Linuxとオープンソースの世界

1,360 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,360
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Linuxとオープンソースの世界

  1. 1. Linux とオープンソースの世界 2007/12/17 廣江
  2. 2. 概要
  3. 3. Linux とは・・・? <ul><li>Linux とは Windows や MacOS などと同じ、コンピュータ上で動作するオペレーティングシステムです。 </li></ul><ul><li>オペレーティングシステムとは機器と人とをつなぐ役割をするソフトウエアです。 </li></ul>
  4. 4. Linux とは・・・? デスクトップ画面の一例です。
  5. 5. Linux とは・・・? 携帯電話で Linux を起動しています。ここでも機器(携帯電話)と人とをつなぐ役割を担っています。
  6. 6. Linux とは・・・? プレイステーション 3 で Linux を起動しています。このように Linux の動作する機器は必ずしもパソコンだけではありません。
  7. 7. Linux の歴史
  8. 8. Linux の歴史(誕生) <ul><li>Linux の開発者は全世界に散らばる“ハッカー(極めて優秀なコンピュータオタク)”達です。 </li></ul><ul><li>最初に Linux を作り始めたのはフィンランドの学生「リーナス・トーバルズ」でした。 </li></ul>
  9. 9. Linux の歴史(誕生) 1991 年、 8 月、リーナス・トーバルズによってインターネット上のニュースグループに歴史的な投稿がなされました。
  10. 10. Linux の歴史(誕生) 「今僕はフリーの 386(486) AT クローンで稼働するオペレーティングシステムに取り組んでいます。 4 月から作り上げてきて、おおむね準備が整いました。 皆さんがどんな機能を欲しいと思っているのかぜひ知りたいと思います。どんな提案でも歓迎します。ただし、実際に実装するかどうかは約束できませんが :-) 」 (一部略)
  11. 11. Linux の歴史(誕生) <ul><li>この書き込みに多くのハッカー達は熱烈に反応し、この新しい OS(Linux) を自分のパソコンにインストールし、テストし、改良しました。 </li></ul><ul><li>Linux は無料でダウンロードできるだけでなく、無断で改良して、改良したものを無断で公開することも許されていました。 </li></ul><ul><li> その条件として、 自分自身の書いたソースコードを同様の条件で公開すれば。 </li></ul>
  12. 12. Linux の歴史(発展) このような経過を経て、 Linux は多くのハッカーたちの下でテスト・修正・公開を繰り返しました。 Linux の開発に参加した人の数は 100 人、 1000 人、 1 万人、 10 万人と増加していきました。
  13. 13. Linux の歴史(発展) <ul><li>やがて Linux を核として、他の様々なフリーのソフトウエアと組み合わせて公開するベンダーが現れました。 </li></ul>他にもいろいろ・・・ 私たちは社内外向けのシステムの開発に Debian GNU/Linux を使っています。 Debian GNU/Linux でびあん ぐにゅー りなっくす redhat Linux れっどはっと りなっくす SUSE Linux すーぜ りなっくす Gentoo Linux じぇんつー りなっくす Turbo Linux たーぼ りなっくす Ubuntu Linux うぶんつ りなっくす
  14. 14. Linux の歴史(現在) <ul><li>現在の Linux はモバイル機器から企業の社内システムを構成するコンピュータ、さらには国家レベルで開発されるスーパーコンピュータまで多彩な現場で活躍しています。 </li></ul><ul><li>こうしている間にも、 Linux の開発は世界中のハッカーたちによって行われているのです。 </li></ul>
  15. 15. Linux の特徴
  16. 16. Linux の特徴 <ul><li>Linux は数多くある UNIX 系 OS のひとつです。 </li></ul>Free BSD とか・・・ OpenSolaris とか・・・ MacOSX もだし・・・ Windows は違いますが。 もちろん Linux も。
  17. 17. Linux の特徴 <ul><li>Unix 系 OS の特徴は・・・? </li></ul>・完全なマルチタスク(複数の処理を同時に実行できる) ・高い安定性(プログラムが異常終了しても他のプログラムや OS を巻き込まない) ・優れたネットワーク機能 ・セキュリティー強度が高い 複数のユーザが同時に使用する用途に適している。 サーバ用途に最適
