TFセミナー マイクロソフト製品で作る Web インフラ 基本編

10,624 views
10,457 views

Published on

最新のマイクロソフトのWebサーバーであるIIS7.xを今まで使っていない、あるいは以前のIISをご使用の方向けに実施した2009年3月16日のセミナー資料。

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
10,624
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

TFセミナー マイクロソフト製品で作る Web インフラ 基本編

  1. 1. マイクロソフト製品で作る Web インフラ 基本編<br />マイクロソフト株式会社<br />IT Pro エバンジェリスト奥主 洋 (おくぬし ひろし)<br />http://blogs.technet.com/hirookun/<br />http://www.microsoft.com/japan/powerpro/tf<br />
  2. 2. 本日は ライブ中継 も実施!!<br />OfficeLiveMeeting のサービスを活用<br />今日は少人数、今後はもっと広く参加募集<br />東京以外からも参加可能になる!<br />通信カードがあれば、実は会場でも見れるJ<br />2<br />
  3. 3. マイクロソフト Web プラットフォーム<br />エンド ユーザー<br />ツール<br />サービス<br />クライアントテクノロジー<br />Windows Vista, Windows 7<br />.NET Client Applications (WPF, Windows Forms)<br />Internet Explorer8<br />モバイル<br />.NET Compact Framework<br />SQL Server Compact Edition<br />Webにおけるクロスプラットフォーム<br />Silverlight<br />ASP.NET and AJAX<br />開発者とデザイナー<br />のコラボレーション<br />すべてのシナリオ、すべてのユーザー<br />テクノロジー<br />インターネット<br />Applications<br />サーバー、インフラストラクチャそして Windows Server<br />開発の加速とWeb資産の活用<br />既存のスキルを活用し、優れたユーザーエクスペリエンスを創造<br />SharePointなど<br />Officeサーバー<br />アプリケーションも<br />データベース<br />Webサーバー<br />Eコマース<br />統合され、互換性があり、最適化された<br />プラットフォーム群<br />3<br />
  4. 4. 本セッションの内容<br />IIS7 基礎知識<br />IIS7 の基本的な足回り<br />WSS を使用した情報共有WSS:WindowsSharePointServices<br />メディアストリーミング<br />IIS7 で知っておくといいこと<br />まとめ<br />4<br />
  5. 5. IIS7 基礎知識<br />5<br />
  6. 6. マイクロソフトの Web サーバー<br />インターネット インフォメーション サービス<br />Internet Information Server と呼ばれていた時期があったが IIS5.0 以降はこの名前。<br />略して IIS(アイ・アイ・エス)<br />最新バージョンは 7.0、もうすぐ 7.5<br />OS の標準機能<br />Windows NT 3.51 時代にアドオンとして登場、Windows 2000 から標準機能になった<br />Windows 2000 から クライアント OSにも搭載<br />6<br />
  7. 7. 多様な提供形態<br />ServerCore<br />完全<br />開発環境<br />運用環境<br />規模に応じて様々なオプションをご用意<br />インターネット専用 Windows Web Server 2008/R2<br />インストール方法も多様<br />ウィザード、自動実行、コマンドによる方法<br />7<br />
  8. 8. エディションの機能差<br />de<br />Itanium-based Systems<br />Datacenter <br /><ul><li> 64プロセッサ(Sockets,x64)
  9. 9. 32プロセッサ (Sockets,x86)
  10. 10. プロセッサ動的追加
  11. 11. プロセッサ動的置換
  12. 12. メモリ動的置換
  13. 13. Virtual Image Use Rights= 無制限
  14. 14. 64プロセッサ(Sockets)
  15. 15. 2TBメモリ
  16. 16. .NETFramework
  17. 17. IIS7
  18. 18. フェールオーバー クラスタ(8ノード)
  19. 19. NLB
  20. 20. SUA
  21. 21. WSRM
  22. 22. BitLocker
  23. 23. プロセッサ動的追加
  24. 24. プロセッサ動的置換
  25. 25. メモリ動的置換
  26. 26. TS(AdminConnections)
  27. 27. Virtual Image Use Rights = 無制限</li></ul>Enterprise<br /><ul><li>8プロセッサ (Sockets)
  28. 28. 2TBメモリ(x64)
  29. 29. 64GBメモリ(x86)
  30. 30. フェールオーバー クラスタ(16ノード)
  31. 31. メモリ動的追加
  32. 32. ファイル サービス</li></ul>(Full)<br /><ul><li>TSGW(Unlimited)
  33. 33. メディアサービス(Full)
  34. 34. DFS-R
  35. 35. ADFS
  36. 36. AD CS(Full)
  37. 37. NPS[IAS] (Unlimited)
  38. 38. RRAS(Unlimited)
  39. 39. Virtual Image Use Rights=4
  40. 40. ファイル サービス</li></ul>(単一DFS root)<br /><ul><li> プリント サービス
  41. 41. DNS
  42. 42. ADDS/RODC
  43. 43. ADRMS
  44. 44. AD LDS
  45. 45. ADCS(Basic)
  46. 46. DHCP
  47. 47. NAP
  48. 48. NPS[IAS] (50RadiusClient)
  49. 49. RRAS(250connections)
  50. 50. TS
  51. 51. TS GW(250connections)
