伊能社中の一億総伊能化計画

1,913 views
1,834 views

Published on

FOSS4G Hokkaido 2014での講演資料です

Published in: Education

伊能社中の一億総伊能化計画

  1. 1. 伊能社中の 一億総伊能化計画 ジオメディアサミット北海道 2014/6/28(Sat) 仙石 裕明
  2. 2. 自己紹介 合同会社マイクロベース CEO 東京大学大学院 博士課程(今月修了) マイクロジオデータ研究会 副運営委員長 NPO法人伊能社中 副理事長 ! 六本木のジオデータサイエンティスト 夢はReal SimCityの実現!! ! 趣味: バイク、ニコニコ動画 仙石裕明 @xianshiyuming
  3. 3. NPO法人伊能社中とは 教育の情報化に向けて、学校教育におけるデジタ ル地図の普及活動・利活用支援を行っている団体 です。 教員向け研修会の開催 地図教材の普及活動地図教材ソフトの開発
  4. 4. 伊能社中メンバー 現役若手教師、教師を目指す学生、研究者、地図好きなど… ↓理事⾧長
  5. 5. 伊能社中を支える理事・監事 ! 理事 碓井照⼦子 理事 渡邊英徳奈良⼤大学名誉教授 慶應義塾普通部教諭 監事 太⽥田弘 ⾸首都⼤大学准教授
  6. 6. 2011.11 奈良 2011年11月に活動開始 2013年11月にNPO法人化 伊能社中の始まり 2013年11⽉月受賞
 (電⼦子国⼟土賞) 2013年1⽉月受賞 (LOD) デジタル地図を教材として使えるのではないか? という興味範囲からいきなり実践へ
  7. 7. お断り 本スライドでは口語ベースでやや強調して 文章をつづっています。ご了承ください。
  8. 8. 今日の話題
  9. 9. 伊能社中の一億総伊能計画 ・・・・
  10. 10. 一億総伊能化
  11. 11. 誰もがマッパーになって地図 を作成・共有できる社会
  12. 12. 今日の話題
  13. 13. 伊能社中の一億総伊能計画 ・・・・
  14. 14. 誰もが地図教材を 作成・共有できる社会
  15. 15. 2014年1月にそれは起きた
  16. 16. 出典: 朝日新聞 「高校日本史の必修化検討 新科目「公共」も」     http://www.asahi.com/articles/ASG175FL3G17UTIL01X.html
  17. 17. 世界史が必修、日本史と地理は選択制 高校社会科 1989年以来 2019年以降 (1)日本史と公民を必修、世界史と地理は選択制 (2)日本史と世界史を必修、公民と地理を合体した 新教科を創設 (3)日本史、世界史、地理の総合科目を新設
  18. 18. 高校地理どうなる?
  19. 19. 高校地理科目の履修者が減るかもしれない
  20. 20. 仮にそうなったと仮定すると…
  21. 21. 大学の地理学科に進む学生が 減るかもしれない…
  22. 22. 測量・GIS関係の仕事への志望者が 減るかもしれない…
  23. 23. FOSS4Gコミュニティを支える人が 減るかもしれない…
  24. 24. まとめると…
  25. 25. 高校地理 を履修 大学・大学院で 地理学科に進学 FOSS4Gを支えるコミュニティ オープンデータを支えるコミュニティ 測量・GIS業界 へ就職 その他 その他
  26. 26. 高校における 日本史必修化 高校地理 を履修 大学・大学院で 地理学科に進学 FOSS4Gを支えるコミュニティ オープンデータを支えるコミュニティ 測量・GIS業界 へ就職 その他 減 減 減 減 減 その他
  27. 27. 近い将来、FOSS4Gのコミュニティが 弱体化してしまうかもしれない…
  28. 28. どうにかしないば いかん!!
  29. 29. 高校日本史が必修化されること 自体は悪いことではない。 ! 日本で生きていくうえで、 日本の歴史を理解することは とても重要
  30. 30. 問題なのは、必修科目が増えること によって、生徒が必修科目を継続する ことが構造的に定着してしまうこと ! 特に受験を控えた生徒にとって、また新しく 選択科目をとるよりも負担の少ない継続科 目を選択することは想像に容易い。
  31. 31. 高校地理ピンチ!?
  32. 32. 大事な前提
  33. 33. 生徒は科目を選択できる
  34. 34. つまり、 人気があれば地理科目は 選ばれ続ける。
  35. 35. つまり、 人気さえあれば必修だろうが 選択だろうが関係ない
