SysMLを使ったRTCベースのロボットアプリケーション開発 :事例ケースタディとデモ        平鍋健児(Change Vision, Inc)        安藤慶昭(産総研)
Agenda• 導入• 背景と目的• 例題• 分析と設計(デモ)• 結論• 将来へのアイディア
自己紹介• 平鍋健児, 株式会社チェンジビジョン• Astah(UMLエディタ)の開発• Astah/SysML  – 現在開発中(プロトタイプ)  – 「使いやすさ」と「Web共有」に焦点• RTC plug-in  – Astah/SysM...
プロジェクトメンバー                                            Honda R&D Team                            平鍋健児  安藤慶昭                ...
背景と目的• 簡単な例題を使って、SysMLがコンポーネント  ベース(RTC)のロボットアプリケーションの有  効性を評価する。 1   SysML to RTC• 1つの共通モデルが、複数のRTM実装で動作  することを実証実験。 – Op...
問題記述 自律ロボットを遠隔操作し、2つの動き (Spiral と Back-and-Forth) をさせる。Operatorは自律 Controller PC       Operatorモードとデモモード切り替えること           ...
System architecture                                        Kinect             Kinect SDK        OpenRTM Runtime           ...
OMG RTC FamilyName             Vendor           FeatureOpenRTM-aist     AIST             C++, Python, JavaOpenRTM.NET     ...
Process overview                                                                     Implementation           astah SysML ...
分析と設計(Astahモデル)
Overview
req [コア要求(問題文)]
req [派生要求]
req [Robotへの要求]
req [Controllerへ要求]
uc [デモユースケース]
bdd [コンテキスト図]
bdd [システム概要]
ibd [デモシステム]
ibd [robot物理構造]
ibd [controller物理構造]
stm [controller状態遷移]
結論• SysML の“Block”が、RT-Componentにうまくマッ  ピングする。• <<Satisfy>> 関係を「要求」と「コンポーネント」の  間に引くことで、コンポーネントの実装意図を理  論的に表現できた。• 使い勝手のよい...
将来へのアイディア• リアルタイム性(時間概念)をモデル  に表現する。• Safety Case/D-Case の安全性論証モ  デルを、SysMLのモデルと融合させ  る。• トレーサビリティ、インパクト分析を  要求とコンポーネントの間(...
Thank You !                                      Honda R&D Team                   Kenji HiranabeNoriaki Ando              ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Using SysML in an RTC-based Robotics Application

7,994

Published on

My presentation on 12/8, 2012, at OMG Robotics Meeting

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
7,994
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Using SysML in an RTC-based Robotics Application