  52. 52. SUA
  53. 53. WDS
  54. 54. BitLocker
  55. 55. FAX
  56. 56. Hyper-V(x64)
  57. 57. Virtual Image Use Rights=1</li></ul>Standard<br />Web<br /><ul><li>4プロセッサ (Sockets)
  58. 58. 32GBメモリ(x64)
  59. 59. 4GBメモリ(x86)
  60. 60. Server Core
  61. 61. ServerManager
  62. 62. メディア サービス(Basic)
  63. 63. PowerShell
  64. 64. .NETFramework
  65. 65. IIS7
  66. 66. NLB
  67. 67. WSRM
  68. 68. TS(AdminConnections)</li></ul>http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/compare-specs.aspx<br />8<br />
  69. 69. Windows Web Server 2008<br />Windows Web Server 2008 はまさにインターネットWeb環境構築のための専用環境その代わり、CAL が原則不要マシン上のデータベースの実行も可能<br />Webに必要のない役割・機能は最初から無い<br />使える役割は3つ<br />Web (IIS)、Windows SharePoint Services、Windows Media Services (IIS 以外はダウンロードしてインストール)<br />ハードウェア制限が緩和<br />4 プロセッサー、4GB メモリ(x64では32 GB)<br />メリット<br />使用リソースの低減、攻撃対象の軽減、コストの削減<br />より多くのWebアプリケーションシナリオをサポート<br />ローカルWebアプリケーション向けのSQL Server使用<br />IIS・ ASP.NET・.NET FX 3.0 を制限なしで提供<br />9<br />
  70. 70. ホストできるコンテンツ<br />静的なコンテンツ<br />HTML や 画像<br />動的なコンテンツ<br />ASP + COMコンポーネント<br />ASP.NET + Webサービス(WindowsSharePointService はこれ)<br />PHP(しかも複数バージョンを一台で)<br />Ruby、Perl、Python も<br />ISAPI、CGI、FastCGI ベースの言語ランタイムもの<br />動画<br />WindowsMedia 動画(WindowsMediaService はこれ)<br />HTMLベースの動画配信(実は IIS がホストするだけ)<br />10<br />
  71. 71. IISのセキュリティ対策現状<br />2009年3月16日現在 IIS6.0では重要が4件<br />http://www.microsoft.com/japan/technet/security/current.aspx<br />MS08-005: インターネット インフォメーション サービス の脆弱性により、特権の昇格が起こる (942831)  深刻度:重要<br />Secunia サイトにおける単純比較<br />http://www.secunia.com<br />11<br />
  72. 72. モジュール化<br />Server Core未搭載<br />7.0=FTP6<br />7.5=FTP7<br />12<br />
  73. 73. モジュール化構造(統合パイプライン)<br />Native<br />ASP.NET<br />ASP.NET<br />キャッシュ<br />ISAPI<br />ログ<br />トレース<br />圧縮<br />エラー<br />カスタム<br />静的<br />ASP<br />ASP.NET<br />FastCGI<br />フォーム<br />匿名<br />基本<br />Url承認<br />13<br />
  74. 74. システム構成情報の新しいメカニズム<br />WindowsMicrosoft.NETFrameworkvX.X.XXXXXconfig<br />.NET Framework<br />の構成情報<br />“メタベースはもう無い”<br />machine.config<br />サイトの構成情報<br />ASP.NET 既定<br />の構成情報<br />組合せに<br />よる実際<br />の構成<br />web.config<br />web.config<br />アプリケーション<br />の構成情報<br />WindowsSystem32inetsrvconfig<br />IIS7.0<br />の構成情報<br />web.config<br />applicationHost.config<br />継承構造<br />他にも<br /><ul><li>administration.config IISツールUI関連構成、IISユーザー情報
  75. 75. redirection.config シェアドコンフィグレーション設定
  76. 76. IIS5.xとIIS6.0のメタベースがこの新しいメカニズムに移行した。
  77. 77. IIS6互換機能を入れれば今まで利用したスクリプト類も動作する。</li></ul>14<br />スキーマ定義ファイル:%windir%system32inetsrvconfigschema<br />IIS_schema.xml, ASPNET_schema.xml , FX_schema.xml<br />
  78. 78. IIS 機能の出荷方法の変化IISExtensions<br />IIS.net から随時<br />IISExtensions<br />http://iis.net/extensions<br />WU<br /> から<br />標準モジュール<br />追加<br />の<br />役割<br />7.0<br />個々の Extension については講師ブログで解説しています。<br />15<br />
  79. 79. IIS 機能の出荷方法の変化IISExtensions<br />IIS.net から随時<br />IISExtensions<br />http://iis.net/extensions<br />WU<br /> から<br />標準モジュール<br />追加<br />の<br />役割<br />7.5<br />16<br />
  80. 80. IIS Extensions の出荷状況<br />2009年3月16日時点<br />17<br />
  81. 81. IIS7 の基本的な足回り<br />18<br />