  36. 36. 最後は 生徒にとって選ばれる科目で あれば良い
  37. 37. そのために地理をめちゃくちゃ ! ・格好良くておもしろく、 ・体系的に効率的に、 ・スマートに学べる 科目にすれば良い
  38. 38. 注) ! 本スライドは高校地理だけが優れていれ ば良いと言っているわけではありません。 どの科目も受験上・トップダウンの構造 上の理由ではなく、生徒自らの意思で選 ばれる科目であることが望ましく、その ためのあり方について提議しています。
  39. 39. ではどうすれば、生徒に地理の 魅力を伝えられるか?
  40. 40. 伊能社中の仮説 (生徒側の立場にもなって考える)
  41. 41. デジタル地図教材の導入によって ! 生徒の関心・好奇心を引き出し、 生徒の理解力をより高めることができる
  42. 42. ・格好良くておもしろく、 ! ! ・体系的に効率的に、 ! ! ・スマートに学べる デジタル地図教材の導⼊入によって 可視化!動的!多彩! 脱暗記!板書する時間 から考察する時間に! 断片的ではなく、つな がりが分かりやすい
  43. 43. 先行事例
  44. 44. 引用:Apple iTunes 元素図鑑 http://a2.mzstatic.com/jp/r30/Purple4/v4/5b/b0/09/5bb00942-b1fc-c517-9250-10b3bf61dfac/screen480x480.jpeg
  45. 45. 引用:エスマックス - 元素図鑑がアップデー ト!元素の歌が日本語になった!「元素図鑑 http://livedoor.2.blogimg.jp/smaxjp/imgs/3/e/3e0a4f94.jpg
  46. 46. まさに伊能社中が目指す教材そのもの
  47. 47. これと同じことを高校地理でも 実現できないか?
  48. 48. じゃあどうやって実現する?
  49. 49. うーーーん(-ω-;)
  50. 50. いや簡単でしょ!!
  51. 51. 我々にはGISがあるじゃないか!! 割と近いことをいつもやっている。
  52. 52. たとえば、こんなの?
  53. 53. 世界⼈人⼝口密度 出典: Wikipedia - World population density map http://commons.wikimedia.org/wiki/File:World_population_density_map.png
  54. 54. 違う。これではあまり今までと変わらない。 元素図鑑のような感動はない。
  55. 55. 元素図鑑にある要素といえば、 ・立体的(3D) ・インタラクティブ ・前にでてきた知識とつながる  等
  56. 56. GoogleEarthを使ってもう一回やってみた
  57. 57. 世界⼈人⼝口2005年 http://opentextmap.org/library/?p=2325
  58. 58. リアルっぽくなってきた!!
  59. 59. イスラム教徒の割合 http://opentextmap.org/library/?p=472
  60. 60. 旭川市国際交流マップ http://opentextmap.org/library/?p=2225
  61. 61. 地理科目だけじゃない!
  62. 62. 戦国武将マップ http://opentextmap.org/library/?p=680
  63. 63. 戦国武将マップ http://opentextmap.org/library/?p=680 時間軸も入れると時系列で変遷が分かる
  64. 64. 続・伊能社中の仮説
  65. 65. こういう教材が全単元で用意されていれば、 生徒(だけでなく教師も)はとてもワクワク 学ぶことができるのではないか
  66. 66. でもつくるの大変じゃない?
  67. 67. 大変です!!
  68. 68. 一人ならね!
  69. 69. 戦国武将マップ作成にかかった時間 3⼈人 × 平均3時間 = 合計9時間
  70. 70. 戦国武将マップ作成の作業内容 • Wikipediaから戦国時代の武将をリストアップ • Wikipediaの各武将ページから武将の画像、年代、 場所を取得。画像がない場合は、他サイトからラ イセンスの有効な画像を探す • 武将の画像の背景を消す • 武将の画像をGoogleEarth上でプロット • 武将の生存していた年代からタイムスライダ作成
