Symfony2 workshop-2

2,493
-1

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,493
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Symfony2 workshop-2

  1. 1. Symfony2ワークショップ#2 Symfony2 ワークショップ #2 日本Symfonyユーザー会 後藤 秀宣(@hidenorigoto)
  2. 2. Symfony2ワークショップ#2 ワークショップの内容 ● Symfony2の機能をアレコレ試す ● または、今までのワークショップでの質問など
  3. 3. Symfony2ワークショップ#2 機能 ● HTTP Cache/Edge Side Include ● DI ● バンドル ● ルーティング ● Basic認証(Firewall) ● ORM(MySQL) ● フォーム
  4. 4. Symfony2ワークショップ#2 HTTP Cache ● クライアントサイドキャッシュの制御 $response->setMaxAge(600); $response->setSharedMaxAge(600); $response->setETag(md5($response->getContent())); ● サーバーサイドのキャッシュ $kernel = new AppCache(new AppKernel('prod', false));
  5. 5. Symfony2ワークショップ#2 Edge Side Include ● http://docs.symfony- reloaded.org/master/guides/cache/http.html ● 注:クライアントサイドキャッシュを指定しているア クションで有効になる
  6. 6. Symfony2ワークショップ#2 Edge Side Include ● cacheディレクトリにできたファイル →ESIタグがあるよ
  7. 7. Symfony2ワークショップ#2 DI ● DIの理解は、Symfony2の内部を理解する上で必須!!  DIが分からないと、Symfony2の内部コードを  追うのは難しい ● まずは「appDevDebugProjectContainer.php」を見る ● config.ymlは何を設定しているのか? ● エクステンションとは? SymfonyComponent DI ContainerBuilderのソースを読 む
  8. 8. Symfony2ワークショップ#2 バンドル ● 「Everything is bundle」 ● フレームワークのコアも1つのバンドル (FrameworkBundle) ● アプリケーションもバンドルとして作成する ● 各バンドルは、 ・DI ・名前空間 ・オートロード で結びつく
  9. 9. Symfony2ワークショップ#2 ルーティング ● 全部PHPコードに展開されキャッシュされる →最初のディレクトリ部は文字列比較 →高速 ● キャッシュディレクトリのUrlMatcher、UrlGenerator ● 別ファイルのインクルード
  10. 10. Symfony2ワークショップ#2 Basic認証(Firewall) ● http://docs.symfony- reloaded.org/master/guides/security/overview.html#co nfiguration
  11. 11. Symfony2ワークショップ#2 Firewall - Security User ● $user = $container->get('security.context')- >getUser();
  12. 12. Symfony2ワークショップ#2 ・・・ ● あとは資料なし

×