Your SlideShare is downloading. ×
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

CODE for JAPAN第4回Brigade勉強会「アイデアソンのやり方を学ぶ」

3,839

Published on

Published in: Business
0 Comments
28 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,839
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
146
Comments
0
Likes
28
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 1 第4回Brigadeワークショップ 「アイデアソンのやり方を学ぶ!」
  • 2. アイデア創発ファシリテーター 矢吹 博和 アイデア創発ファシリテーター ワーショップ・デザイナー NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 代表理事 株式会社 ラーニングプロセス 代表取締役 4月より福島県浪江町タブレット配布事業において、 CODE for NAMIEにおけるワークショップデザイン・ アイデアソン企画・運営を担当。 2
  • 3. 3 アイデア創発ファシリテーター
  • 4. ハッカソンとは? Hack Marathon 4
  • 5. アイデアソンとは? • ハッカソン前のアイデア出しブレインストーミング • ハッカソンで作るもののアイデアを出し合い、発展させる • 同時にチームビルディングも行い、ハッカソンにチャレンジ するチームを決める 5
  • 6. よくあるアイデアソンーハッカソンの流れ 6 誰かが アイデア ネタを発表 チーム作り (興味あるチームに 参加) アイデア ブラッシュ アップ ハッカソンへ チーム作り (事前に グループ分け) チーム内 アイデア ブレスト アイデア ブラッシュ アップ ハッカソンへ お題・テーマ 1時間~2時間程度。ハッカソン当日の冒頭にやることも パターンA パターンB 考える つく
  • 7. 7
  • 8. 9 誰かが アイデア ネタを発表 チーム作り (興味あるチームに 参加) アイデア ブラッシュ アップ ハッカソンへ チーム作り (事前に グループ分け) チーム内 アイデア ブレスト アイデア ブラッシュ アップ ハッカソンへ お題・テーマ 1時間~2時間程度。ハッカソン当日の冒頭にやることも ともに考える ともにつく る いかに多様なメンバーが主体的に参加できるワーク ショップ(アイデアソン)をデザインするか? 単なる対話や課題共有に終わらせずに、次につながる アウトプット(アイデアコンセプト、チーム)を出すか。
  • 9. 多様な人が参加できる アイデアソンをデザインしよう! 10
  • 10. アイデアソンのあるべき姿とは? • 多様な参加者が主体的に参加できる場。ハッカ ソンに参加しない人も参加可能に。 • アイデア創発がおこる場。 • チームビルディングができる場。 • 単なるアイデアだけでなく、具体的なプロトタイ ピングやハッカソンにつながるための場。 • 課題についての情報提供や考えるための場。 • ハッカソンにつながるアウトプットを作る場。 11
  • 11. 理想的なアイデアソンの流れ 12 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 12. アイデアソン実施前の検討項目 • アイデアの取扱いについて(同意書) • 課題と具体的なテーマ設定はどうするか? • 参加者選定はどうするか? • ミニセミナー・インプットセミナーの開催 • ハッカソンへの連動をどうする 13
  • 13. 今日のアイデア=公共財 • 今日は、沢山の人とアイデアを出し合います。 • 今日、この場で出されるアイデアは、この場にいた 人の 公共財として、参加者の誰もが利用できる、 という前提にしたいと思います。 • 「他人に使われては困る!」という構想は、本日の アイデアソンでは、心の中にしまっておいてください。 14
  • 14. アイデアソン・ハッカソン同意書サンプル 15 https://github.com/IAMAS/makeathon_agreement/blob/master/agreement.md 【目的】本イベントは、参加者が多様な視点や知識を持ち寄って共にアイデアを創出し、自らの技術等を提供し 合い、実装することにより、イノベーションを創出することを目的としています。 【成果物】本イベントにおいて参加者が作成した文章、スケッチ、図、3Dデータ、CGデータ、 写真、音声、動画、ソフトウェア、プロトタイピングしたハードウェアその他一切の成果物 に関する著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権その他一切の権利は、作成し た参加者自身に帰属します。 【アイデア】本イベントにおいて参加者が提供したアイデア(コンセプトおよびノウハウ等 を含みます)は、そのアイデアを提供した参加者から次条に定める申出および参加者 による権利化がなされないかぎり、人類の共有財産(パブリックドメイン)として、他の参 加者を含めた第三者が、無償で自由に利用することができます。 【公開】主催者、本イベントを共催、協力した者、ゲスト及び講師(以下「主催者等」といいます)は、成果物を、広 告宣伝または研究目的のために、ウェブサイト(SNSを含む)やチラシ、パンフレット等の宣伝販促物に掲載する 等、公開することができます。ただし、本イベント終了時から15日以内に、権利を有する参加者から、成果物に 関する情報を公開しないよう申出があった場合には、主催者等は成果物の公開を延伸する等、参加者の権利 化のために適切な措置を講じるよう努めるものとします。 IAMAS 同意書 で検索
  • 15. アイデアソン体験 16
  • 16. テーマ説明 17 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 17. 本日のお題 18 「避難者に孤独を感じさせない、 思わず利用したくなるタブレット活用 のアイデアとは?」 福島県浪江町タブレット配布事業
  • 18. 19 浪江町の現状
  • 19. マンダラート 20 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 20. 「孤独を救う・孤独」から 連想される単語を8個書く。 -時間 1分 その単語から連想されること をそれぞれ8個書く。 -時間 8分 マンダラート 21
  • 21. スピードストーミング(2人ブレスト) 22 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 22. 1.ペア・アイデア出し(他花受粉) 23
  • 23. 24
  • 24. やり方(30分)25 25
  • 25. 26
  • 26. アイデアスケッチ 27 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 27. 28
  • 28. 29
  • 29. 30
  • 30. 31
  • 31. ハイライト法 32 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 32. 33
  • 33. チームビルディング アイデアレビュー 34 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) アイデアレビュー
  • 34. 上位4個 35
  • 35. 上位4個 36
  • 36. チームビルディング チームビルディング 37 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) アイデアレビュー
  • 37. 38
  • 38. 自分のやりたいテーマに集まりましょう 1.これからやりたいテーマのところに集まる (ハッカソンの時点で、移動可能) 2.メンバーどおしの自己紹介 3.リーダーとチーム名を決める
  • 39. チームビルディング ブラッシュアップ 40 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) アイデアレビュー
  • 40. アイデアを拡げる このアイデアの 面白いところは? その面白さを もっと高める方法は?
  • 41. 内容・提示方法・提示タイミング? クエスト内容やシナリオ、 期待できる効果を 具体化しましょう
  • 42. 理想的なアイデアソンの流れ 43 テーマ 説明 アイデア 創発 アイデア 選定 チームづ くり ブラッシュ アップ テーマ説明 講演など スピードストーミング (ペアブレスト) アイデアスケッチ ハイライト法 • 発展ブレスト • PPCO マンダラート (個人ワーク) チームビルディング アイデアレビュー
  • 43. アイデアソンのあるべき姿とは? • 多様な参加者が主体的に参加できる場。ハッカ ソンに参加しない人も参加可能に。 • アイデア創発がおこる場。 • チームビルディングができる場。 • 単なるアイデアだけでなく、具体的なプロトタイ ピングやハッカソンにつながるための場。 • 課題についての情報提供や考えるための場。 • ハッカソンにつながるアウトプットを作る場。 44
  • 44. ご質問・お問合せ 矢吹博和 yabuki@i-con.or.jp yabuki@L-process.jp 45

×