script>mage/translate.js</script></action> <action method="addJs"><script>mage/cookies.js</script></action> バックエンドでキャッシュをクリア
    • <action method="addJs"><script>prototype/prototype.js</script></action> この記述の後に・・・ リンクさせたいjsファイルを書く<action method="addJs"><script>jquery/jquery1.7.min.js</script></action> バックエンドでキャッシュをクリア
    • jQuery を使うポイント app/design/frontend/base/default/template/page/html/head.phtml に 以下以下の記述をする。 template/page/html/head.phtml
    • <meta http-equiv="Content-Type" content="<?php echo $this->getContentType() ?>" /><title><?php echo $this->getTitle() ?></title><meta name="description" content="<?php echo htmlspecialchars($this->getDescription()) ?>" /><meta name="keywords" content="<?php echo htmlspecialchars($this->getKeywords()) ?>" /><meta name="robots" content="<?php echo htmlspecialchars($this->getRobots()) ?>" /><link rel="icon" href="<?php echo $this->getFaviconFile(); ?>" type="image/x-icon" /><link rel="shortcut icon" href="<?php echo $this->getFaviconFile(); ?>" type="image/x-icon" /><!--[if lt IE 7]><script type="text/javascript">//<![CDATA[ var BLANK_URL = <?php echo $this->helper(core/js)->getJsUrl(blank.html) ?>; <?php echo $this->getCssJsHtml() ?> var BLANK_IMG = <?php echo $this->helper(core/js)->getJsUrl(spacer.gif) ?>;//]]> の下に</script><![endif]--><?php echo $this->getCssJsHtml() ?> <script type="text/javascript"> var $j = jQuery.noConflict();<script type="text/javascript">var $j = jQuery.noConflict();$j(function(){ ここの部分はそれぞれのjQueryのコードを記述する $j(".open").click(function(){ $j("#slideBox").slideToggle("slow"); 1.#slideBox 2. twilight-show の2つのjQueryが記述されている });}); ※ $j(“#slideBox”)部分の「$j」に注意!全ての「$」の後に「j」 が必要$j(document).ready(function() { $j(.twilight-show).twilight(); .open{}); background: #fc6; color: #fff; CSSをここに記述しても</script> cursor: pointer; OK!!<style> width:45px; padding: 10px</style> } #slideBox{<?php echo $this->getChildHtml() ?> padding: 10px;<?php echo $this->helper(core/js)->getTranslatorScript() ?> border: 1px #ccc solid;<?php echo $this->getIncludes() ?> display:none; }
    • <?php echo $this->getCssJsHtml() ?> この記述の後に・・・ コードを書き足す <script type="text/javascript"> var $j = jQuery.noConflict(); ※ $j(“#slideBox”)部分の「$j」に注意! 全ての「$」の後に「j」が必要$j(function(){ $j(".open").click(function(){ $j("#slideBox").slideToggle("slow"); });<?php echo $this->getIncludes() ?>
    • jQuery を使うポイント バックエンドの CMS-静的ページ-ホーム-などにjQueryのコーディングを。2つのjQueryのサンプルをコーディングしてみる
    • トップページにSlideBoxとtwilight-showが表示され、Magentoの機能と同時に動作する。template/page/html/head.phtml var $j = jQuery.noConflict(); が重要!!