Your SlideShare is downloading. ×
20120729 ODbL勉強会
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20120729 ODbL勉強会

2,637
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,637
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ODbL勉強会OpenStreetMap Foundation Japan 事務局 2012年7月29日
  • 2. Agenda1.はじめに簡単なおさらい2.逐条解説3.主要キーワード4.よくある質問と回答5.質疑応答 1
  • 3. はじめに本資料の内容は専門家のレビューを受けていないので認識誤り等にお気づきの際はinfo(at)osmf.jpまでお知らせ頂ければ幸いです。 2
  • 4. 地図(絵柄)とデータ <OSM地理データベース> ・道路 ・地形 ・POI(Point Of Interest) ・植生 ・電力線 ・禁煙/喫煙 ・車椅子利用可否 ・… OSMでは完全に別物 3
  • 5. 著作権とデータベース権著作権:◆著作物に対する権利。創作性の無い事実情報 を単純に並べたものなどは対象外。データベース権:◆著作権でカバーされない事実情報であっても、 相応のコストを掛けて収集したデータの集合に 一定の権利を認めるもの。◆EU発祥で、日本やアメリカではまだ認められて いない。 4
  • 6. 日本の著作権から見たデータベースデータベースとは◆「論文、数値、図形その他の情報の集合物で あって、それらの情報を電子計算機を用いて 検索できるように体系的に構成したもの」(2 条1項10号の3)データベースの著作物◆「情報の選択又は体系的な構成」に創作性 があるかどうかで著作物に該当するかどうか を判断(12条の2第1項) データベース権とは違う 5
  • 7. ライセンスのカバー範囲ライセンスとは – 法的に保護された権利の利用を 他者に許諾するもの著作権に対するライセンス:◆著作物全般~CC0、CC BY等◆オープンソース~GPL、BSD等◆ドキュメント~GFDL等データベース権に対するライセンス:◆データ~ODbL、ODC-by等 6
  • 8. データベースに含まれるもの・数値(多くは事実情報の単純な並びであり、非著 作物のデータ)・文字(〃)・文章(多くは著作物)・画像(〃)・動画(〃)・音声(〃)→データベースのライセンスには著作物(コンテン ツ)とデータ双方に対するものが必要 7
  • 9. OKFについて Open Knowledge Foundation 2004年に設立。拠点は英国 あらゆる知識をオープンに サブプロジェクト Open Data Commons 8http://okfn.org/ http://opendatacommons.org/
  • 10. OKF(ODC)、3つのライセンス・Public Domain Dedication and License (PDDL) - データ向けのパブリックドメインライセンス・Attribution License (ODC-By)- データ向けの表示ライセンス・Open Database License (ODC-ODbL)- データ向けの表示・継承ライセンス 9
  • 11. なぜODbLに切り替えるのか◆データに対するライセンスである◆OSMFが代表して許諾できる 10
  • 12. 登場人物 投稿規約 (CT)に基づ ODbL/DbCL き管理を委 の下に利用 投稿者 許諾 利用者 託 OSMF(マッパー) 11
  • 13. 他のライセンスにしなかった理由◆2番目に有力な案はパブリック・ドメインにす る案であったが、かつてライセンス侵害に対 する改善の申し入れを完全に無視された ケースがあったことなどから、最終的には自 由でオープンであり続けることを強制するライ センスを選択。 12
  • 14. Agenda1.はじめに簡単なおさらい2.逐条解説3.主要キーワード4.よくある質問と回答5.質疑応答 13
  • 15. 逐条解説詳細は別紙参照 14
  • 16. 15http://opendatacommons.org/licenses/odbl/summary/ 注)日本語訳は暫定版
  • 17. 16http://opendatacommons.org/licenses/odbl/summary/ 注)日本語訳は暫定版
  • 18. Agenda1.はじめに簡単なおさらい2.逐条解説3.主要キーワード4.よくある質問と回答5.質疑応答 17
  • 19. 集合データベース◆改変を受けていない本データベースが、独立 したデータベース集合体の一部となった場合 において、一体的な統一体として構築された その集合体を意味する。集合データベースを 構成する著作物は、派生データベースとはみ なされない。 18