  18. 18. マルチユーザ
  19. 19. マルチユーザ Linux( というか Unix 系 OS はみんな ) 複数のユーザが同時にひとつのコンピュータを使用することを前提にして作られています。 ホストコンピュータ 実際に水神の開発には1台の開発用マシンに複数の開発スタッフが接続して開発を行っています。 それぞれの開発者は自分のパソコンの画面を見ていますが、実際の処理はホストとなるコンピュータ上で行われます。
  20. 20. マルチユーザ <ul><li>各ユーザは自分が自由にファイルを作ったり修正したりできるホームディレクトリ(フォルダ)を持ち、それ以外の場所で新しくファイルを作成したり、既に存在するファイルの内容を修正することはできません。 </li></ul><ul><li>ただしユーザ” root( ルート )” だけは全能のユーザで全てのファイルを読み書きできます。 root はあくまで管理用のユーザで、管理者以外には絶対に root のパスワードを知られてはいけません。 </li></ul>
  21. 21. X Window System
  22. 22. X Window System <ul><li>コンピュータの分野で、 Windows のようにマウスでクリックしたりウインドウを開いたりできるグラフィカルなユーザインターフェースを GUI( グイ または ジーユーアイ ) といいます。 </li></ul>
  23. 23. X Window System <ul><li>ドラマや映画で時々見る、ひたすら文字が表示されたりユーザの操作がコマンドラインで行われるような環境をキャラクター・ユーザ・インターフェース ->  CUI( クイ または シーユーアイ ) といいます。 </li></ul>
  24. 24. X Window System <ul><li>X Window System( エックス ウインドウ システム 以下 X) は Linux 上での GUI を実現するためのプログラムです。逆に言えば、 X をインストールしなければ Linux 上でマウス操作やウインドウ画面での表示などはできないことになり、その場合は CUI での操作になります。 </li></ul><ul><li>サーバ専用機ではメモリを節約するためにあえて X をインストールしない場合もあります。 </li></ul>
  25. 25. X Window System <ul><li>X Window System だけでは使いやすい GUI とはなりません、通常はその上にさらにウインドウマネージャをインストールして使用します。 </li></ul>← 例えばこれは KDE というウインドウマネージャ。
  26. 26. X Window System <ul><li>ウインドウマネージャは色々あります。自分にあったウインドウマネージャを選ぶのも大切なことです。 </li></ul>↓ これは WindowMaker 。 ↓ GNOME 。 ・・・他多数。
  27. 27. シェル
  28. 28. シェル <ul><li>実際の開発現場ではほとんどの作業をシェルで行います。 </li></ul>① ② ③ 右の画面はある日の私の仕事中の画面です。 それぞれ、 ① システムのログを確認しています。 ② システムをアップデートしています。 ③ Ruby のソースコードを閲覧しています。
  29. 29. シェル <ul><li>シェル上では色々なコマンドを駆使して作業を行います。 </li></ul>ls ・・・ファイルの一覧を表示する cd ・・・ディレクトリ(フォルダ)を移動する less ・・・ファイルの内容を表示する vi ・・・ファイルを編集する top ・・・ CPU の使用率などの情報を表示する ping ・・・他のパソコンとの通信状況を確認したりする ・・・他多数。 シェルコマンドの一例
  30. 30. シェル <ul><li>サーバの管理・運営やソフトウエアの開発を行う場合はシェルの知識は必須です。シェルで使うコマンドの種類はたくさんありますが、いつも使う種類はそんなに多くありません。初めはホームページや専門書を参考にしながら使っていればいつの間にか覚えることができるでしょう。 </li></ul>
  31. 31. 入手とセットアップ
  32. 32. 入手とセットアップ <ul><li>最も基本的な入手方法はベンダーのホームページからダウンロードする方法です。 </li></ul>
  33. 33. 入手とセットアップ <ul><li>通常はダウンロードした Linux の ISO ファイルを CD に焼いて、そこからインストールします。 </li></ul><ul><li>それ以外に、 1CD Linux といって、パソコンにはインストールせずに CD-ROM のデータから直接 Linux を起動することのできるものもあります。 </li></ul>
  34. 34. 次回に続く・・・

×