Your SlideShare is downloading. ×
0
マイクロジオデータ解析入門~ QGISの基本操作からネットワーク探索アルゴリズムを   ~           活用した詳細な立地評価           東京大学大学院 新領域創成科学研究科           マイクロジオデータ研究会 副運...
本ハンズオンの概要と目的本ハンズオンはマイクロジオデータの普及と利活用を促進するために演習形式で開催しているハンズオンです。時間的・空間的に詳細な空間分析を行いたい方を対象とした実習を行います。実習では東京大学空間情報科学センター(CSIS)が...
ハンズオンで使用するデータ本ハンズオンでは下記のような非集計のベクターデータの総称をマイクロジオデータ(MGD)と呼んでいます。ゼンリン住宅地図 TOWNⅡ(株)ゼンリンhttp://www.zenrin.co.jp/product/gis/z...
本ハンズオンの進め方について本ハンズオンは東京大学空間情報科学センター(CSIS)の協力を得て、貸出パソコン上で演習を行います。ハンズオンで使用する本スライドや一部データ・ソースコードについては下記にて公開いたします。本ハンズオンで利用するQu...
ハンズオンで使用するGISQuantumGIS(以下、QGIS)• 本実習ではフリーオープンソースGISで   あるQuantumGIS(ver1.8.0)を使用します。• FOSS4G(Free and Open Source Softwar...
ハンズオンの対象地域: 京都府宇治市  人口:189591人(2005年)  京阪神大都市圏の衛星都市  世界遺産ともなっている平等院鳳凰堂、  宇治上神社や宇治茶などで知られ、歴  史的にも有名な市である。         立命館大学    ...
本日の流れ1   QGISの基本的操作のおさらい     p92   国勢調査のデータを用いた立地評価    p323   MGDの概要と種類           p394   MDGを活用した立地評価        p56    ネットワーク...
習うより慣れろ!!ということで早速はじめていきましょう。
1.1 QGISの起動スタート > すべてのプログラム > OSGeo4W > Quantum GIS DESKTOP(1.8.0)より起動。もしくはデスクトップ上のアイコンをダブルクリック。  アイコンを  ダブルクリック          ...
1.1 「QuantumGIS」の起動            ファイル-新規            プロジェクトを            クリックする。 ※QGISは大量のデータを載せると、強制終了することは少なくありません。  「プロジェクト...
1.2 座標参照系とは                                               元々の住宅地図・電話帳                                               は、日本測地...
1.2 座標参照系の設定 設定>プロジェクトのプロパティ>オンザフ ライCRS変換を有効にするにチェック 異なる座標系を持つGISデータ情報を見た 目上、重ねて表示してくれるようになる。
1.2 座標参照系の設定座標参照系EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)を選択Search欄に2448と入れてFind
1.3 データのダウンロードと表示                                                地図で見る統計                                                (統...
1.3 データのダウンロードと表示 宇治市の町丁目境界の追加            レイヤ(L)→ベクタレイヤの            追加 をクリック                             15
1.3 データのダウンロードと表示“C:¥MGDdata¥estat” フォルダのh17ka26204.shpを追加                                            16
1.3 データのダウンロードと表示 宇治市の町丁目境界が表示される                    17
1.3 データのダウンロードと表示 レイヤプロパティ-スタイルで塗りつぶし色を変更する ダブルクリック                             18
1.3 データのダウンロードと表示          町丁目の人口を表示ラベルを表示をチェック町丁字ラベルが含まれているフィールド“MOJI”フォント6でOK
1.3 データのダウンロードと表示 町丁目名が表示される                    20
1.4 QGISのカスタマイズ地図ナビゲーションツールバーを上の段にドラッグ&ドロップ  ツールバーのお手てマークの左側にマウスカーソルをもってくると十   字矢印マークになるので、     十字矢印マークを    ツールバーの上の段に    ...
1.4 QGISのカスタマイズ地図ナビゲーションツールバー 地図移動、拡大、縮小など表示を変えてみましょう。 直前の表示領域にズームで元に戻れます。地図移動        縮小   全域表示   レイヤの   直前の表       拡大    ...
1.5 QGISプラグインの活用プラグイン>Pythonプラグインから背景地図を呼び出してみましょう。                  OpenLayers Plugin                  をインストール           ...
1.5 QGISプラグインの活用プラグイン→OpenLayers Pluginから選択                          Add OpenStreetMap                          Layersを選択
1.5 QGISプラグインの活用OpenStreetMap が背景地図として表示される
1.6 ベクターデータの作成対象となる施設ポイントの作成                 レイヤ(L)→追加→新                 しいシェープファイル                 レイヤ                   ...
1.6 ベクターデータの作成             CRSの指定をクリック                           27
1.6 ベクターデータの作成                 座標参照系                 EPSG: 2448                 世界測地系・                 平面直角座標系            ...
1.6 ベクターデータの作成             ファイル名を入力             ここでは、             施設01.shpと入力                           29
1.6 ベクターデータの作成        編集モード   点を入力  施設01を選択し編集モ  ードボタンを押して、地  図上に点をクリック。  IDに1を入力                       30
1.6 ベクターデータの作成         保存  立地を検討したい  施設データが保存  する                 31
2 国勢調査のデータを用いた立地評価 住宅・店舗・施設等の立地評価を行う際には、 人口分布が評価の際に重要な基準となります。 立地評価には施設からバッファを描き、一定の範囲内の居住 者の合計を評価の基準とします。                ...
2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加) ベクタ → 空間演算ツール → バッファ をクリック                              33
2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加)施設01から、1000mのバッファ作成                      日本語通らない                        かも。。                       ...
2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加)  施設01.shpから、1000mのバッファ作成  バッファ内の人口から、対象者人口が計算できる。                            35
2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加)「ラベルを表示」をチェック町丁字ラベルが含まれているフィールド“JINKO”フォント6でOK                          36
2.2 小地域統計による立地評価(空間集計問題)                            でも、1851人もいる                            町丁字の人口は                        ...
2.2 小地域統計による立地評価(空間集計問題)     これが非集計のデータであれば…※細目に経過を保存しましょう!                        38
3 マイクロジオデータの概要と種類 立地評価を行う際に有用なマイクロジオデータとして、 国勢調査の代わりにゼンリン住宅地図を利用していきます。                               39
3.1 データの準備実際に使用しながら、演習を行っていきます。下記フォルダにアクセスしてください。“C:¥MGDdata” フォルダマイクロジオデータ(住宅地図データ)               マイクロジオデータ              ...