  • 20. 集合データベース◆ ODbLを継承する必要が無いケースを明らかにするための 概念のひとつ。何をもって「集合データベース」と判断する かは、まだ合意形成の途上。◆現在のところ、Leagal FAQ (http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Legal_FAQ/ODbL) の3c.にあるように「名前」や「位置」のようなシンプルな判 断基準だけで他の地理データベースとゆるやかに連携し ている場合は「集合データベース」と考えられる、とされて います。◆OSMと他の地理データベースを組み合わせたサービス提 供等を考える場合には、「集合データベース」とみなされる 使い方から外れると、他の地理データベースにもODbLを 適用する必要があるため重要なポイントです。 19
  • 21. コンテンツ◆本データベースの内容物を意味し、情報、独 立した著作物、その他の資料であってデータ ベース内に収集されたものが含まれる。例え ば、データベースのコンテンツとしては、事実 データ、又は画像、視聴覚資料、テキスト、若 しくは音声などのような著作物が挙げられる。 20
  • 22. データベース◆系統的又は組織的な方法で分類した資料(コ ンテンツ)の集合体であって、電子的方法あ るいはその他本ライセンス条項に基づき提供 される方法によって個別にアクセスが可能な ものを意味する。 21
  • 23. データベース権◆データベース指令(その修正、及び加盟国に よる国内法への置き換えを含む。)の第3章 (スイ・ジェネリス特別権)に基づく権利を意味 し、コンテンツの全体又は実質的部分の抽出 及び再利用、並びに第10.4条に基づいて関 連する法域で行使可能な類似の権利を含む。 22
  • 24. データベース権◆EUの「データベース権」はデータベースコンテンツの獲得、認証、 提供に対して、質的または量的な投資が行われている場合に認 められます。認められた結果として、コンテンツの全部、あるいは 実質的な部分に対して、抽出または再利用することを防止する権 利がデータベース作成者に付与されます。◆日本では(米国も)この「データベース権」が存在しないため、翼シ ステム事件などのデータベースに関わる裁判では著作権法やそ の他の法令とのあわせ技による判例がいくつかあります。参考: http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20090827/336140/ 23
  • 25. 派生データベース◆本データベースに基づくデータベースを意味 し、本データベース、又はコンテンツの実質的 な部分についての翻訳、翻案、調整、改変、 その他の変更が含まれる。これには、コンテ ンツの全体又は実質的な部分を新規のデー タベースにおいて抽出又は再利用することな どが含まれるが、これに限定されるものでは ない。 24
  • 26. 派生データベース◆「派生データベース」とは、著作物でいえば二次 的著作物に相当し、OSM地理データの利用形態 としては「集合データベース」と対をなす概念で、 ODbLの継承が必須となります。まるごとコピーし て改変した場合だけでなく、実質的な部分であ れば一部の利用であっても該当します。(Legal FAQ の3b.参照: http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Legal_FA Q/ODbL ) 25
  • 27. 製作著作物◆本データベース、派生データベース、又は集合 データベースの一部分としての本データベース について、そのコンテンツの全体又は実質的部 分を使用することによって発生した著作物(画像、 視聴覚資料、テキスト、又は音声など)を意味す る。 26
  • 28. 製作著作物◆Workには「作品」の訳語もありますが、データベースではないことを明確 化するために「著作物」の訳を当てています。ODbLの文脈で頭に Producedと付いているのは、データベースを元に製作された著作物の意 味合いがあります。この用語もかなり重要で、例えば画像としてのマップ (Mapnikのタイル画像など)を指し、データベースではないのでODbLの継 承条項は及びません。製作した人が、自由にライセンスを設定すること ができます。OSM地理データベースがODbLに移行した後も、OSMの Mapnik画像はCC BY-SA 2.0のままです。日本ではヤフーさんがOSM地 理データベースを元に独自にレンダリングしたタイルを配信されています が、このタイルのライセンスは何であっても構いません。Leagal FAQ (http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Legal_FAQ/ODbL) の3c. を参照。参考: http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Open_Data_License/Produced_Wo rk_-_Guideline 27