  1. 1. SysMLを使ったRTCベースのロボットアプリケーション開発 :事例ケースタディとデモ 平鍋健児(Change Vision, Inc) 安藤慶昭(産総研)
  2. 2. Agenda• 導入• 背景と目的• 例題• 分析と設計(デモ)• 結論• 将来へのアイディア
  3. 3. 自己紹介• 平鍋健児, 株式会社チェンジビジョン• Astah(UMLエディタ)の開発• Astah/SysML – 現在開発中(プロトタイプ) – 「使いやすさ」と「Web共有」に焦点• RTC plug-in – Astah/SysML のプラグイン。RTC仕様の RTC.xml を生成。OpenRTMへ。
  4. 4. プロジェクトメンバー Honda R&D Team 平鍋健児 安藤慶昭 関谷 眞 岩永寿来Geoffrey Biggs 鳥井 豊隆 岡村敏弘 原功 1 SysML to RTC 2 OpenRTM to Honda RTM
  5. 5. 背景と目的• 簡単な例題を使って、SysMLがコンポーネント ベース(RTC)のロボットアプリケーションの有 効性を評価する。 1 SysML to RTC• 1つの共通モデルが、複数のRTM実装で動作 することを実証実験。 – OpenRTM-aist – Honda R&D RTM 2 OpenRTM to Honda RTM
  6. 6. 問題記述 自律ロボットを遠隔操作し、2つの動き (Spiral と Back-and-Forth) をさせる。Operatorは自律 Controller PC Operatorモードとデモモード切り替えること kinectができる。 ハードウェアアーキテクチャはあらかじめ決まっている。PCを乗せ Wi-FiたRoombaを、Wi-Fi通信で、Kinectを使ってモードスイッチする。Receiver PC Roomba
  7. 7. System architecture Kinect Kinect SDK OpenRTM Runtime Honda R&D RTM Runtime Kinect input RTC (OpenRTM-aist) Controller RTC (Honda R&D RTM) Controller PC Receiver PC for OpenRTM Receiver PC for Honda R&D RTM OpenRTM Runtime Honda R&D RTM Runtime Robot RTC (OpenRTM-aist) Robot RTC (Honda R&D RTM) libRoomba libRoombaRoomba SCI (Serial Control Interface) Roomba SCI (Serial Control Interface) Roomba Roomba RTC connector Software I/F Serial Bus (USB/RS232C)
  8. 8. OMG RTC FamilyName Vendor FeatureOpenRTM-aist AIST C++, Python, JavaOpenRTM.NET SEC .NET(C#,VB,C++/CLI, F#, etc..)miniRTC, microRTC SEC RTC implementation for CAN・ZigBee based systemsDependable RTM SEC/AIST Functional safety standard (IEC61508) capable RTM implementationRTC CANOpen SIT, CiA Standard for RTC mapping to CANOpen by CiA (Can in automation) and implementation by SITPALRO Fuji Soft C++ PSM implementation for small humanoid robotOPRoS ETRI Developed by Korean national projectGostaiRTC GOSTAI, THALES C++ PSM implementation on URBIHonda R&D RTM Honda R&D C++, Python. FSM Component. 8
  9. 9. Process overview Implementation astah SysML OpenRTM-aist RTC source SysML SysML SysML SysML codesRequirements requirements Components ← Component RTCBuilder (Skelton ) (Block) (block) ↑ SysML RTCs Component SysML SysML (block) SysML Use cases FSM STMs Use cases RTSystemEditor Executable RTC SysML SysML Restore connectors Context requirements (Block) RTC Plugin Honda R&D RTM RTC source codes astah RTM (Skelton ) Component spec. SysML RTCFSM FSMs RTCs Component RTC.xml (block) RTS.xml Executable RTC Analysis Design Implementation 1 SysML to RTC 2 OpenRTM to Honda RTM
  10. 10. 分析と設計(Astahモデル)
  11. 11. Overview
  12. 12. req [コア要求(問題文)]
  13. 13. req [派生要求]
  14. 14. req [Robotへの要求]
  15. 15. req [Controllerへ要求]
  16. 16. uc [デモユースケース]
  17. 17. bdd [コンテキスト図]
  18. 18. bdd [システム概要]
  19. 19. ibd [デモシステム]
  20. 20. ibd [robot物理構造]
  21. 21. ibd [controller物理構造]
  22. 22. stm [controller状態遷移]
  23. 23. 結論• SysML の“Block”が、RT-Componentにうまくマッ ピングする。• <<Satisfy>> 関係を「要求」と「コンポーネント」の 間に引くことで、コンポーネントの実装意図を理 論的に表現できた。• 使い勝手のよいツール(Astah/SysML)がモデリン グの有効性を加速する。• 地理的に分散したチームが、Web-baseのツール (Astah/share)でモデル共有し、コミュニケーショ ン、レビューできた。
  24. 24. 将来へのアイディア• リアルタイム性(時間概念)をモデル に表現する。• Safety Case/D-Case の安全性論証モ デルを、SysMLのモデルと融合させ る。• トレーサビリティ、インパクト分析を 要求とコンポーネントの間(双方向) でツールに実装する。
  25. 25. Thank You ! Honda R&D Team Kenji HiranabeNoriaki Ando Makoto Sekiya Toshiki IwanagaGeoffrey Biggs Toyotaka Torii Toshihiro Okamura Isao Hara
  1. Gostou de algum slide específico?

    Recortar slides é uma maneira fácil de colecionar informações para acessar mais tarde.

×