3.2 ゼンリン住宅地図の概要ファイル名: 京都府宇治市_tatemono.csv建物1軒1軒の情報が記載されている日本測地系・緯度経度座標系         1200: 目標物         1363: 名称のある建物          (...
3.2 ゼンリン住宅地図の概要属性情報の詳細については「住宅地図csvデータ属性情報.xlsx」を参照※本ハンズオンでは演習用途につき住宅地図(TownⅡ)の建物ポリゴンデータの属性 データのみを扱います。本来の住宅地図(TownⅡ)にはMDB...
3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み「レイヤ(L)→デリミットテキストレイヤの追加(A)」をクリック                                   43
3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み                    参照をクリック        C:¥MGDdata¥TOWN2¥        京都府宇治市_tatemono.csvを選択                       ...
3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み              XフィールドにX,              YフィールドにYを選択                            45
3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み日本測地系・緯度経度座標系:TOKYOEPSG: 4301を指定Search欄に4301と入れてFind                    46
3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み住宅地図を地図上に表示できました。しかし、住宅地図には事業所や店舗など住居とは関係ない建物も含んでいます。
3.4 ゼンリン住宅地図の加工    そこで、住居関係の建物のみを抽出します。属性テーブルを開いて、    「アドバンストサーチ」から条件式(建物タイプ)を入力します。                                      ...
3.4 ゼンリン住宅地図の加工住宅関係の建物ポイントデータを選択                    49
3.4 ゼンリン住宅地図の加工選択されているのを確認したら、ファイルを保存します。                             50
3.4 ゼンリン住宅地図の加工                  ①ブラウズをクリック                  C¥MGDdata                  データフォルダに                  town2tat...
3.4 ゼンリン住宅地図の加工座標参照系 EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)としてOK現在は「オンザフライCRS変換」がオンになっていると自動的に合わせてくれるが、データ作成の際には座標系を定義する必要がある。      ...
3.4 ゼンリン住宅地図の加工エクスポートした建物ポイントデータを追加。                        53
3.4 ゼンリン住宅地図の加工すべてのシェープファイルの座標をEPSG: 2448に統一したため、オンザフライCRS変換をオフにします。  設定-プロジェクトのプ  ロパティ -オンザフラ  イCRS変換を有効にす  るのチェックをはずす   ...
3.4 ゼンリン住宅地図の加工(任意)表示が重くなるので、 日本測地系・緯度経度座標系XYデータは削除しておく               ※細目に経過を保存しましょう!                                 55
4 マイクロジオデータを活用した立地評価 マイクロジオデータを扱う準備が整いました。立地評価には住宅 地図から簡易的に人口を試算し、バッファで集計を行います。 また、店舗・施設には電話帳データを利用することができます。             ...
4.1 居住人数の試算住宅地図の面積情報から人数を推定 宇治市の延べ面積と世帯人数の関係から、人数を推定 (人)                                              入力式:  4             ...
4.1 居住人数の試算プラグイン>Table>Table managerより人口フィールドを追加                                        58
4.1 居住人数の試算 最後の行のあとに人口フィールド“POP”を追加                    Insertをクリッククリックした状態でTableManagerを開く      フィールド名”POP”      と入力      ...
4.1 居住人数の試算フィールド“POP”が追加されました。次に を押してテーブル編集を開始します。その後、 を押してフィールド演算を行います。 テーブル編集ボタン をクリック           フィールド計算機ボ              ...
4.1 居住人数の試算 式の中に人口試算式を入力                                        チェック                                               さきほど作成し...
4.1 居住人数の試算人口試算ができていることを確認します。                      62
4.2 バッファで集計さきほど作成した施設1のバッファ(1000m)を用いて、空間検索します。ベクタ > 調査ツール > 場所による選択   をクリック                                 63
4.2 バッファで集計住宅地図が検索対象となるように設定します。                        64
4.2 バッファで集計バッファ内の建物ポイントデータが選択されているのを確認できます。                               65
4.2 バッファで集計空間検索後、「選択を名前をつけて保存」から保存画面を起動し、CSV(カンマ区切りファイル)形式で名前をつけて保存します。              対象レイヤを              →クリック            ...
4.2 バッファで集計POPフィールドを合計して、総人数を確認します。                合計19,449人                が試算された     対象とする店舗・住宅・施設に応じ     て集計方法は異なる。    ...
4.3 電話帳の概要京都府宇治市   .csv店舗・事業所の全業種が記載日本測地系・緯度経度座標系                68
4.3 電話帳の概要住宅地図と異なり自己申告制でデータが作成されているため、住宅関係の記載は住宅地図に劣る。しかし、部屋単位に至るまでの記載と店舗・事業所の業種情報を保持。データはCSV形式で格納。                       ...
4.4 電話帳データの読み込み住宅地図と同様に、CSVデータに登録されている緯度・経度(EPSG:4301)から読み込むため、オンザフライCRS変換を有効にします。        設定-プロジェクトのプロパティ -オン        ザフライC...
4.4 電話帳データの読み込みレイヤ(L)→デリミットテキストレイヤの追加(A)                            71
4.4 電話帳データの読み込み                    参照をクリック       C:¥MGDdata¥テレポイント¥       京都府宇治市.csvを選択                              72
4.4 電話帳データの読み込み              XフィールドにX, Y              フィールドにYを選択                            73
4.4 電話帳データの読み込み日本測地系・緯度経度座標系:TOKYOEPSG: 4301を指定Search欄に4301と入れてFind
4.4 電話帳データの読み込みマイクロジオデータの建物座標がポイントとして表示される                              75
4.5 電話帳データの書き出し                  ブラウズをクリック                  C¥MGDdata¥Telepoint                  データフォルダに                 ...
4.5 電話帳データの書き出し座標参照系 EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)としてOK                  77
4.6 電話帳データから特定業種の抽出属性テーブルを開いて、美容店を示すコード3526000をCATCODE列から検索する                               78
4.6 電話帳データから特定業種の抽出バッファ内にある美容店が選択される                      79
5 ネットワーク探索アルゴリズムを  活用した立地評価 マイクロジオデータを扱う準備が整いました。立地評価には住宅 地図から簡易的に人口を試算し、バッファで集計を行います。 また、店舗・施設には電話帳データを利用することができます。      ...
