VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー

1,802 views

Published on

VOYAGE GROUPで実践している勉強会をエンジニア視点でのご紹介

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,802
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
888
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー

  1. 1. VOYAGE GROUPの! 成長する勉強会カルチャー VOYAGE GROUP! 三浦 裕典(@hironomiu)
  2. 2. About Me 2009年DBAとして入社(6年目) VOYAGE GROUP SYSTEM本部 ERDG所属技術者育成責任者 若手の育成、インターンの取り纏め 勉強会? Treasure Sunrise
  3. 3. My Job 2013 Treasure
  4. 4. My Job 2014 Treasure
  5. 5. My Job Engineering Resource Development
  6. 6. Talk About 本日は現場エンジニアとして三浦等がVOYAGE GROUPで開催してきた勉強会の一部のご紹介を通じ、 その勉強会の変遷によってVOYAGE GROUPの短期だ けではなく中長期にも目線を置いてVOYAGE GROUP の勉強会カルチャーからエンジニア、非エンジニアを問 わず事業を推進する一面をお伝えし、あわせてその勉 強会の価値について気付きの機会になれば幸いです
  7. 7. Not Talk 大上段に立ったVOYAGE GROUPのカル チャーや経営者目線の組織運営のようなお話 はしません What CREED? 今回のお話の上で必要なバックボーンとな る部分についてはご紹介します 詳しいことは懇親会で聞いてne!! What SCREW?
  8. 8. VOYAGE GROUP ?
  9. 9. VOYAGE GROUP 人を軸とした事業開発会社
  10. 10. VOYAGE GROUP
  11. 11. VOYAGE GROUP
  12. 12. 本題に入る前に少しだけ
  13. 13. 「社内」勉強会の定義 育成と勉強会の特徴から比較 育成 企業が意図して行う 勉強会 企業が実施する権利を与える カリキュラム 新卒研修 今回はこちらの話自発的 環境適応 体系的 応用的
  14. 14. 「社内」勉強会の立ち位置 短期中期長期 あくまでも手段 価値を生み出すための手段の一つ (原則)目的化はしない 価値 アウトプット
  15. 15. 「社内」勉強会の効能や期待 企業の目指す本質的な価値に向けて小さな投 資でデメリットが少なくリターンを得られる 手段の一つ(では?と考えます) 自学自習 筋肉質な組織 継続的に 環境適応 最後に振り返りたいと思います
  16. 16. Looking Back 権利として自学自習し環境適応を促す 価値を生み出す手段であり目的ではない 継続的に行うことで様々な価値を生む ここら辺をこれからお話します 主体的 サイクル
  17. 17. ここからは三浦の入社当初からを振り返りつつ今回のテーマ である勉強会についてお話します。
  18. 18. 勉強会のきっかけ 2009年(5 Years Ago) DBA Emergency!! SICP Web Security 分類器 勉強会カルチャー!! ニーズ DataBase Kaizen SYSTEM Kaizen SQL Kaizen SQL Kaizen SQL Kaizen・・
  19. 19. Start DB勉強会 Kaizen・・ Application Tuning Application Review Non Stop 月に1回三浦から全現場エンジニアを招集し ボトルネックの解消を目的とした勉強会の開 催(1年半ほど継続)
  20. 20. Analyze Organizer(三浦) 継続的なサービスの安定稼働 既存のSQLのチューニング これからリリースされるSQLのチューニング Engineer サービスを止めるSQLを書かない Win-Win 企業もwin
  21. 21. Analyze 勉強会カルチャー!! Specialist Top Down 一定の技術水準、一定の価値観に引き上げ る 弱点の補強
  22. 22. KPI サービスの安定稼働状況 性能測定値 トラブルの発生数 収益(トラブルに収益減の回避)
  23. 23. Looking Back Emergency!! 効果勉強会 計測し易い 見え易い 弱点補強 1年半 投資判断し易い 3ヶ月
  24. 24. 後々大きなメリットが華開きます ! Coming Soon
  25. 25. 2013-2014 DB 最近はSlackですが