  82. 82. 良いものからは学ぼう!<br />http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/install.html<br />概要 (せっかちな人向け)がわかりやすい!<br />19<br />
  83. 83. 入手方法<br />IIS7.0 は下記の OS に付属<br />Windows Vista(HomePremium以上)<br />WindowsServer2008 (全Edition)<br />IIS7.5 は下記の OS に付属<br />Windows 7(未確定:Vistaに準じる予定)<br />Windows Server 2008 R2(全Edition)<br />つまり、Windowsの標準機能です。<br />個別にダウンロードするものではありません。<br />20<br />
  84. 84. インストール方法(GUI)<br />クライアント系<br />Windows の機能の有効化または無効化<br />インターネット インフォメーション サービス<br />サーバー系<br />サーバー マネージャー<br />Web サーバー(IIS)という役割<br />※サーバーには役割という考え方がある。<br />コンパイルは必要ありません。<br />普通のソフトと同じ感覚でインストールできる。<br />http://blogs.technet.com/hirookun/archive/2007/09/08/iis7-how-to-iis7-0.aspx<br />21<br />
  85. 85. インストール方法(コマンド)<br />7.0 環境 と 7.5 環境 共通<br />Pkgmgr.exe<br />Ocsetup.exe<br />ServerManagerCmd.exe(サーバーのみ)<br />7.5 環境<br />PowerShell の ServerManager スナップイン(サーバーのみ)<br />Add-WindowsFeature<br />DISM.exe<br />これはイメージ配布、イメージ操作のためのOS展開に使うツールでオフラインのイメージにも適用可能<br />22<br />
  86. 86. インストール済みを確認する方法<br />WindowsVista・Windows 7<br />Windows の機能の有効化または無効化<br />Dism.exe /online /Get-Features (Windows 7)<br />WindowsServer2008 ・R2<br />サーバーマネージャの役割画面<br />ServerManagerCmd.exe –query(完全のみ)<br />Oclist.exe(ServerCore のみ)<br />Dism.exe /online /Get-Features (R2のみ)<br />WindowsPowerShell の ServerManager スナップイン<br />Get-WindowsFeature (R2のみ)<br />23<br />
  87. 87. コンテンツに合わせたモジュール構成<br />24<br />いくつかのパターンで必要な IIS7 のモジュールを整理http://learn.iis.net/page.aspx/136/install-typical-iis-workloads/<br />例:静的なコンテンツ(HTML、画像など)が動作する既定のインストールは下記のモジュールがインストールされる<br />Static Content IIS-StaticContent<br />Default Document IIS-DefaultDocument<br />Directory Browsing IIS-DirectoryBrowsing<br />HTTP Errors IIS-HttpErrors<br />HTTP Logging IIS-HttpLogging<br />Logging Tools IIS-LoggingLibraries<br />Request Monitor IIS-HttpTracing<br />Request Filtering IIS-RequestFiltering<br />Static Content Compression IIS-HttpCompressionStatic<br />IIS Management Console IIS-ManagementConsole<br />
  88. 88. 起動、終了、再起動<br />IIS 本体 は Windows サービス管理ツール – サービスで状態確認、制御<br />IISAdminService (自動開始:IISADMIN)<br />WorldwideWebPublishingService(自動開始:W3SVC)<br />MicrosoftFTP サービス(自動開始:FTPSVC)<br />他 4つ関連サービスがある<br />サーバーマネージャー内で制御<br />概要の中のシステムサービス<br />コマンドでやりたい場合<br />Net Start 上記の略号(例:W3SVC)<br />Net Stop 上記の略号(例:W3SVC)<br />25<br />
  89. 89. IISのサーバー構成物<br />アプリケーションプール<br />Windowsのプロセスと紐づく単位:プロセス名はw3wp.exe<br />サイト<br />通信ポート、ドメイン名と紐づく単位:ポート、IPアドレス、ドメイン名を指定<br />アプリケーション<br />特殊な仮想ディレクトリ:アプリケーションと紐付けを行う単位<br />仮想ディレクトリ<br />仮想的に物理階層とは違う階層を作る:URLを組み立てる際に実際の物理階層とは違う階層を見せたい場合に利用する<br />物理的な階層もこのフォルダ階層に表示される<br />26<br />
  90. 90. アプリケーション実行の様子<br />27<br />App3<br />App1<br />App2<br />W3svc<br />サービス<br />Svchost.exe<br />ワーカー<br />プロセス<br />AppPool1<br />W3wp.exe<br />ワーカー<br />プロセス<br />AppPool2<br />W3wp.exe<br />こういう構造なのでKernel(ドライバーの世界)のキャッシュ機構に多くあたるコンテンツが多いサーバーではパフォーマンスが圧倒的に速い。<br />モジュール<br />User<br />Kernel<br />http.sys<br />Cache<br />キュー<br />
  91. 91. システム構成情報のバックアップ<br />Appcmd add backup “任意の名前”<br />C:windowssystem32inetsrvackup<br />これで採取できる情報は下記<br />applicationHost.config (メインの構成ファイル)<br />administration.config (IISマネージャー関連)<br />redirection.config (共有構成のため)<br />Metabase.xml (IIS6互換機能)<br />MBSchema.xml (IIS6互換機能)<br />標準ではない Schema を Schema フォルダに<br />28<br />