  • 29. Agenda1.はじめに簡単なおさらい2.逐条解説3.主要キーワード4.よくある質問と回答5.質疑応答 28
  • 30. よくある質問と回答Q1.ライセンス表記は結局どうすれば良い? 29
  • 31. よくある質問と回答A1.下記は1例です<現行>(c)2012 MapQuest - "Map Data (c)OpenStreetMap and contributors, CC-BY-SA".<切替後>(c)2012 MapQuest - "Map Data (c)OpenStreetMap and contributors, ODbL".注:OpenStreetMapからはhttp://osm.org へ、ODbLからは http://www.opendatacommons.org/licenses/odbl へリンク 30
  • 32. よくある質問と回答Q2. OSMをLODとして使いたい 31
  • 33. よくある質問と回答A2.◆単に情報をたどれるような連携をさせたいので あればOSMデータベースを元に、例えばRDF化 した「派生データベース」を作成し、これを「集合 データベース」といわれる、名前や位置などによ りゆるやかにリンクする形式で他のデータベース と連携する利用法を推奨します。例えば同じ データベース内で密に統合するような使い方を すると「派生データベース」とみなされ、統合した データは全てODbLを継承しなければなりません。 32
  • 34. よくある質問と回答Q3. CC BYライセンスのデータをODbLライセンス のデータベースに投入しても良いのか。 33
  • 35. よくある質問と回答A3.◆現在のCC BYやCC BY-SAライセンスはデータには及ばないとする考え 方が一般的です。従って、まずその「データ」が著作権を認められる「デー タベース」に相当するかどうか判断する必要があります。◆例えばデータ発生日時など、ごくありふれた順序で並んだ事実情報の羅 列であるCSVファイルやXMLファイルの場合には、CC BYライセンスと明 記されていても著作物のデータベースとは考えにくいので、元〄CC BY のライセンスは及んでいないものと考えられます。従ってODbLのデータ ベースに投入してもライセンス侵害は無いものと思われます。◆ただし、そのライセンサーの意図と食い違う可能性もあるので、ライセン サーに確認した方がベターと思われます。◆その際、ODbLについての説明が必要ですが、理解を得られやすくするた めにも、その認知度の向上が望まれます。 34
  • 36. よくある質問と回答Q4.オープンなデータに付与するライセンスって、結 局どれが良いのでしょうか? 35
  • 37. よくある質問と回答A4.自由なライセンスは無条件、表示、表示・継承の3つに大別されます。◆無条件に誰にでも自由に使って欲しい場合にはパブリック・ドメイン系の 「CC0」が最も汎用的です。このライセンスは著作物とデータの両方に及 ぶ、とされています。ODCにも「PDDL」がありますが、こちらはデータのみ が対象です。◆出典(クレジット、帰属)表示を求める場合は著作物系には「CC BY」、デー タ系には「ODC by」が適当と思われます。データは更新・追加される性質 があるので、履歴をたどったり、整合性を確認したい場合には出典表記 があった方が分かりやすい場合が多いと思われます。◆表示に加え、派生物にも同じライセンスを適用したい場合には著作物系で は「CC BY-SA」、データ系では「ODbL」となります。強制力の強いライセ ンスなので、ライセンス間の互換性は上記ライセンスと比べて低くなりま す。自由な利用を広げることを優先したい場合などに使われます。 36
  • 38. 参考(OKF関連)◆ Open Definition: (OKFから見た)オープンの定義http://opendefinition.org/okd/japanese/◆Guide to Open Data Licensing:オープンなデータのライセンス適用ガイドhttp://opendefinition.org/guide/data/◆Conformant Licenses: (OKFから見た) オープンに適合するライセンスの一覧http://opendefinition.org/licenses/ 37
  • 39. ご清聴ありがとうございました。 38
  • 40. Agenda1.はじめに簡単なおさらい2.逐条解説3.主要キーワード4.よくある質問と回答5.質疑応答 39

×