15分で知るVagrant (NSEG 2013-08-24)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

15分で知るVagrant (NSEG 2013-08-24)

on

  • 3,473 views

Windows8 での Vagrant + VirtualBox + Chrome Secure Shell の使い方紹介

Windows8 での Vagrant + VirtualBox + Chrome Secure Shell の使い方紹介

Statistics

Views

Total Views
3,473
Views on SlideShare
3,462
Embed Views
11

Actions

Likes
12
Downloads
28
Comments
0

2 Embeds 11

https://twitter.com 8
http://10.1.1.8 3

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

15分で知るVagrant (NSEG 2013-08-24) 15分で知るVagrant (NSEG 2013-08-24) Presentation Transcript

  • 1515分で知る分で知るVagrantVagrant hiro345@SSS(G)
  • 自己紹介 ● hiro345 twitter: @hiro345 blog: http://www.sssg.org/blogs/hiro345/ ● 執筆  @IT ... Java, Eclipse, Android, C 日経Linux ... Java, Dart, Cloud 日経ソフトウェア ... Java Java World, WEB+DB Press など
  • とり急ぎ用意したもの ● Windows8 マシン – タッチパネル – CPU:Core i5 3317U(Ivy Bridge) 1.7GHz/2コア – メモリ: 4GB – HDD: 500GB View slide
  • なにはともあれ用意したソフト ● エディタ – サクラエディタ ● Webブラウザ – Google Chrome ● SSHクライアント – Secure Shell(Chrome) ● 仮想マシンソフト – Oracle VM VirtualBox View slide
  • ● VirtualBoxにUbuntu 13 をインストールしてみたら使うにはつらい速度だった ● SSDに換装すると速いらしい – シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Q – EaseUS Todo Backup Free でクローン http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se501336.html – 厚さがどれくらいか気にしよう(今回は7mm) – クローンに1時間30分程度かかったが、移行は簡単にできた。 – 速度が劇的によくなった – 仮想マシンをGUIで使うのはつらいが、それでも許容できる範囲 仮想マシンの速度に問題が...
  • Vagrant ● ベイグラントと読むらしい ● 開発などで利用する仮想マシンを簡単に用意するた めのツール ● OSS, MITライセンス ● VirtualBox、VMware、EC2 などに対応 ● Chefなどを使って環境構築ができる
  • 必要な知識 ● 仮想マシンソフト ● ホストマシンのOS(Windowsが多いでしょう) ● ゲストマシンのOS(Linuxが多いでしょう) ● Ruby(知っているとよい) ● Chef (知っているとよい)
  • 注目したきっかけ ● @IT連載 DevOps時代のJava開発者のためのオープンクラウド入門(2) Vagrantで手軽に構築してオープンPaaS「Cloud Foundry」を理解する  http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/31/news029.html ● 噂には聞いていた ● OpenShift OriginもVagrantで環境用意ができるようになっていた ● かなり手軽 ● 最近よく話に聞く ● WEB+DB Press Vol.75でも取り上げられていた
  • インストール ● http://www.vagrantup.com/ からVagrant_1.2.7.msi (2013-08-24時点での最新版)をダウンロード ● インストールウィザードにしたがってインストール ● インストール先はカスタマイズ C:applicationsHashiCorpVagrant ● 環境変数PATHの設定 %PATH%;C:applicationsHashiCorpVagrantbin ● インストール後に再起動が必要
  • Ruby ● C:applicationsHashiCorpVagrantembeddedの 実体はWindows版Rubyらしい ● ruby 1.9.3p448 (2013-06-27) [i386-mingw32] ● msys ● MinGW
  • 仮想マシン構築の手順 1.仮想マシンのテンプレートBoxを取得 2.仮想マシンを初期化 3.仮想マシンを起動
  • Boxの用意 ● vagrant boxコマンドを使い、name に名前、urlにBoxのURLを指定 > vagrant box add name url ● Ubuntu Precise (12.04) のBox > vagrant box add precise32 http://files.vagrantup.com/precise32.box ● 有志が作成したイメージ : A list of base boxes for Vagrant – Vagrantbox.es http://www.vagrantbox.es/ ● CentOS 6.4 のBox (実際は1行) > vagrant box add CentOS-6.4-i386-v20130427 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-i386-v20130427.box ● 取り込んだboxのリスト表示するコマンド > vagrant box list ● vagrant boxコマンドのヘルプ表示 > vagrant box -h ● Boxが置かれる場所 > dir C:%HOMEPATH%.vagrant.dboxes
  • 仮想マシン初期化と起動 ● 仮想マシンの初期化 > mkdir "C:workspacevagrantprecise32" > cd C:workspacevagrantprecise32 > vagrant init precise32 ● 設定ファイルの確認 > type Vagrantfile ● 仮想マシン起動 > vagrant up
  • 仮想マシン操作用コマンド ● 状態表示 > vagrant status ● 停止 > vagrant halt ● 一時停止 > vagrant suspend ● 再開 > vagrant resume ● 破棄 > vagrant destroy
  • SSHアクセス用情報取得 ● 情報取得 *SSHコマンドがあればこのまま接続できる > vagrant ssh (略) Host: 127.0.0.1 Port: 2222 Username: vagrant Private key: C:/Users/xxxx/.vagrant.d/insecure_private_key
  • Secure Shell ● vagrant@127.0.0.1:2222でアクセスできる ● パスはアカウント名と同じ ● 公開鍵方式でアクセスしたい場合 – パスワード認証でSSHログインしてからauthorized_keysを取得 $ cat ~/.ssh/authorized_keys ssh-rsa A(略)Q== vagrant insecure public key – この内容をWindows側で下記の名前で保存(%HOMEPATH%は実際の 値に置き換えること) C:%HOMEPATH%.vagrant.dinsecure_private_key.pub – これでSecure Shellでinsecure_private_keyの鍵をインポートできる
  • Vagrantfileによるカスタマイズ ● Vagrantファイル修正(HTTPのポートフォワードの追加、仮想マシンの画面表示を有効、仮想マシンの メモリを1024MBに設定) (略) config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 80 (略) config.vm.provider :virtualbox do |vb| # # Don't boot with headless mode vb.gui = true # # # Use VBoxManage to customize the VM. For example to change memory: vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"] End ● リロードで反映 > vagrant reload
  • Provisioningによるカスタマイズ ● Vagrantfileを編集する – インラインで shell scriptを使う方法 config.vm.provision:shell, :inline => "echo hello world" – shell script を呼び出す方法 config.vm.provision:shell, :path => "install_apache2.sh" install_apache2.shの内容は下記(LFの改行コードで作成) ======== #!/bin/sh sudo apt-get -y install apache2 ======== ● 適用 > vagrant provision
  • カスタマイズしたBoxの作成 ● パッケージ化 > vagrant package --output precise32_apache2.box --vagrantfile Vagrantfile ● Boxを自分の環境へ追加 > vagrant box add precise32_apache2 precise32_apache2.box ● いずれも表示上の都合で改行してありますが、実際は1行で 入力すること
  • まとめ ● Vagrantで簡単に仮想マシンの用意が可能 ● WindowsでLinuxを勉強するのに便利そう ● ハイスペックなパソコンを用意しよう