• Like
Docker on aws
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Docker on aws

  • 986 views
Published

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
986
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
11
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Docker  on  AWS Innovation EGG 代表 JAWS-UG大阪 支部長 比企 宏之 14年3月22日土曜日
  • 2. 自己紹介 • 比企 宏之(ひき ひろゆき) • 大阪が本社のソフトウェア開発&  パッケージソフトのメーカー企業に勤務 • エンタープライズ系エンジニアで  元携帯やスマートフォンの開発  なのでモバイル関連が特に強いです。 • 三年程前からJAWS-UG大阪の主催しており Innovation Eggの代表も兼務 14年3月22日土曜日
  • 3. 自己紹介 • 比企 宏之(ひき ひろゆき) • 大阪が本社のソフトウェア開発&  パッケージソフトのメーカー企業に勤務 • エンタープライズ系エンジニアで  元携帯やスマートフォンの開発  なのでモバイル関連が特に強いです。 • 三年程前からJAWS-UG大阪の主催しており Innovation Eggの代表も兼務 今回はJAWS-­‐‑UGとしてではなく イノベーションエッグのメンバーとして 話します 14年3月22日土曜日
  • 4. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう 14年3月22日土曜日
  • 5. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう 第一回は160名の方がエントリー 協力ITコミュニティは下記8コミュニティ HTML5-­‐‑WEST.jp Sencha  UG 日本Androidの会 関西Firefox  OS勉強会 大阪node学園 Kansai  PHP  Users  Group DevLOVE関西 14年3月22日土曜日
  • 6. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう クラウドにフォーカスした Innovation  Egg  第二回 XEgg 開催 エントリー270名 14年3月22日土曜日
  • 7. Innovation  Egg第二回  XEgg 第二回 XEgg 1st(くろすえっぐ ふぁーすと) 第二回参加コミュニティ ・Chef Meetup Kansai・日本Androidの会 ・ JAZUG(Japan Windows Azure User Group) ・MongoDB JP・ JAWS-UG(AWS User Group - Japan) ・ Innovation EGG・わんくま同盟 ・ EC-CUBE UG・ VSハッカソン倶楽部 ・ WordBench・ Ruby関西 ・DevLove関西・関西Firefox OS勉強会 14年3月22日土曜日
  • 8. Innovation  Egg第二回  XEgg                 14年3月22日土曜日
  • 9. Innovation  Egg第二回  XEgg                 14コミュニティ& 9クラウドベンダーを 個人レベルの勉強会で召喚 14年3月22日土曜日
  • 10. Innovation  Egg第二回  XEgg                 次回JavaScriptだけの イノベーションエッグを開催予定 喋りたい人求む 14年3月22日土曜日
  • 11. 本題 11 14年3月22日土曜日
  • 12. AWS便利ですよね 12 14年3月22日土曜日
  • 13. Immutable  Infrastructureな 感じで環境を ガシガシ 作っては壊し 作っては壊し 13 14年3月22日土曜日
  • 14. でも 14 14年3月22日土曜日
  • 15. 問題点 安いけどインスタンス毎に課金。 たくさんサーバーを用意すれば 個人レベルではお高い 15 14年3月22日土曜日
  • 16. 問題点 EC2のインスタンス起動と終了で 5分立ち上げても1時間分の課金。 1時間以内に起動と停止を繰り返される と回数*1時間分が課金 16 14年3月22日土曜日
  • 17. お金をあまり気にせずに Immutable  Infrastructure やりたい 17 14年3月22日土曜日
  • 18. 18 14年3月22日土曜日
  • 19. Docker • Linux上で独立した別のLinuxを起動することができる。 • OSの設定やアプリケーションソフトの導入の済んだ Linux環境を丸ごと実行イメージとして保存する機能があ り、別のマシンのDockerに持ち込んでそのまま実行する ことができる。 19 14年3月22日土曜日
  • 20. Dockerのわかりやすいメリット • ubuntoやCentOSなら、クラウドオンプレミス関係なし にImmutable Infrastructureできる • 複数台のインスタンスを用意しなくても一つのOS上に  干渉しない複数の環境を構築できる • サーバーの起動が早い • gitのように使える • DokerFileでChef Soloみたいに使える 20 14年3月22日土曜日
  • 21. Docker(LXC)のデメリット • LXCというコンテナ技術がそれほど枯れてなくて たまに不安定な時もあるらしい。 • セキュリティが少しあやしいという情報もある。 • 完全なVMではないので挙動が少し違う場合がある 21 14年3月22日土曜日
  • 22. Docker(LXC)のデメリット • LXCというコンテナ技術がそれほど枯れてなくてたまに 不安定な時もあるらしい。 • セキュリティが少しあやしいという情報もある。 • 完全なVMではないので挙動が少し違う場合がある 22 2月25日  LXC  Ver1.0リリース 3月12日  Docker  0.9リリース(1.0候補) 完成度上がってる? 14年3月22日土曜日
  • 23. デモ 23 14年3月22日土曜日
  • 24. AWSのインスタンス起動で 5分かかるから無理汗 24 14年3月22日土曜日
  • 25. Dockerインストール(事前) 25 ・Marketplaceから CentOS 6 (x86_64) - with Updatesを選択 centosを入力 検索後選ぶ 14年3月22日土曜日
  • 26. Dockerインストール(事前) 26 ・Marketplaceから CentOS 6 (x86_64) - with Updatesを選択 14年3月22日土曜日
  • 27. Dockerインストール(事前) 27 ・ OSのアップグレード # yum update ・EPELとremiのリポジトリーを登録する  # yum install wget  # wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm  # wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm  # rpm -Uvh remi-release-6.rpm epel-release-6-8.noarch.rpm  # ls -l /etc/yum.repos.d/epel* /etc/yum.repos.d/remi* 14年3月22日土曜日
  • 28. Dockerインストール(本体) 28 ・Docker本体のインストール # yum install docker-io --enablerepo=epel # yum -y update docker-io --enablerepo=epel ・Dockerサービスの起動 # service docker start 14年3月22日土曜日
  • 29. Docker実行 29 # docker run centos /bin/echo "Hello World" コンソール上に”Hello World”が出れば成功・・・ 14年3月22日土曜日
  • 30. コマンド10行で 環境を構築 30 14年3月22日土曜日
  • 31. ここからがDockerの 面白いところですが 時間切れのハズ 31 14年3月22日土曜日
  • 32. この先はぜひ自分の手 で試してください 32 14年3月22日土曜日
  • 33. Dockerは どの環境でもOSさえ 対応していれば 動作可能 33 14年3月22日土曜日
  • 34. 14年3月22日土曜日
  • 35. そうAWSではない クラウドでもね・・・ 35 14年3月22日土曜日
  • 36. ご静聴 ありがとうございました 36 14年3月22日土曜日