5.1 概要ここまではQGISの基本的な使い方を演習してきました。ここからはプログラミング言語Pythonを利用しながら、ネットワーク探索アルゴリズムを活用した詳細な立地評価について扱っていきます。※これから扱う内容はQGIS1.8以上でのみ動...
5.1 利用データ道路ネットワークデータ(全国デジタル道路地図:DRM) ナビゲーション向けの地図データ として開発され、日本全国で整備、 地図更新については年複数回の 提供が可能。                               ...
5.2 プログラミング言語                                    とはグイド・ヴァンロッサム                1990年に開発されたオブジェクト指向型スクGuido van Rossum      ...
5.3 Pythonで動かしてみよう: スタートアップ  Pythonコンソール画面を表示します。本来のDRMは日本測地系ですが、工程を省き既に世界測地系・平面直角座標系(第6系) に変換してあります。
5.3 Pythonで動かしてみよう: スタートアップ “C:¥MGDdata¥python” フォルダのdijkstra.pyを開き、コー ドを貼り付けながら進めていきます。                                  ...
5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録①Pythonコンソールを立ち上げたら、まずライブラリを呼び込みます。その後、道路ネットワークデータを呼び込みます。1. from PyQt4.QtCore import *          ...
5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録①  レイヤを選択した状態で、貼り付けてください(すぐに実行されます)。①レイヤを選択した状態        ②先のコードを貼り付けてください。                         ...
5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録②次に始点の登録・表示を行います。ここでは地点(ポイント)を登録後、正方形で表示します。                            登録したいコードをコンソールに貼り付けたら、確認し...
5.5 Pythonで動かしてみよう: コスト計算Dijkstra(ダイクストラ)法によるネットワークコストの計算始点から各ノードまでの最短経路コストを全件検索します。27   ##Graph analysis: calculate short...
5.5 グラフ理論の最短経路問題における   ダイクストラ法 Edsger Wybe Dijkstra     グラフ理論の最短経路問題における (1930-2002)              ダイクストラ法出典 Wikipedia エドガー...
5.6 Pythonで動かしてみよう: 到達点の頂点抽出到達距離の設定49   #Choosing upper bound vertexes                                           検索距離を指定しま...
5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達圏ポリゴン作成到達圏ポリゴン配列のソート67 geomPolygon = []68 for key, value in sorted(angle_dic.items()):69        geom...
5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達圏ポリゴン描画到達圏ポリゴンを表示75 #Visualization: show upperBound polygon area76 r = QgsRubberBand(qgis.utils.ifac...
5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達ポリゴンの描画  こんなふうにできていれば、成功です!                                94
5.8 Pythonで動かしてみよう: ファイル保存空のレイヤを作成し、先のポリゴンを追加91   layer = QgsVectorLayer("Polygon", "temporary_polygons", "memory")92   pr...
5.8 Pythonで動かしてみよう: 到達ポリゴンの描画  “success!”が表示されたら成功!レイヤに追加しましょう!                                     96
5.9 仕上げ: 集計  先に作成した住宅地図のレイヤを追加します。                          97
5.9 仕上げ: 集計  「ベクタ > 調査ツール > 場所による選択」で選択します。                                   98
5.9 仕上げ: 集計  例によってCSV形式で保存します。                      99
5.9 集計  例によってCSV形式で保存します。         合計11,341人が試算。ユー         クリッド距離ベースの円バッ         ファよりだいぶ少ない。                           100
問題      これまでの復習として実習を行います。(ⅰ)   先の電話帳から任意の業種を選び出し、その業種の      立地評価を行ってください。(ⅱ)   その際、ユークリッド距離ベースの円バッファによる集      計と、ネットワーク距離...
6 その他のハンドリング手法について お疲れ様でした。前章でネットワーク探索アルゴリズムについて 扱いましたが、他の分析手法やサービスが提供されています。 また、データ解析におけるOpen Street Mapの活用可能性に ついて紹介します。...
6.1 pgRoutingによる到達圏分析                          pgRouting                         PostGIS / PostgreSQL地理空間データベースに          ...
6.1 pgRoutingによる到達圏分析  詳しくはこちらを参照!    http://download.osgeo.org/pgrouting/forum/pgrouting.postl    bs.org/wiki/ja/DrivingD...
6.1 pgRoutingによる到達圏分析  QGISからの利用やpgRoutingをさらに究めたい方  は下記のサイトがオススメ! http://planet.qgis.org/planet/tag/pgrouting/   underdar...
6.2 動線解析プラットフォームAPI         東京大学空間情報科学研究センター「人の流れプロジェクト」         が提供する移動経路探索処理のためのWeb-API                                 ...
6.2 動線解析プラットフォームAPI動線解析PF WebAPIを使って時空間内挿「PFlowSample_GetSTInterpolatedPoints.java」を開く 。   サンプルコード(Java)がパラメータを自分の移動履歴に合わせ...
6.3 OpenStreetMap(OSM) Wikipediaの地図版!地図は閲覧だけでなく、ダウンロードも可能 世界規模で使われているが、ボランティアによる作成のため未整備であることが多い                          ...
6.3 OpenStreetMap(OSM)        DRM              OSM                               109
6.3 OpenStreetMap(OSM)
6.3 OpenStreetMap(OSM)                         111
6.3 OpenStreetMap(OSM) JOSMエディタ: データのダウンロードおよびアップロードができる地図編集ソフト                                            112
6.3 OpenStreetMap(OSM) アカデミック分野におけるOSMの展開 Mark IliffeがOSMアカデミックグループの設立マニフェストを執筆  OSMのアカデミックにおける活用可能性および協力体制の確立を目指すhttp://m...
以上で講習内容は終了となります。 研究者に限り、東京大学空間情報科学センター共同研究 システムJORASにデータの利用申請することができます。                                114
本ハンズオンで利用したデータを使うには  研究者に限り、東京大学空間情報科学センター共同研究  システムJORASにデータの利用申請することができます。 ※申請が承諾されると、データを下記サイトからダウンロードできるようになります。   115
QGIS利用上の注意を使うには■日本語文字化けの問題 QGIS1.8.0はソフトにデータを読み込んだ際に日本語の文字化 けが起きるエラーが起きております。 問題の対処には下記サイトをご覧ください。 http://www.geopacific.o...