  92. 92. システム構成情報の自動バックアップ<br />大きな構成変更があった際にIISが自動取得<br />C:inetpubhistory<br />Appcmd list backup で一覧を確認<br />この一覧には手動もリストされる<br />取得される情報は下記<br />applicationHost.config<br />administration.config<br />標準ではない Schema ファイル<br />29<br />
  93. 93. Webサイトを新規に立ち上げよう<br />Webサイトの作成(GUI編)<br />IIS マネージャーを立ち上げる<br />「サイト」をクリックする<br />右の操作ウィンドウで 「Webサイトの追加」<br />サイト名、物理パス、バインド情報を入力例:Site1, d:site1, すべてのIPアドレス 8080<br />何かページを置く<br />ブラウザーで動作確認<br />http://localhost:バインドポート例: http://localhost:8080/<br />30<br />
  94. 94. Webサイトを新規に立ち上げよう<br />Webサイトの作成(コマンド編)<br />管理者実行でコマンドプロンプトを開く<br />cd c:windowssystem32inetsrv<br />appcmd add apppool /name:”Site2”<br />md c:Site2<br />appcmd add site /name:&quot;Site2&quot; /bindings:http/*:8081: /physicalPath:”c:Site2”<br />appcmd set app “Site2/” –applicationpool:”Site2”<br />何かページを置く<br />ブラウザーで動作確認<br />http://localhost:バインドポート例: http://localhost:8081/<br />31<br />
  95. 95. Server Core コマンド集<br />32<br />
  96. 96. インストール方法(ServerCore)<br />当然ながら 全部 コマンド!<br />7.0 環境 と 7.5 環境 共通<br />Pkgmgr.exe<br />Ocsetup.exe<br />7.5 環境<br />PowerShell の ServerManager スナップイン(サーバーのみ)<br />Add-WindowsFeature<br />DISM.exe<br />これはイメージ配布、イメージ操作のためのOS展開に使うツールでオフラインのイメージにも適用可能<br />33<br />
  97. 97. インストール方法(ServerCore)<br />DISM+PowerShell でやる方法をご紹介<br />Windows PowerShell をインストール<br />DISM /online /get-features<br />DISM /online /enable-feature /feature-name:MicrosoftWindowsPowerShell /feature-name:ServerManager-PSH-Cmdlets<br />Windows PowerShellを起動<br />Import-Module servermanager<br />$module = Get-Module servermanager<br />$module.ExportedCmdlets<br />Add-WindowsFeature<br />34<br />
  98. 98. インストール確認(ServerCore)<br />2つご紹介<br />Wfetchツールを利用<br />ServerCore でも動きます<br />単独あるいは IIS6.0ResourceKit<br />Windows PowerShell を利用<br />$x = New-Object System.Net.WebClient<br />$x.OpenRead(“http://localhost”) <br />$x.ResponseHeaders.GetValues(“Server”)<br />35<br />
  99. 99. アクセスのログ<br />「ログ記録」 で設定を行う<br />既定では サイト単位でフォルダが作成され、そこに毎日ひとつずつファイルができる設定になっている<br />%SystemDrive%inetpublogsLogFiles<br />IISではいくつかの種類のログが選択可能<br />既定は w3c<br />パースするのに便利な Log Parser ツール<br />http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=890cd06b-abf8-4c25-91b2-f8d975cf8c07&DisplayLang=ja<br />36<br />
  100. 100. インデックスファイルの設定<br />ファイル名まで URL を指定しなかった場合に選択されるファイル<br />IIS では「既定のドキュメント」と呼ぶ<br />通常、以下が入っているDefault.htm, Default.asp, index.htm, iisstart.htm, index.html, default.aspx<br />Index.php など他のタイプは手で追加<br />トラフィックが多い場合に IIS ではここが一つのチューニングポイントとして挙げられている-> 順番に探すメカニズム=想定できる場合、一番上にしておく<br />37<br />
  101. 101. カスタムなエラーページ<br />38<br />エラーの概要<br />エラー情報の詳細<br />可能性のある原因<br />対処方法<br /><ul><li>再構築されたカスタムエラー
  102. 102. サーバー外のクライアントと “Localhost” で相違
  103. 103. 詳細なエラー結果情報
  104. 104. 時刻、URL、実行中のモジュール、ステータス etc</li></li></ul><li>失敗した要求トレース 機能Failed Request Tracing あるいは FRT<br />fr999999.xml<br />+<br />freb.xsl<br />39<br />
  105. 105. RuntimeStatusand Control Data実行時のステータス・制御データの取得<br /><ul><li>実行時ステータスをAPIで取得、制御する