  26. 26. SQL Antipatterns http://tech.voyagegroup.com/archives/7759653.html
  27. 27. Analyze Organizer(三浦) 後進の育成 新しい専門家の育成 自身の技術力の向上 Engineer 興味のある技術分野 新たな技術的な強みを作る Win-Win 筋の良さの伝承 組織の拡大 企業に取って?
  28. 28. Analyze 筋肉質な組織 将来に向けたな技術の貯金、投資 学び取る力 環境適応 強みの作成 勉強会カルチャー!! 自学自習 不確実性 目的化しない わかってはいるけど今するべき?
  29. 29. KPI ?? 中長期目線での別な意義での見出だしが必要?
  30. 30. DB勉強会後の大きなメリット
  31. 31. Data Analysis データを分析したい 非エンジニア エンジニア
  32. 32. Looking Back Emergency!! 見え易い 効果勉強会 弱点補強 1年半 サーバリソースの解放 エンジニアリソースの解放
  33. 33. Spin Off (re) 危機的な状況を回避するために投じていたヒ ト、モノのリソースを創造的な活動に転化 余剰なサーバリソースを有効利用したい して欲しい 社内の環境のフェーズが変わっていた SQLリリースの強み
  34. 34. Looking Back Emergency!! 見え易い 効果勉強会 弱点補強 1年半 サービスの拡大期 安定稼働
  35. 35. Data Analysis データを分析したい Why? 活躍 成果 無仮説、無検証 ROIの最大化 褒賞の仕組み 企業目線 社員目線 総会評価
  36. 36. Spin Off (re 2) 危機的な状況を回避するために投じていたヒ ト、モノのリソースを創造的な活動に転化 余剰なサーバリソースを有効利用したい して欲しい 社内の環境のステージが変わった SQLリリースの強み何かが生み出せる状況
  37. 37. 非エンジニア向けSQL勉強会
  38. 38. VOYAGE GROUP
  39. 39. Data Analysis データを分析したい Why? 活躍 成果 無仮説、無検証 ROIの最大化 企業目線 褒賞の仕組み 社員目線 学ぶ大きな動機
  40. 40. 非エンジニア向け SQL勉強会の夜明け 今まで 非エンジニアからエンジニアに必要なデータの依頼 管理画面 エンジニアがSQLにてデータの取得を実演 リアルなデータ、詳細なデータ 自分もやりたい Why?How? SCREW アーリーアダプター ボトムアップ効果 セキュリティ勉強会
  41. 41. エンジニア、非エンジニア合同 統計勉強会 SQLを使ったデータ解析が本格化 更に深い目線で解析したい Why? コラボレーション エンジニア、非エンジニアでデータ解析の際に同じ目線 で会話したい SCREWによって勉強会が発生? 勉強会によってSCREWの推進? SCREW なら統計を一緒に知ればより深まるのでは?
  42. 42. Analyze(re) (2013-2014 DB、非エンジニア向けSQL、 エンジニア、非エンジニア合同 ) 筋肉質な組織 将来に向けたな技術の貯金、投資 学び取る力 環境適応 強みの作成 勉強会カルチャー!! SOUL CREED SCREW 自学自習 不確実性 今するべき わかってはいるけど今するべき?
  43. 43. KPI(?) 勉強会カルチャー!! SOUL CREED SCREW フィット 人を軸とした事業開発会社
  44. 44. まとめの前に振り返り 「社内」勉強会の効能や期待(re) 企業の目指す本質的な価値に向けて小さな投 資でデメリットが少なくリターンを得られる 手段の一つ(では?と考えます) 自学自習 筋肉質な組織 継続的に 環境適応 それ以上の大きな効能 SCREWとの連動
  45. 45. まとめ 勉強会はあくまでも手段(目的化することも?) 短期的なリターンだけではなく中長期的な視点でリターンの得る状況 (VOYAGE GROUP的にはSCREWとの連動) 価値を生み出すために、弱点を補うタイミングと強みを作るフェーズ 成長する勉強会カルチャー 勉強会カルチャーによって? 点(勉強会)の投資が線や面になりステージがあがること (ボトムアップな話に終止しましたがカルチャーのグランドデザインは 大事)
  46. 46. Information Recruit VOYAGE GROUPではAd Tech Engineerを募 集しています
  47. 47. Information #Ajiting #Ajitingと言うお酒を片手に緩く学ぶ活動を行っています 毎月社外の方とも#Ajitingを行っています 今回のテーマはAd Techです。Ad Techに興味のある方は 懇親会にてお声掛けください。後日ご案内させて頂きま す 過去 AWS、Jenkins、Ad Tech
  48. 48. ご清聴ありがとうございました

×