謝辞店舗情報+営業時間 本ハンズオンの講習資料は2012年10月14日(日)に開 催されたマイクロジオデータ講習会の資料の続編として作 成しました。資料作成にあたり、立命館大学歴史都市防 災研究センター青木和人氏には大変お世話になりました。 ま...
本日はハンズオンにご参加いただき、   ありがとうございました。                    118
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Foss4 gマイクロジオデータ解析入門

4,307

Published on

Data and source code for hands-on will be uploaded to a following site.
http://geodata.csis.u-tokyo.ac.jp/wp/?page_id=642

Transcript of "Foss4 gマイクロジオデータ解析入門"

  1. 1. マイクロジオデータ解析入門~ QGISの基本操作からネットワーク探索アルゴリズムを ~ 活用した詳細な立地評価 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 マイクロジオデータ研究会 副運営委員長 仙石裕明( )
  2. 2. 本ハンズオンの概要と目的本ハンズオンはマイクロジオデータの普及と利活用を促進するために演習形式で開催しているハンズオンです。時間的・空間的に詳細な空間分析を行いたい方を対象とした実習を行います。実習では東京大学空間情報科学センター(CSIS)が提供している住宅・施設等の建物単位のデータおよび経路探索アルゴリズムを活用した立地評価を行います。他にも動線解析プラットフォームWEB-API(経路推定)を活用した実例に取り組みながらマイクロジオデータを解析する基礎を扱います。なお、QuantumGISをベースに実習を行う予定です。 2
  3. 3. ハンズオンで使用するデータ本ハンズオンでは下記のような非集計のベクターデータの総称をマイクロジオデータ(MGD)と呼んでいます。ゼンリン住宅地図 TOWNⅡ(株)ゼンリンhttp://www.zenrin.co.jp/product/gis/zmap/zmaptown.html電話帳データベース テレPack!(株)ゼンリンhttp://www.zenrin.co.jp/product/gis/teldata/telpt.htmlデジタル道路地図 拡張版全国道路地図データベース(株)住友電工システムソリューションhttp://www.seiss.co.jp/products/mapdb/map_products1.html上記データは東京大学空間情報科学センター共同研究システムJORASよりデータの利用申請・ダウンロードが可能です。(本スライド最後にて後述) 3
  4. 4. 本ハンズオンの進め方について本ハンズオンは東京大学空間情報科学センター(CSIS)の協力を得て、貸出パソコン上で演習を行います。ハンズオンで使用する本スライドや一部データ・ソースコードについては下記にて公開いたします。本ハンズオンで利用するQuantumGISのインストールガイド・基本操作に関する資料も公開しております。http://geodata.csis.u-tokyo.ac.jp/wp/?page_id=642 4
  5. 5. ハンズオンで使用するGISQuantumGIS(以下、QGIS)• 本実習ではフリーオープンソースGISで あるQuantumGIS(ver1.8.0)を使用します。• FOSS4G(Free and Open Source Software for Geospatial)と呼ばれるソフトウェアの一つでソースコ ードが開示されていて無料で利用でき、自由に改良, 再配布ができます。• 他のオープンソースソフト(GRASS,R,PostGIS,Open Layers,Mapserver)との連携ができます。 5
  6. 6. ハンズオンの対象地域: 京都府宇治市 人口:189591人(2005年) 京阪神大都市圏の衛星都市 世界遺産ともなっている平等院鳳凰堂、 宇治上神社や宇治茶などで知られ、歴 史的にも有名な市である。 立命館大学 歴史都市防災研究センター 青木和人氏出典 Wikipedia: 宇治市ページ 6
  7. 7. 本日の流れ1 QGISの基本的操作のおさらい p92 国勢調査のデータを用いた立地評価 p323 MGDの概要と種類 p394 MDGを活用した立地評価 p56 ネットワーク探索アルゴリズムによる5 立地評価 p806 その他のハンドリング手法について p102
  8. 8. 習うより慣れろ!!ということで早速はじめていきましょう。
  9. 9. 1.1 QGISの起動スタート > すべてのプログラム > OSGeo4W > Quantum GIS DESKTOP(1.8.0)より起動。もしくはデスクトップ上のアイコンをダブルクリック。 アイコンを ダブルクリック Quantum GISが 起動する 9
  10. 10. 1.1 「QuantumGIS」の起動 ファイル-新規 プロジェクトを クリックする。 ※QGISは大量のデータを載せると、強制終了することは少なくありません。 「プロジェクトを保存」から細目に作業途中で保存しましょう。 10
  11. 11. 1.2 座標参照系とは 元々の住宅地図・電話帳 は、日本測地系・緯度経 度座標系のデータです。 本実習ではQ-GISで世界 測地系・平面直角座標系 (第6系) に変換して使用 します。出典 国土地理院ホームページ http://www.gsi.go.jp/GIS/stdind/nyumon_0930.html 11
  12. 12. 1.2 座標参照系の設定 設定>プロジェクトのプロパティ>オンザフ ライCRS変換を有効にするにチェック 異なる座標系を持つGISデータ情報を見た 目上、重ねて表示してくれるようになる。
  13. 13. 1.2 座標参照系の設定座標参照系EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)を選択Search欄に2448と入れてFind
  14. 14. 1.3 データのダウンロードと表示 地図で見る統計 (統計GIS)から、 地域分析に 利用できる 小地域統計 (町丁目)を 入手できるhttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do平成20年4月1日開設 政府統計のポータルサイト 14
  15. 15. 1.3 データのダウンロードと表示 宇治市の町丁目境界の追加 レイヤ(L)→ベクタレイヤの 追加 をクリック 15
  16. 16. 1.3 データのダウンロードと表示“C:¥MGDdata¥estat” フォルダのh17ka26204.shpを追加 16
  17. 17. 1.3 データのダウンロードと表示 宇治市の町丁目境界が表示される 17
  18. 18. 1.3 データのダウンロードと表示 レイヤプロパティ-スタイルで塗りつぶし色を変更する ダブルクリック 18
  19. 19. 1.3 データのダウンロードと表示 町丁目の人口を表示ラベルを表示をチェック町丁字ラベルが含まれているフィールド“MOJI”フォント6でOK
  20. 20. 1.3 データのダウンロードと表示 町丁目名が表示される 20
  21. 21. 1.4 QGISのカスタマイズ地図ナビゲーションツールバーを上の段にドラッグ&ドロップ ツールバーのお手てマークの左側にマウスカーソルをもってくると十 字矢印マークになるので、 十字矢印マークを ツールバーの上の段に ドラッグ&ドロップする
  22. 22. 1.4 QGISのカスタマイズ地図ナビゲーションツールバー 地図移動、拡大、縮小など表示を変えてみましょう。 直前の表示領域にズームで元に戻れます。地図移動 縮小 全域表示 レイヤの 直前の表 拡大 領域に 示領域に ズーム ズーム 22
