Keep it fun! - more fun, more fun.

2,971
-1

Published on

#agile渋谷 meetup 05

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,971
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Keep it fun! - more fun, more fun.

  1. 1. Keep it fun!! more fun, more fun. 2012/02/01 場所:株式会社 VOYAGE GROUP Hiroki OHTSUKA a.k.a. HIROCASTER
  2. 2. @HIROCAST
  3. 3. for you
  4. 4. “楽しく仕事をするアジャイル開 発手法(組織・プロセス)の経 験(成功・失敗)を共有します これを元に参加者の仕事が楽し く、現場が変化することを期待 しています。 - Hiroki OHTSUKA 「AgileShibuya meetup #05」
  5. 5. 楽しい 仕事とは? http://www.flickr.com/photos/mmcnier/4658314198/
  6. 6. “歯車の1つに なった人間は、 仕事を楽しくできない。 - Christopher Alexander 「パタン・ランゲージ」
  7. 7. 仕事 余暇
  8. 8. “仕事と余暇は単一の生活プロセス の補完的な要素であり、両者を分 離すれば仕事の喜びも余暇の喜び も破壊されるのである。 - Christopher Alexander 「パタン・ランゲージ」
  9. 9. 組織
  10. 10. “5から20人の作業者で構成される自主 管理的な作業場やオフィスの形成を促 すこと。各集団ごとに、組織、形式、 他の集団との関係、雇用と解雇、作業 スケジュールなどについて、自主的に 決められるようにすること。 - Christopher Alexander 「パタン・ランゲージ」
  11. 11. 組 織 重 要
  12. 12. 環 境 重 要
  13. 13. “ 所属する組織と環境を選ぶ権利を 保有しているのは労働者である。 - Hiroki OHTSUKA 「AgileShibuya meetup #05」
  14. 14. Be Happy!!
  15. 15. Agile Software Development
  16. 16. http://www.flickr.com/photos/surangaw/5077635184/ Not Waterfall
  17. 17. http://www.slideshare.net/kakutani/postface-from-agilesamuraisupervisor
  18. 18. Agile Software Development
  19. 19. - XP - Scrum - Crystal - etc...
  20. 20. Iterative and Incremental Development
  21. 21. - アジャイルプラクティス「頻繁なデモでフィードバックを得る」 P.68
  22. 22. - アジャイルプラクティス「短いイテレーションでインクリメンタルにリリースする」
  23. 23. Agile Software Development
  24. 24. プロセスとは?
  25. 25. “ソフトウェア開発プロセ スは、品質のよいソフト ウェアの作成を可能にす る枠組みなのです。 - Head Firstソフトウェア開発
  26. 26. “自分のチームと自分のプロジェ クトに役立つプロセスを選び... そのプロセスが生み出した成果 物を自分の顧客の要望に合うよ うに調整します。 - Head Firstソフトウェア開発
  27. 27. Agile Software Development
  28. 28. “ひとりの開発者としてアジャイ ル開発者としての心構えと習慣 を身につけること。 - アジャイルプラクティス「監訳者あとがき」
  29. 29. Standup Meeting
  30. 30. http://www.flickr.com/photos/fsse-info/3291799261/ Planning
  31. 31. http://www.flickr.com/photos/magnus_d/5121009259/ Retrospective
  32. 32. Standup Meeting
  33. 33. http://www.flickr.com/photos/robef/5688248840/ Long Time
  34. 34. 遅 刻 http://www.flickr.com/photos/alancleaver/4293345629/
  35. 35. It’s Not Just Standing Up http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/wiki/bliki/? ItsNotJustStandingUp
  36. 36. http://www.flickr.com/photos/fsse-info/3291799261/ Planning
  37. 37. 変更・繰り返しhttp://www.flickr.com/photos/glokbell/1806142089/
  38. 38. テスト駆動開発 TDD
  39. 39. テスト駆動開発 TDD
  40. 40. Skill http://www.flickr.com/photos/tomoyoshi/164935247/
  41. 41. “スキル【Skill】 訓練や経験などによって身につ けた技能。ある人が有している 力量や技術。腕前。熟練。 - 大辞林
  42. 42. “ とにかくやれ。 やれないはずがない - 情熱プログラマー 愛せよ、さもなくば捨てよ
  43. 43. “テスト駆動開発を身につけると いうことは、正しく動くソフト ウェアをつくれる能力を身につ けるということ - Hiroki OHTSUKA a.k.a. HIROCASTER
  44. 44. 自働化
  45. 45. 自働化≠自動化
  46. 46. Source Code Manegement
  47. 47. 変更・繰り返しhttp://www.flickr.com/photos/glokbell/1806142089/
  48. 48. 集中と本気 http://www.flickr.com/photos/grantmatthews/86195229/
  49. 49. “仕事が一段落したあとにチーム メンバーが集まり、チームのや り方やチームワークを点検し、 改善する特別なミーティング - アジャイルレトロスペクティブズ 第1章「レトロスペクティブ」
  50. 50. Not Wich-hunt
  51. 51. “過ちを気にやむことはない。 ただ認めて、 次の糧にすればいい。 それが大人の特権だ。 - ガンダムUC エピソード2 「赤い彗星」 フル・フロンタルの発言
  52. 52. “レトロスペクティブがフォーカ スしているのは、チームがいか に協力して仕事を行うかという 点である。 - アジャイルレトロスペクティブズ「イントロダクション」
  53. 53. チーム
  54. 54. http://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550/ 効果
  55. 55. http://www.flickr.com/photos/hashir/1061284835/ HIGHANGLE
  56. 56. Agile Software Development
  57. 57. “許可を求めるな謝罪せよ。 (Don't ask for permission, beg for forgiveness) - http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20110205
  58. 58. for you
  59. 59. http://www.imgspark.com/image/view/all/230089/
  60. 60. “No Silver Bulet 『銀の弾丸はない』 - Frederick Phillips Brooks
  61. 61. Be Happy!!
  62. 62. FAQ

×