  106. 106. 最新状態・詳細な実行時の状況を取得する方法を提供する</li></ul>WMIでの利用<br />&apos; connect to provider set oService = GetObject(&quot;winmgmts:rootWebAdministration&quot;) for Each oProcess in oService.InstancesOf(&quot;WorkerProcess&quot;) &apos; the PID of the process is just the Id property WScript.Echo &quot;---W3WP DETAILS---&quot; WScript.Echo &quot; W3WP PID : &quot; & oProcess.PID WScript.Echo &quot; W3WP AppPoolId : &quot; & oProcess.ApplicationPoolNext <br />APPCMDでの利用も<br />もちろん可能!<br />IISマネージャでの利用<br />40<br />
  107. 107. WSS を使用した情報共有<br />41<br />
  108. 108. SharePoint の目指すもの<br />組織の生産性とコミュニケーションを促進するプラットフォーム<br />ビジネスにおける様々な規模とニーズに対応<br />時間、場所、機器を問わないセキュアな情報へのアクセス<br />Microsoft Office SharePoint Server 2007 を構成する6つの機能領域<br />エクストラネット<br />企業<br />ビジネス<br />インテリジェンス<br />コラボレーション<br />インターネット<br />業務アプリケーション<br />(SAP, データベース…)<br />部門<br />文書データ<br />(共有フォルダ、イントラネット)<br />チーム<br />SharePoint<br />Platform<br />Services<br />ビジネス<br />プロセス<br />ポータル<br />個人<br />小規模なグループから、大規模な組織、<br />インターネット環境まで対応<br />コンテンツ<br />管理<br />検索<br />42<br />
  109. 109. Office SharePoint Server 2007 の全体像(有償)<br />ポータル機能の向上<br />ユーザー管理強化(外部ディレクトリインポート)<br />サイトリンク切れ探知<br />RSSフィールドの生成、購読<br />多言語対応、携帯端末対応<br />精度の高い広範囲な検索<br />業務アプリケーションの検索<br />強化されたKnow-who 検索<br />改善された検索インターフェイス<br />検索システムの利用動向分析<br />豊富なコラボレーション機能<br />ブログ, Wiki, プロジェクト管理、強化されたディスカッション、アンケート(回答分岐など)<br />ファイル・アイテム単位でのセキュリティ設定、オフラインでの利用<br />ユーザーが誤って削除した文書も戻せるゴミ箱<br />既存システム<br />利用者PC<br />文書データ<br />共有ファイルサーバー<br />イントラネット<br />個人<br />ポータル<br />掲示板<br />アンケート<br />ブログ<br />Wiki<br />プロジェクト<br />管理<br />文書<br />管理<br />全文検索<br />コラボレーション機能<br />業務システム<br />SAP、Siebelなど<br />各種データベース(SQL、Oracleなど)<br />全文検索<br />監査<br />漏洩対策<br />コンテンツ管理<br />ワークフロー<br />データ連携<br />外部<br />データ<br />連携<br />機能<br />利用者<br />パーソナライズ<br />多言語対応<br />モバイル対応<br />ブラウザ<br />ポータル基本機能<br />既存ディレクトリ<br />Active Directory<br />その他認証システム<br />認証連携<br />ユーザー管理<br />43<br />
  110. 110. WSS3.0の全体像(無償:今日はこちら)<br />ポータル機能の向上<br />RSSフィールドの生成、購読<br />携帯端末対応<br />精度の高い広範囲な検索<br />改善された検索インターフェイス<br />豊富なコラボレーション機能<br />ブログ, Wiki, プロジェクト管理、強化されたディスカッション、アンケート(回答分岐など)<br />ファイル・アイテム単位でのセキュリティ設定、オフラインでの利用<br />ユーザーが誤って削除した文書も戻せるゴミ箱<br />利用者PC<br />既存システムとの<br />連携は厳しい<br />1グループ、1チームの情報共有に適している<br />企業全体での共有を促進したい場合は MOSS を推奨<br />掲示板<br />アンケート<br />ブログ<br />Wiki<br />プロジェクト<br />管理<br />文書<br />管理<br />コラボレーション機能<br />全文検索<br />利用者<br />モバイル対応<br />ブラウザ<br />ポータル基本機能<br />
  111. 111. どう便利か<br />メール洪水、添付ファイル地獄からの開放<br />簡易的な版管理<br />アンケートやリスト管理<br />取引先とのファイルやりとり<br />実はカスタマイズ可能<br />無償!MOSSへの足掛かり、社内説得<br />45<br />適切な SharePoint テクノロジの選択<br />http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101758691041.aspx<br />
  112. 112. マイクロソフトでどう使っているか<br />情報システム部門(MSIT)が準備し、セルフサービスで自由にサイトを作れる-> 部門を超えた情報共有-> 「この資料使いたいのですが」、とメールが来る。<br />エクストラネットにも使用社外とのデータやりとりにもセルフで-> きちんと認証を確保して共有-> 「資料をアップしておいたので確認ください。」<br />チームサイトの利用が事例になっています例:イベント Tech・EdYokohama の運営http://www.microsoft.com/japan/showcase/microsoftco7.mspx<br />46<br />
  113. 113. 入手方法<br />WindowsSharePointServices はダウンロードが必要<br />ダウンロードセンターからR2 は x64 のみの提供なので x64版 を<br />Windows SharePoint Services 3.0 x64 (Service Pack 1 同梱版)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9fb41e51-cb03-4b47-b89a-396786492cba&DisplayLang=ja<br />SP1 同梱版が WindowsServer2008 対応<br />47<br />