  23. 23. 1.5 QGISプラグインの活用プラグイン>Pythonプラグインから背景地図を呼び出してみましょう。 OpenLayers Plugin をインストール 23
  24. 24. 1.5 QGISプラグインの活用プラグイン→OpenLayers Pluginから選択 Add OpenStreetMap Layersを選択
  25. 25. 1.5 QGISプラグインの活用OpenStreetMap が背景地図として表示される
  26. 26. 1.6 ベクターデータの作成対象となる施設ポイントの作成 レイヤ(L)→追加→新 しいシェープファイル レイヤ 26
  27. 27. 1.6 ベクターデータの作成 CRSの指定をクリック 27
  28. 28. 1.6 ベクターデータの作成 座標参照系 EPSG: 2448 世界測地系・ 平面直角座標系 (第6系) を選択 28
  29. 29. 1.6 ベクターデータの作成 ファイル名を入力 ここでは、 施設01.shpと入力 29
  30. 30. 1.6 ベクターデータの作成 編集モード 点を入力 施設01を選択し編集モ ードボタンを押して、地 図上に点をクリック。 IDに1を入力 30
  31. 31. 1.6 ベクターデータの作成 保存 立地を検討したい 施設データが保存 する 31
  32. 32. 2 国勢調査のデータを用いた立地評価 住宅・店舗・施設等の立地評価を行う際には、 人口分布が評価の際に重要な基準となります。 立地評価には施設からバッファを描き、一定の範囲内の居住 者の合計を評価の基準とします。 32
  33. 33. 2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加) ベクタ → 空間演算ツール → バッファ をクリック 33
  34. 34. 2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加)施設01から、1000mのバッファ作成 日本語通らない かも。。 34
  35. 35. 2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加) 施設01.shpから、1000mのバッファ作成 バッファ内の人口から、対象者人口が計算できる。 35
  36. 36. 2.1 小地域統計による立地評価(施設の追加)「ラベルを表示」をチェック町丁字ラベルが含まれているフィールド“JINKO”フォント6でOK 36
  37. 37. 2.2 小地域統計による立地評価(空間集計問題) でも、1851人もいる 町丁字の人口は カウントされない。 ※この図では分かりやすくするためにポイントデータで表しています 37
  38. 38. 2.2 小地域統計による立地評価(空間集計問題) これが非集計のデータであれば…※細目に経過を保存しましょう! 38
  39. 39. 3 マイクロジオデータの概要と種類 立地評価を行う際に有用なマイクロジオデータとして、 国勢調査の代わりにゼンリン住宅地図を利用していきます。 39
  40. 40. 3.1 データの準備実際に使用しながら、演習を行っていきます。下記フォルダにアクセスしてください。“C:¥MGDdata” フォルダマイクロジオデータ(住宅地図データ) マイクロジオデータ (電話帳データ) 40
  41. 41. 3.2 ゼンリン住宅地図の概要ファイル名: 京都府宇治市_tatemono.csv建物1軒1軒の情報が記載されている日本測地系・緯度経度座標系 1200: 目標物 1363: 名称のある建物 (ビル、アパート、マンション、団地等) 1364: 個人の家屋 1365: 事業所 1369: 準目標物(公民館、市民会館等) 2090: 用途不明あるいはその他。ただし住所の確 認が出来る建物なので戸建住宅の可能性が高い 2091~: 住所不明の用途不明あるいはその他。 住所不明のため倉庫・車庫等の可能性が高い。
  42. 42. 3.2 ゼンリン住宅地図の概要属性情報の詳細については「住宅地図csvデータ属性情報.xlsx」を参照※本ハンズオンでは演習用途につき住宅地図(TownⅡ)の建物ポリゴンデータの属性 データのみを扱います。本来の住宅地図(TownⅡ)にはMDB形式で建物のみならず、 道路・水域等のデータがポリライン・ポリゴンにおいて格納されています。
  43. 43. 3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み「レイヤ(L)→デリミットテキストレイヤの追加(A)」をクリック 43
  44. 44. 3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み 参照をクリック C:¥MGDdata¥TOWN2¥ 京都府宇治市_tatemono.csvを選択 44
  45. 45. 3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み XフィールドにX, YフィールドにYを選択 45
  46. 46. 3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み日本測地系・緯度経度座標系:TOKYOEPSG: 4301を指定Search欄に4301と入れてFind 46
  47. 47. 3.3 ゼンリン住宅地図の読み込み住宅地図を地図上に表示できました。しかし、住宅地図には事業所や店舗など住居とは関係ない建物も含んでいます。
  48. 48. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工 そこで、住居関係の建物のみを抽出します。属性テーブルを開いて、 「アドバンストサーチ」から条件式(建物タイプ)を入力します。 クリックすると、 「検索クエリビル ダ」が表示されま す。 「ATYPE = 1364 OR ATYPE = 1363 OR ATYPE = 2290」と入力※ATYPE=1364のなかにはビルも含まれていますが、試算のためここでは便宜的に合わせます。 48
  49. 49. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工住宅関係の建物ポイントデータを選択 49
  50. 50. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工選択されているのを確認したら、ファイルを保存します。 50
  51. 51. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工 ①ブラウズをクリック C¥MGDdata データフォルダに town2tatemono.shpとし てOK ②ブラウズをクリック 51
  52. 52. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工座標参照系 EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)としてOK現在は「オンザフライCRS変換」がオンになっていると自動的に合わせてくれるが、データ作成の際には座標系を定義する必要がある。 52
  53. 53. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工エクスポートした建物ポイントデータを追加。 53
  54. 54. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工すべてのシェープファイルの座標をEPSG: 2448に統一したため、オンザフライCRS変換をオフにします。 設定-プロジェクトのプ ロパティ -オンザフラ イCRS変換を有効にす るのチェックをはずす 54
  55. 55. 3.4 ゼンリン住宅地図の加工(任意)表示が重くなるので、 日本測地系・緯度経度座標系XYデータは削除しておく ※細目に経過を保存しましょう! 55