  71. 71. もしこれを10人でやったら?
  72. 72. 戦国武将マップ作成にかかるであろう時間 10⼈人 × 平均0.9時間 = 合計9時間
  73. 73. 10人で一気に集まってやれば、 1時間ちょっとで教材がつくれてしまう
  74. 74. これが伊能社中のやり方
  75. 75. あとは10人以上規模のワークショップを 開いていけば、どんどんデジタル地図教材を 量産していけるぞ!
  76. 76. この体制を実現するために、 伊能社中はNPO法人化しました!!
  77. 77. 伊能社中のユニークな仕組み
  78. 78. 伊能社中の会員になると、 会員がプロジェクトを立ち上げることができる
  79. 79. 会員のプロジェクト案が運営委員会で認定 されると、NPOから活動支援を受けられる
  80. 80. 伊能社中の組織戦略 デジタル地図教材 に関する研修会開催 (教師向け) デジタル地図教材作成に関する 資料を定期的に公開 デジタル地図教材を公開 デジタル地図教材作成に関する コンテスト・ワークショップを開催 デジタル地図教材を 作成可能な人材・コミュ ニティを増やす 生徒・教師
  81. 81. これまで教材というと、 教育関係者がつくるものだった
  82. 82. しかし、実際にはその代表である 教師は生徒指導、部活指導等 教科指導以外にもやらなくては いけないことが沢山あって大変!!
  83. 83. もちろん素人が教育者になることは 難しいが、教材をつくってその魅力 を伝えることはできる
  84. 84. オープンデータのおかげで 教材のソースは容易に取得できる ようになってきた
  85. 85. FOSS4Gのような オープンソースのおかげで 教材作成に必要な機能を 実施できるようになってきた
  86. 86. 教育関係者だけでなく、 地図というアプローチから 教育に問題意識を持つ人は 誰でも教材をつくり、共有できる 社会の仕組みづくり
  87. 87. 伊能社中の一億総伊能計画 ・・・・ これが
  88. 88. 注) 伊能社中がつくろうとして いるのは教材であって、教 科書ではない
  89. 89. 学びへの意欲や関心、理解を 深めるための 教材 を普及さ せていく
  90. 90. この本は教科書になることを目指したの ではありません。むしろ、子どもたちを 豊かにする本として学校の図書館に置い てもらってに自発的に読んでもらったり、 両親から買い与えてもらう本、というポ ジションを狙っています。 引⽤用: IT Media:「元素図鑑」はハリー・ポッターの世界を⺫⽬目指してつくられた    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1007/23/news068.html セオドア・グレイ - 元素図鑑作成者
  91. 91. 冒頭で高校地理がやばいと述べました
  92. 92. FOSS4GやGIS系の業界に 入る人が減っていくことが やばい のではない
  93. 93. 本当にやばいのは、 地理への魅力や理解を分からない人が 今後増えていくかもしれないこと
  94. 94. 今日みなさんにお伝えしたいこと
  95. 95. 地図好きのみなさんに 子供たちに地理の魅力を伝える 力を貸してほしい
  96. 96. 会員となって一緒に活動して いただけると幸いです!!
  97. 97. その他にも伊能社中の活動を、 データ面、システム面、人材面、 支援していただけたら幸いです
  98. 98. データ ウィキペディア 国土数値情報 GISデータ ソフト インターフェース デバイス 専門 ソフト エンジニア デザイナー 研究者 専門家 行政 企業 研究機関 市民 NPO 教師・生徒・児童 伊能社中が目指すデジタル地図教材普及の流れ
  99. 99. 伊能社中に興味をお持ちになられた方へ つづきはホームページで! http://www.iknowshachu.org/ • GoogleEarthってインター ネットが使えない学校じゃ使 えないんじゃないの? • どうやってやり方を学んだら いいの?       など 以下のようなご質問にお答えします。
  100. 100. まとめ みなさん、会員になっ てください
  101. 101. まとめ みなさん、会員になっ てください
  102. 102. まとめ 1億総伊能化をめざし、 FOSS4Gで教育を 盛り上げましょう!!
  103. 103. ご清聴いただきありがとうございました ! メンバー募集中

×