  114. 114. インストール<br />WindowsWorkflowFoundation 必要<br />機能:.NETFramework 3.0以降を追加<br />ダウンロードした SharePoint.exe を実行<br />120MBくらい<br />IIS を意識しないでインストール可能<br />「基本」でやると指定ほとんどなし<br />「詳細設定」でやると簡易Webファーム構成もとれる<br />IIS を意識しないのでできてしまうが、IIS内ではどう動いているかは見ておくべき<br />48<br />
  115. 115. メディアストリーミング<br />49<br />
  116. 116. マイクロソフトとメディアストリーミング<br />Windows Media テクノロジー<br />1999年 WindowsMedia4.x<br />2002年 WindowsMedia9.x<br />WindowsMediaPlayer が有名<br />実は エンコード機能やサーバー側機能も<br />WindowsMedia サービス<br />2007年ごろから IIS の開発チームへ移管<br />メディアストリーミングの潮流に合わせて新しい機能、しかも IIS と連動する機能を開発<br />WebPlaylist、BitrateThrottling<br />HD 世代のストリーミング<br />IISSmoothStreamingへ<br />50<br />
  117. 117. メディアストリーミングの流行<br />言うまでもないですねYouTube、ニコニコ動画 … (順不同) MS では MSNSoapBox など<br />世界で視聴されるビデオの数はなんと10,000,000,000/ 月 という統計もある<br />やっぱり「百分は一見に如かず」である<br />撮影機材・ソフトウェアの価格低下<br />ストリーミングの仕掛けの変化(HTTP活用)<br />コスト削減で社長のスピーチはビデオでとか<br />51<br />
  118. 118. メディアストリーミングの活用<br />企業での活用<br />オンライントレーニング(例:コンプライアンス教材)<br />経営層のスピーチ (例:年始の挨拶)<br />社内テレビ放送 (例:米国では結構あるらしい)<br />製品のプロモーションビデオ<br />インターネットでの活用(通常 広告つき)<br />Social networking videos<br />映画のプロモーションビデオ<br />ニュースやエンターテイメント ビデオクリップ<br />音楽や映像配信サービス<br />インターネットラジオやテレビ<br />ラジオやテレビの再放送<br />ライブ中継             などなど今後も拡大必至。<br />52<br />
  119. 119. ビデオの製作<br />WindowsMedia テクノロジーWindowsMediaEncoder 9<br />ビデオカメラで撮影した映像<br />Webカメラで撮影した映像<br />人気のある画面操作撮影ツールCamtasiaStudio<br />Windows Mediaサービス用は .wmv<br />53<br />
  120. 120. WindowsMedia サービス<br />54<br />
  121. 121. WindowsMedia サービス<br />Windows Media テクノロジーが生まれた時に開発された専用サーバーサービス<br />今後はHTTP ベースのメディアストリーミングが主流で、このサービスは開発継続しない<br />最後のバージョンは Windows Server 2008 R2 に搭載されるものの予定<br /><ul><li>HTTP ベースのストリーミングの最大の長所はインターネットの既存のインフラを利用できること。
  122. 122. HTTP ベースのプロキシーが利用できることにより、どんどんユーザーエクスペリエンスが向上できる。</li></ul>55<br />
  123. 123. 56<br />Web Playlist<br />
  124. 124. Web Playlist<br />メディアのプレイリスト(再生一覧)にはいくつか種類がある<br />.asx(AdvancedStreamRedirector)通常クライアントプレイリストと呼ばれる今までも多く活用されてきた<br />.isx(IIS7WebPlaylist ファイル)<br />原理的には クライアントがサーバーに .isxを要求するとサーバーは .asx ファイルを返す動きをしている<br />インターネットのメディアストリーミングビジネスは広告が欠かせないため、重要な要素<br />57<br />
  125. 125. Bitrate Throttling<br />58<br />
  126. 126. Bitrate Throttling<br />Windows メディアサービスのような専用プロトコルを利用する方式ではなく、今はHTTPのファイルダウンロードベースが潮流<br />HTTPベースの方式は基本的に全部ダウンロードする前提になっており、サーバーの負荷が無駄になっていることが多い<br />このモジュールは見ている時間帯よりも数秒分だけ先までを送る仕組みなので無駄が無いため、より多くのユーザーにサービスを提供できる仕組み<br />ファイルの形式は制限が無いので特にマイクロソフトのフォーマットに拘らない<br />59<br />
  127. 127. IISSmoothStreaming<br />先行して Akamai 社 に提供している IISの新アダプティブ ビデオ ストリーミング機能http://www.smoothhd.com をご覧ください。<br />一般向け Extension は ベータ版を提供開始<br />IIS.NETにおける記事http://blogs.iis.net/jboch/archive/2008/10/28/i-ve-seen-the-future-and-the-future-is-smooth.aspx<br />Silverlight と IISSmoothStreaminghttp://www.microsoft.com/silverlight/overview/mediaDetail.aspx?index=2<br />60<br />
  128. 128. IISSmoothStreaming<br />一般向けベータ版の入手<br />http://www.iis.net/extensions/SmoothStreaming<br />SmoothX32.msi(x86環境用)<br />SmoothX64.msi(x64環境用)<br />ダウンロードし、実行する<br />サーバーレベルにキャッシュ設定<br />サイトレベルにプレゼンテーション設定<br />原理的には複数のビットレートのファイルを置いてそれを細切れにしてクライアントに送信する過程でビットレートが変更できる仕組み<br />61<br />