  56. 56. 4 マイクロジオデータを活用した立地評価 マイクロジオデータを扱う準備が整いました。立地評価には住宅 地図から簡易的に人口を試算し、バッファで集計を行います。 また、店舗・施設には電話帳データを利用することができます。 56
  57. 57. 4.1 居住人数の試算住宅地図の面積情報から人数を推定 宇治市の延べ面積と世帯人数の関係から、人数を推定 (人) 入力式: 4 0.8589 * ln( "Shape_Area") - 1.3104 3.5 3 2.5 ただし、住宅地図に記載されている面 2 積は建築面積であり、延べ面積では 1.5 y = 0.8589ln(x) - 1.3104 ないため、調整が必要。実際の分析 1 R² = 0.9434 では階数や共同住宅等の情報も考慮 0.5 される必要がある。 0 0 50 100 150 200 250 300 (平米) 出典: H22国勢調査 京都府 住居の状態 より作成 18-2 延べ面積(14区分),住居の種類・住宅の所有の関係(6区分)別一般世帯数,一般世帯人員及 び1世帯当たり人員-都道府県※,市部,郡部,市町村※・旧市町村 57
  58. 58. 4.1 居住人数の試算プラグイン>Table>Table managerより人口フィールドを追加 58
  59. 59. 4.1 居住人数の試算 最後の行のあとに人口フィールド“POP”を追加 Insertをクリッククリックした状態でTableManagerを開く フィールド名”POP” と入力 フィールドタイプに は“Real”を指定 どの列のあとに新しい フィールドを追加する か指定
  60. 60. 4.1 居住人数の試算フィールド“POP”が追加されました。次に を押してテーブル編集を開始します。その後、 を押してフィールド演算を行います。 テーブル編集ボタン をクリック フィールド計算機ボ タンをクリック 60
  61. 61. 4.1 居住人数の試算 式の中に人口試算式を入力 チェック さきほど作成し た“POP”フィー ルドを指定「0.8589 * ln( “Shape_Area”) - 1.3104」と入力 61
  62. 62. 4.1 居住人数の試算人口試算ができていることを確認します。 62
  63. 63. 4.2 バッファで集計さきほど作成した施設1のバッファ(1000m)を用いて、空間検索します。ベクタ > 調査ツール > 場所による選択 をクリック 63
  64. 64. 4.2 バッファで集計住宅地図が検索対象となるように設定します。 64
  65. 65. 4.2 バッファで集計バッファ内の建物ポイントデータが選択されているのを確認できます。 65
  66. 66. 4.2 バッファで集計空間検索後、「選択を名前をつけて保存」から保存画面を起動し、CSV(カンマ区切りファイル)形式で名前をつけて保存します。 対象レイヤを →クリック 66
  67. 67. 4.2 バッファで集計POPフィールドを合計して、総人数を確認します。 合計19,449人 が試算された 対象とする店舗・住宅・施設に応じ て集計方法は異なる。 67
  68. 68. 4.3 電話帳の概要京都府宇治市 .csv店舗・事業所の全業種が記載日本測地系・緯度経度座標系 68
  69. 69. 4.3 電話帳の概要住宅地図と異なり自己申告制でデータが作成されているため、住宅関係の記載は住宅地図に劣る。しかし、部屋単位に至るまでの記載と店舗・事業所の業種情報を保持。データはCSV形式で格納。 69
  70. 70. 4.4 電話帳データの読み込み住宅地図と同様に、CSVデータに登録されている緯度・経度(EPSG:4301)から読み込むため、オンザフライCRS変換を有効にします。 設定-プロジェクトのプロパティ -オン ザフライCRS変換を有効にするにチェック※レイヤ上の他のファイルは削除するか、新規にプロジェクトを作成することをおすすめします。 70
  71. 71. 4.4 電話帳データの読み込みレイヤ(L)→デリミットテキストレイヤの追加(A) 71
  72. 72. 4.4 電話帳データの読み込み 参照をクリック C:¥MGDdata¥テレポイント¥ 京都府宇治市.csvを選択 72
  73. 73. 4.4 電話帳データの読み込み XフィールドにX, Y フィールドにYを選択 73
  74. 74. 4.4 電話帳データの読み込み日本測地系・緯度経度座標系:TOKYOEPSG: 4301を指定Search欄に4301と入れてFind
  75. 75. 4.4 電話帳データの読み込みマイクロジオデータの建物座標がポイントとして表示される 75
  76. 76. 4.5 電話帳データの書き出し ブラウズをクリック C¥MGDdata¥Telepoint データフォルダに teltatemono.shpとしてOK ブラウズをクリック 76
  77. 77. 4.5 電話帳データの書き出し座標参照系 EPSG: 2448世界測地系・平面直角座標系(第6系)としてOK 77
  78. 78. 4.6 電話帳データから特定業種の抽出属性テーブルを開いて、美容店を示すコード3526000をCATCODE列から検索する 78
  79. 79. 4.6 電話帳データから特定業種の抽出バッファ内にある美容店が選択される 79
  80. 80. 5 ネットワーク探索アルゴリズムを 活用した立地評価 マイクロジオデータを扱う準備が整いました。立地評価には住宅 地図から簡易的に人口を試算し、バッファで集計を行います。 また、店舗・施設には電話帳データを利用することができます。 80
  81. 81. 5.1 概要ここまではQGISの基本的な使い方を演習してきました。ここからはプログラミング言語Pythonを利用しながら、ネットワーク探索アルゴリズムを活用した詳細な立地評価について扱っていきます。※これから扱う内容はQGIS1.8以上でのみ動作します 81
  82. 82. 5.1 利用データ道路ネットワークデータ(全国デジタル道路地図:DRM) ナビゲーション向けの地図データ として開発され、日本全国で整備、 地図更新については年複数回の 提供が可能。 pythonコードはこちら 測地系:日本測地系 座標系:経度緯度 ハンズオンで利用するデータはここ 出典: 住友電工システムソリューション株式会社 http://www.seiss.co.jp/products/mapdb/map_products1.html 82
  83. 83. 5.2 プログラミング言語 とはグイド・ヴァンロッサム 1990年に開発されたオブジェクト指向型スクGuido van Rossum リプト言語の1つ。RubyやJavascriptに影響を(1960 - ) 与えた言語の1つ。 Google やfacebookにも利用されており、APIを 通してさまざまなアプリケーション開発に用い られている。 QGISやArcGISのAPIもPythonで公開されており、 プラグイン開発や専用のオリジナルアプリケー ション開発に利用することができる。 このハンズオンではQGISのPythonコンソール を使って演習を行います。出典 Wikipediaグイド・ヴァンロッサム / Python
  84. 84. 5.3 Pythonで動かしてみよう: スタートアップ Pythonコンソール画面を表示します。本来のDRMは日本測地系ですが、工程を省き既に世界測地系・平面直角座標系(第6系) に変換してあります。
  85. 85. 5.3 Pythonで動かしてみよう: スタートアップ “C:¥MGDdata¥python” フォルダのdijkstra.pyを開き、コー ドを貼り付けながら進めていきます。 85