  129. 129. IISSmoothStreaming<br />仕組みがわかるサンプルコンテンツが利用可能HDビデオなのですごくきれい<br />IIS Smooth Streaming Beta Sample Content http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e44b0a2d-2e0c-48ff-bf57-3d05a20e2f6a&displaylang=en<br />帯域<br />シミュレーション<br />実際の利用ビットレートをグラフで<br />62<br />
  130. 130. IIS7 で知っておくといいこと<br />63<br />
  131. 131. WebDeploymentTool<br />アプリケーションのパッケージングと展開<br />Visual Studio 2010 との連携を予定<br />Web ファームの管理を簡素化<br />IIS 6.0 及び IIS 7.0 サーバー間の同期<br />IIS6.0 環境を IIS7.x環境に移行!<br />統合されていないExtensions の一つ<br />IISマネージャを拡張してくれる<br />64<br />
  132. 132. WebDeploymentTool<br />65<br />
  133. 133. MSDeploy のできること<br />IIS6.0 -> IIS7.x 同期<br />IIS7.x -> IIS7.x 同期<br />Webサイトのアーカイブとリストア<br />IISマネージャにも機能が増加<br />IIS6.0 -> IIS7.x へ移行<br />IIS6.0、IIS7.xのインストール済み機能の分析<br />-WhatIf で実行しないで実行内容を確認<br />WindowsPowerShellにも対応した<br />66<br />
  134. 134. WCAT(Web Capacity Analysis Tool 6.3)<br />67<br />
  135. 135. WCAT(Web Capacity Analysis Tool 6.3)<br />必殺バッチファイル:2008年4月22日の投稿で詳細に解説<br />@REM [ダウンロードしたMSIをコントローラのマシンで実行します。] @REM WCatX86.msi を実行してインストール @REM Completeでインストールする @REM VistaだとUACメッセージ、許可する @REM Readme.txtが起動するので閉じる <br />@REM [試験準備] @REM コントローラに管理者権限でログオン @REM WCATのパスへ移動 cd &quot;Program FilesWCAT&quot; <br />@REM Cscriptをデフォルトに。 Cscript //H:Cscript pause <br />@REM 初期設定 @REM 空白をいれずに負荷を担当するクライアント名をカンマ区切りで指定する。 @REM コントローラ自身も含まれる場合、localhostあるいはマシン名を追加しておく。 Wcat.wsf -terminate -update -clients localhost<br />@REM カウンタにアクセスできるようにIPC$に繋いでおく net use ocalhostipc$ pause <br />@REM [実行] @REM シナリオ(サンプル:home.ubr)と設定(サンプル:settings.ubr) Wcat.wsf -terminate -run -clients localhost -t .samplesscriptshome.ubr -f .samplesscriptssettings.ubr -s “localhost” -singleip –x pause <br />68<br />
  136. 136. 復習:アプリケーション実行の様子<br />69<br />App3<br />App1<br />App2<br />W3svc<br />サービス<br />Svchost.exe<br />ワーカー<br />プロセス<br />AppPool1<br />W3wp.exe<br />ワーカー<br />プロセス<br />AppPool2<br />W3wp.exe<br />こういう構造なのでKernel(ドライバーの世界)のキャッシュ機構に多くあたるコンテンツが多いサーバーではパフォーマンスが圧倒的に速い。<br />モジュール<br />User<br />Kernel<br />http.sys<br />Cache<br />キュー<br />
  137. 137. キャッシュ<br />IIS7 のキャッシュは強力<br />【IIS7】 MSC2008 セッションより (おまけ)の際に QDIG アプリを使用して計測した差異<br />何もなし:ステータス 200 が返った数 = 35/sec <br />ユーザーモード/ クエリーストリング:ステータス 200 が返った数 = 1872/sec<br />カーネルモード:ステータス 200 が返った数 = 2744/sec<br />70<br />
  138. 138. インストールマニアックス<br />インプレス ITさんと年末に行っていたコンテストhttp://tedia.jp/installmaniax/2008/<br />IIS に オープンソースソフトウェアをインストールする本数を競う<br />構築の経緯や手順の Tips などを書く<br />WindowsWebServer と 廉価サーバーを無償提供<br />「インストールマニアックス」や「InstallManiax」で検索すると欲しい手順が見つかるかもしれない!<br />第二弾が有るとか無いとか J<br />もしあったら皆さんも是非チャレンジしてください!<br />71<br />
  139. 139. スキルチャージ プログラム「Web サーバー導入 Kit」<br />http://www.microsoft.com/japan/powerpro/skillcharge/default.mspx<br />72<br />New!!<br />ドメイン獲得、通信環境以外を無償で提供します。<br />IIS で実際に構築してインターネット接続することが条件<br />
  140. 140. まとめ<br />73<br />
  141. 141. クラウド?WindowsAzure?<br />マイクロソフトが提供しようとしているのは「選択肢」です (^-^)<br />前出のテクノロジーの組合せを社内環境で利用したままコスト効率の良い一部をクラウドへ持っていく<br />10年後のクラウド率はわかりません。皆さん、どう思いますか?<br />そして Azure の HTTP 通信を担当するのはやはり 今日 の Web サーバー、IIS です。<br />74<br />
  142. 142. まとめ<br />今の IIS は前の IIS とは違います。<br />セキュリティも 安定性も 設定の自由さも<br />噂ではなく、実際に確かめてください &lt;(_ _)&gt;<br />WindowsWebServer はインターネット専用、その代わり原則 CAL なし<br />WSS はお手軽な割りにかなりのことができるとても便利なツール、MS社内でも多用<br />メディアストリーミング活用に注目が集まっているので IIS を使って Smooth に!!<br />テレビも FullHD の時代です!<br />75<br />
  143. 143. 宣伝<br />76<br />
  144. 144. IIS & Webテクノロジーに関する勉強会<br />積極的にこの技術エリアで発信したいと思っている方を引き続き募集中!!<br />エバンジェリストとの親密なコミュニケーション<br />WindowsLive のグループ機能を活用<br />注意事項<br /><ul><li>情報収集のためだけの参加はNG
  145. 145. メンバーへの氏名とメアドの公開
  146. 146. 定期的なオフ会あるいはLiveMeetingへの参加ができること
  147. 147. TFセミナーやサイトでの発信</li></ul>興味がある方は http://iisjapan.groups.live.comへ<br />77<br />
  148. 148. TechNet バーチャルラボ<br />仮想のソフトウェア評価環境<br />http://technet.microsoft.com/ja-jp/bb467605.aspx<br />IIS7.0のラボは9つ!<br />デスクトップの演習環境<br />準備するのは、Web ブラウザとインターネット接続環境だけ<br />複数マシン環境でも場所の確保不要<br />テスト用にハードウェアやソフトウェアを用意しなくても<br />サーバーやクライアント環境を実際に操作できる<br />マニュアル(90分シナリオ)付き新しいシナリオも続々登場!!<br />バーチャル ラボは、マイクロソフトがホスティングする仮想のソフトウェア評価環境に、デスクトップ上の Web ブラウザからアクセスし、製品評価やトレーニングができる 無償のオンライン サービス です。最新のラインナップ(ラボのシナリオ)は、TechNet バーチャル ラボ サイト、TechNetFlash ニュースレターにて紹介します。<br />78<br />
  149. 149. TechNet Plus サブスクリプションhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/default.aspx<br />継続的に発生する検証作業を1年間購読の固定費用で!<br />期限のない製品やプロダクトキーを契約期間中、自由にダウンロードして検証作業<br />契約者専用のWebサイト<br />※この購読サービスで利用できるソフトウェアは 実運用環境で使用できません。<br />メディアあり<br />Download のみ<br />2009年6月末まで<br />Evangelistキャンペーンコード<br />新規:TNEVAN =30%Off更新:TNEVAR =20%Off<br />79<br />
  150. 150. ITPROMOMENTUM プログラム<br />最新テクノロジーの検証支援プログラム<br />TechNetDirect サブスクリプション無償提供<br />専用サイト(英語)の利用<br />80<br />エバンジェリストのインタビューに応じていただける方であること<br />http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/interview/default.mspx<br />
  151. 151. 関連サイト<br />講師のブログhttp://blogs.technet.com/hirookun<br />IIS7.0製品サイトhttp://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/internet-information-services.mspx<br />TechNet ライブラリ(操作ガイド、展開ガイド)http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc753433.aspx<br />ご質問は TechNetIIS7.0 フォーラムhttp://social.technet.microsoft.com/forums/ja-JP/iis7ja/threads/<br />IIS.NET (英語)http://www.iis.net<br />先行発表!! http://technet.microsoft.com/<br />TechNet に “IISTechCenter“ が 4月前にオープン予定です。<br />ここには IIS を取り扱うための情報を集約します。<br />81<br />
  152. 152. ひと目でわかる IIS7.0http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A04900.html<br />出版:日経BPソフトプレス<br />タイトル:ひと目でわかるIIS7.0<br />ページ数:272ページ<br />ISBN:978-4-89100-612-9<br />定価:本体2,835円 税込<br />発行日:2008年10月14日<br />82<br />
  153. 153. IIS7.0Webサーバー管理ガイドhttp://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/C06100.html<br />出版:日経BPソフトプレス<br />タイトル:IIS 7.0 Webサーバー管理ガイド<br />ページ数:248ページ<br />ISBN:978-4-89100-570-2<br />定価:本体2,940円 税込<br />発行日:2008年5月19日<br />83<br />
  154. 154. IIS7.0 リソースキットhttp://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A06400.html<br />出版:日経BPソフトプレス<br />タイトル:Microsoft Windows Server 2008リソースキット IIS 7.0編<br />ページ数:832ページ<br />ISBN:978-4-89100-633-4<br />定価:本体 9,450円 税込<br />発行日:2009年4月27日<br />準備中<br />84<br />
  155. 155. © 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.<br />The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.<br />

×