  86. 86. 5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録①Pythonコンソールを立ち上げたら、まずライブラリを呼び込みます。その後、道路ネットワークデータを呼び込みます。1. from PyQt4.QtCore import * ここにあるコードを2. from PyQt4.QtGui import *3. from qgis.core import * Pythonコンソール画面4. from qgis.gui import * にコピペしていきます。5. from qgis.networkanalysis import *6. import csv7.8. #create graph from network data9. vl = qgis.utils.iface.mapCanvas().currentLayer()10. director = QgsLineVectorLayerDirector( vl, -1, , , , 3 )11. properter = QgsDistanceArcProperter()12. director.addProperter( properter )13. crs = qgis.utils.iface.mapCanvas().mapRenderer().destinationCrs()14. builder = QgsGraphBuilder( crs )※本演習では無向グラフとして道路ネットワークデータを利用 86
  87. 87. 5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録① レイヤを選択した状態で、貼り付けてください(すぐに実行されます)。①レイヤを選択した状態 ②先のコードを貼り付けてください。 87
  88. 88. 5.4 Pythonで動かしてみよう: データ登録②次に始点の登録・表示を行います。ここでは地点(ポイント)を登録後、正方形で表示します。 登録したいコードをコンソールに貼り付けたら、確認してみましょう! 地点の座標 ※今回はEPSG:244816 #startpoint17 pStart = QgsPoint(-19897.06746, -123079.6186)18 delta = qgis.utils.iface.mapCanvas().getCoordinateTransform().mapUnitsPerPixel() * 11920 rb = QgsRubberBand( qgis.utils.iface.mapCanvas(), True )21 rb.setColor( Qt.green )22 rb.addPoint( QgsPoint( pStart.x() - delta, pStart.y() - delta ) ) キャンバスを呼び23 rb.addPoint( QgsPoint( pStart.x() + delta, pStart.y() - delta ) )出し、始点の4隅24 rb.addPoint( QgsPoint( pStart.x() + delta, pStart.y() + delta ) )25 rb.addPoint( QgsPoint( pStart.x() - delta, pStart.y() + delta ) )¥ の座標を追加して いきます※文章の前に「#」をつけると、コメントアウトされます 88
  89. 89. 5.5 Pythonで動かしてみよう: コスト計算Dijkstra(ダイクストラ)法によるネットワークコストの計算始点から各ノードまでの最短経路コストを全件検索します。27 ##Graph analysis: calculate shortest paths using a dijkstra method.28 tiedPoints = director.makeGraph( builder, [ pStart ] )29 graph = builder.graph()30 tStart = tiedPoints[0]31 idStart = graph.findVertex( tStart )32 ( tree, cost ) = QgsGraphAnalyzer.dijkstra( graph, idStart, 0 ) QgsGraphAnalyzerクラスの なかにダイクストラ法が定 義されている。
  90. 90. 5.5 グラフ理論の最短経路問題における ダイクストラ法 Edsger Wybe Dijkstra グラフ理論の最短経路問題における (1930-2002) ダイクストラ法出典 Wikipedia エドガー・ダイクストラ / ダイクストラ法
  91. 91. 5.6 Pythonで動かしてみよう: 到達点の頂点抽出到達距離の設定49 #Choosing upper bound vertexes 検索距離を指定します。50 upperBound = [] ここでは「1000m」と設定51 angle_dic = {} しています52 r = 1000.0 #distance53 i=0到達範囲の頂点の抽出55 while i < len(cost):56 if cost[ i ] > r and tree[ i ] != -1:57 outVertexId = graph.arc( tree [ i ] ).outVertex()58 if cost[ outVertexId ] < r:5960 ~ 中略 ~65 i=i+1 91
  92. 92. 5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達圏ポリゴン作成到達圏ポリゴン配列のソート67 geomPolygon = []68 for key, value in sorted(angle_dic.items()):69 geomPolygon.append(value)到達圏ポリゴンのジオメトリテーブルの作成71 #Create Polygon about areas of the availability72 Polygonset = [geomPolygon]73 gPolygon = QgsGeometry.fromPolygon(Polygonset) 92
  93. 93. 5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達圏ポリゴン描画到達圏ポリゴンを表示75 #Visualization: show upperBound polygon area76 r = QgsRubberBand(qgis.utils.iface.mapCanvas(), True)77 r.setToGeometry(gPolygon, None)到達圏の各頂点を表示79 #Visualization: show upperBound vertexes80 for i in upperBound:81 centerPoint = graph.vertex( i ).point()82 rb = QgsRubberBand( qgis.utils.iface.mapCanvas(), True )83 rb.setColor( Qt.red )84 rb.addPoint( QgsPoint( centerPoint.x() - delta, centerPoint.y() - delta ) )85 rb.addPoint( QgsPoint( centerPoint.x() + delta, centerPoint.y() - delta ) )86 rb.addPoint( QgsPoint( centerPoint.x() + delta, centerPoint.y() + delta ) )87 rb.addPoint( QgsPoint( centerPoint.x() - delta, centerPoint.y() + delta ) ) 93
  94. 94. 5.7 Pythonで動かしてみよう: 到達ポリゴンの描画 こんなふうにできていれば、成功です! 94
  95. 95. 5.8 Pythonで動かしてみよう: ファイル保存空のレイヤを作成し、先のポリゴンを追加91 layer = QgsVectorLayer("Polygon", "temporary_polygons", "memory")92 pr = layer.dataProvider()93 pr.addAttributes( [ QgsField("id", QVariant.Int) ] ) 属性テーブルを書き94 feature = QgsFeature() 出しています95 feature.setGeometry(gPolygon)96 feature.setAttributeMap( { 0 : QVariant(1) } )97 pr.addFeatures( [ feature ] )98 layer.updateExtents() 保存したい場所・ファイファイルパスを指定して、ファイルを保存 ル名を指定してください101 error = QgsVectorFileWriter.writeAsVectorFormat(layer, "C:¥MGDdata¥MGDdata¥python¥sample.shp", "utf-8", None, "ESRI Shapefile")102103 if error == QgsVectorFileWriter.NoError:104 print "success!" 95
  96. 96. 5.8 Pythonで動かしてみよう: 到達ポリゴンの描画 “success!”が表示されたら成功!レイヤに追加しましょう! 96
  97. 97. 5.9 仕上げ: 集計 先に作成した住宅地図のレイヤを追加します。 97
  98. 98. 5.9 仕上げ: 集計 「ベクタ > 調査ツール > 場所による選択」で選択します。 98
  99. 99. 5.9 仕上げ: 集計 例によってCSV形式で保存します。 99
  100. 100. 5.9 集計 例によってCSV形式で保存します。 合計11,341人が試算。ユー クリッド距離ベースの円バッ ファよりだいぶ少ない。 100
  101. 101. 問題 これまでの復習として実習を行います。(ⅰ) 先の電話帳から任意の業種を選び出し、その業種の 立地評価を行ってください。(ⅱ) その際、ユークリッド距離ベースの円バッファによる集 計と、ネットワーク距離ベースの到達圏による集計に おいて、カバー人数にどのような違いがでてくるか比較 してみましょう。 101
  102. 102. 6 その他のハンドリング手法について お疲れ様でした。前章でネットワーク探索アルゴリズムについて 扱いましたが、他の分析手法やサービスが提供されています。 また、データ解析におけるOpen Street Mapの活用可能性に ついて紹介します。 ※本章では紹介に留めます。 102
  103. 103. 6.1 pgRoutingによる到達圏分析 pgRouting PostGIS / PostgreSQL地理空間データベースに 経路探索機能を提供するための拡張ライブラリ出典 日本ユニシス「pgRouting翻訳文書」 p33 ftp://ftp.remotesensing.org/pgrouting/forum/pgrouting.postlbs.org/wiki/ja/pgRoutingDocs.html 103
  104. 104. 6.1 pgRoutingによる到達圏分析 詳しくはこちらを参照! http://download.osgeo.org/pgrouting/forum/pgrouting.postl bs.org/wiki/ja/DrivingDistance.html 104
  105. 105. 6.1 pgRoutingによる到達圏分析 QGISからの利用やpgRoutingをさらに究めたい方 は下記のサイトがオススメ! http://planet.qgis.org/planet/tag/pgrouting/ underdark 105
  106. 106. 6.2 動線解析プラットフォームAPI 東京大学空間情報科学研究センター「人の流れプロジェクト」 が提供する移動経路探索処理のためのWeb-API 道路ネットワークデータがなくても 最短経路探索が可能!! 誰でも無料で利用可能(要登録) 今回のハンズオンで扱った到達圏抽 出には向いていないが、始点または 終点がある場合の経路探索におい て利用可能!!http://pflow.csis.u-tokyo.ac.jp/platform.html 106
  107. 107. 6.2 動線解析プラットフォームAPI動線解析PF WebAPIを使って時空間内挿「PFlowSample_GetSTInterpolatedPoints.java」を開く 。 サンプルコード(Java)がパラメータを自分の移動履歴に合わせて変更する 。 サイトにて配布中 出典: 金杉洋「空間情報システム演習2012 個人の行動記録と分析」より 107
  108. 108. 6.3 OpenStreetMap(OSM) Wikipediaの地図版!地図は閲覧だけでなく、ダウンロードも可能 世界規模で使われているが、ボランティアによる作成のため未整備であることが多い 108
  109. 109. 6.3 OpenStreetMap(OSM) DRM OSM 109
  110. 110. 6.3 OpenStreetMap(OSM)
  111. 111. 6.3 OpenStreetMap(OSM) 111
  112. 112. 6.3 OpenStreetMap(OSM) JOSMエディタ: データのダウンロードおよびアップロードができる地図編集ソフト 112
  113. 113. 6.3 OpenStreetMap(OSM) アカデミック分野におけるOSMの展開 Mark IliffeがOSMアカデミックグループの設立マニフェストを執筆 OSMのアカデミックにおける活用可能性および協力体制の確立を目指すhttp://markiliffe.wordpress.com/2012/09/26/a-manifesto-for-the-osm-academic-working-group/ 113
  114. 114. 以上で講習内容は終了となります。 研究者に限り、東京大学空間情報科学センター共同研究 システムJORASにデータの利用申請することができます。 114
  115. 115. 本ハンズオンで利用したデータを使うには 研究者に限り、東京大学空間情報科学センター共同研究 システムJORASにデータの利用申請することができます。 ※申請が承諾されると、データを下記サイトからダウンロードできるようになります。 115
  116. 116. QGIS利用上の注意を使うには■日本語文字化けの問題 QGIS1.8.0はソフトにデータを読み込んだ際に日本語の文字化 けが起きるエラーが起きております。 問題の対処には下記サイトをご覧ください。 http://www.geopacific.org/opensourcegis/qgis/qgis_install■強制終了の問題 容量の大きなデータを扱うと強制終了することが少なくありま せん。プロジェクトは細目に保存し、必要でないときは画面の 描画(レンダリング)をしないようにしましょう。 あとは64bit対応のQGISが出ることを期待しましょう!! 116
  117. 117. 謝辞店舗情報+営業時間 本ハンズオンの講習資料は2012年10月14日(日)に開 催されたマイクロジオデータ講習会の資料の続編として作 成しました。資料作成にあたり、立命館大学歴史都市防 災研究センター青木和人氏には大変お世話になりました。 また、本資料を作成にあたり東京大学地球観測データ統 融合連携研究機構の金杉洋氏、新領域創成科学研究科 博士課程の中村敏和氏には貴重な助言をいただきました。 この場を持ちまして一同に心より御礼申し上げます。 117
  118. 118. 本日はハンズオンにご参加いただき、 ありがとうございました。 118
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×